フリーランスの仕事内容をタイプ別に解説!未経験から始めやすい職種も紹介します

この記事でわかること
  • エンジニア系・クリエイティブ系・ライター系フリーランスそれぞれの仕事内容
  • フリーランスが職種を選ぶ際のポイントと副業から始めやすい職種
  • フリーランスになってから後悔しないために事前に知っておきたいこと

「フリーランスにはどのような職種があるの?」と気になる方へ向け、本記事ではフリーランスの職種や仕事内容、平均年収を紹介しています。

そのほか、フリーランスの職種を選ぶ際のポイントやフリーランスとして仕事をする際の注意点なども解説しているため、フリーランスに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスとは

一般的にフリーランス(freelance)とは、特定の企業や組織に所属せず、プロとして自身のスキルを提供する働き方を指します。企業に雇用される働く会社員と異なり、案件ごとに契約し、業務を遂行するのが特徴です。フリーランスとして働く主なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自由な働き方ができる
  • 定年がない
  • 実力に見合った収入を得られる
  • 人間関係のストレスが減る

時間や場所に縛られず働きながら、収入アップが目指せる点は魅力に感じる方も多いことでしょう。しかし、案件が獲得できなければ報酬は得られず、収入が安定しにくいといったデメリットも。フリーランスのメリット・デメリットについてより詳しく知りたい方は、「フリーランスと会社員 メリット・デメリット比較」の記事もご覧ください。

また、フリーランスと混同されやすい業態として、個人事業主があります。個人事業主とは、税務上の区分のことで、個人事業主になるためには開業届の提出が必要です。

参照:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

フリーランスになれるか相談する

エンジニア系フリーランスの職種・平均年収・仕事内容

まず、フリーランスの仕事に代表されるエンジニア系の職種について解説していきます。

  • プログラマー(PG)
  • システムエンジニア(SE)
  • インフラエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • データサイエンティスト

エンジニア系職種は、クライアントの希望に沿ってシステムやアプリ、Webサービスの開発・運用保守などを行います。スキルレベルや実務経験の長さによっては、高単価の案件を受注することも可能なため、年収1,000万円を目指すことも不可能ではありません。

2022年11月時点でのレバテックフリーランスの公開案件の月単価を元に算出した各職種の平均年収は以下のとおりです。

職種 平均年収
プログラマー(PG) 816万円
システムエンジニア(SE) 852万円
インフラエンジニア 804万円
フロントエンドエンジニア 864万円
アプリケーションエンジニア 924万円
データサイエンティスト 888万円


続いて、それぞれの職種の仕事内容について見ていきましょう。

プログラマー(PG)の仕事内容

プログラマーは、Java・PHP・Python・Rubyといったプログラミング言語を用いて、Webサイトやアプリケーションなどのシステム構築を行います。基本的にはSE(システムエンジニア)が作成した仕様書をもとに、要件を満たすプログラムを書くのがプログラマーの役割です。

デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を浴びる昨今、即戦力としてプロジェクトに貢献してくれるフリーランスプログラマーの需要は高まっています。

プログラマーの仕事内容については、「プログラマーとは|仕事内容・種類・年収・資格など基本情報を紹介」の記事でも詳しく解説しているため、ぜひチェックしてみてください。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)は、企業や顧客の要望をもとにシステムの要件定義・設計、システムがきちんと動作しているかを確認することが主な仕事です。システムを使ってどんなことを実現したいのかを汲み取り、プログラマーの協力を得ながら開発を進めていきます。

フリーランスとして活躍するにはプログラミングの知識だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント能力も重要といえるでしょう

システムエンジニア(SE)の仕事内容については、「システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説」の記事で解説しているため、ぜひあわせてご確認ください。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラとは、IT分野において、インターネットやシステムを使用するために必要な基盤を指します。インフラエンジニアは、その基盤を支えるため、サーバーやネットワークの設計から運用保守までを行うのが仕事です。

作業領域は幅広く、それぞれのインフラエンジニアが専門とする領域によって、ネットワークエンジニアやセキュリティエンジニアといったいくつかの種類に分かれています。サーバーやネットワーク、セキュリティに関する知識はもちろん、クラウドサーバーの需要も高まっているため、クラウドに関する知識も身に付けられるとよいでしょう。

インフラエンジニアの仕事内容については、「インフラエンジニアの仕事内容|必要なスキル・資格、求人・案件例を紹介」の記事でも詳しく紹介しています。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアは、Web開発においてユーザーの目に直接触れる部分(フロントエンド)を実装する職種です。使用する言語はHTMLやCSS、JavaScriptなどで、Webデザイナーが設計したデザインを元にコーディングを実施します。

フロントエンドエンジニアは、IT技術の進化に伴い、複雑化した作業を切り分けるために新しくできた職種といわれており、作業領域が幅広いのが特徴です。コーディングに関するスキルのほか、SEOに関する知見も求められます。

フロントエンドエンジニアの仕事内容については、「フロントエンドエンジニアとは?仕事内容やスキル、年収などを解説」の記事でも紹介しているため、ぜひあわせてご確認ください。

アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアとは、アプリケーション開発の全般を担う職種です。アプリケーションといっても業務系アプリ、スマホアプリ、Weアプリ、組み込み系アプリといった種類があり、それぞれ開発手順や使用言語なども異なります。

アプリケーションエンジニアは、ITに対する需要が高まっていることもあり、将来性の高い職種といえます。プログラミング言語に関するスキルはもちろん、ネットワークに関する知識やインブラ領域に関する知識も身に付けておくと活躍の幅を広げる際に役立つでしょう。

アプリケーションエンジニアの仕事内容については、「アプリケーションエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説」の記事でも紹介しています。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストは、IT技術を活用し、膨大なデータを細かく分析することで、ビジネス上の課題発見や解決を導く仕事です。データサイエンティストの活躍の場は多く、IT業界のほか、医療、金融など幅広い業界にて求められています。ビジネス戦略への期待から、事業経営に関わるケースもあるようです。

データサイエンティストの仕事内容は、「データサイエンティストとは?仕事内容やフリーランス事情を解説」の記事でも詳しく確認できます。

フリーランスになれるか相談する

クリエイティブ系フリーランスの職種・平均年収・仕事内容

次に、クリエイティブ系フリーランスの職種について紹介していきます。

  • Webデザイナー
  • イラストレーター
  • 3Dデザイナー
  • UI・UXデザイナー
  • Webディレクター

いずれもクライアントが要望するデザイン、クリエイティブを作成する仕事となりますが、デザインの媒体や使用するツールは職種によって異なります。クリエイティブ系職種の平均年収は下記のとおりです。

職種 平均年収
Webデザイナー 480万円
イラストレーター 420万円
3Dデザイナー 540万円
UI・UXデザイナー 576万円
Webディレクター 660万円


上記の表はレバテッククリエイターの単価診断ツールにて、経験年数3~5年、ブランクなしで算出した月単価を元に年収換算したものです。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、Webサイトの構成設計やデザイン、コーディングを担います。Photoshop、Illustratorといったグラフィックデザインソフトを使いこなせるスキルに加え、HTMLやCSS、JavaScriptなど、コーディングに必要なマークアップ言語、スタイルシート言語、プログラミング言語の知識も求められます。さらに、UI/UXデザインやライティング、SEO、アクセス解析といったWebサイトの制作・運用に関わる知識を身につけていれば、フリーランスとして受託できる案件の幅が広がるでしょう。

フリーランスWebデザイナーの仕事内容については、「フリーランスWebデザイナーの仕事のリアル|未経験で独立して稼げる?年収は?」の記事でも紹介しています。ぜひあわせてお役立てください。

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの仕事は、Webサイトやゲーム、書籍、商品パッケージなどに掲載するイラストの制作です。デジタルの制作環境では、Photoshop、Illustratorのほか、SAI、CLIP STUDIO PAINTといったイラスト制作に特化したツールが使われることもあります。フリーランスのイラストレーターの中には、グラフィックデザイナーや画家、漫画家と兼業で活動している人もいます。

フリーランスイラストレーターの仕事内容については、「フリーランスのイラストレーターになる方法|仕事の取り方や平均年収の目安を紹介」の記事でも紹介しているため、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

3Dデザイナーの仕事内容

3Dデザイナーとは、奥行きや立体感のあるグラフィックスをデザイン・制作する仕事です。3DCGが完成するまでには、モデリング、テクスチャー、リギング、アニメーション、ライティング、レンダリングといった制作工程があります。

3DCGは、ゲームやテレビなどのほか、医療や建築といった幅広い分野にて活用されており、3DCGデザイナーもさまざまな領域で活躍できるといえます。なお、技術の進化に伴い、高いクオリティーが求められるため、常にスキルアップが必要です。

UI・UXデザイナーの仕事内容

UIデザイナーは、Webサイトをはじめとするサービスにおいて、UI(ユーザーインターフェース)をデザインする仕事です。UIとは、ユーザーとサービスの接点を指し、Webサイトでユーザーが目にする情報はすべてUIに含まれます。

一方、UXデザイナーは、UX(ユーザーエクスペリエンス)をデザインする仕事です。UXとは、ユーザーがサービスを通して得る体験のことで、UIの先にUXがあります。コーディングのスキルは必須ではありませんが、あると役立つでしょう。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターは、Webエンジニア、Webデザイナー、ライターなど、Webサイトの制作・運用に関わる職種の業務を取りまとめ、プロジェクト全体を管理する仕事です。適切なリソース調整・進捗管理を行うマネジメント能力、プロジェクトを円滑に進めるためのコミュニケーション能力が必要になる職種といえるでしょう。

Webマーケティング、プログラミング、デザインなどの専門知識を持っておくと、各職種へスムーズに的確な指示が出せます。そのため、フリーランスのWebディレクターがより高レベル・高単価な案件に参画するためには、幅広い知識を研鑽しておくことが大切です。

フリーランスWebディレクターの仕事内容については、「フリーランスで働く人も!Webディレクターの仕事内容やスキルを解説」の記事でも紹介しているため、ぜひあわせてお役立てください。

フリーランスになれるか相談する

ライター系フリーランスの職種・平均年収・仕事内容

ライター系の職種は記事作成や編集などを行います。フリーランスのライターは在宅勤務で仕事を行うことも多いです。パソコンやネットワーク環境が整っていれば時間や場所を選ばずに作業ができるので、ライフスタイルに合わせやすいメリットがあります。クラウドソーシングを活用すれば、豊富な選択肢の中から自分の得意なジャンルの案件を選ぶこともできるでしょう。

中小企業庁「小規模企業白書 2016」を参考にした各職種の平均年収は以下のとおりです。

年収 ライター※ 記者・編集者
100万円未満 0.213 0.128
100万円300万円未満 0.319 0.468
300万円500万円未満 0.234 0.234
500万円800万円未満 0.16 0.128
800万円1000万円未満 0.043 0.043
1000万円以上 0.232 0

出典 : 中小企業庁「小規模企業白書 2016」より加工して掲載

ライターの仕事内容

ライターは、文字コンテンツを制作するうえで欠かせない職種のひとつです。文章を書くことに加え、必要に応じて調べ物をしたり、取材に出向いたり、インタビューをしたりするのもライターの仕事の一貫です。担当する媒体や制作物によって、Webライターやコピーライター、シナリオライター、テクニカルライターなどに分類されることがあります。

編集者の仕事内容

編集者は、書籍や雑誌、Webメディアなどに掲載するコンテンツの企画・編集・管理をします。ライターやカメラマン、漫画家、イラストレーターといった実際に制作を担う職種とコミュニケーションを取りながら、コンテンツの内容の調整や、納品までのスケジュール管理を行うことが主な仕事です。

仕事の性質上、編集者はフリーランスとして独立する前に、あらかじめ案件を受注したり、制作を依頼したりするためのコネクションを確保していることが多いです。

フリーランスになれるか相談する

その他のフリーランスの職種・仕事内容

上記のような職種以外にも、フリーランスにはさまざまな仕事があります。

  • カウンセラー
  • カメラマン
  • YouTuber
  • 動画編集者
  • Webマーケター
  • ブロガー・アフェリエイター
  • ネットショップ運営
  • 講師
  • 美容師

それぞれ解説していきます。

カウンセラーの仕事内容

悩みやストレスを解決に導く手助けをするカウンセラーは、医療・福祉・教育・産業など、幅広い分野で活躍しています。カウンセラーになるために資格は必須ではありません。しかし、相手に信頼してもらうことが重要な職種であるため、資格を取得していると案件も獲得しやすくなります。

カウンセラーの代表的な資格には、国家資格の「公認心理師」のほか、日本心理学会が認定する「認定心理士」、日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」、日本産業カウンセラー協会が認定する「産業カウンセラー」などがあります。

カメラマンの仕事内容

カメラマンは、テレビ、新聞、書籍、Webサイトなど、あらゆる媒体で必要とされる職種です。活動ジャンルも報道、スポーツ、芸術、エンタメ、ファッション、広告、ブライダルと多岐にわたります。なかでも、写真撮影を専門とするカメラマンは「フォトグラファー」とも呼ばれます。

フリーランスのカメラマンは、クライアントから依頼を受けて要望に応える写真を撮影したり、自ら撮影したものを売り込みに行ったりと、多様な方法で収入を得ています。

YouTuberの仕事内容

YouTuber(ユーチューバー)は、動画共有・配信サイト「YouTube」で自分が制作した動画コンテンツを公開している人の通称です。基本的にはチャンネルの登録者数や動画の再生回数に応じた広告収入を得ることができ、専業のYouTuberとして活動している人もいます。

動画の内容、更新頻度を自分の裁量で決められるYouTuberは、広義ではフリーランスの働き方のひとつと考えることもできるでしょう。

動画編集者の仕事内容

動画編集者は、撮影された映像や音声の素材をパソコンで加工し、編集する仕事を行います。インターネットやスマートフォンの普及により、動画投稿サイトの需要が高まっているため、動画編集者が必要とされるシーンは多くあるでしょう。未経験の初心者からでも始めやすい仕事といえますが、動画編集ソフトを使いこなす必要があります。

Webマーケターの仕事内容

Webマーケターは、Web上のさまざまな媒体において、製品やサービスが売れるようにマーケティングをする職種です。具体的には、ターゲットの選定から戦略の立案、施策の実行、データ分析などを行います。データをもとに問題解決するため、論理的思考力が欠かせない仕事といえるでしょう。

ブロガー・アフィリエイターの仕事内容

ブロガーは、自分の好きなコンテンツを発信し、ブログを運営する仕事です。人気が出れば有名企業から案件をもらえる可能性もあるでしょう。アフィリエイターは、商品を紹介し、掲載したサイトからユーザーに購入してもらうことで報酬を得ます。

どちらも在宅ででき、未経験から始めやすい仕事ではありますが、すぐに成果を出すのは難しく、始めのうちは収入がゼロになる可能性もあるでしょう。

ネットショップ運営の仕事内容

ネットショップ運営は、ネットショップを自身で運営し、品物を販売する仕事です。未経験でも挑戦しやすい仕事ですが、継続的に利益を出し続けるのは難しいでしょう。そのため、「すぐにがっつり稼ぎたい」と考える人より、「収入にはこだわっていない」「在宅でゆっくり仕事がしたい」という人に合っているといえます。

講師の仕事内容

講師になるには、一般的に特定の分野で実績を積んでいたり、豊富な知識を持っていたりすることが前提となります。イベントやセミナー、授業などで、知識やノウハウを分かりやすく受講者に伝えることが講師の役割です。講師は副業というイメージを持たれがちですが、中には専業のフリーランス講師として活動している人もいます。

美容師の仕事内容

美容師はフリーランスで働く方が増えつつある職種です。フリーランス美容師の場合、サロンと業務委託契約を結びそのサロンのお客さまへ施術するパターンと、面貸しと呼ばれる形で場所・施設のみを利用し、集客から自分で行うパターンの2通りがあります。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの職種を選ぶ際のポイント

フリーランスとして職種を選ぶ際は、前提として「自分のスキルや経験が活かせそうか」という点を考えてみましょう。フリーランスは基本的に即戦力としての働きを期待されているので、実績がないと案件の獲得が難しくなり、収入が安定しにくくなってしまいます。

なお、職種によっては高単価が狙いにくいものもあります。理想とする収入がある場合は、自分がフリーランスとして働きたい職種で実現できそうか、事前に確認しておくのがおすすめです。

また、フリーランスとして長く活動を続けられる職種を選ぶことも大切。フリーランスは案件の獲得に向け、常にスキルアップする必要があります。モチベーションを保ち続けるためにも、興味があって続けられる職種を選びましょう。

フリーランスになれるか相談する

副業から始めやすいフリーランスの職種

フリーランスの職種を選ぶ際は、副業から試してみるとよいでしょう。副業で始めやすいフリーランスの仕事の例としては、以下のとおりです。

  • エンジニア
  • ライター
  • ブロガー
  • YouTuber
  • 動画編集者

スキマ時間を活用し、在宅でもできる仕事であれば、副業から始めやすいといえます。副業で仕事を経験しておくことで、「この職種が合うか合わないか」を判断しやすくなり、いきなりフリーランスになるよりも失敗のリスクが減るでしょう。

未経験・スキルなしからフリーランスを目指す場合も、まずは必要なスキルを身につけたうえ、副業から挑戦することをおすすめします。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスになるためのステップ

会社員からフリーランスになるためには、以下のような手続きや準備が必要です。

  • 年金や健康保険の切り替え
  • 開業届の提出
  • 青色申告承認申請書の提出
  • クレジットカードを作っておく
  • 住宅ローンを組んでおく

それぞれの詳しい内容や手順については、「フリーランスになるには?必要な手続き、やっておいたほうがいいことを解説」の記事で紹介しています。ぜひあわせてお役立てください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの仕事の探し方

フリーランスは、基本的に自分で案件を探す必要があります。

  • 知り合いや前職のつながりから紹介してもらう
  • クラウドソーシングで探す
  • フリーランスエージェントを活用する
  • 自分で営業活動する

これまでの仕事のつながりや、希望条件に見合う案件とのマッチングをサポートしてくれる仕組みなどを利用して、うまく案件を探しましょう。

知り合いや前職のつながりから紹介してもらう

フリーランスとして実績が少ない人は、「この人の紹介であれば信頼できる」というように、友人や知人などから案件を紹介してもらう方法があります。自分で新規の案件を開拓するよりも、クライアントから安心感や信頼を持ってもらいやすいのがメリットです。人とのつながり、関わりを大切にし、人脈を広げておくと案件の獲得に役立つでしょう。

クラウドソーシングで探す

在宅で仕事を行う場合には、クラウドソーシングを活用することで効率的に案件を探せます。ただし、クラウドソーシングでは高度なスキルを必要としない案件が多く、それに伴って単価も低い傾向にあります。

フリーランスエージェントを活用する

自分で案件を探すクラウドソーシングに対し、フリーランスエージェントは、案件の紹介や契約までの事務作業などを専門の担当者が行ってくれます。作業以外の時間や手間を省けるのがメリットです。

自分で営業活動する

自分の持つスキル、能力や過去の実績を宣伝し、「一緒に仕事をしたい」と思ってもらうことが案件の獲得につながります。具体的には、SNSやブログを活用したり、フリーランスを対象としたセミナーや交流会に参加したりして、自分を売り込む方法などがあります。

1つの営業方法にこだわらず、複数の営業活動を組み合わせながら、案件を獲得するとよいでしょう。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスになって後悔しないための注意点

前述したとおり、フリーランスは自由な働き方ができますが、収入が安定しにくいといったデメリットがあります。ほかにも、フリーランスとして仕事をする上で知っておきべき注意点について見ていきましょう。

  • 案件がないときの備えが必要
  • 社会的な信用を得にくい
  • 社会保険や税金の手続きなどもすべて自分で行う
  • 自己管理能力が求められる

それぞれ解説していきます。

案件がないときの備えが必要

フリーランスという働き方は、常に安定した案件を得られるとは限らず、時期によっては仕事を見つけるだけでも苦労をすることがあります。フリーランスとして活動している場合、一定期間仕事がなくなってしまい収入が安定しなくなるという可能性は十分にあることを想定しておいてください。

場合によっては別の仕事を副業として始めなければならなくなってしまうこともあるでしょう。「フリーランスで仕事がない時は?」の記事では、仕事がないときの解決方法について説明しているため、ぜひあわせてお役立てください。

社会的な信用を得にくい

企業に属している会社員などに比べると、社会的信用を得るのは難しいというデメリットもあります。クレジットカードやローンの申し込み、保険の加入、賃貸契約の締結などでこれを実感するケースが多く、私生活での不便は少なからずあるという点も覚えておいたほうがよいでしょう。

社会保険や税金の手続きなどもすべて自分で行う

フリーランスは本業のほか、社会保険や税金の手続きなどもすべて自分で行わなくてはいけません。特に青色申告は初めての場合、手間取りやすいといえます。学べるタイミングがあれば、事前に知識を付けておくとよいでしょう。

参照:No.2070 青色申告制度|国税庁

自己管理能力が求められる

フリーランスは自由な働き方ができますが、その分自己管理能力が必要です。「今日は少し気が乗らないから明日にしよう…」と怠けることを続けてしまい、成果に影響が出てしまったら、クライアントからの信頼を失ってしまう可能性があります。自己管理に苦手意識がある場合、早いうちに対策できると良いでしょう。

※本記事は2022年11月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。