オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

Webエンジニアの仕事がきついって本当?転職前のチェックポイントと将来性

ビジネスでもWebサービスやアプリが活用されている現在、Webエンジニアを目指している方も多いのではないでしょうか。しかし、インターネットなどで「Webエンジニアはきつい」と書いている記事などを見て「Webエンジニアは自分には務まらないのではないか」と心配になる方もいるようです。そんな疑問を解決するために、今回は「Webエンジニアがどのような仕事をしているか」「Webエンジニアで働くために必要なこと」など、Webエンジニアの実態を解説します。

Webエンジニア案件を提案してもらう

本記事の執筆者
ITエンジニア 田中 広人

IT業界の実務経験は11年。金融系の業務システム開発エンジニア(SE、PG)では、Java、JSを使用したスクラッチ開発で、設計、実装、テスト工程を担当。WEBアプリケーションエンジニア(SE、PG)では、Perl、JS、PHP言語を使用したシステム開発・運用に携わり、時刻表、飲食系、SNSのシステム運用および開発を担当。

目次

Webエンジニアの仕事がきついと言われる理由
Webエンジニアに向いている人
Webエンジニアに向いていない人
入社前にチェックしておくポイント
Webエンジニアの仕事がきつい時の転職ルート
未経験でWebエンジニアになるときつい?
Webエンジニアの将来性
Webエンジニアがきついかは適性次第

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Webエンジニアの仕事がきついと言われる理由

どんな仕事にもメリットとデメリットがあるように、Webエンジニアの仕事にもメリットやデメリットがあります。未経験からWebエンジニアに転職する場合は、あらかじめそれぞれの面を知っておくことが必要です。Webエンジニアの仕事がきついといわれる理由としては以下のような点が挙げられます。ただし、これらは一例なので、すべての職場に当てはまる内容ではありません。

  • 激務の職場がある
  • トレンドの変化についていけない
  • 顧客先への常駐することがある
  • アジャイル開発のスピードについていけない

それぞれについて詳しく見てみましょう。

激務の職場がある

Webエンジニア全体が激務というわけではありませんが、職場環境が整っていない職場もゼロではありません。場合によっては長時間労働や休日出勤が日常的になっている職場もあるのです。

一口に激務と言ってもパターンは様々です。「納期が近いと激務だけど、それ以外は普通」と繁忙期によって変動する現場もあれば、繁忙期かどうかに関わらず常に忙しい現場もあります。後者のような現場に配属されると日常的に激務が続いてしまうことにもなりかねません。

そのため、ストレスをためやすい方は特に、激務の職場では心身に大きな負担がかかり、業務を継続することが難しくなることがあります。ただし、激務の職場の場合、短期間で多くの知識や実績を身につけられる可能性もあるので、経験を積みたい方はチャレンジするのもひとつの方法です。

トレンドの変化についていけない

エンジニアに求められるスキルは常に変化しており、プログラミング言語などの技術のトレンドは変わりやすいものです。近年ではAIやSaaS(Software as a Service)、AWS(Amazon Web Services)などを活用したシステムやサービスが注目されたことから、これらについて勉強を始めた方もいることでしょう。

ある程度のスキルを習得したからといって勉強を怠ってしまうと、Webエンジニアとしての成長が止まってしまうどころか時代の変化に取り残されてしまいかねません。また、業務で担当している部分だけでは知識が偏ってしまう可能性もあるので、業務外での自己学習はエンジニアとしての価値を高めるためには必須と言えるでしょう。

こうした業界のトレンドの変化についていけないと、エンジニアの仕事はきついと感じるかもしれません。

顧客先に常駐することがある

Webエンジニアは自社ではなくクライアントに常駐して業務を担当することがあります。いわゆる客先常駐というものです。プロジェクト期間やサポート期間など、数か月程度常駐することも少なくありません。客先常駐では、顧客先のルールやスケジュール、人間関係などになじむことが仕事を進めていく上で必要です。

また、Webエンジニアはひとりで黙々とプログラミングをするイメージがあるかもしれませんが、設計や要件定義など実際のプログラミングの前に行われる上流工程では、ひとりで手を動かすよりもクライアントとコミュニケーションを取ることになります。

そのため、Webエンジニアとしての能力は高くても人間関係になじめずにストレスを感じてしまい、上手く能力を発揮できないというケースも見られます。エンジニアといえど顧客とコミュニケーションを取る必要が往々にしてあるので、コミュニケーションが苦手な方にとってはきついと感じるかもしれません。

アジャイル開発のスピードについていけない

「アジャイル開発」とはシステムやアプリなどを開発する際の手法です。アジャイルには「素早い」という意味があり、スピードが求められる開発手法を指します。

開発手法には、あらかじめ全工程の計画を立てて実行していく「ウォーターフォール開発」という手法があります。アジャイル開発はウォーターフォール開発とは異なり、要件や工程を小さな単位に分けてそれぞれを進めていく手法です。それぞれの小単位工程では、制作完了まで「要件定義・設計・開発・テスト」といったサイクルが短期間に行われます。小単位なので1つの単位が完成するまでの時間が少なくて済み、結果的に全体の開発スピードが早まるというのがメリットです。

アジャイル開発では突然の仕様変更などへの対応が必要になることもあるので、柔軟な対応力が必要だと言えるでしょう。きちんと計画を立ててスケジュール通りに仕事に取り組みたいという方は、アジャイル開発のスピードについていけず、きついと感じることがあるようです。

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?年収やスキル、Webプログラマーとの違いも解説

Webエンジニア案件を提案してもらう

Webエンジニアに向いている人

Webエンジニアに向いている人と向いていない人では成長スピードにもかなり差が出る可能性があります。では、Webエンジニアの仕事が向いているのはどのような人なのでしょうか。Webエンジニアの仕事が向いている人の特徴としては以下の点が挙げられます。

  • 論理的思考力が高い
  • 作業に没頭できる
  • 臨機応変に対応できる
  • 新しい知識や技術の習得が早い

以下、それぞれの特徴について見ていきましょう。

論理的思考力が高い

プログラミングには論理的思考力が必要です。論理的思考とは、ある物事を要素ごとに整理し、内容に矛盾がないよう筋道を立てて考えていく思考法を言います。

結論から話すことや、問題が発生した時に「なぜそうなるのか」を考えるようにすることが論理的思考のポイントです。実際の論理的思考について具体例を挙げてみましょう。

「彼は運動会のリレーでは活躍するだろう。なぜならば足が速いからだ。では彼はなぜ足が速いのか?彼は毎朝ランニングをしているからだ。」

この例では、まず「活躍する」という結論を先に述べた上でその原因を考えています。

Webエンジニアは、クライアントに対して設計や機能、納期や予算など様々な説明をしなければなりません。その際にクライアントの理解を十分に得るには、結論とその理由や根拠を論理的に説明する必要があるのです。また、論理的思考ができると、コーディングでエラーが発生した際に原因を特定しやすくなるというメリットもあります。

作業に没頭できる

設計が終わって製造の工程になるとプログラミングをしていくことになりますが、プログラミングは主にひとりで集中して行う作業です。問題にぶつかった時や、プログラミングに慣れていない場合、ペアプログラミングなど複数人で行うパターンもありますが、基本的にはひとりでプログラミング作業を行います。

プログラミングをする際には、実際にコードを入力する前に「この処理をさせるにはどのように書くのが最も良いか」を考えなくてはなりません。これだけでも頭を使いますが、そのあとコードを入力して正しく動作しているか、例外的な処理をしていないかなどを検証していきます。この一連の作業をする際には集中して作業に没頭しないとミスにつながることがあるので注意が必要です。

作業に没頭するためには、タスクを1つにして作業をシンプルにする、個別スペースを利用するなどして没頭できる環境を作る、などの方法があります。もともとひとつの作業を黙々とこなせる人や、集中力を高めるのが得意だという人は、Webエンジニアに向いていると言えるでしょう。

臨機応変に対応できる

技術の革新などによって開発環境はどんどん変化していきます。3年前は最新の技術と呼ばれていたものが、今ではあまり使わなくなった技術となってしまうといったことも少なくありません。例えば、プログラムにおいて「フレームワーク」や「ライブラリ」(いずれもあらかじめ用意されたプログラムのまとまり)を使うことで、今まで一からロジックを考えてプログラミングしなくてはならなかった機能をすぐに実装できるようになってきました。

このような技術の変化に対して臨機応変に対応できる人は、新しい技術や知識を習得していくことができます。そのため、Webエンジニアとしての成長スピードも早まるのです。

また、新しい技術に対応できるとクライアントに提案する際にも幅が広がりますし、新しい技術に対応できるWebエンジニアとして顧客からの信頼が高まる可能性もあります。

新しい知識や技術の習得が早い

変化に対応できる人材になるためには、新しい知識や技術の習得が必要になります。どんなにコミュニケーション能力が高く、説明が得意な人であっても、知識が少なければ説得力は生まれません。

2020年に世界で注目度が高かったフレームワークやライブラリには「React」や「AngularJS」が挙げられます。いずれもJavaScriptに関するもので、SPA(Single Page Application)のアプリ開発に活用されるようになりました。このような新技術を人より早く習得できる人はWebエンジニアに向いていると言えるでしょう。

また、新しい技術の習得には英語力も必要です。最新の技術は主に海外から発信されています。翻訳機能を使用することで英語ができなくても読むことは可能ですが、完全な翻訳ではないので記載された英語のニュアンスをつかみづらいでしょう。英語力があれば海外の優秀な書籍に触れることもできるので、より最新の技術をいち早く習得することが可能です。

関連記事 : エンジニア専門エージェントが考える『できるエンジニア』の5つの特徴

Webエンジニアに向いていない人

ここまでWebエンジニアに向いている人の特徴を挙げてきましたが、Webエンジニアに向いていない人もいないわけではありません。

Webエンジニアに向いていない人の特徴としては、以下の点が挙げられます。

  • お客様と直接やり取りする仕事が好き
  • 目立った活躍がしたい

もちろんこれ以外にも、性格的に向いていない、成長スピードが遅くなかなかスキルが身につかない、といった理由も考えられるので、一部の特徴だという前提でそれぞれについて解説します。

お客様と直接やり取りする仕事が好き

Webエンジニアにはクライアントへのヒアリングや説明の際などに、コミュニケーション能力が求められます。そのため、コミュニケーション能力が高い人はWebエンジニアに向いていると言えるでしょう。ただし、プログラミングなどひとりで行う作業も多いので、もの相手の仕事よりも人と話したり接客したりする方が好きな人にとっては、モチベーションが上がりづらい可能性もあります。

また、プロジェクトが大規模なものになるとエンジニアのリーダークラスがクライアントとやり取りをし、他のWebエンジニアはプログラミングに集中する、ということもあるので、クライアントと直接やり取りする仕事にやりがいを感じる人は、Webエンジニアに向いていない可能性があります。

目立った活躍がしたい

Webエンジニアの仕事は、直接お礼を言われたり喜ばれたりする機会はあまり多いとは言えません。クライアントが理解していない範囲の業務を担当することも多く、クライアントはWebエンジニアの一つひとつの仕事よりも、プロジェクトの進捗や結果を評価することが多いと言えるでしょう。そのため、ダイレクトな反応がほしい人や目立った活躍をしたいという人はWebエンジニアに向いていない可能性があります。

しかし、なかには次のプロジェクトメンバーに指名してくれたり「あなたに任せておけば安心」と言われたりすることもあり、顧客の信頼が得られることもあるようです。

関連記事 : ITエンジニアはきつい?|未経験だと大変?転職前のチェックポイント

入社前にチェックしておくポイント

Webエンジニアへの転職や就職の際には、たくさんある求人の中から自分に合った求人を選ぶ必要がありますが、自分が求める入社条件や職場環境を明確にしておくことが重要です。求人サイトの募集要項などに記載されていても、更新されておらず古い情報のままの可能性もあるので、面接時など入社前に確認することをおすすめします。

面接時に確認した方が良いチェックポイントの例として、以下の点が挙げられます。

  • 平均残業時間
  • ボーナス・昇給
  • 有給取得率
  • 面接担当者や社内の雰囲気

以下、それぞれのポイントについて解説します。

平均残業時間

残業時間が多い場合、優秀な人材が不足している、教育体制が整っていないため作業効率が悪いといった可能性があります。繁忙期の短期的あるいは突発的な残業でなく、日常的に残業時間が多いようならば注意が必要です。

また、残業代がまったく出ない場合や、月〇時間までの残業は「みなし残業」とする場合も存在するので、残業代は別途出るのか、みなし残業代が手当に含まれているのか、みなし残業代は〇時間分なのか、みなし残業時間数が多すぎないか、といった点についても確認することをおすすめします。

ボーナス・昇給

ボーナスと昇給については、求人票に詳細が明記されていないケースも存在します。明記されていても最新の金額ではない可能性があるため、具体的な金額の目安や直近の支給実績についても、できれば転職前に確認しておきましょう。

企業によって昇給時期や昇給額の幅が異なるので、ボーナスと一緒に確認しておくことをおすすめします。知り合いに求人と近い環境や労働条件で働いているWebエンジニアがいれば、昇給や給与についておおよその目安を聞いておくのも良いでしょう。

有給取得率

企業での働き方をイメージするには、社内Webエンジニアの有給取得率を確認するのもひとつの方法です。休日出勤の有無や、休日出勤した分の代休取得は可能なのかといった点をチェックすると良いでしょう。

働き方改革によって年次有給休暇の消化が義務付けられたことから、有給消化率の見直しや改善に取り組んでいる企業も見られるようになりました。有給取得率を上げるための取り組みを提示している企業であれば、働きやすい職場環境である可能性が高いと言えるでしょう。

面接担当者や社内の雰囲気

求人サイトの募集要項で書かれている条件以外にチェックしたいのは、面接で感じた雰囲気です。例えば面接担当者の表情や話し方から激務が日常的な環境なのかどうか、Webエンジニアが面接に同席している場合はどの程度新しい技術に精通しているのか、など会社の環境を推測することができます。

社員が生き生きと働いているかどうかは、会社選びにおいて重要な要素のひとつです。Webエンジニアの仕事が好きで楽しそうに働いている社員と一緒に働けたら、自分のモチベーションも上がってスキルアップなどにも前向きに取り組めるでしょう。

また、給与や休暇などの質問に対して「時期によっては」「プロジェクトによっては」というようなケースバイケースですというニュアンスが多く使われる場合は、入社後、想像していた職場とギャップが発生する可能性があるので注意が必要です。

​関連記事 :フリーランスにボーナスはある?

Webエンジニアの仕事がきつい時の転職ルート

Webエンジニアに挑戦してみることはもちろんスキルアップに役立ちますが、Webエンジニアの仕事がきついと感じた場合、より活躍できそうな違う職種へのキャリアチェンジを視野に入れることも選択肢のひとつです。

Webエンジニアがキャリアアップや転職で目指すことができる職種としては、主に以下の3つが挙げられます。

  • PM(プロジェクトマネージャー)
  • Webディレクターや企画担当
  • 社内SE

PMはプロジェクト全体の管理業務をメインとし、全体を見渡す力が特に要求される職種です。Webディレクターや企画担当は、コンテンツ自体のコンセプトや仕様を決める職種で、やはりサイト制作の全体を管理します。社内SEは基本的に社内のシステムの管理や改善を行う職種です。

この3つの職種は、Webエンジニアよりもマネジメント能力やコミュニケーション能力が重要視されます。プロジェクトや企業によりますが、これらの職種ではプログラミングは基本的に他のWebエンジニアに任せるケースが多いので、プログラミング作業は減るでしょう。

ただし、プログラミングのできるPM、Webディレクター、社内SEというのはWebエンジニアとの打ち合わせにおいて話が通じやすいく、プロジェクトを円滑に進めることができるため、重宝される傾向にあります。

関連記事 :プロジェクトマネージャー(PM)とは?仕事内容や年収、フリーランス事情を解説

未経験でWebエンジニアになるときつい?

新卒で研修がある場合などを除いて、全くの未経験者が中途採用でWebエンジニアになるのは難しいでしょう。中途採用の場合、採用する側は基本的に即戦力を期待しているため、経験者が優遇されやすいからです。募集要項で経験者優遇と明記されている求人も少なくありません。

未経験で中途採用でWebエンジニアになるためには、事前にプログラミングを学ぶなどして、業務に必要なスキルを高めておきましょう。現在就業している場合は独学でも良いですし、まとまった時間がとれるならプログラミングスクールに通うという選択肢もあります。自分に合った方法を選んで学習しておきましょう。

関連記事 : 未経験からフリーランスエンジニアになるには

Webエンジニアの将来性

2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」において、IT関連産業は人材不足という大きな課題を抱えているとされています。ITベンダーへのアンケートにおいて「良い人材を採用したいが求める人材が採用できない」という回答した企業は30%以上にのぼったのです。このことから、今後もIT関連産業においてWebエンジニアを含む人材獲得競争は激しくなると予想されています。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

人材不足に加えて、少子化や高齢化によるエンジニア不足も懸念材料です。学校教育でプログラミングを取り入れ始めたとはいえ、その世代がITエンジニアとして働けるようになるには時間がかかります。その間にWebエンジニアをはじめとしたITエンジニアの人数が大幅に増加するとは考えにくいため、Webエンジニアなどのエンジニア職は需要が高い職種であると言えるでしょう。

関連記事 : Webエンジニアの将来性|需要の高さや仕事内容、スキルなどを解説

Webエンジニアがきついかは適性次第

Webエンジニアの仕事ではたしかにきつい一面もあることは否定できません。しかし、すべての職場がすべての人にとって必ずしもきついわけではありません。論理的思考や新しい技術に対応できる人はWebエンジニアが適職である可能性も十分あるので、きついと感じるかどうかは適性次第と言えるでしょう。

また、Webエンジニアとして黙々とプログラミングをする仕事が向いていなかったとしても、Webエンジニアとしての経験やスキルを活かしてPMやWebディレクターなどへのキャリアチェンジが可能です。

今後もWebエンジニアなどのITエンジニア職は高い需要が見込まれるため、興味のある方はWebエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : webエンジニアがこの先生きのこるには|白石俊平氏×菅原のびすけ氏対談

Webエンジニアの仕事に関するよくある質問

Webエンジニアの仕事に関するよくある質問と回答を以下にまとめています。

Webエンジニアの平均年収はいくらですか?

Webエンジニアの平均年収の目安として、2020年11月時点でレバテックフリーランスに掲載されているフロントエンドエンジニア案件の単価を紹介すると、フロントエンドエンジニア案件の平均月額単価は73万円です。単純に12ヶ月分に換算すると、平均年収は876万円になります。また、サーバーサイド開発案件の平均月額単価は72万円で、同様に12ヶ月分に換算すれば、平均年収は864万円です。ただし、フリーランスは基本的に収入の中から税金や保険料などを自分で納める必要があるほか、年間を通じて継続的に案件を受注できるとは限らないため、あくまで目安の金額として考えてください。

未経験からフリーランスのWebエンジニアを目指せますか?

未経験からフリーランスのWebエンジニアになること自体は可能ですが、経験やスキルが不足している状態でWebエンジニアになっても、高単価の案件を継続して受注していくのは難しいと考えられます。即戦力が求められるフリーランスエンジニアは、実績が重視されることが多いからです。まずは企業に入社して実務経験を積んだり、クラウドソーシングなどで簡単な案件にチャレンジしてみたりして、着実にスキルを身につけていきましょう。

Webエンジニアがきついと感じたときはどんな職種に転職できますか?

同じITエンジニア職や、Web開発に関わる職種に転職すれば、Webエンジニアとして培ったスキルを活かすことができるでしょう。Webエンジニアの仕事でどのような点を「きつい」と感じていたかによっても目指すべき職種は異なりますが、同じWeb開発に関わることがある職種としては、Webディレクターやプロジェクトマネージャーなどが挙げられます。

​関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとサーバーサイド開発の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.