Webエンジニアのスキルや作業内容も解説
Webエンジニアの将来性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Webエンジニアは、Webの設計や構築に携わる職種です。Webシステム・サービスは次々と生み出されているため、Webエンジニアの需要は高く、将来性のある職種といえるでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. Webエンジニアの概要と作業内容について
2. Webエンジニアに必要とされるスキル
3. Webエンジニアの需要と将来性について

1. Webエンジニアの概要と作業内容について

Webの設計や構築に携わる職種として知られるWebエンジニア。本記事では、Webエンジニアの概要やスキル、将来性などについて解説します。

■Webエンジニアとは
Webエンジニアとは、WebサイトおよびWebサービスの設計・構築や、アプリケーションの開発などを担当する職種です。似た名称の職種にWebプログラマーがありますが、両者の定義は各人や参画先により異なります。例えば、各工程に幅広く参画するのがWebエンジニア、開発工程に注力するのがWebプログラマー、といったようにです。また、Webエンジニアの中でも、フロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニアといった分類がなされるケースもあります。

■Webエンジニアの作業内容
Webエンジニアが携わる具体的な作業としては、要件定義、Webサイトの設計・構築、プログラミングなどが挙げられるでしょう。その他、機能検証や運用・保守に携わることもあります。また、WebマーケティングやSEO対策など、幅広い領域での知識を要するケースがあるという点も、Webエンジニアの作業内容の特色です。

 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. Webエンジニアに必要とされるスキル

Webエンジニアに必要とされるスキルについて見ていきましょう。

■プログラミング
Java/PHP/Rubyといった、Web系の言語によるプログラミングスキルを身に付けることが大切です。1つの言語に特化するというよりは、複数言語に通じ、いくつかの言語を用いた開発経験を有しているエンジニアが重宝される傾向もあります。使用人口が少ない言語スキルがあれば、より高単価の案件への参画の可能性も高まるでしょう。

■負荷対策
ユーザーにとって、Webサイト・サービスの利用しやすさは重要なポイントです。顧客満足度に直結しやすい負荷対策は、Webエンジニアにとって学んで損はないスキルと言えるでしょう。負荷対策スキルに長けたWebエンジニアの人口は決して多くないため、希少価値の高さも魅力です。

■セキュリティ対策
Webアプリケーション開発に際しては、その安全性に十分注意を払う必要があります。Webエンジニアにも、ユーザーの個人情報漏洩防止を意識したプログラミングを行うことが求められるでしょう。

3. Webエンジニアの需要と将来性について

最後に、Webエンジニアの将来性について解説します。

■需要と将来性
Webシステム・Webサービスは次々と生み出されているのが現状です。Web領域での案件はますます増えていくでしょう。それに伴い、Webエンジニアの需要も伸びていくことが予想されます。

とはいえ、この業界は技術の進歩や変化が速いのが特徴。Webエンジニアとして長く活躍していきたいと考えるのなら、最新の情報と技術を追求し続ける姿勢が重要です。また、プロジェクトでは様々な職種の人達と関わりながら作業を進めることになります。たくさんの人と良好な関係を築き、作業をスムーズに進行させるべく、コミュニケーション能力に磨きをかける必要性もありそうです。

■キャリアパス
Webエンジニアのキャリアパスとしては、開発チームを率いるプロジェクトマネージャーをはじめ、特定の技術に特化したスペシャリストや、エンジニア経験を活かせる企画担当者などがあります。Webエンジニアは、将来にいくつもの可能性を持つ職種といえるでしょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.