オンラインカウンセリング実施中

将来性は?未経験からはどうする?
フリーランスの種類別・職種別平均年収|年収1000万円を目指す方法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスのエンジニア・プログラマーは働き方しだいで収入が変化しますし、職種によっても収入が異なります。少しでも多くの収入を得るためには、職種の選び方、働き方に関しても考慮をしなければなりません。ここでは、エンジニアやプログラマーに分類される職種の平均的な年収と多くの収入を得るための方法をご紹介します。

高単価案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスエンジニア・プログラマーの平均年収
フリーランスエンジニア・プログラマーの職種別平均年収
プログラミング言語別平均年収ランキング
フリーランスで年収1000万円稼げる人になる方法
フリーランスエンジニア・プログラマーの今後の年収
フリーランスエンジニア・プログラマーの将来性
フリーランスエンジニア・プログラマーに未経験からなる方法
まとめ

フリーランスエンジニア・プログラマーの平均年収

エンジニアやプログラマーが担う仕事には、プログラミング、システムやネットワークなどの開発・点検・保守などが挙げられます。フリーランスエンジニア・プログラマーとはこれらの仕事を、雇用契約を結ばずにクライアントと案件ごとに業務委託契約を結ぶ人のことです。

エンジニアやプログラマーに限らず、フリーランスの年収は案件単価や仕事量によって大きく変化するため一概には言えません。レバテックフリーランスが2020年5月時点で取り扱っている案件を見てみると、プログラマーの平均月額単価は約70万円となっています。単純に12か月換算した場合、フリーランスエンジニア・プログラマーの平均年収840万円と考えられます。ただし、この年収は保険や税金などが引かれる前の額なので、その点は意識しておきましょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアの単価相場

高単価案件を提案してもらう

フリーランスエンジニア・プログラマーの職種別平均年収

エンジニア・プログラマーの仕事は、その内容によって職種はさらに細分化することができます。そして、フリーランスエンジニア・プログラマーの平均的な年収は、このような細分化された職種によっても違いがあるということを知っておきましょう。

ここでは、エンジニア・プログラマーに分類される以下の職種に関して、フリーランスとして働いた場合の主な仕事内容と平均的な年収について見ていきましょう。

<フリーランスエンジニア・プログラマーの職種別>

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー
  • データベースエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • インフラエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • webデザイナー
  • コーダー

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)はシステム開発の中で、クライアントへのヒアリングや要件定義、システムの設計、テストなどの作業を行います。

厚生労働省が実施した令和元年賃金構造基本統計調査のデータでは、企業規模10人以上の会社で働いているSEの平均年収は約569万円です。一方、レバテックフリーランスが取り扱っている案件の2020年5月時点の平均月額単価をもとに計算すると、フリーランスのシステムエンジニアの平均年収は約876万円となります。

会社員として働いた場合でも高収入を得ることは可能で、単純に比較することはできませんが、経験を積んでスキルアップしていけばフリーランスとして高収入を得られるでしょう。

参照SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

プログラマー

プログラマーは、開発におけるプログラミング作業を中心に行う職種です。システムエンジニアに比べて担当する仕事は限定的ではあるものの、より専門的なスキルや知識が求められます。

2020年5月時点でレバテックフリーランスが扱ってる案件では、プログラマーの平均月額単価は70万円ほどで、単純な12か月換算では、フリーランスプログラマーの平均年収は約840万円となります。一方、厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査のデータでは、企業規模10人以上の会社で働くプログラマーの平均年収は約426万円ほどです。

基本的には対応できる言語が多いほどさまざまな案件を受けられるようになるため、フリーランスとしてスキルアップしていくとより多くの収入を得やすいでしょう。

参照:プログラマーの求人・案件一覧

データベースエンジニア

エンジニアの仕事は設計や構築などの作業で担当する箇所に応じて細分化することもできます。データベースエンジニアは、その名のとおりデータベースの設計や構築に特化した職種です。

レバテックフリーランスが2020年5月時点で取り扱っているデータベースエンジニアの案件の月平均単価は約65万円です。12ヶ月分を換算すると、フリーランスデータベースエンジニアの平均年収は約780万円となり、こちらもまたスキル次第で高収入を狙いやすい職種と言えるかもしれません。

参照:データベースエンジニアの求人・案件一覧

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの主な仕事はネットワークの設計や構築であり、社内ネットワークを構築するためには不可欠な存在です。なお、フリーランスとして企業内ネットワークの構築に携わる際は、クライアント企業に常駐することもあります。

2020年5月時点におけるレバテックフリーランスのネットワークエンジニア案件の平均月額単価は約62万円で、12ヶ月分を計算すると、フリーランスネットワークエンジニアの平均年収は744万円ほどとなっています。

参照:ネットワークエンジニアの求人・案件一覧

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、主に構築したネットワークなどの保守作業を行い、安全性を維持することが業務です。外部からのサイバー攻撃からシステムを守り、システムの脆弱性を見つけて対処するなどの重要な業務を担っています。

レバテックフリーランスにおけるセキュリティエンジニアの2020年5月時点の平均月額単価は66万円。これを年収に換算すると、フリーランスセキュリティエンジニアの平均年収は約792万となります。

参照:セキュリティエンジニアの求人・案件一覧

インフラエンジニア

ネットワークやサーバーなど、ITインフラの設計・構築・運用・保守・監視などの業務を行うのがインフラエンジニアです。設計だけでなく、ネットワーク機器の調達や接続、テストなども業務も含まれます。

レバテックフリーランスが扱っている案件を見てみると、2020年5月時点でフリーランスインフラエンジニアの平均月額単価64万円なので、年収換算するとフリーランスインフラエンジニアの平均年収は約768万円ほどです。

参照:インフラエンジニアの求人・案件一覧

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、基本的にWebデザイナーが作成したデザインに沿って、HTML・CSS・jQuery・PHPなどの言語を用いてWebサイトやアプリケーションなどの構築を行います。

レバテックフリーランスが2020年5月時点で扱っている案件をもとに算出すると、フロントエンドエンジニアの平均月額単価はおよそ74万円、年収換算でフリーランスフロントエンドエンジニアの平均年収は888万円となります。

参照:フロントエンドエンジニアの求人・案件一覧

組み込みエンジニア

電化製品や自動車などの動作を制御するためには、制御用の専用システムやソフトウェアが用いられます。組み込みエンジニアは、このようなシステムやソフトウェアを開発する職種です。製品に適用されているネットワークや記録などに関する規格を準拠しなければならないことが多いため、ハードウェアに関する知識も必要となります。

2020年5月時点でレバテックフリーランスが扱っている「組込・制御エンジニア」の案件では、平均月額単価は約67万円です。単純に12ヶ月分の金額にすると、フリーランス組み込みエンジニアの平均年収は約804万円というのが目安になるでしょう。

参照:組込・制御エンジニアの求人・案件一覧

Webデザイナー

Web開発におけるデザインの工程を担当するのがWebデザイナーです。クライアントからの希望をヒアリングし、実現するためのデザイン設計を作ります。その際、使いやすさや企業のイメージなども考えることが必要です。

2020年5月時点でレバテックフリーランスが取り扱っている案件を見てみると、Webデザイナーは、月額単価50万円前後の案件が多数あります。これを年収に換算して考えれば、フリーランスWebデザイナーの年収は約600万円ほどが目安になるかもしれません。UIデザインやディレクションなどの高いスキルを持っていればより高収入も狙いやすいです。

コーダー

構築したWebサイトなどをWeb上に表示するためには、膨大な量のコードを入力する必要があります。このようなコード入力を専門的に行う職種がコーダーです。使用する言語の数や種類によって報酬が変動しやすい職種と言えます。

コーディングはWebデザイナーが担当する場合があり、フリーランスのコーダーの案件は、Webデザインを含めた要件になっているものも見受けられるので、フリーランスコーダーの平均年収はWebデザイナーと同様、600万円前後を目安にすることができるかもしれません。ただし、簡単な作業しか求められない案件なら単価は安くなり、逆にレベルの高い案件なら単価が高くなるのが一般的なので、対応できる案件の内容によってフリーランスコーダーの年収は変わってくるでしょう。

関連記事 : フリーランスエンジニアの年収・収入|年収1000万円を目指すための働き方とは

プログラミング言語別平均年収ランキング

エンジニアやプログラマーの仕事ではプログラミング言語を多用しますが、使用できるプログラミング言語の種類によっても収入は大きく変化します。したがって、エンジニア・プログラマーとして働きながら、より多くの収入を得るためには、習得するプログラミング言語についてもよく考える必要があります。続いては、プログラミング言語別の平均年収を見てみましょう。以下は、レバテックフリーランスが2020年5月時点で取り扱っている案件の言語別平均月額単価を年収に換算し、その一部である10言語を年収額が高い順に並べたものです。

  プログラミング言語 平均年収
1位 Go言語 984万円
2位 Swift 972万円
3位 Ruby 960万円
4位 Python 936万円
5位 JavaScript 876万円
5位 PHP 876万円
7位 Java 840万円
8位 C# 828万円
8位 C言語 828万円
10位 COBOL 732万円

1位のGo言語は、「軽量」「高速」「シンプル」という特徴からアプリやサーバーなどにも使用されており、注目されている言語のひとつです。

関連記事 : プログラミング言語別 案件ランキング | レバテックフリーランス版

フリーランスで年収1000万円稼げる人になる方法

エンジニア・プログラマーにはいくつかの職種がありましたが、いずれの職種もフリーランスで平均年収1000万円を上回る人は一部しかいません。フリーランスで1000万円以上の年収を得るためには、プラスアルファのスキルを身につけることが不可欠です。

ここでは、フリーランスのエンジニア・プログラマーとして働きながら1000万円以上の年収を得るために必要な以下のスキルについてそれぞれ解説していきます。
 

  • マネジメントもできるようになる
  • 高度かつ希少価値が高い技術を持っている
  • 需要の高い言語の知識を持っている
  • 営業力を身につける
  • コミュニケーション能力
  • 自己管理能力

マネジメントもできるようになる

エフリーランスのエンジニアやプログラマーとして働く場合、多くの人は与えられた仕事をこなしていくという受動的な働き方を連想するかもしれません。しかし、マネジメント能力を身につけることで能動的な働き方もできるようになると請け負える仕事の幅も広がり、年収1000万円を狙えるかもしれません。

例えばプロジェクトマネジャーはプロジェクト全体をまとめ上げる重要な役職ですが、その仕事をこなすためには十分なマネジメント能力が備わっていることが不可欠です。マネジメント能力を身につけ、プロジェクトを動かす立場になれば、より多くの収入を得られる可能性を高められるでしょう。

高度かつ希少価値が高い技術を持っている

高度なスキルを必要とする案件では、対応できる人を確保するためにクライアントは高い単価を設定します。したがって、希少価値の高い技術を身につけていれば、単価の高い仕事を請け負うこともでき、結果的に多くの収入を得やすくなります。

ただし、エンジニアに必要とされるスキルは日々新しくなっているので、現在は希少価値の高い技術であっても、数年後には誰もが当たり前に身につけている技術となった場合は、需要も激減してしまいかねません。将来のこともよく考えて常にスキルアップと最新情報の収集をしていくことが重要です。

需要の高い言語の知識を持っている

エンジニアやプログラマーは、案件によっては複数の言語を使う必要があります。フリーランスのエンジニア・プログラマーとしてより多くの収入を得るためには、複数の言語スキルを身につけておくと良いでしょう。身につけた言語が需要の高い言語であれば、さらなる高収入を狙えるかもしれません。

加えて、今後需要の増加が見込める言語をリサーチし、早い段階から使いこなせるようにしておくといった努力を重ねていけば、年収1000万円も夢ではありません。

営業力・単価交渉術を身につける

フリーランスのエンジニア・プログラマーとして高収入を得るためには、絶えず仕事を獲得することも大切です。そのためには、営業力や提案力を上げ、クライアントとの交渉を有利に進められるようにすることも忘れてはいけません。

例えば、同じ案件が長年続いている場合に交渉をして単価を上げてもらうためには、クライアントにとっての利益を生み出すための経営者目線での働きかけをすることも重要となってきます。そのためにはどのような説得材料が必要であるかをよく考え、交渉前の準備を入念に行っておくことが必要です。

コミュニケーション能力

フリーランスのエンジニアやプログラマーはひとりで作業をするというイメージを持つ人も少なくありません。しかし、フリーランスだからといって仕事のすべてをひとりで完結できる訳でははなく、案件やプロジェクトによっては他のエンジニアとコミュニケーションをとりながら作業を進めることもあります。

また、仕事をする上ではクライアントへのヒアリングを行わなければならないケースも多いことから、十分なコミュニケーション能力を身につけ、仕事を円滑に進めることも高収入を得る上で必須です。

自己管理能力

フリーランスの仕事は会社員として働く場合に比べて自由度が高く、その分自己管理を徹底しないと納期に間に合わなくなってしまうといった失態を犯してしまうことにもなりかねません。このような失態は自分の評価として残ってしまうため、その後の仕事にも悪影響を与えてしまう可能性があります。高い自己管理能力を身につけておくことも高収入を得るためには不可欠です。

関連記事 : 年収1000万を稼ぐフリーランスに見る「9つの特徴」

フリーランスエンジニア・プログラマーの今後の年収

フリーランスのエンジニア・プログラマーは、これらの仕事を担える人材と直接雇用契約を結ぶ場合と比較して、基本的には即戦力なので教育コストがかかりにくい、人件費を安く抑えられる場合があるといったメリットが企業側にあります。IT分野の人材不足が続いていることを踏まえると、フリーランスのエンジニア・プログラマーに対する需要は今後も高まると考えることもできるでしょう。
中でも、希少なスキルと実績を持ったフリーランスのエンジニア・プログラマーは、企業にとって貴重な存在です。技術のトレンドを意識して学習を怠らず、需要が高いフリーランスのエンジニア・プログラマーであることができれば、年収が上がっていく土壌はあると言えます。

その一方で、フリーランスエンジニア・プログラマーの総数が増えて競争率が高くなると、スキルの低いエンジニアが年収を上げることはますます厳しくなるかもしれません。そのため、フリーランスエンジニア・プログラマーが今後年収を上げていきたいなら、スキルを上げて実績を積み、自らの価値を上げていくことを忘れないようにしましょう。

関連記事 : フリーランスのプログラマー・SE(システムエンジニア)で年収800万円以上稼ぐための16のヒント

フリーランスエンジニア・プログラマーの将来性

エンジニア・プログラマーに求められるスキルには流行の移り変わりが激しいという特徴もあります。したがって、今は需要の高いスキルであっても、10年後には全く必要とされないスキルになっていることもありうるでしょう。

このことから、フリーランスエンジニア・プログラマーの将来性は、新しい情報を常に吸収し、スキルアップを図っていくことができるかどうかによって左右されると言えるでしょう。将来的に継続して新規案件を獲得するためには、このような努力が必要です。

関連記事 : プログラマーの将来性について

フリーランスエンジニア・プログラマーに未経験からなる方法

未経験からフリーランスのエンジニアやプログラマーを目指したいという方も多いことでしょう。そのハードルは決して低くはありませんが、以下の点を押さえながらスキルアップをしていけば、経済的に自立することも十分に可能です。

<フリーランスエンジニア・プログラマーに未経験からなる方法>

  • 未経験OKの案件を探す
  • スクールや配信講座でスキルを磨く
  • 独学で学ぶ

まず、クラウドソーシングなどで未経験OKの案件に応募する方法があります。ただし、フリーランスの案件は一定のスキルや実務経験を求められるのが一般的なので、安定して案件を受注していくなら、フリーランスとして独立する前に、企業で経験を積むのが手堅い方法です。エンジニア・プログラマーを目指すためにプログラミングの基本などを体系的に習得するなら、スクールや配信講座が利用しやすいでしょう。現在就業中の場合は、本や動画などを活用して独学で学ぶことも可能です。

関連記事 : 未経験からフリーランスエンジニアになるには

まとめ

フリーランスエンジニア・プログラマーの収入は具体的な職種によっても変化します。そのため、フリーランスエンジニア・プログラマーとしてより多くの収入を得たいという方は、案件獲得の段階で職種ごとの大まかな収入の目安を把握しておき、何が求められているのかを掴んでおくことがおすすめです。

また、フリーランスエンジニア・プログラマーとして高収入を維持していくためには、時代の変化にも適応していかなければなりません。そのためには、常に最新の情報を収集することやスキルアップに対して積極的であることが必要です。現在の自分のスキルと、案件で求められるスキルを考慮し、常にスキルアップを図っていくようにしましょう。

※本記事は2020年9月に加筆・修正を行いました。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

高単価案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.