情報セキュリティスペシャリストの仕事内容

I.K 34歳 女性

I.K 34歳 女性

情報セキュリティスペシャリストの仕事内容を教えてもらえますか?

企業担当 永田 綾乃

企業担当

永田 綾乃

情報セキュリティスペシャリストは、セキュリティ機能の企画や要件定義から開発・運用・保守などを担当しなければなりません。情報システムの基盤整備が主な業務であり、下位職への指導も担当します。

詳しい解説はこちら

1.IT情報の番人「情報セキュリティスペシャリスト」とは?

情報セキュリティスペシャリストとは、情報セキュリティ技術のエキスパートとして企業の情報セキュリティ管理をサポートする職種です。
IT系企業で情報システムの開発担当者として支援を行ったり、一般企業の情報システム部でセキュリティ管理を担当するのが一般的です。
情報セキュリティスペシャリストとして活躍するには、まず『情報セキュリティスペシャリスト試験』に合格しなければいけません。

■情報セキュリティスペシャリスト試験とは[正式名称:Information Security Specialist Examination/略号:SC]

情報セキュリティ管理のサポート技術を認定される国家資格であり、情報処理技術者試験のレベル4(高度試験)に該当します。
非常に専門的な情報セキュリティ技術に関する試験で、国内のセキュリティ分野では最難関レベルの資格です。

同じ分野の「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」の資格を取得してからチャレンジすると、効率的に知識を身に付けられます。 これらの資格をすでに取得している人や実務経験を持つ人であれば、1ヶ月ほど集中して独学すれば合格できるレベルと言われています。
情報セキュリティスペシャリストとして活躍したい方は、まずSCの勉強から始めてみると良いでしょう。

2.幅広い範囲のセキュリティ機能をサポートし、情報を守るプロフェッショナル

情報セキュリティスペシャリストの主な業務は情報システムにおける脆弱性やリスクを評価することです。 内部から情報が漏れないような基盤を作り、外部からの攻撃に有効な対処を行う仕組みを構築します。
さらに、技術面だけでなく、それらのシステムを利用する人々を教育する管理的役割を担う必要もあります。

情報セキュリティスペシャリストの具体的な業務内容は次の通りです。

  1. 情報システムを分析・評価して発見された脆弱性や脅威に対して、適切な回避・防止策をとるセキュリティ機能の企画・要件定義・開発をサポートする。
  2. セキュリティ機能や情報システムの開発プロジェクトにおいて、そのシステムに対する脅威を分析し、プロジェクト管理を適切にサポートする。
  3. セキュリティパッチ適用のための作業やセキュリティへの侵入に対する処置など、情報システムの運用プロセスにおいてセキュリティ管理を技術的な面からサポートする。
  4. 情報セキュリティーポリシーの作成や利用者教育など、情報セキュリティの管理部門をサポートする。

情報セキュリティスペシャリストはこれらの役割を担い、対象全体のセキュリティ機能を見守ります。
具体的な例をあげると、機密情報の流出や莫大な情報漏洩などの重大な被害を事前に阻止するための管理や、トラブルが起きた後の対処などを行います。
また、業務に当たる際は情報セキュリティポリシーに準じて行わなければなりません。

3.情報セキュリティスペシャリストへの需要が増加。高度IT社会の波に乗ろう

情報セキュリティスペシャリスト試験は情報処理技術者試験の中でも受験者の多い試験です。
これは、企業がITセキュリティに対して関心を寄せ始めたことが原因と考えられるでしょう。また、1年のうち春季・秋季と2度も試験が開催されている数少ない情報処理技術者資格のひとつです。

情報セキュリティスペシャリスト試験は、実務経験がなくとも取得することのできる資格です。
しかし、現場では即戦力が求められているため、これまでの業務実績を期待されます。実務経験を積みながら、スキルアップのために取得する方が多いようです。

情報セキュリティスペシャリストに対しては、会社から広い裁量権を与えられることも多いため、セキュリティ分野の仕事で自らリードしたいという方にメリットの大きな資格です。
技術面や管理面で有効な対策を講じられるセキュリティエンジニアや、情報システム管理者を目指している方にもマッチするでしょう。

今や、日常生活から文化・教育まで、暮らしのさまざまな場面に情報技術が浸透しています。こうした社会の情報化に伴い、情報セキュリティの重要性はますます高まっています。
今後も続いていく高度IT社会において、企業がシステムの安全性を求めることは変わらず、情報セキュリティスペシャリストは将来的にも安定したニーズのある職種です。
過去の実績とともに資格を保有していれば、フリーランスとしてさまざまな案件へ参画する際にも役立ちます。

※記事掲載時点の情報となっております。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.