Webアプリエンジニアの仕事内容と年収、求人・案件例を紹介

Webアプリケーションエンジニアの仕事は、Webの技術により構築されたアプリケーションソフトの設計・開発をすることです。サイトの目的を理解し、顧客の要望とユーザーの使いやすさを実現します。

Webアプリケーションでよく用いられる言語には、ウェブサーバー上で主に用いられるHTML5やCSS3、JavaScript、アプリケーションサーバー上で多く使われるJava・PHP・Perlなどがあります。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

■この記事の監修

川部 朋大

大阪府立布施高校卒業後、2010年から2022年まで大手アパレルで勤務し、2022年9月よりシステムエンジニアに転身。 PHP、JavaScript、MySQL、Docker、Flutterなどのスキルを活かし、PHPを用いたグルメサイトの予約システム開発では既存システムの改修や新機能の開発を行う。Flutterを用いたモバイルアプリ開発では、新たな領域にも挑戦。経験豊富なアパレル業界で培った洞察力と、エンジニアとしての情熱を融合させ、プロジェクトに価値を提供。

目次

Webアプリケーションエンジニアとは

Webアプリケーションエンジニアとは、顧客の経営課題に対しWeb技術を用いて解決に導くWebのエキスパートです。企業が抱えている課題を正確に把握し解決に適したWebアプリケーションを設計・開発する中で、技術面だけでなくマーケティングや営業面でのサポートも同時に行います。

アプリケーションエンジニアは多くの業種で活躍している職業で、その種類は電子部品や半導体メーカーのセールス部門で多く活躍しているFAE(フィールド・アプリケーション・エンジニア)やCAD関連企業でセールスとマーケティング両方の領域で活躍しているCAE(コーポレート・アプリケーション・エンジニア)などさまざまです。

近年Webサービスが目覚ましく進歩する中で、このWebアプリケーションエンジニアへ転身を希望するアプリケーションエンジニアが増加傾向にあります。Web領域が未経験というFAEやCAEがチャレンジしやすいと言われる要因は、業種が違っても担う役割は技術と営業面での活躍という点において同一であることが挙げられます。

よりスムーズに転身を進めるために、顧客折衝のためのコミュニケーションスキルやUNIX・データベースの知識・開発言語のスキルを身につけておくとよいでしょう。

IT業界の技術進歩がさらに加速する中で、技術力と併せて企業の経営課題を見すえた折衝や提案を行うことができるWebアプリケーションエンジニアは将来的に市場価値が高まる職業だと言えます。

関連職種である「フロントエンドエンジニア」について知りたい方は「フロントエンドエンジニアとは?」の記事をご参照ください。

Webアプリケーションエンジニア案件
を提案してもらう

Webアプリケーションエンジニアの仕事内容

Webアプリケーションエンジニアの仕事は、まずシステムの要件定義からスタートします。

顧客が抱える経営不安や業務の問題に対し、コミュニケーションを図りながらひとつひとつ課題を明確に抽出していきます。この時点では、技術のスキルではなく顧客折衝スキルやコミュニケーションを図るヒューマンスキルが重要です。

そして、細分化された課題を多角的に判断し問題解決に向けたソリューションを提案します。Webアプリケーションエンジニアは顧客の要望およびサイトの目的を正確に理解し、顧客と開発チームの間に立った技術的な提案をはじめ要件定義から設計までも担います。

ユーザビリティに富んだアプリケーションの設計が求められると共に、顧客が望む機能の実現に向け一からシステム機能の設計を行うこともあります。設計・開発・保守など技術領域のポジションだけでなく顧客企業の業務分析からマーケティング・コンサルティングまで、幅広い分野を担うことで経営的な視点を習得できる点がITエンジニアとの違いです。

なお、Webアプリケーション開発で使われる言語は多くあります。そのため開発環境に応じたプログラミング言語を適切に選択することが求められます。

HTML5やCSS3、JavaScriptはウェブサーバー上で主に用いられ、Java・PHP・Perlなどはアプリケーションサーバー上で多く使われる言語です。そのほかWindows系のOSだけでなくUNIXやLinuxが使われることもあるため、さまざまな言語のスキルやセキュリティなどの暗号化の知識も習得しておく必要があります。

ただし近年はコストや開発工数削減のためのシステム簡略化を望む声から、開発に適したアプリ開発ツールやフレームワークを使いウェブサーバー上でアプリケーションを実装する開発案件も増えてきています。

Webアプリケーションエンジニア案件
を提案してもらう

Webアプリケーションエンジニアに必要なスキルと役立つ資格

インフラの進歩に伴って、Web系コンテンツを開発できるエンジニアの需要が高まってきています。

ただし、市場価値が高いエンジニアは単にWebサービスの開発を行うだけではありません。顧客の企業課題を解決するシステムであることは必須ですが、セキュリティ面に優れ、利用するユーザーにとって使いやすく安全であることが求められます。

上記の点からWebアプリケーションエンジニアにはプログラミング言語やDBの幅広い知識が求められると共に、顧客の要望を実現するための企画および提案力が必要です。技術面のサポート以上に現場のエンジニアや顧客との折衝業務が多いため、コミュニケーションスキルは必須と言っても良いでしょう。

以下に、知識やスキルの証明になるwebアプリケーションエンジニアの資格をご紹介します。

ドットコムマスター

NTTコミュニケーションズ主催のインターネット検定。「ドットコムマスターシングルスター」「ドットコムマスターダブルスター」「ドットコムマスタートリプルスター」とレベルごとに3つに区分されています

Webクリエーター能力認定試験

Webサイト構築に必要なHTMLプログラミングスキル、ページデザインスキルを検定する試験。上級と初級があります。

Webプログラミング能力検定試験

業務システムやインタラクティブなWebサイトを構築するためのプログラミングスキルを証明する検定。上級と初級に区分されています。

Webサーバーエンジニア能力検定試験

Linuxの高度な知識、WebサーバーおよびDNSサーバーの設計・管理を行うための知識を認定する資格。

システムアーキテクト

業務分析や要件定義などシステム開発の上流工程に関する高度なスキルを認定する資格。情報処理技術者試験の中で最も高度なレベル4に分類されています。

ITアーキテクトの仕事や年収が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。
ITアーキテクトの平均年収|収入アップに役立つ資格やスキルは?

Webアプリケーションエンジニア案件
を提案してもらう

フリーランスアプリケーションエンジニアの年収

ここではアプリケーションエンジニアの年収の参考として、レバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスアプリケーションエンジニアの平均月単価 : 77万円(12ヶ月分を年収とすると924万円)

  • 最高単価 : 130万円
  • 最低単価 : 20万円

※上記の金額はお支払いを約束するものではございません。

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

Webアプリケーションエンジニア案件
を提案してもらう

アプリケーションエンジニアの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでの案件を例にして、アプリケーションエンジニアの作業内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。アプリケーションエンジニアの求人・案件に興味がある方は参考にしてみてください。

【JavaScript】スマートアプリケーション開発の求人・案件

■単価
〜600,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
アプリケーションエンジニア、SE (システムエンジニア)、プログラマー(PG)

■職務内容
詳細設計~実装

■求めるスキル
JavaScript/Node.js
※Java等多言語の経験しかなくても短期に習得できれば検討可

■最寄り駅
名古屋(愛知県)

【Ruby】不動産マッチングサイト開発の求人・案件

■単価
〜1,050,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。

■職種・ポジション
アプリケーションエンジニア、SE (システムエンジニア)

■職務内容
・不動産マッチングサイト開発案件に携わっていただきます。
・主に下記作業をご担当いただきます。
-基本設計からテスト
-機能追加

■求めるスキル
・Ruby on Railsを用いた開発実務経験2年以上
・AWSを用いた開発経験

【歓迎スキル】
・Webサーバーを1から立ち上げ経験

■最寄り駅
赤羽橋(東京都)



上記の内容はアプリケーションエンジニアのフリーランス案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

Webアプリケーションエンジニア案件
を提案してもらう

Webアプリケーションエンジニアに関するよくある質問

ここでは、Webアプリケーションエンジニアに関するよくある質問に答えていきます。

Q.Webアプリケーション開発で使われる言語やツールを習得するためには、どのような学習が効果的ですか?

各言語やツールの書籍を読み込むこと、コミュニティや勉強会に参加すること、実際にWebアプリを作成してみることが効果的です。

Q. フリーランスのWebアプリケーションエンジニアの年収はどの程度ですか?

スキルや経験によって異なりますが、平均年収は700万円から1,000万円ほどです。

Q.Webアプリケーションエンジニアに必要なスキルは何ですか?

Webアプリケーションエンジニアに必要なスキルは、プログラミングスキル、ネットワークやデータベースに関する知識、システム開発に関するスキル、マネジメントスキルなどです。

Q.Webアプリケーション開発に使用される主なプログラミング言語は何ですか?

アプリケーション開発に使用される主なプログラミング言語は、JavaScriptやJava、Ruby、Pythonなどです。

Q.Webアプリケーションエンジニアに向いている人はどんな人ですか?

Webアプリケーションエンジニアに向いている人は、プログラミングが好きな人や、常に効率化を考えられる人です。

※本記事は2023年11月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webアプリケーションエンジニア案件
を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら