個人事業主の退職金について

A.Y 25歳 男性

A.Y 25歳 男性

個人事業主にも退職金の代わりとなる制度があれば知りたいです。

個人事業主の退職金代わりとなるものに「小規模企業共済制度」という独立行政法人中小企業基盤整備機構の制度があります。

詳しい解説はこちら

1.小規模企業共済制度とは個人事業主の退職金にあたる制度です

個人事業主には定年がないため、長く働くことができるという魅力があります。しかしその反面、会社員のように会社から退職金が支払われるということはありません。そんな個人事業主にとって、退職金代わりになるのが「小規模企業共済制度」という制度です。

会社員に比べ将来の保障が少ない傾向のある個人事業主ですが、個人事業主ならではの制度もあります。それが「小規模企業共済制度」です。小規模企業共済制度は、個人事業主や会社の役員が加入することができる共済で、廃業や退任した際の生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。独立行政法人中小企業基盤整備機構の制度で、昭和40年から利用されています。

2.小規模企業共済制度を利用するメリット

個人事業主が小規模企業共済制度を使うことで得られるメリットは、以下のようなものがあります。退職後、そして不測の事態に対する対処ができる制度のため、個人事業主の方はぜひ活用していきたいですね。

■小規模企業共済制度を利用するメリット

・小規模企業共済制度の積立金額(年間最大7万×12ヶ月=84万)は、所得控除対象となります。
・退職金(共済金)を受け取る際は、一時金方式と年金方式のどちらかもしくは併用を選ぶことができます。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.