オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

C#エンジニアの年収は?将来性や需要、フリーランス案件事情なども解説

レバテックキャリアの求人情報を見ると、C#エンジニアの平均年収は300万~1500万円と幅があります。C#はWindows系のアプリケーション開発言語として、依然大きなニーズがある一方で、単体の言語スキルだけは高収入になるとは限りません。

本記事では、そんなC#エンジニアの年収、将来性と需要、未経験から転職可能かなどを詳細に解説していきます。

C#案件を提案してもらう

目次

C#エンジニアの平均年収
C#の将来性・需要
C#案件は少ない? 多い? フリーランス案件事情
C#でできること・仕事内容
未経験からC#での転職
C#の年収に関するFAQ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

C#エンジニアの平均年収

まず、厚生労働省が発表している2019年度の「賃金構造基本統計調査」によると、C#に限らプログラマーの平均年収は約426万円となっています。この金額と比較してC#の年収を見ていきましょう。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

C#エンジニアの正社員求人の年収

レバテックキャリアの求人情報を見てみると、C#による開発者(システムエンジニア、プログラマー)の求人は、年収300万円台からあります。このレンジは未経験・経験の浅い層を想定した求人にしばしば見られます。

また、年収500万円代になってくると、マネジメントスキルなども必要とされる求人が出てきます。C#も含めたフルスタックエンジニア、アーキテクト、コンサルティングなどのスキルが必要とされる求人によっては、年収500万円台から1,000万円、1500万円に届く求人も見受けられます。

C#のスキルだけでなく、マネジメントやほかの言語、アーキテクト、コンサルティングなどのスキルも併せ持つことが高い年収へとつながる一因だといえそうです。

そのほか、エンジニアの仕事にはプロジェクトの状況などにより繁忙期があります。繁忙期には残業が発生し給料が高くなるため、月収にはバラつきが発生することが多いでしょう。

C#エンジニアのフリーランス案件の年収

年収やキャリアを考える上では、正社員として働く以外にフリーランスの案件を探すという方法もあります。レバテックフリーランスのC#の案件情報を見てみると、2020年12月時点で平均月額単価は68万円です。この平均単価で12カ月稼働した場合、税金や保険料を差し引く前の年収は816万円となります。また、求人案件数は約700件と一定の需要が存在していることが分かります。

関連記事 : プログラマーの平均年収・給料|未経験からの転職でどれくらい稼げる?

C#案件を提案してもらう

C#の将来性・需要

C#はMicrosoft社によって開発されたプログラミング言語です。Windows環境で動作させるプログラムの開発では、他の言語と比べてとても効率的に扱うことができます。Webアプリケーション開発にも向いており、ASP.NETや.NET CoreなどのWebアプリケーションフレームワーク、Visual Studioなどの統合開発環境を利用することで、高度な画面を効率的に作り上げることが可能です。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)による「ソフトウェア開発データ白書2018-2019」によると、C#は国内のシステム開発プロジェクトにおいて、Java、COBOLに次ぐ8.1%の使用率です。

参考:独立行政法人情報処理推進機構「ソフトウェア開発データ白書2018-2019」

Windows向けのアプリケーション開発、Webアプリケーション開発において多く選ばれていることがその一因となっています。Windows環境は多くの企業で業務に利用されているため、C#は企業向けのシステム開発において今後も需要があるでしょう。

また、かつてのC#はWindows向けアプリケーション開発専用の言語でしたが、iOS、Android、macOSに対応したためスマホアプリ向けの開発なども可能となり、利用の幅が広がっています。Unityによるゲーム開発でも、選択肢となるプログラミング言語の中ではもっとも利用されています。C#エンジニアはゲーム開発分野においても大きな需要があるでしょう。

さらにC#は高度な処理も得意としており、近年市場の広がるVR/AR関連での利用も見込まれます。そのため、C#は将来性の高い言語といわれているのです。

C#については今後もMicrosoft社への依存性が高く、将来性も同社の動向に影響されるでしょう。C#エンジニアは関連する技術動向に注目しながら、環境や需要の変化に対応する必要があります。

関連記事 : C#の仕事内容とは?年収、求人・フリーランス案件事情も解説

C#案件は少ない? 多い? フリーランス案件事情

2020年12月時点で、レバテックフリーランスのC#案件は約700件でした。これはJava(約2,400件)、JavaScript(約1,700件)、PHP(約1,500件)、SQL(約900件)に続き第5位の案件数です。C#は、フリーランスにとって比較的案件が多いプログラミング言語といえるでしょう。

また、レバテックキャリアが発表している「【2020年7月発表】プログラミング言語別求人案件ランキング」によると、レバテックフリーランスにおけるプログラミング言語別の新規案件割合ランキングで、C#/C#.NETが第3位にランクインしています。C#はDXを支えるWindowsシステムに多く利用されていることから、需要増につながったようです。

関連記事 : プログラミング言語別 案件ランキング | レバテックフリーランス版

C#でできること・仕事内容

C#は汎用性が高く、Windowsアプリケーション、Webアプリケーション、スマホアプリ、ゲーム開発などさまざまな開発に利用されています。ここでは、その具体例についてお伝えしましょう。

アプリケーション開発(デスクトップ、Webアプリケーション)

C#はMicrosoft社により開発された言語であるため、Windows環境向けのアプリケーション開発について強力なクラスライブラリとAPIを備えており、Visual Studioをはじめとした統合開発環境も充実しています。

また、Webアプリケーションの開発にも力を入れており、ASP.NETや.NET Coreを利用することで、高機能なWebアプリケーションを効率的に開発することが可能です。Windows向けアプリケーションやWebアプリケーションの開発は、要件定義、設計、プログラミング、テストという工程で行われることが多く、C#エンジニアはこれらの工程に携わっていきます。

Xamarinでのスマホアプリ開発

Xamarinは、iOS、Android、Windows、Mac向けのアプリケーションを開発できるライブラリおよび統合開発環境です。Xamarinを利用することで、開発者は各プラットフォーム向けのアプリケーション間で多くの部分を共有できるようになります。

例えば、Xamarinを利用してC#で記載したソースコードから、Android向けにはJavaなどの実行ファイルを、iOS向けにはiOSアプリをコンパイルできるのです。Xamarinを利用することで、C#でiOSおよびAndroid向けのスマホアプリの開発が可能となります。

スマホアプリの開発は、要件定義、設計、デザイン、プログラミング、テスト、リリースといった工程に分かれており、Xamarinを利用してスマホアプリ開発を行うC#エンジニアの仕事もこの工程に沿った内容となります。

Unityでのゲーム開発

UnityはUnity Technologies社が提供するゲームエンジンです。ゲーム開発において大きなシェアを占め、各種スマホアプリ、WindowsやMac向けのアプリ、コンシューマ向けアプリの開発が可能です。

また、VR/ARにおける対応も進んでいます。Unityを利用すれば、簡単なゲームならばコードを記載しなくても作成できますが、より詳細に作成したい場合はC#などの言語でコードを記載します。

ゲーム開発の工程は、企画、プロトタイプ開発、プレイテスト・ゲーム難易度調整、ゲーム画面以外の実装、リリース作業といった手順に分かれます。C#エンジニアの仕事はこの各工程に沿ったもので、特にプロトタイプ開発以降が主な業務となります。

関連記事 : Unityエンジニアの仕事内容

未経験からC#での転職

実務経験がないけれどC#エンジニアを目指したい、という方もいるかもしれません。しかし、完全な未経験からC#エンジニアに転職することは難しいでしょう。その理由として以下の2つが挙げられます。

  • C#はアプリケーション開発、スマホアプリ開発、ゲーム開発を行う企業にとって人気のある言語ではあるものの、転職においてはそれぞれに特化した高い知識、スキルを持つことが即戦力としての条件となる
  • C#は難易度の高い言語であり、Windows API、Xamarin、Unityなど開発するアプリケーションごとに前提知識も必要となる

未経験からC#エンジニアを目指すのであれば、まずはC#のプログラミングを身に付けましょう。C#は開発者が多い言語で、ネット上でも情報を得やすいため、比較的学習しやすいといえます。

ある程度のプログラミングができるようになったら、アルバイトや派遣のエンジニアとして経験と実績を積み、その後C#エンジニアとして転職する方法がスムーズかもしれません。

また、スマホアプリ開発やゲーム開発をメインとしたい場合は、自分でアプリやゲームを開発してみても良いでしょう。それをポートフォリオとすることで、転職時にスキルを示すことができます。

関連記事 : ITエンジニアに未経験から転職するには|志望動機例文や転職活動のコツ

C#の年収に関するFAQ

ここでは、C#エンジニアの年収をはじめ、よくある質問に回答します。

Q. C#エンジニアの年収相場はどのぐらいですか?

A. 経験やスキルによって変わってきますが、、開発者としての年収は300万~500万円程度の求人が比較的多く見られます。C#以外の言語やマネジメントなど他のスキルも必要な求人であったり、職位が上の求人であれば、より高い年収になることもあります。

Q. C#と他の言語を比べた場合、どのような特徴がありますか?

A. C#は汎用性が高く、Windowsアプリケーション、Webアプリケーション、スマホアプリ開発、ゲーム開発など幅広い用途で利用されています。また、WindowsアプリケーションならWindows API、Webアプリケーションなら.Net Framework、スマホアプリ開発ならXamarin、ゲーム開発ならUnityと、強力なフレームワークや統合開発環境、ゲームエンジンなどが周辺にそろっていることが特徴です。

Q. C#フリーランス案件の単価相場はどのぐらいですか?

A. レバテックフリーランスにおけるC#エンジニアのフリーランス案件では、平均月額単価68万円で、年収換算すると816万円になります。c#の案件数は約700件あり、一定の需要があるといえるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアの平均年収と給料事情|年収1000万円を目指すには?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

C#案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとC#の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.