労災保険の特別加入制度とは
個人事業主は労災保険に入れるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

基本的に、自営業者や個人事業主、家族従業者などは労災保険の加入対象になりません。しかし個人事業主であっても、条件次第で労災保険の特別加入制度を利用できる場合があります。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. 個人事業主も労災保険に加入するケースがあります
2. 労災保険特別加入制度のメリット

1. 個人事業主も労災保険に加入するケースがあります

労災保険とは

労災保険とは、通勤や作業に伴う労働者の疾病や負傷、障害、死亡に際し保険の給付を行う制度です。またそれと共に、被災した労働者の社会復帰促進や事故防止、労働者の家族・遺族の支援といった目的も有しています。

事業規模や業種にかかわらずスタッフを1人でも雇い入れた場合、労災保険への加入が義務付けられています。

労災保険特別加入の特色と加入条件

基本的に、自営業者や個人事業主、家族従業者などは労災保険の加入対象になりません。しかしながら従事する事業によっては、作業内容や災害発生の可能性などを鑑み、労働者に準じる程度の保護をすることが適当であるとするケースもあります。

そうした事業に携わる人達を適用労働者とみなし、通勤および業務上の災害に際して保険の給付を行うのが労災保険特別加入制度です。

労災保険特別加入について

労災保険には特別加入制度があり、労働者ではない個人事業主であっても労災保険に加入するケースがあります。加入可能なのは、中小事業主とその家族従事者、一人親方とその他自営業者、海外派遣者、特定作業従事者などです。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 労災保険特別加入制度のメリット

個人事業主でも給付を受けられる

個人事業主でありながら労働者と同じように手厚い保護を受けられるという点が、メリットの1つであるといえます。通勤や業務で何らかのケガや病気をした際は、指定された病院か労災病院で治療を受けることが可能になるかもしれません。

また、労働における災害では健康保険を適用することが難しいのですが、労災保険の補償内容は健康保険と比較しても充実しているといえます。介護給付や障害給付、遺族給付など、労災保険ならではの保険給付もポイントとなっています。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?