あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

ユーザー系子会社の特色やメリットも解説
ユーザー系子会社とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ユーザー系子会社は、親会社から受注したシステム開発などの案件を主に担当。事業形態が親会社ごとに異なるのが特色です。メリットとしては、安定感や特定分野に強みを持っていることが挙げられます。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

SIer企業の分類
ユーザー系子会社の種類と作業内容
ユーザー系子会社のメリット

SIer企業の分類

一口に「IT企業」「SIer企業」といっても、細かい分類がなされることがあります。そこで本記事では、SIer企業の中でも特にユーザー系子会社と呼ばれる企業について詳述。まずは本項で、SIer企業の種類を確認しておきましょう。

■ユーザー系
「ユーザー系」は、大手企業から情報システム部門を独立させた子会社であり、「ユーザー系情報システム子会社」と呼ばれることも。そのため主たるクライアントは、ユーザー系子会社の親会社ということになります。

■メーカー系
「メーカー系」とは、コンピューターをはじめとするハードウェアを製造しているメーカー、およびそのグループ企業から構成される企業群を指します。自社製造のハードウェアと組み合わせ、ソリューションの提案を一本化できるのが強みです。

■独立系
「独立系」は親会社を持たず、独立してシステムインテグレーション事業を行っています。ハードウェア・ソフトウェアともに、クライアントごとに最も適した形で提供することが可能です。

関連記事 : 独立系SIerとは

自分に合う案件を提案してもらう

ユーザー系子会社の種類と作業内容

本項では、ユーザー系子会社の特色を見ていきましょう。

■ユーザー系子会社の種類
親会社の情報システム部門が独立・分社してできたという性質上、ユーザー系子会社の事業形態は多岐に渡っています。例えば、大きな枠組みでは製造系と非製造系に分類することが可能です。製造系には、食品や電気機器、精密機器、重工業といった分野があります。

また、非製造系としては商社系の他、銀行や証券などの金融系、鉄道や電力などのインフラ系といった系統が挙げられるでしょう。

■ユーザー系子会社の作業内容
親会社で使われるシステムの開発、構築、および運用・保守がメインです。それらの作業に付随して、システム利用の効率化を図る提案をしたり、コスト削減に取り組んだりといった作業に携わる場合もあります。

基本的には親会社から発注された案件に基き、先方の要望に沿って作業を進めていくのが特色です。特定の業界内で培われたシステム開発技術を活かし、業界外におけるシステムインテグレーションに参画する場合もあります。

関連記事 : ユーザー系SIerとは?

ユーザー系子会社のメリット

最後に、ユーザー系子会社で案件に参画するメリットを紹介します。

■安定感
ユーザー系子会社の大きなメリットとして、安定感を挙げることができます。ユーザー系子会社の親会社は多くの場合大手企業であり、経営が安定している傾向にあるからです。

案件をグループ内でコンスタントに受注し続けることができるのも、ポイントと言えるでしょう。案件ごとに作業場所を転々とすることが少ないため、一所に腰を据えて働きたいとお考えの方に向いています。

■特定分野に特化している
ユーザー系子会社では、基本的に親会社やグループ企業内のシステム開発を担います。つまり、ユーザー系子会社で経験を積むことにより、特定分野における専門的な知識や高水準のスキルを身につけることができる可能性が高まります。幅広い分野に習熟するというよりは、一領域でのスペシャリストを目指したいという方に向いているといえるでしょう。

関連記事 : ユーザー系IT企業とは

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとSE (システムエンジニア)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.