稼げる人には特徴がある!
年収1000万を稼ぐフリーランスに見る「9つの特徴」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

数多くのフリーランスエンジニアさんとお付き合いしていると年収1000万クラスの方に出会う機会も、一回や二回ではありません。

すると、年収1000万クラスの実績あるフリーランスならではの「この人は凄いな」と感じる特徴、行動特性が自分なりに見えてきます。

「かなり稼げるエンジニアはこんなところができる」とか「こういうエンジニアがいたら、プロジェクトが必ず成功する」といった、あくまでも自分の主観ではありますが、数ある意見のうちの一意見として、皆さんに何か少しでもお届け出来るものがあれば幸いです。
 

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

9つの特徴を並べてみました。
◯◯の中には、何が入ると思いますか?

 

<デキるエンジニアはココが違う>
1. ◯◯を崩さない
2. ◯◯に左右されない
3. 売り手と買い手の◯◯がわかっている
4. 「自分の◯◯」を知っている
5. ◯◯をよしとしない
6. ◯◯に通っている
7. ◯◯を意識している
8. ◯◯がある→モテる
9. ◯◯にも真剣
 

デキるフリーランスはココが違う

 

1. 謙虚さを崩さない

スーツを着た男性がカメラ目線で笑顔で親指を立てている画像

スキルが高く、開発経験が豊富なのですが、決して傲慢ではありません。姿勢が低く、謙虚なのです。

人の意見を聞き入れ、尊重する姿勢を持っています。自分の高い経験値を振りかざして、相手をねじ伏せようとは決してしません。

そして、常に新しいものを吸収をしようとしています。

いくら自分の経験値が高くとも、そのことを絶対とせず、新しい、良いなと感じたものは、誰が発信したものであろうと吸収する姿勢を崩しません。

結果として、現場から「信頼」を勝ち取ることができます。
信頼されて仕事を任され続けることで、より高い成果を出し続け、ドンドン年収が上がっていきます。

そう。最初から高いのではなく上がり続けていくのです。
 

2. 最新技術に左右されない

スマートフォンを操作している人の手元とパソコンの画像

稼げるエンジニアは最新技術に振り回されません。

様々な技術を網羅的に使用できる、というより、技術というものの本質を理解し、いかに問題を速く、正確に理解し、解決するための手段を打ち出していく、という部分にフォーカスを置いているようです。

「技術なんて所詮ツールなんですよね」と本気で思っています。
本質は別にあるんだ、と。

「俺、こういう技術知っているんだぜ。スゴイだろ?!」ではなく、「●●な問題を解決するために、どういうやり方だとうまくいくのだろうか」を本気で考えています。
 

フリーランスの働き方について話を聞く

 

3. 売り手と買い手の交渉力がわかっている

スーツを着た人同士が握手をしている手元の写真

稼げるフリーランスは、エンジニアと言えども市場の感覚とビジネスとは何かを理解しています。

つまり、市場における需要と供給の原理がわかっているということです。

需要と供給の原理がわかっていると何がわかるか。自分の周りの需要と供給の存在のありかと、そのバランスの違いがわかります。需要と供給のバランスの違いがわかると、需要側と供給側、どちらの交渉力が強いのかがわかります。

そうなると、

・自分が今どう動くべきか?
・交渉するために提案をするのか?
・敢えて交渉せずに従うのか?

を、より素早く、より的確に判断出来ます。

つまり「自分が強く出るべき」か「下手に出るべきか」のポイントがわかるため、有利に交渉を進めることが出来るのです。

稼げるフリーランスは、そのような「売り手と買い手の交渉力」が肌感でわかっています。

勿論、「うまく交渉を進める」ためには、「自分は何が出来るのか。自分の強みと弱みはなにか。」
というところがわかっている必要があります。そういった「自己分析」を常に継続しているんですね。
 

4.「自分の覚醒条件」を知っている

本を片手に何かを叫んでいる男性の画像

稼ぎまくるエンジニアは、自分が最も成果を発揮する、つまり「覚醒」するための条件がわかっています。

彼らが最も大事にしていることはなんでしょうか。

単価の高さ?

結果的にそうなるように動きますが、違います。

では何か?

それは…

「成果を最大限にすることにフォーカスを当てている」こと。

ただ、決してわがままじゃないんですね。
自分の欲求(WANTS)の為ではなく、プロジェクトの為に何をすべきかを追求しているんです。

だから、目的が常に外向き。
現場の状況にあわせながらも「プロジェクトの成功の為の成果」にフォーカスしているんです。
 

5. 残業をよしとしない

残業をしている男性の横を、帰宅する男性が手を振りながら通り過ぎる画像

稼げるフリーランスは、残業をせず早く帰宅し、休日も多く取ります。

「残業なんてしたくない」って、そりゃ皆さんも思いますよね?

彼らはなぜ残業をしないのか?

彼らにとって、時間を多く使いすぎることは、自らの生産性を下げてしまうんですね。

稼げるフリーランスは、自らの生産性を高く維持するために、

つまり、アウトプットである成果を最大化し続けるために、敢えて残業をせず、休みを多く取るのです。

一定時間を自らブロックして考え、その限られた時間の中で最大限自分の能力を発揮させるにはどうすればいいか、ということに常に思考を割いています。

また、周囲のコンセンサスを取りながら仕事を進める能力に長けています。

常日頃から情報を共有することを怠らなかったり、チームの誰かが欠けてもプロジェクトが滞らない仕組みを作り上げています。

結果として、本人が休んでも現場はパニックにならずに済むのです。

稼げるエンジニアは、休みたいから休むのではなく「成果の最大化のため、周りに迷惑を掛けることなく、敢えて休む」のです。
 

6. 喫煙所に通っている

暗闇の中でタバコに火をつけている男性の画像

※本人が喫煙者かどうかは関係ないようです

はっ?喫煙所?と思ってしまいますよね。

実は喫煙所って、タバコを吸わない人には実感が湧かないかもなのですが、意外と「プロジェクトの課題のタネ」が多く落ちているんです。

例えば、PMやPL等のプロジェクト責任者が喫煙者だった場合、喫煙所に「癒やし」を求めに来ていることが多いです。

「あ~売上がのびない。どうしたらいいんだろう。」

プロジェクトを回すのって、メンバーが考える10倍位大変でストレスが多く、気苦労が多い仕事なんです。

ストレスが溜まり疲れたなぁと思った時の一服、もうね、たまらんらしいですよ(笑)

そんな時ポロッと出ちゃうんですよね、本音が。
重要な課題のことが。


喫煙所には、プロジェクトや会社が抱える課題が転がっていたりする、ということです。

もしその課題を素早くキャッチして、「あ、それ僕できますよ」って提案できたら、その後どうなっていくかは皆さん想像出来るかと思います。

要は、プロジェクトの課題を一番知っている人物に近付く術、プロジェクトの課題に気付ける場所を知っているということです。

稼げるフリーランスは、あらゆるプロジェクトにおいて成果を最大化するには、
「プロジェクトの課題を真っ先に把握する」ことが最も重要だと認識しています。

タバコは吸わなくても、喫煙所には出没する。
そんな人が存在するのです。
 

7. 売上を意識している

グラフや表が書かれた資料を提示している男性の画像

企業活動において売上は重要です。

企業活動も利益の循環がなければ、良質なサービスを生み出し続けることは難しいですよね。

売上を意識する、とはどういうことか?

「自分に任されている範囲を超えてまで成果を上げようとする」ということです。

結果的に、売上に見合うリターンが自分自身に返ってきます。

一方で、自分が出来る範囲(テリトリー)内だけで仕事を回していると、自分が思っている以上に成果が上がらないことに気付きます。

当然ながら、自分に返ってくるリターンも予想より増えないのです。

売上を意識した結果、新しいイベントを打ち出したり、新規事業として新しいサービスを立ち上げてしまったりします。

中には新規事業を立ち上げて月次5000万を売り上げる強者もいました。

「自分のテリトリーを超えてまで、企業の売り上げを伸ばそうとすること」
これも、稼げるエンジニアの要素です。
 

8. 余裕がある→モテる

タブレットを二人で見ている男女の画像

そうやって稼ぎまくるエンジニアですが、実は現場ではそこまでハードには働いていないように見えます。

皆より働いていないが、圧倒的な生産性を持って仕事を遂行します。

仕事を振られても、常に7割の力の入れ具合で、人の1.4培の成果を発揮します。

仕事のツボを抑えているということです。
ツボを抑えているからこそ余裕ができ、余裕ができるからこそツボを押さえられるのです。

要は、仕事が終わらなくてカリカリしてませんし「あの人スケジュールカツカツだな」と思われません。

若干、7の「売上を意識する」と矛盾が生じる感じを受けます。

しかし、稼ぎまくるフリーランスは、その矛盾すらも超えて行き、売上と余裕の両方を最大化する絶妙なポイントを抑えています。

だから、カッコイイ!あの人凄い!ってなる。
そんな人だったら、誰だって着いて行きたくなりますよね。

結果的に、同僚にも異性にもモテまくります。
 

9. 趣味にも真剣

一人用のボートで川下りしている人の画像

また、稼ぎまくるエンジニアはプライベートも充実しています。

休日は、暗いワンルームでカチャカチャキーボードを打つよりも、趣味のダンスに出掛けたり、仲間とフットサルを励んだりとかなり行動的です。

意外と休日に開発やっていないケースが多いんです。開発以外でも真剣に取り組むものを持っています。

つまり、リア充なんですね。
悔しいですが、リア充なんです。
 

以上が年収1000万を稼ぐ
フリーランス9つの特徴でした。

自分でまとめながら感じたのは、実は「自分のお金を稼ぐ為だけ!」と業務に取り組むエンジニアは1人もいなかったということ。

稼ぎまくるフリーランスは、「成果の為、つまりお客様のプロジェクトの成功の為!」にフォーカスを当てて業務に取り組んでいます。

皆さんはいくつ当てはまるでしょうか?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

 

フリーランスの働き方について話を聞く

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?