オンラインカウンセリング実施中

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い|年収や仕事内容、求人状況は?

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)に職業としての厳密な定義はありませんが、一般的な解釈における両者の違いを紹介するのであれば、Webエンジニアはシステムエンジニアに比べ、よりWebシステムの開発に特化した職種といえるでしょう。

Webエンジニア案件を提案してもらう

目次

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い
Webエンジニアとは
システムエンジニア(SE)とは
Webエンジニアとシステムエンジニアに関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Webエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

Webエンジニアとシステムエンジニアの業務内容には似た部分があります。Webエンジニアは、システムエンジニアという職業に含まれる職種と考えることもできるでしょう。

両者の違いに言及するとすれば、Webエンジニアの仕事内容は、基本的にWebシステムの開発に特化している点が挙げられます。それに伴い、働くうえで習得できるスキルや、未経験から転職を目指すために必要な能力、求人・案件で求められる条件に関しても、やや傾向が異なる場合があるようです。

Webエンジニアはシステムの構築や運用をはじめ、コーディングをメイン作業として行う職種とされるケースもありますが、コーディングが中心となる場合は「Webプログラマー」という職種に区分されることもあります。また、システムエンジニアについても、プログラムの設計といった比較的上流工程の作業に関わる職種というイメージを持たれることが多い一方で、SIer、社内SEなど活躍の場は幅広く、やはり一概に担当領域を区別することは難しいでしょう。

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?年収やスキル、Webプログラマーとの違いも解説

Webエンジニア案件を提案してもらう

Webエンジニアとは

Webエンジニアとは、Web系のシステム開発に従事するエンジニアを指します。仕事内容がフロントエンドの開発であればフロントエンドエンジニア、サーバーサイドの開発であればサーバーサイドエンジニア(バックエンドエンジニア)と区分されることもあります。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの主な仕事は、WebサイトやWebアプリケーションの開発です。Webエンジニアは業務範囲により、ユーザーから見える部分の開発を担当するフロントエンドエンジニアや、ユーザーからは見えないサーバー側の開発を担うサーバーサイドエンジニア(バックエンドエンジニア)など、異なる職種に分類されることもあります。代表的な作業内容としては、Webシステムの要件定義やプログラミング、運用、保守などがあります。

WebエンジニアとWebプログラマーの違い

Webエンジニアと業務内容が近い職種にWebプログラマーがあります。両職種の違は明確に定められているわけではなく、企業や人によって捉え方に幅があります。一般的には、WebエンジニアはWebプログラマーに比べ、Web開発においてプログラミング以外のより幅広い工程に関わることが多いようです。

Webエンジニアの求人・案件

2021年1月時点でレバテックフリーランスに掲載されているフロントエンドエンジニアの求人・案件数は363件、サーバーサイド開発の求人・案件数は388件でした。

フロントエンドエンジニアの求人・案件では、HTMLやCSSのほか、JavaScriptおよびReact、Vue.jsといったライブラリ・フレームワークの知識、TypeScriptの使用経験などが条件として求められることがあります。

フロントエンドエンジニアの求人・案件一覧

サーバーサイドエンジニア(バックエンドエンジニア)の求人・案件では、具体的な作業内容によっても異なりますが、Java、PHP、Ruby、Pythonなどを用いた開発経験が条件として指定されることも多いでしょう。

サーバーサイド開発の求人・案件一覧

Webエンジニアの平均年収

2021年1月時点でレバテックフリーランスに掲載中のフロントエンドエンジニア、ならびにサーバーサイド開発の求人・案件の平均月額単価は72万円なので、単純に12ヶ月分に換算すれば、Webエンジニアの平均年収は864万円と推算できます。

ただし、これは税金や保険料を引く前の金額であり、あくまでレバテックフリーランスの求人・案件をもとにした平均年収なので、ひとつの目安と考えましょう。

Webエンジニアへの転職に必要なスキル

Webエンジニアになるためには、フロントエンドならJavaScriptやTypeScript、バックエンドならJava、PHP、Ruby、Pythonなど、複数のWeb系プログラミング言語による開発技術、負荷対策技術、データベース設計技術などが必要です。また、開発の上流工程から携わる場合は、クライアントの意向を理解して要件定義を行うためのヒアリング能力や、プログラムを設計する能力なども求められるでしょう。

関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

システムエンジニア(SE)とは

システムエンジニアとは、一般的にシステム開発において上流工程といわれる要件定義や設計などを担当する職種です。仕事内容には幅がありますが、一定の実務経験やスキルが求められ、ITエンジニアのなかにはプログラマーからシステムエンジニアになるというキャリアパスをたどる人も多くいます。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアは、システム開発において幅広い工程に携わる場合があります。システムエンジニアの業務範囲は企業や案件によってさまざまですが、ヒアリングや要件定義、設計などの上流工程から、設計書にもとづいたプログラミング、稼働テストといった下流工程までを担当することがあります。

システムエンジニアとプログラマーの違い

イメージとしては、プログラマーが主にプログラムの実装やデバッグといった作業を担うのに対し、システムエンジニアが担当するのはより上流工程の要件定義や基本設計、詳細設計といったフェーズが中心になることが多いという点が両者の違いといえます。

システムエンジニアの求人・案件

レバテックフリーランスで公開されているシステムエンジニアの求人・案件数は、2021年1月時点で4710件となっています。

単価が高いシステムエンジニアの求人・案件では、開発に用いるプログラミング言語やツールの使用経験のほか、顧客との折衝、要件定義など上流工程の経験、スクラム開発やアジャイル開発の経験、プロジェクトマネジメントの経験などが条件とされることが多い傾向にあります。

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧

システムエンジニアの平均年収

レバテックフリーランスに2021年1月時点で掲載されているシステムエンジニアの求人・案件の平均月額単価は72万円で、12ヶ月分に換算すると、システムエンジニアの平均年収は864万円となります。

また、厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、企業規模10名以上の会社で働くシステムエンジニアの平均月収(きまって支給する現金給与総額)は約38万円で、ボーナス(年間賞与その他特別給与額)の平均約113万円を合計した平均年収は、およそ569万円です。また、同調査では、平均年齢は38.8歳というデータが出ています。

参照 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

システムエンジニアへの転職に必要なスキル

システムエンジニアはときに、現場をまとめるリーダー的な役割を担うことがあります。そのため技術力だけでなく、コミュニケーション能力やタイムマネジメントスキルが要求されるケースもあるでしょう。そのほか、システムエンジニアに必要とされる基本的な能力としては、顧客の要望を聞き出すヒアリング能力や設計スキルなども挙げられます。「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「システムアーキテクト試験」といった国家資格にチャレンジすることでスキルアップをはかる方法もあるでしょう。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説

Webエンジニアとシステムエンジニアに関するよくある質問

最後に、Webエンジニアとシステムエンジニアにまつわるよくある疑問と、その回答を以下にまとめました。

Webエンジニアとシステムエンジニアの仕事内容の違いは何ですか?

Webエンジニアとシステムエンジニアの具体的な仕事内容や担当領域については、一概に違いを述べることは難しいでしょう。企業や案件により、職種の定義には幅があるためです。また、一口にシステムエンジニアといっても、SIerで働く場合や、社内SEとして働く場合など、さまざまなケースがあります。一般的な職種の解釈でいえば、Webエンジニアの特徴はWeb開発に特化していることであり、対するシステムエンジニアは、Web開発以外に携わることもあるという点が最も大きな違いといえそうです。

Webエンジニアとシステムエンジニアの年収に違いはありますか?

Webエンジニアとシステムエンジニアは明確に区別できない以上、平均年収の違いを明確に示すのは難しいといえますが、両者の年収の参考として、レバテックフリーランスで公開されている求人・案件の平均月額単価を紹介します。2021年1月時点では、フロントエンドエンジニア案件の平均月額単価は72万円、サーバーサイド開発案件の平均月額単価は72万円、そしてシステムエンジニアの平均月額単価は同じく72万円と、ほぼ同じ単価水準でした。単純に平均月額単価の12ヶ月分を年収とした場合、税金や保険料などが差し引かれる前の年収は864万円となります。

Webエンジニアの大変さはどんなところにありますか?

Webエンジニアとしてキャリアアップしていくためには、Web業界の目まぐるしいトレンドの変化にもついていかなければいけません。Webデザインや技術に関する最新情報を積極的にキャッチアップしていく姿勢が求められる点は、Webエンジニアの大変さのひとつといえるでしょう。また、仕事内容の特性というよりは、現場の人手不足で業務負担が大きい、残業が多いなど、社内の環境が原因で「Webエンジニアはきつい仕事」「厳しい仕事」と感じるケースもあるようです。Webエンジニアとして就職・転職先や案件を選ぶときは、将来のキャリアプランも見据えたうえで、自分に合った仕事を選べるとよいでしょう。

関連記事 : Webエンジニアの仕事がきついって本当?転職前のチェックポイントと将来性

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとサーバーサイド開発の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.