SIerの3つの区分の一つ
ユーザー系SIerとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ユーザー系SIerとは、企業の情報システム部門から分社化・独立した企業です。主に親会社や系列会社から案件を受注することが多く、制度・福利厚生なども親会社の影響があるため、ユーザー系SIerは親会社がどういう企業かで特色が変わります。以下に詳しくみていきましょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. ユーザー系SIerの定義、特徴について
2. ユーザー系SIerは親会社の企業がポイント

1. ユーザー系SIerの定義、特徴について

SIerは、システムインテグレーション部門を担当するシステムイングレーターを指す言葉です。クライアントが抱えている問題を解決するために、システム開発における要件定義、設計・開発、運用・保守といった工程を一貫して請け負います。

Googleサジェストなどで「SIer SE 違い」といった検索ワード候補が出てくるように、IT業界に馴染みが薄いとわかりにくいかもしれませんが、SIerは企業自体を指す言葉です。一方、SEは個人の職種を示すという違いがあります。

そしてユーザー系SIerとは、大手企業における情報システム部門を分社化したものが基本です。業界としては製造、商社、インフラ、金融など多岐に分かれます。ユーザー系SIerの特徴の一つとして、ベンダー全てが親会社ではないのでいろいろなベンダーの製品を組み合わせられるという点があります。

ユーザー系SIerの他には、サーバーやPCメーカーのソフトウェア部門であるメーカー系SIer、また親会社を持たず独自に立ち上げられた独立系SIerが存在します。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する
 

2. ユーザー系SIerは親会社の企業がポイント

ユーザー系SIerは、親会社や系列会社から業務を請け負うのが基本となります。外販を行う企業もありますが、その数はあまり多くないようです。

そのため、業務を通じて得られるのは親会社の業界・業種に特化した知識・経験がメインとなってきます。キャリアの選択肢としてユーザー系SIerを考慮する際は、親会社の業界や外販の割合などを調べておくとマッチ度が高まるでしょう。

また親会社はある程度規模の大きな所が多いので、教育体制がしっかりしている傾向が見られます。ユーザー系SIerには親会社の企業倫理や福利厚生が適用されることが多いようで、安定した現場を求める方に適していることが大きなメリットです。

フリーランス専門エージェントに無料相談する


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.