オンラインカウンセリング実施中

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)に厳密な定義はないといえますが、あえて違いに言及するなら、WebエンジニアはシステムエンジニアよりWebに特化したシステム開発に携わる意味合いが強いです。

Webエンジニア案件を提案してもらう

目次

Webエンジニアの概要と必要なスキル
システムエンジニア(SE)の概要と必要なスキル
Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Webエンジニアの概要と必要なスキル

Webサイト・サービスの構築を行うWebエンジニアと、各種システムの開発に携わるシステムエンジニア(SEとも)。本記事では、両職種の概要とそれぞれの違いについて解説します。

Webエンジニアとは

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの開発を行う職種です。担当する作業によっては、フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニアという異なる職種に分類されることも。主な作業内容には、要件定義をはじめプログラミングや運用、保守などがあります。

Webエンジニアに必要とされるスキルとしては、複数のWeb系プログラミング言語(Java/PHP/Rubyなど)による開発技術、負荷対策技術、データベース設計技術といったものが挙げられるでしょう。

なお、Webエンジニアと担う役割が似ているとされる職種にWebプログラマーがあります。両者の違いはあまりはっきりしておらず、企業や人によって捉え方が異なるようです。

一般的には、WebエンジニアはWebプログラマーと比較してより幅広い工程に関わる傾向があるとされます。

関連記事:Webエンジニアに必要なスキル

Webエンジニア案件を提案してもらう

システムエンジニア(SE)の概要と必要なスキル

Webエンジニアに続き、システムエンジニアの概要を見ていきましょう。

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアは、システム開発における各工程に携わる職種。システムエンジニアが担当する作業は案件にもよりますが、要件定義や基本設計といった上流工程から、稼働テスト・管理などの下流工程までが含まれることが多いようです。

プログラマーが主にコーディングやデバッグといった作業を担うのに対し、システムエンジニアの担当領域はより広いものであるという点が特色と言えるかもしれません。

システムエンジニアは時に、プロジェクトをまとめるリーダー的な立場になることがあります。そのため技術方面の技能だけでなく、コミュニケーション力やタイムマネジメントスキルを求められるケースも。

その他、システムエンジニアに必要とされる基本的なスキルには、設計力やプログラミング技術があります。

関連記事:システムエンジニアのスキルについて

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

これまでWebエンジニアとシステムエンジニアの概要や作業内容について見てきましたが、最後に両職種の違いについて解説します。

Webエンジニアとシステムエンジニアの違い

上に見てきた内容からもわかるように、Webエンジニアとシステムエンジニアが携わる作業には類似点が見受けられます。Webエンジニアは、システムエンジニアの範疇に含まれる職種と考えることもできるかもしれません。

違いに言及するとしたら、WebエンジニアがWeb上で用いられるシステムの開発を専門としているということでしょうか。また、それぞれが案件に参画する中で身に付けていくスキルに関しても、やや異なった傾向が見られるようです。

Webエンジニアは、構築や運用など様々な場面でコーディングをメイン作業としています。それに対しシステムエンジニアはコーディング作業がほとんどない場合もあり、Webエンジニアと比較すると上流工程の作業に関わる頻度が高いのが特色です。

なお、レバテックフリーランスでは、Web系やシステムエンジニア向けの案件も保有しています。カウンセリングを実施の上、各種条件や個々のご希望に見合った案件をご提案。ぜひお気軽にご利用ください。

個別相談会について詳しく見る

また直接ご来社いただく以外にも、フリーランスになった場合の単価相場や案件数がメールでわかるサービス(案件提案メール)も実施しております。こちらも併せてご検討ください。

案件提案メールについて詳しく見る

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?Webプログラマーとの違いも解説

Webエンジニアとシステムエンジニアに関するよくある質問

Webエンジニアとシステムエンジニアに関するよくある質問と、その回答を以下にまとめました。

Webエンジニアとシステムエンジニアの仕事内容の違いはどんな点ですか?

Webエンジニアとシステムエンジニアの具体的な仕事内容や担当領域については、企業や案件ごとに幅があるため、一概に違いを述べることは難しいでしょう。一般的な職種の解釈においては、Webエンジニアの仕事内容はWeb開発に特化していることが特徴であり、システムエンジニアはWebサービス以外の開発を担当することもあるという点が最も大きな違いと言えそうです。

Webエンジニアとシステムエンジニアの年収に違いはありますか?

Webエンジニアとシステムエンジニアを区分する普遍的な基準がない以上、年収の違いを明確に示すことはできませんが、両者の年収の参考として、レバテックフリーランスに掲載されている案件の平均単価を紹介します。2020年11月時点では、フロントエンドエンジニア案件の平均月額単価は73万円、サーバーサイド開発案件の平均月額単価は72万円、そしてシステムエンジニアの平均月額単価は同じく72万円と、相場に大きな差はありませんでした。なお、これらの平均月額単価の12ヶ月分を年収の目安と考えると、税金や保険料などが差し引かれる前のフロントエンドエンジニアの年収は876万円、サーバーサイドエンジニア(サーバーサイド開発案件)の年収は864万円、システムエンジニアの年収は864万円というのが目安の額になります。

Webエンジニアの大変さはどんなところにありますか?

Webエンジニアの大変さのひとつとしては、Web業界におけるトレンドの変化の早さが挙げられます。Webエンジニアとして成長していくためには、デザインや技術に関する最新情報をキャッチアップしていく姿勢が求められるでしょう。また、人手不足で業務負担が大きい、残業が多いなど、仕事内容の特性というよりは職場環境が原因で「きつい」という意見があがるケースもあるようです。

関連記事 : Webエンジニアの仕事がきついって本当?転職前のチェックポイントと将来性

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webエンジニア案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方はこちら
SE (システムエンジニア)の求人・案件
東京エリアでのSE(システムエンジニア)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.