取り消し後は1年間再申請できない
青色申告が取り消しになるケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

青色申告者は、青色申告特別控除や青色事業専従者給与などに関してメリットを受けられます。しかし、適切な方法で確定申告しないと承認が取り消されることも。ここでは取り消しになるケースや再申請の方法を解説します。

◆この記事の監修
あおば会計事務所 共同代表
税理士 小池 康晴氏
IT関連の企業やフリーランス(個人事業主)の顧客を多く持ち、それぞれのニーズを重視した税務アドバイスとコンサルティングを行う。IT業界の税務や新しいサービスの動向などにも精通している。
http://aoba-kaikei.jp/index.html

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 青色申告とは
2. 青色申告が取り消しになるケース
3. 1年間は再申請できない

1. 青色申告とは

クエスチョンマークが大量に描かれた壁の前で、黄色い半袖シャツを着た男性が、上を向き、左手を顎に添えて悩んでいる画像

確定申告の方法には、白色申告と青色申告の2種類があります。青色申告は事業所得や不動産所得、山林所得を得る方が対象で、期日までに税務署へ「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

提出期限は、原則として青色申告をしようとする年の3月15日まで。その年の1月16日以降に開業、不動産の貸付けをした際は、開始した日から2ヶ月以内が期限です。(※1)

※1 : 期日が土日・祝日にあたるときは、これらの翌日が期限です。

青色申告承認申請書は、税務署で入手するほか、国税庁のWebサイトからダウンロードすることもできます。必要事項を記入したら税務署へ持参または送付してください。

ここからは、青色申告の主なメリットを見ていきましょう。

最高65万円の青色申告特別控除を受けられる

65万円の青色申告特別控除の適用条件は、下記のとおりです。

・事業所得あるいは不動産所得を得ている
・正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)によって記帳している
・損益計算書と貸借対照表を確定申告書に添付し、法定申告期限内に提出している

単式簿記による記帳を行っている方や、現金主義を選択している方は10万円の青色申告特別控除が適用されます。

青色事業専従者給与の必要経費への算入

青色申告者と生計を一にする配偶者や親族のうち、15歳以上でその事業に専ら従事しているときは、適正な金額であれば支払った給与を全額経費に算入することができます。

青色事業専従者給与を必要経費に算入したい場合、原則としてその年の3月15日までに「青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書」の提出が必要です。その年の1月16日以降に開業した、新たに専従者を雇うことになった人はその日から2ヶ月以内に提出します。(※2)

※2 : 期日が土日・祝日にあたるときは、これらの翌日が期限です。

上記のほか、純損失の金額を3年間繰り越して所得金額から控除できること、繰り越しに代えて純損失額を前年に繰り戻し所得税の還付を受けられることなどもメリットとして挙げられます。

参考:
国税庁[手続名]所得税の青色申告承認申請手続

国税庁「No.2070 青色申告制度」

 

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 青色申告が取り消しになるケース

ペンを持つ人が、前にいる人が人差し指で示した書類の記入箇所に、何かを書こうとしている画像

青色申告が取り消しになるケースとして下記の例が挙げられます。

帳簿書類を提示しない場合

税務調査時、税務職員から帳簿書類の提示を再三求められたのにも関わらず、正当な理由なく提示を拒否した場合、取り消しの対象となります。
提示しなかった年分のうち、最も古い事業年度以降の年分について取り消されます。

税務署長の指示に従わない場合

帳簿書類の備付けや記録・保存について、所得税法第148条第2項で規定される税務署長の指示に従わない場合、当該指示に係る事業年度以降の年分について青色申告の承認が取り消されます。

隠ぺい、仮装等をした場合

隠ぺい、仮装等で青色申告が取り消されるケースは下記のとおりです。

(1)「決定」または「更正」された所得金額のうち、隠ぺい、仮装による所得金額(「不正事実に係る所得金額」)が50%を超えるとき(※3)
(2)純損失の金額を減額する更正をした際、更正によって減った純損失の金額のうち、隠ぺい、仮装による金額(「不正事実に係る純損失の金額」)が当初の申告した純損失の金額の50%を超えるとき(※4)
(3)帳簿書類への記載などが不十分なことにより、推計によらなければ適正な所得金額が計算できないと認められる場合

※3,4 不正事実に係る所得金額や不正事実に係る純損失の金額が500万円に満たないときを除きます。

(1)と(2)のケースに該当する年分の7年以内の各事業年度について、下記の要件を満たし、今後適正な申告ができると認められた場合は、青色申告の取り消しが見合わせになります。

・青色申告承認の取り消しを受けていないこと
・過去の調査で、不正事実に係る所得金額や不正事実に係る純損失の金額が500万円未満であること

相当の事情がある場合

下記に該当する場合も、青色申告の承認が取り消されます。

・二重帳簿を作成するなどして、取引の一部を正規の帳簿に記載していない
・上記の隠蔽、仮装等のケース(1)(2)を回避するため、基準を下回る過少申告を毎年行っている

参考:国税庁「個人の青色申告の承認の取消しについて(事務運営指針)」
 

3. 1年間は再申請できない

ノートパソコンの前にいるチェック柄のシャツを着た男性が、両手で頭を抱え込みながら悩んでいる画像

青色申告の承認が取り消された場合、青色申告特別控除や青色事業専従者給与の経費への算入といったメリットを受けられなくなります。
再度青色申告の承認を受けたくても、取り消されてから1年間は再申請できないという点にご注意ください。

再申請時の手続きは、前項でご紹介した流れと同様です。
青色申告承認申請書に必要事項を記入し、期日までに税務署へ持参または送付しましょう。

参考:[手続名]所得税の青色申告承認申請手続
 

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


※本記事は平成30年11月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?