オンラインカウンセリング実施中

Webエンジニアの将来性|需要の高さや仕事内容、スキルなどを解説

Webエンジニアは、Webアプリケーションの設計や構築などに携わる職業です。IT技術は世界だけでなく日本国内でも年々成長しており、Webシステム・サービスに関わるWebエンジニアは、幅広い分野で需要があります。IT人材のニーズは今後も高まり続けることが期待され、その根幹を担うWebエンジニアは将来性の高い職業といえるでしょう。

Webエンジニア案件を提案してもらう

目次

Webエンジニアとは
Webエンジニアの仕事内容
Webエンジニアに必要なスキル
Webエンジニアの需要・将来性
Webエンジニアのキャリアパス
未経験からWebエンジニアを目指す方法

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Webエンジニアとは

Webエンジニアとは、WebサイトおよびWebサービスの設計・構築や、Webアプリケーションの開発などを担当する職業です。設計や開発以外にも、システムやサービスを安定稼働させるための保守・運用を行うこともあります。

Webプログラマーとの違い

Webエンジニアと似た役割をもつ職業にWebプログラマーがありますが、それぞれの定義は企業や案件によって異なります。例えば、企画や要件定義といった上流工程から実装までを広く担当するエンジニアがWebエンジニア、プログラミング作業に注力し製造工程を担当するのがWebプログラマーといった分け方をすることもあれば、両者で大きな区別をせずほぼ同義で用いることもあります。

Webデザイナーとの違い

Webエンジニアの業務を行う上で、Webデザインに関する知識が必要になる場合も。しかし、WebエンジニアはWebデザイナーのようにUX設計や画面上のUIデザインを担当するのではなく、システム設計・構築といったものがメインの業務範囲です。

Webデザイナーにも技術的な理解やスキルは求められますが、デザイン側に注力する職種です。このように、WebエンジニアとWebデザイナーでは、業務そのものや求められるスキルが区別されているケースが多いです。

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?年収やスキル、Webプログラマーとの違いも解説

Webエンジニア案件を提案してもらう

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの具体的な仕事内容としては、企画・要件定義、WebサービスやWebアプリケーションの設計・実装、運用・保守などが挙げられます。

Webエンジニアは、業務領域に応じてフロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)、インフラエンジニアといった職業に大別される場合があります。

具体的には、フロントエンドエンジニアはWeb上でユーザーが直接目にする部分を担当し、バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)はサーバーサイドのプログラミングやインフラなどシステムの裏側を担当します。インフラエンジニアは、サーバーやネットワーク、ストレージなどインフラ領域を専任する職種です。

関連記事 : Webエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

Webエンジニアに必要なスキル

Webエンジニアに求められるスキルについて解説します。

プログラミング言語とフレームワーク

Webエンジニアは、Web系の言語によるプログラミングスキルが求められるほか、求人・案件によっては特定のフレームワークの知識・スキルが必要となることもあります。

プロジェクトによって、同じ言語でも違うフレームワークを用いることは珍しくないので、需要の高い言語と関連性の高いフレームワークはセットで押さえていく必要があるでしょう。Webエンジニアでよく用いられる言語とフレームワークの種類は、以下の通りです。

Java(ジャバ)

JavaはWebアプリケーションやAndroidアプリ、組み込みシステムなど幅広く開発できるプログラミング言語の一つで、OSに依存せずどのような環境でも対応できる応用力が魅力です。Javaを使えるフレームワークには、「Spring Framework」「JSF(JavaServer Faces)」「Play Framework」といったものがあります。

PHP(ピーエイチピー)

PHPは、WebサイトやWebアプリケーション開発で採用されることの多いプログラミング言語です。仕様や文法が比較的簡単とされており、採用されているプロダクトも多いため、
他言語よりも、プログラミング経験の浅い方でもOKとする求人・案件が見つかる可能性がアップします。PHPを使えるフレームワークには、「FuelPHP」「CakePHP」「Laravel」などがあります。

Ruby(ルビー)

Rubyは日本で開発されたプログラミング言語で、コードがシンプルかつ書きやすいのが特徴です。また日本生まれのため、日本語のドキュメントも多いというのも人気の一つです。
Rubyのフレームワークは「Ruby on Rails」が最もポピュラーですが、他にも「Padrino」「Sinatra」といったものも挙げられます。

データベースとネットワークのスキル

Webエンジニアには、データベースとネットワークのスキルが必要となるシーンもあります。大規模なシステム開発では、データベースエンジニアやネットワークエンジニアといった職種が参画することもありますが、小規模な現場であればデータベースやネットワークの構築・設計などの対応もWebエンジニアの仕事として求められることもあります。

データベースやネットワークの設計・設定はシステムのパフォーマンスに直結することから、負荷の分散やデータベースのチューニングスキルがあると、Webエンジニアとしての活躍の場が広がります。

セキュリティ対策

Webエンジニアには、セキュリティ対策のスキルも求められます。Webアプリケーション開発を行う際は、その安全性に十分注意を払わなければなりません。ユーザーの個人情報漏えいを防いだり、悪意のあるユーザーの影響を受けないWebサービスを設計したりすることを期待されています。

関連記事 : Webエンジニアに必要なスキル|仕事内容や資格、キャリアなども解説

Webエンジニアの需要・将来性

DXの推進がそこかしこで叫ばれる中、企業・ビジネスとITの関係はますます深まっています。しかし、日本におけるIT人材は需要に反して供給が大きく不足しており、WebシステムやWebサービスに関わるWebエンジニアの需要は依然増加していくと見られます。

さらに、既存のWebシステム・サービスは改修していくことも必要なので、Webエンジニアの需要が尽きることはないでしょう。

また、国内のみならず海外でも、WebシステムやWebサービスに関わる業種は伸びてきています。先述したJavaやPHP、Rubyといった言語の需要も伸びているので、Webエンジニアが活躍するフィールドはまだまだたくさんあり、将来性は明るいといえるでしょう。

関連記事:Webエンジニアの将来性

Webエンジニアのキャリアパス

Webエンジニアとして働くうえでは、自分のキャリアプランを考え、それに向かって行動を起こすことも大切でしょう。キャリアプランを立てる上で、「Webエンジニアとして独立したい」「就職先でキャリアを積みトップを目指したい」など、自身の成功イメージを持つのがコツです。

Webエンジニアの場合、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといったキャリアパスが一案として考えられます。現役のエンジニアとして技術を極めるだけでなく、人的リソースや予算管理などを行う業務を徹底して行うことで、IT人材としての価値を高められるでしょう。

また、直接的に手を動かすだけでなく、Webエンジニアの知見を生かして、ビジネスのIT化、Webの活用などの視点からアドバイスを行うITコンサルタントといったキャリアパスも考えられます。

関連記事 : Webエンジニアのキャリアパス

未経験からWebエンジニアを目指す方法

未経験からWebエンジニアになるには、Web開発のスキルを身につけるのが第一。Web開発のスキルは、先述したJava・PHP・Rubyなどの言語と開発フレームワークのスキルをセットで習得することが大切です。

エンジニア経験がある方の勉強・学習

エンジニアとして実務経験のある方は、オーソドックスにWeb開発でよく使われるPHPやJavaなどのプログラミング言語を習得することから始めましょう。書籍やプログラミング学習サイトなどを活用すれば、基本的なことは学べるはずです。

プログラミング言語や開発フレームワークのスキルを習得したあとは、既存のWebサービスをコピーして作成したり、Gitにソースコードを公開したりするなど、何らかの成果物を残すと良いでしょう。Webエンジニアとしての自身のスキルを客観的に評価してもらうための材料になるためです。

勉強するためのシステム開発環境には、特別なハードウェアは必要ありません。自宅のパソコンにWebサーバーやデータベースを構築したりAWSを使ったりすれば、開発環境は構築できます。学習に必要な開発環境の構築が難しい方や基礎から丁寧に学びたい方であれば、Webエンジニア向けのスクールを活用することも検討してみてください。

スクールでは、先述したスキルを学ぶことができますし、開発環境(学習環境)構築やスキルを向上させるためのインプット・アウトプットがすべて揃っているため、効率よくWebエンジニアを目指せるでしょう。

エンジニア経験がない方の勉強・学習

エンジニア経験が全くない方は、独学よりもスクールを活用することがWebエンジニアになるための近道となるでしょう。Webエンジニアになるのに必要なスキルは多岐に渡るので、すべてを独学で習得するのはややハードルが高いといえます。スクールでは、エンジニア業界に精通している講師の下で、Web系システムの開発における基本から応用まで一貫して広く学ぶことができるため効率的です。

なお、Webエンジニアになるのに必須となる資格はありませんが、業務を遂行できる実力は必要です。スクールではWebエンジニアとして必要なスキルを体系的に学べるほか、Webエンジニアとして活動できるスキルがあることを証明してもらえるので、就職もスムーズでしょう。

関連記事 : 未経験でWebエンジニアに転職するには|求人数や必要な準備、おすすめプログラミング言語

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとサーバーサイド開発の案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.