インフラエンジニアの夜勤について

S.H 28歳 男性

S.H 28歳 男性

インフラエンジニアの夜勤について知りたいです。

企業担当 永田 綾乃

企業担当

永田 綾乃

常に稼働し続けられることが求められるインフラの性質上、企業によってはインフラエンジニアの業務の一環として夜勤が発生するケースがあります。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.インフラエンジニアはインフラの設計や構築、運用、保守などを担当

インフラエンジニアとは、インフラの設計や構築、運用、保守などを担当する職種のこと。主な業務内容は、以下のとおりです。

■設計

要件定義を行った後、インフラの構築にかかるコストやプロジェクトの期間を把握し、設計書を作成します。プロジェクトメンバーが内容を理解できるよう、わかりやすい設計書を作成することが大切です。

■構築

設計書をもとにして、構築作業を行います。構築の際は、インフラ機器の取り付けやソフトウェアのインストール、動作テストなどがインフラエンジニアの担当業務です。

■運用・保守

構築が完了した後は、障害対応やキャパシティ管理などを行います。トラブル発生時は原因を把握し、迅速に対応することが大切です。

2.夜勤時の業務内容は、システムの導入・監視など

インフラエンジニアが担当する業務の中で、夜勤が発生するケースとしては以下のような事例が考えられます。

■システムの導入

クライアントによっては、日中以外の時間帯でシステムの導入が発生するケースがあります。日中に作業を行うと、クライアントの業務に支障が出るためです。

■システムの監視

ネットワークシステムは24時間365日稼働していることから、監視業務は常に必要となります。監視の際は障害の防止対策をするとともに、異常がある場合は原因を明らかにし、迅速に復旧させることが大切です。

監視業務を交代制にしている企業では、シフト次第で夜勤が必要となります。
夜勤のメリットは、夜勤手当を支給する企業もあることや、平日休みになることなどが挙げられます。ただし、夜勤の際は昼夜逆転の生活になるため、体調を崩しやすくなるというデメリットがあります。

3.夜勤なしの案件を希望する場合

■上流工程に携わる

要件定義やクライアントへの提案といった上流工程に携わる場合は、日勤で作業を進めることが多いと考えられます。ただし、インフラエンジニアとして上流工程を担うためには、経験を積む中で高度な知識・技術を身につけることが必要になります。

■担当範囲を確認する

企業によってはシステム監視を外部の業者にアウトソーシングするところもあります。担当する範囲の広いインフラエンジニアは、企業によって求められる業務内容に違いがあることが多々あるため、夜勤の有無を確認するのも一つの手です。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.