Swiftの勉強方法|初心者が独学でiOSアプリを開発するまでの学習ロードマップ

Swiftの勉強方法としては、Appleが提供する学習アプリの「Swift Playgrounds」や、初心者向けの本・入門サイトを活用して独学する方法のほか、プログラミングスクールに通う、勉強会に参加する、といった方法が考えられます。Xcodeをインストールして開発環境を構築し、Swiftの基礎知識を身につけたら、iOSアプリの開発にチャレンジしてみましょう。

Swift案件を提案してもらう

目次

Swiftはプログラミング初心者も学習しやすい?
Swiftの勉強方法
Swiftの学習ロードマップ
Swiftの将来性
アプリ開発のための実践的なスキルを養おう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

Swiftはプログラミング初心者も学習しやすい?

Swiftとは、主にiOS、macOSなどApple製品向けのアプリの開発に使われるオープンソースのプログラミング言語です。

※参考 : Swift - Apple Developer

初心者向けに作られたプログラミング言語でもあり、シンプルな構文が多いのが特徴です。学習用アプリの「Swift Playgrounds」が用意されているので、初心者が学びながら使用するのにも適しています。

Swiftは多くの開発者、教育機関、学生が幅広く利用しています。Swiftをより進化させた言語にするため、ユーザーがSwiftのソースコードの改良に参加することができるコミュニティも用意されています。

一方で、伝統的なC言語などと比較すると、新しいプログラミング言語であるため、参考となる情報や日本語のドキュメントは少なめです。そのため、ピンポイントで解決方法を知りたい時など、シーンによっては情報取得が難しいというデメリットもあります。

わからないことは自ら詳しい人に尋ねる、英語の情報も日本語に翻訳して整理するなど、主体的な情報取得が必要な場面もあるでしょう。

関連記事 : Swiftエンジニアの仕事

Swift案件を提案してもらう

Swiftの勉強方法

Swiftの勉強方法としては、たとえば以下のような方法が挙げられます。

  • Swift Playgroundsで勉強する
  • Swift入門本で独学する
  • 入門サイトで独学する
  • 動画を見て独学する
  • プログラミングスクールで勉強する
  • 勉強会に参加する

Swift Playgroundsで勉強する

Swift Playgroundsは、Swiftをインタラクティブに楽しく学べるアプリです。コーディングの知識は一切不要のため、これから学び始める方にはぴったりでしょう。Swiftを使ってパズルを解く感覚で、基本をマスターすることができます。

※参考 : Swift Playgrounds - Apple

プログラミングの学習においては、プログラミング言語自体の文法の理解やコーディングルールなどがつまづきの原因になりがちなため、直感的に楽しくプログラミングに触れられる点がメリットといえます。

Swift入門本で独学する

Swiftの入門本を読みながら独学する学習方法では、本を最初から読みながら学習するか、プログラミングで開発を進めながら、わからないところを本で調べるという方法があります。

本を読むという勉強方法のメリットとしては、細かいところまで説明がある、図を使っている本は目で見てわかりやすいといった点が挙げられます。

本を選ぶときのポイントとしては、文字を読むのが苦手であれば、図や表が多い本を選ぶのがよいでしょう。また、より応用的・実践的な内容であるのか、基礎的なことが網羅されているかなど、本によっても特徴があるので、理解の段階に応じて選ぶようにしましょう。

懸念すべきポイントは、必要な情報を取捨選択できず、不要な箇所までを読み続けてしまうことです。必要な知識なのかそうでないのかに考えを奪われ、やる気をそがれてしまうのは、アプリ開発において時間のロスになり得ます。本を読むことを目的にするのではなく、何のために本を読むのか、目的を最初に設定するのがよいでしょう。Swiftを用いたアプリ開発の代表的な学習本としては『たった2日でマスターできるiPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 11 Swift 5対応』(藤 治仁・小林 加奈子・小林 由憲=著、ソシム)などがあります。

※参考 : たった2日でマスターできるiPhoneアプリ開発集中講座 Xcode 11 Swift 5対応(藤 治仁・小林 加奈子・小林 由憲) | 書籍 本 | ソシム

初心者向けの本で、iPhoneアプリ開発の手順を一通り理解できるような流れになっているので、アプリ開発未経験の人にとってもためになる内容になっています。

入門サイトで独学する

入門サイトでの独学は、インターネット上の個人や法人が解説しているサイトを参考にして、学習する方法です。

本の場合、探したい情報が本のどこに書いてあるのかを探すのが大変なこともありますが、インターネットを活用すれば、Googleでキーワード検索を行うことにより、ピンポイントで探したい情報を見つけることができます。

ただしネット上の情報には古いものもあります。いつの情報なのか、文中で対象としているバージョンは自身が使用しているものと同じなのかなど、参考とする情報の鮮度を意識するようにしましょう。

また情報の信ぴょう性についても注意が必要です。個人がまとめている情報は誤っている可能性や、一般的な用法ではない可能性もあるので、そういった点も考慮しましょう。

動画を見て独学する

YouTubeなどの動画サービスにアップされているSwiftについての解説動画を見て勉強する方法です。

YouTubeに個人のチャンネルを持ち、有益な情報を提供している人もいるため、それらの動画を見て学習することができます。

メリットとしては、活字を読むことに苦手意識を持っている人でも気軽に学習できることです。また、視覚情報が本や入門サイトよりも多いため、わかりやすく感じる人も多いでしょう。

ただし、ピンポイントに知りたい情報を提供してくれている動画があるかどうかはわかりません。また、知りたい情報を網羅した動画であるかどうかは見てみなければ分からないので、動画のみで学習を行うのは難易度が高いでしょう。基本的にはそのほかの学習方法を補足するために利用するのがおすすめといえます。

プログラミングスクールで勉強する

オンラインやオフラインのプログラミングスクールに通うという学習方法です。

専門知識を持った講師から学ぶことができるので、情報の信頼性はあるといえます。時間とお金を費やして学ぶ時間を確保するため、習熟に対する意識も上がるでしょう。

ほかの学習方法よりもまとまった時間確保が必要、金額も高いというデメリットはありますが、本格的に学びたい人には合っているといえます。

勉強会に参加する

プログラミングの勉強会を開催している人たちも多くいます。そういった勉強会に参加して一緒に勉強する方法もあります。

開発に詳しい人から直接情報を得られる可能性があるほか、勉強会を通して近しい目標を持った人とつながったり、同じ言語を学ぶ人同士のコミュニティに入ったり、独学では得られない情報網を手に入れることもできます。

デメリットとしては、時間が限定されているため、スケジュールが合うときにしか参加できない点が挙げられます。主にSNS上や、イベント運営サイトで開催が告知されています。参加する際には、初心者向けか、熟練者向けの勉強会なのか、誰を対象としたものかを事前に把握しておきましょう。

関連記事 : プログラマーになるための勉強法|プログラミング初心者におすすめの学習内容

Swiftの学習ロードマップ

Swift習得までの学習ロードマップの例として、以下の手順で学習を進めましょう。

  • 1. Xcodeをインストールして開発環境を構築する
  • 2. Swiftの基礎知識を身につける
  • 3. 実際にiOSアプリを開発してみる

手順に沿って学習することで、より効率的に知識を身につけることができます。

1. Xcodeをインストールして開発環境を構築する

XcodeとはApple社が提供する統合開発環境(IDE)で、Swiftで書いたプログラムが問題なく作動しているか、バグが出ていないかなどを確認するためにも必要です。Xcodeは、Mac App Storeから無料でダウンロードできます。

‎※参考 : Xcode - Mac App Store

2. Swiftの基礎知識を身につける

Swiftを使ってアプリ開発をするうえで、基礎的な知識を身につけておかなければソースコードを読むこともできません。アルファベットでABCを学ぶように、定数と変数など、順番に基礎から抑えていきましょう。

3. 実際にiOSアプリを開発してみる

Xcodeをインストールし、Swiftの基礎知識が身についたら、いよいよiOSアプリを開発してみましょう。実際にアプリを開発してみることで、実践において必要な知識やスキルが見えてくることもあります。また、制作したアプリは就職・転職時にポートフォリオとしてアピール材料のひとつにすることも可能です。

関連記事 : モバイルエンジニアとは?仕事内容や年収、求人状況、今後の需要を解説

Swiftの将来性

Swiftは、Objective-Cの後継として開発された、構文がシンプルで初心者も学習しやすいプ
総務省が発行している「令和2年版情報通信白書」によると、「世界のモバイルアプリ向けアプリ市場規模の推移及び予測」はやや鈍化傾向にあるものの、2022年にはモバイルゲームとモバイルアプリの総売上高は合わせて1,482.1億ドルに達すると予測され、2022年の日本国内の総売上高も317.3億ドルになると予想されています。

※参考 : 総務省|令和2年版 情報通信白書|レイヤー別にみる市場動向

StatCounterのデータによると、2021年2月時点の日本におけるモバイルOSのシェアはiOSが65.06%、Androidが34.75%と、iOSのニーズは高いことが分かります。iOSのモバイルアプリ開発に向いているSwiftの需要も、市場の拡大と共に増加していくことが見込まれます。

※参考 : Mobile Operating System Market Share Japan | StatCounter Global Stats

アプリ開発のための実践的なスキルを養おう

今回の記事では、iOSで動作するアプリ開発の際に使用する、プログラミング言語Swiftについてご紹介しました。それぞれの勉強方法のメリットやデメリットを踏まえつつ、自分に合った学習方法を見つけてください。まずはXcodeをインストールしてiOSのアプリ開発環境を構築し、実際に開発するにあたっての実践的なスキルを養いましょう。

関連記事 : Swiftエンジニアの年収|求人案件数や将来性、有効なスキルなど解説

※本記事は2022年2月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Swift案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっとSwiftの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。