インフラエンジニアと開発エンジニア(SE)の違い。年収や仕事内容、スキルを比較します

インフラエンジニアと開発エンジニア(SE)の主な違いは、仕事領域にあるといえます。両方の仕事内容をはっきりと区別するのは難しい場合もありますが、一般的にはインフラエンジニアはサーバーやネットワークなどのITインフラを設計・構築するのが仕事であるのに対し、開発エンジニア(SE)はそのようなITインフラをベースに、Webサイトやスマホアプリ、業務システムなどを開発するのが仕事です。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアの主な役割は、システムの基盤となるネットワークやサーバーなどの設計・構築を担当することです。仕事内容によって、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアといった職種に分類されるケースもあります。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容は、基本的にシステムのインフラであるネットワークやサーバーなどを構築し、運用・管理することとなっています。

具体的な業務内容は、大きく分けると以下のような工程があります。

  • 要件定義
  • 設計
  • 構築
  • 運用・保守

まず、クライアントが求めるインフラ環境にどのような機能・性能が必要か把握し、設計書を作成します。設計書にもとづいてシステムを構築した後は、動作テストを実施。運用開始後にトラブルが生じた際は、原因の分析や復旧作業を行います。

インフラエンジニアの年収

ここではインフラエンジニアの年収の参考として、2021年2月時点でレバテックフリーランスに掲載されている案件をもとにした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスインフラエンジニアの年収相場

参照元 : インフラエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 768万円
最高年収 1620万円
最低年収 360万円


なお、会社員とフリーランスとでは社会保険料や税金の計算方法が異なる、会社員は月給のほかにボーナスもあるなど、収入の計算の仕方には違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルとして、以下のようなものが挙げられます。

  • ネットワークやサーバーに関する知識・スキル
  • コミュニケーションスキル
  • クラウドサービス・仮想化技術の知識
  • セキュリティの知識

インフラエンジニアは、チームのメンバーだけでなく、クライアントや他部署の社員との関わる機会が多くあります。スムーズに業務を進めるために、傾聴する姿勢や分かりやすく伝える力が大切になります。

また、近年需要が高まっているIaaS、PaaS、SaaSといったクラウドサービスに関する知識・スキルも求められることがあります。

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパスとしては、ネットワークやデータベース、セキュリティなどの専門分野を極めてITスペシャリストになる、マネジメント系・ゼネラリスト系の職種にキャリアアップする、さらに上流工程を担当するITアーキテクトやITコンサルタントを目指すなどの選択肢が考えられます。

また、プログラミングスキルなどを磨いたうえで、インフラエンジニアから開発エンジニアに転職してキャリアチェンジする場合もあります。

どのような活躍の場があるのかを確認したうえで、自分なりのキャリアプランを考えましょう。

インフラエンジニアの仕事の実態についてさらに詳しく知りたい方は「【エンジニアのプロ監修】インフラエンジニアとは?仕事内容や年収・必要スキル・資格などを徹底解説」記事をチェックしてみてください。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

開発エンジニア(SE)とは

開発エンジニア(SE)とは、Webサイトやスマホアプリ、オープン系・汎用系の業務システムなどの開発に携わる職種です。

開発エンジニア(SE)の仕事内容

開発エンジニア(SE)はシステム開発に関わる職種であり、以下のような工程を担当します。

  • 要件定義
  • 基本設計・詳細設計
  • テスト

SEが作成した設計書にしたがって、プログラマーが実装(プログラミング)を進めていくという分担になることが多いですが、実際に各工程をどこまで担当するかはプロジェクトや企業によって変わります。プロジェクトによってはSEが上流工程から下流工程まで一貫して担当する場合もあります。

開発エンジニア(SE)の年収

インフラエンジニアと同様、2021年2月時点のレバテックフリーランスの求人・案件をもとに算出した開発エンジニア(SE)の年収目安は以下のとおりです。

フリーランスSE (システムエンジニア)の年収相場

参照元 : SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 864万円
最高年収 1740万円
最低年収 336万円


地方に移り住んで仕事をすることに興味がある方は以下の記事をぜひ参考にしてください。
【地域別】フリーランスの単価相場を比較!地方で働くメリットやおすすめの職種も紹介

開発エンジニア(SE)に必要なスキル

開発エンジニア(SE)に必要なスキルとして、以下のような例が挙げられます。

  • プログラミングに関する知識・スキル
  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル

ヒューマンスキルは、プロジェクトメンバーを統率して業務を円滑に進めたり、クライアントの要望を的確に把握したりするために必要です。また、プログラミングについての知識は、設計やプログラマーへの指示を効率的に行うのに役立つでしょう。

需要が高いプログラミング言語は開発対象によって異なり、たとえばWeb系ではJavaScriptやPHP、Ruby、Java、Pythonなどがよく使われます。

開発エンジニア(SE)のキャリアパス

開発エンジニア(SE)のキャリアパスとしては、インフラエンジニアと同じようにプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)を目指す、スペシャリストとしてスキルを極めていくといった選択肢があります。

また、AIエンジニア、IoTエンジニア、データサイエンティストなど需要が高い分野で活躍する職種にキャリアチェンジするというキャリアパスもあるでしょう。

インフラ領域に興味があれば、開発からインフラへのキャリアチェンジという選択肢もあります。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

インフラエンジニアと開発エンジニアに関するよくある質問

ここでは、インフラエンジニアと開発エンジニアに関するよくある質問に答えていきます。

Q. 開発エンジニアが独立開業する場合、どんなスキルが必要ですか?

プログラミングスキル、開発ツールの知識、データベースの知識、コミュニケーションスキル、プロジェクトマネジメント能力等が必要です。

Q. インフラエンジニアと開発エンジニアではどんな違いがありますか?

開発エンジニアとは、IT業界においてシステムやソフトウェアなどの設計・開発に携わるエンジニアの総称です。インフラエンジニアとは、サーバーやネットワークの設計・構築・運用・保守を手がけるエンジニアのことです。

Q. フリーランスのエンジニアに必要なヒューマンスキルとは何ですか?

ヒューマンスキルとは、他者との良好な人間関係を構築し、円滑なコミュニケーションを行うための能力のことです。

Q. インフラエンジニアにはどのようなスキルや知識が必要ですか?

サーバーに関するスキルや技術力、ネットワークに関するスキルや技術力、ソフトウェアのスキル、インフラ設計のスキルや知識、セキュリティに関する知識やスキル、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル等が必要です。

Q. インフラエンジニアと開発エンジニアの平均年収を教えてください。

インフラエンジニアの平均年収は約520万円、開発エンジニアは約452万円です。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

インフラエンジニア案件を
提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら