オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

CE(カスタマーエンジニア)の仕事内容とは

CE(カスタマーエンジニア)の主な仕事内容は、顧客のコンピューターシステムを正常に稼働させるための運用、オフィス機器修理のようなサポートです。具体的には、システムのハードウェアおよびオフィス機器の設置・点検、トラブル対応といった業務が挙げられるでしょう。本記事では、CEという職業の概要や業務に必要な技術、SE(システムエンジニア)との違いなどをまとめました。CEに関心がある方、今後CEとして活躍してみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

カスタマーエンジニア案件を
提案してもらう

目次

CEの仕事内容
CEに必要なスキル
CEとSEの違い
フリーランスCEとしての働き方

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

CEの仕事内容

まずは、CEの仕事内容について解説します。

CEとは

「CE」とは、「カスタマーエンジニア(Customer Engineer)」の略称です。顧客のPCやシステムが正常に稼働するよう、サポートするエンジニアを指します。常駐、巡回訪問、臨時訪問などの形態に分けられるのが一般的です。

CEの仕事内容

通信・OA機器の設置、ソフトウェアのインストール、システム点検、トラブル発生時の対応などがCEの主な仕事です。また、不具合の原因特定、故障箇所の修理、新しい装置への交換作業などもCEの役割であるといえます。

関連記事 : カスタマーエンジニアの仕事内容

カスタマーエンジニア案件を
提案してもらう

CEに必要なスキル

本項では、CEになるのに必要とされるスキルの種類と資質を見ていきましょう。

コミュニケーション能力

CEには顧客とメーカーの間に立って橋渡しをする役目が求められるため、コミュニケーション能力は重要です。不具合発生時には詳細な状況を正確にヒアリングし、適正な対処をします。

トラブルへの対応力

トラブルが起きたときに、迅速かつ的確に応じるスキルがある人は、CEの適性があるといえそうです。トラブルへの対応力には、システムや各種機器に関する広範な知識も含まれます。不具合の原因を突き止める際には、判断力と粘り強さが必要になるでしょう。

自ら積極的に学んでいく姿勢

以上に述べたスキルを身につけるために、自ら積極的に保守対象となるシステムと機器について学習する意欲を持ちましょう。資料を読んで最新の知識を吸収することもできますが、多くの実務経験を積んでスキルアップするのも大切であると考えられます。

関連記事 : ITエンジニアのスキルアップ

CEとSEの違い

続いて、混同されることがあるCEとSEを比較し、その違いを説明します。

SEについて

SE(システムエンジニア)は、システムの設計や開発、品質管理などを担う職種です。具体的な業務は、要件定義やシステム構築用の仕様書・設計書の作成、プログラムのテスト、スケジュール・予算管理など。案件によっては、SEが実装を行っているケースもあります。

CEとSEの違い

CEもSEも、コンピューターやシステムに関わる人材である点は共通しています。CEは主にシステムの点検を行って、適宜トラブルシューティングや修理にも対応するのが特徴です。SEは要件定義や設計など、システム開発に従事する点がCEと大きく異なります。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説

フリーランスCEとしての働き方

将来エンジニアとして独立し、フリーランスを目指したいと思う方も多いでしょう。以下では、フリーランスのCEを取り上げます。

常駐型案件と在宅型案件

CEは委託元に常駐する案件(常駐型案件)もありますが、利用者であるお客さまの元に出向く業務が多く、委託元のオフィスにいる時間は短い働き方がほとんどです。また、昨今は社会情勢の影響もあり、IT業界でもリモート案件が増えていますが、CEは修理機器の持ち出しなどでオフィスへの訪問することも多く、完全在宅やリモート勤務は難しい場合もあるため、在宅型案件はほかのエンジニア職種と比較すると少ないと考えられます。

フリーランスは即戦力が求められる

フリーランス案件に参画するエンジニアは、一定の実務経験と高いスキルを持っているのが一般的です。フリーランスとしてCE案件に参画する場合「案件の募集要項を見て、業務内容の詳細が分かる」程度の経験をあらかじめ積んでおくことが大切です。

ITエンジニアとして仕事をしていれば、CEの仕事であるシステムトラブル対応やオフィス機器点検などに関わる機会もあるでしょう。フリーランスを目指す方は、このようなCEの役割に近い業務を積極的にこなすのがコツです。

フリーランスとして独立する前に積みたい経験や業務

CEは機器の修理やトラブル対応など、経験を積みながらスキルと業務への理解力を伸ばしていきます。そのため、フリーランス転向前に機器修理やトラブル対応の仕事に就いたことがあれば、フリーランス案件獲得にあたり有利になると考えられるでしょう。

システム関連の仕事でなくても、顧客を訪問して機械修理などができるスキルがあるだけでも、フリーランスCEとして働きやすくなります。SEから転身する場合は、システムのハードウェアリプレース、アップデート、ネットワーク保守のような案件参画時にSE経験が有利に働くでしょう。

未経験からCEになるには

未経験者がCEを目指す場合は、マニュアル化されたルーチン業務を行う案件から入り、顧客先で1人でトラブル対応や修理ができるようになるまで経験を積むのが一般的です。

CE未経験者歓迎の求人・案件では、「ルーチン作業をこなす力」「最低限のIT知識」「顧客先に訪問できる接客力」がある人材は参画先で重宝され、需要もあると考えられます。

未経験者でもCE案件にあったIT知識を手に入れ、スキルアップへの意欲を維持し続ければ、CEになれる可能性があります。ITパスポートをはじめとしたスキル証明を持つのも良いでしょう。

CEのキャリアパス

CE経験を積んだ後は、CEを束ねるマネージャー職や品質管理系の職種に就くキャリアが想定されます。CEの主な仕事はオフィス機器修理やシステムトラブルの対応ですが、経験を積む過程で製品故障率やシステム稼働率などの管理を任されることもあるでしょう。ゆくゆくは、IT品質管理の中核となる人材になっていける可能性があります。

関連記事 : 未経験からフリーランスになるには|仕事に必要なスキルや資格を紹介

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

カスタマーエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとカスタマーエンジニアの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.