青色申告で確定申告を行うには
青色申告のやり方|提出書類や帳簿付けの方法などを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスの方が行う確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。青色申告は「始めるには届け出が必要」「白色申告よりも帳簿付けが複雑」などのいくつかのハードルはありますが、白色申告にはない65万円or10万円の青色申告特別控除を受けられるというメリットも。そこで本記事では、青色申告をする際の手続きや帳簿付けの基礎知識などについて解説します。

◆この記事の監修
あおば会計事務所 共同代表
税理士 小池 康晴

IT関連の企業やフリーランス(個人事業主)の顧客を多く持ち、それぞれのニーズを重視した税務アドバイスとコンサルティングを行う。IT業界の税務や新しいサービスの動向などにも精通している。
http://aoba-kaikei.jp/index.html

フリーランスの働き方について話を聞く

 

0. 目次

1. 青色申告をする際の手続きについて
2. 帳簿の付け方とその方法
3. 確定申告の方法

1. 青色申告をする際の手続きについて

青色申告を行う場合には、「所得税の青色申告承認申請書」という書類を税務署に提出します。提出期限は、事業開始後2ヶ月以内。ただし、1月1日~1月15日までの間に開業した人、白色申告から青色申告に変更する人は、青色申告予定の年の3月15日までで良いとされています(土日の関係で1~2日ずれる可能性あり)。青色申告承認申請書は納税地の税務署に持参するほか、郵送による提出も認められています。

いずれにしても、期限内に青色申告承認申請書を提出していなかった場合には、その年の確定申告では青色申告ではなく白色申告となるので注意しましょう。

また、新しく事業を始める際には「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)を提出するケースもあります。未提出による罰則規定はないものの、原則的には提出すべきものとされていることや、提出することで屋号を用いた銀行口座を開設できるという利点もあることは知っておくとよいでしょう。

開業届の提出期限は、原則的に開業後1ヶ月以内です。開業届の提出先も税務署であるため、事業を始める予定であり、確定申告を青色申告で行うつもりの方は、青色申告承認申請書と開業届を併せて提出することで手続きの手間が省けます。

フリーランスの働き方について話を聞く

 

2. 帳簿の付け方とその方法

本項では、帳簿付けの基礎知識を押さえておきましょう。

■帳簿付けとは?
青色申告を行う上で大切になるのは、帳簿付けの作業です。帳簿付けとは、折々の取引内容を帳面に記入していくこと。青色申告特別控除を受けるために、帳簿付けは行うべきことの一つです。

記帳は、簡易簿記または複式簿記のいずれかのルールに基づき実施します。帳簿の保管義務年数は7年間。決算書や請求書、領収書など、金銭の出入りを示す書類も、帳簿とともに同年数保存するようにしましょう。また、見積書や注文書などの取引に関わる書類は5年間保存する必要があります。

■簡易簿記について
簡易簿記は、出金や入金、掛け買いといった取引内容についてそのつど記載する方法です。記入の手間が少なくて済み、お小遣い帳感覚で記帳することができるのがメリットといえます。また、簡易簿記を行うことにより、10万円の青色申告特別控除を受けることができます。

必要になる帳簿は、現金出納帳・固定資産台帳・売掛帳・買掛帳・経費帳の5種類です。場合によっては、預金出納帳・債権債務記入帳・手形記入帳を要することもあります。

なお、簡易簿記には現金式簡易簿記と呼ばれるやり方も。こちらは事業所得が300万円以下の方が対象であり、現金出納帳を用いて記帳を行うのが特徴です。

■複式簿記について
複式簿記は、1つの取引を金銭の出入とその原因という2つの要素に分けて記録するやり方です。記帳時には、主要簿(仕訳帳・総勘定元帳)および補助簿(現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳)が必要になります。

複式簿記は簡易簿記よりも手間がかかりますが、会計ソフトを活用すれば比較的簡単に帳簿付けをすることが可能になるでしょう。65万円の青色申告特別控除が受けられるのも魅力です。

3. 確定申告の方法

最後に、青色申告で確定申告を行う方法について確認しましょう。青色申告では、青色申告決算書(貸借対照表と損益計算書)および確定申告書B(フリーランスの場合)を提出することになります。

青色申告と白色申告とでは、青色申告決算書と収支内訳書というように提出書類にも違いがあります。青色申告決算書の方がより詳細に記す項目が多く、作成するハードルが高くはありますが、会計ソフトによっては日々の帳簿をキチンと付けることで、多くの項目を自動で作成してくれるものもあるようです。

申告時期は、基本的には毎年2月16日から3月15日までです(土日の関係で1~2日ずれる可能性あり)。必要な書類の提出方法としては、税務署に直接持っていく以外に、郵送したり、電子申告を利用したりといったやり方があります。

ただしどの方法を取るにしても、申告期限が過ぎてしまった場合、65万円の青色申告特別控除を受けられる要件を満たしていても、青色申告特別控除額が10万円に減額されてしまう点には要注意です。

※本記事は平成30年10月時点の情報を基に執筆しております。

フリーランスの働き方について話を聞く

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.