フリーランスエンジニアを目指す前に|年収や働き方など会社員と徹底比較

エンジニアとしてのキャリアの一環として、フリーランスを考える人もいます。フリーランスエンジニアになると「自由に働ける」「収入・年収がアップする」というイメージを持つ人もいますが、実際はどうなのでしょうか? フリーランスエンジニアになった場合のメリット・デメリットや収入など、フリーランスに興味を持つ方に向け、実際の体験談を交えながら探ってみました。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスと会社員の違い
フリーランスエンジニアの年収
フリーランスエンジニアの案件獲得方法
フリーランスエンジニアになるための準備
フリーランスエンジニアに必要なスキル
フリーランスエンジニアのメリット
フリーランスエンジニアのデメリット
フリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人
まとめ
フリーランスエンジニアの働き方に関するよくある質問

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスと会社員の違い

フリーランスと会社員の大きな違いは、契約方法にあります。会社員は会社と雇用契約を結び、会社のルールに従って働きますが、フリーランスは特定の会社に雇用されず、案件ごとに単発の契約を結ぶ働き方です。
このほかにも、「会社員は会社が年末調整を行う」「フリーランスは自身で確定申告を行う」という風に、納税のやり方にも違いがあります。
以下の表では、フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの主な違いをまとめました。

  フリーランスエンジニア 正社員エンジニア
収入 ・安定させるには自己努力が必要
・スキルを磨いて実績を積み、安定して高単価の案件を受注できるようになれば正社員エンジニアを超える収入を得ることも十分に可能
・月給制が多く、比較的収入は安定しやすい
・早期の昇給は会社の事情により難しいこともある
自由 ・契約ごとに職場を選べるので自由度が高い
・スキルが不足していると選択肢が限られてくるので、常にスキルアップする必要がある
・会社に所属するので仕事内容や場所は原則変えられず自由度は低い
・会社のルールに従うので、自由裁量は低い傾向にある
保障 ・自分の生活や健康は自分で守る必要がある
・自分で国民健康保険や国民年金に加入し、手続きや支払いも自分で管理しなければならない
・基本的な生活は会社からの給与や社会保険、福利厚生である程度保障される
・条件によって雇用保険に入れるので、失業の際には失業保険(基本手当)が給付される
・社会保険料は半分会社が負担してくれる
・傷病手当や家賃補助などを利用できる場合がある
雑務 ・事務用品の購入や名刺の作成など、細かな事務作業をすべて自分で行う ・会社の規模によるが、基本的に雑務は会社の専門部署が行う
納める税金の種類・手続き方法 ・所得税、住民税、個人事業税、消費税(個人事業税、消費税は対象となる人のみ)を納める
・納税や確定申告を自分で行う必要がある。
・所得税、住民税を納める
・税金は給与から天引きされるので、基本的に自分で納める必要はない


さらに詳しいフリーランスの定義や契約の種類、税金や保険について知りたい方は、「フリーランスとは?会社員からなるために必要な手続き、メリットを解説」をご覧ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアの年収

会社員からフリーランスになるのであれば、欠かせないのが年収の話です。個々人のスキルや経験、案件の内容や条件によって、フリーランスの収入は大きく変わってきます。

まずは、フリーランスエンジニアのざっくりとした年収相場を見ていきましょう。

フリーランスエンジニアの年収(年代別)

フリーランスエンジニアの年収相場を知る上では「IT人材白書2016」のデータが参考になります。

年収レンジ 30代以下 40代 50代
300万円未満 35.3% 32.6% 31.2%
300万円以上~500万円未満 27.9% 31.8% 29.8%
500万円以上~700万円未満 19.1% 15.5% 19.7%
700万円以上~1000万円未満満 8.8% 14.0% 17.0%
1000万円以上~ 8.8% 6.2% 2.3%

※参照 : IT人材白書2016|独立行政法人情報処理推進機構

上記のデータからは、ざっくりとしたて年収相場に加え、フリーランスエンジニアは年齢による収入の差が小さいことが伺えます。

会社員の収入は会社の給与体系に大きく左右され、場合によっては年齢や社歴などの要素が影響することもあります。

一方、フリーランスエンジニアは年齢に関係なくスキル次第で年収を上げることが可能です。

会社員とフリーランスの収入比較

会社員とフリーランスは、収入から差し引かれる社会保険料や税金の種類に差があります。ここでは、会社員とフリーランスが納める各種保険・税金の種類、年収に対する手取り額の目安を確認しましょう。

会社員の手取り

会社の年収から差し引かれる主な保険料と税金の種類は、「健康保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」「所得税」「住民税」です。会社員の場合、一般的には年収の8割程度が手取り金額の目安になるとされています。大まかにいうと、年収500万円の会社員の手取り収入は400万円になる計算です。

フリーランスの手取り

フリーランスの年収から差し引かれる主な保険料と税金の種類は、「国民健康保険料」「国民年金保険料」「所得税」「住民税」「消費税」「個人事業税」です。よく、フリーランスは税制面で不利だといわれますが、それは会社員には納付義務のない消費税や個人事業税が課されるためと考えられます。

とはいえ、消費税や個人事業税はすべてのフリーランスが対象となるわけではなく、フリーランスだからといって一概に税制面で不利とはいえません。ただ、会社員は健康保険料、厚生年金保険料の半分を会社が支払ってくれますが、フリーランスは全額を自分で支払う必要があります。

ここで、会社員とフリーランスの手取りを比較するため、年収500万円のフリーランスの手取りを紹介します。
個人事業税と消費税がかからない場合の年収500万円のフリーランス(※)の手取りは、およそ417万円です。この数字を見ると、年収500万円の会社員とフリーランスの手取りは大きくは変わらないことになります。

※企業常駐型フリーランスエンジニア、東京都世田谷区在住、年間の必要経費は150万円、申告方法は青色申告、年間の国民年金保険料(介護保険料なし)は19万8,480円、年間の国民健康保険料は29万436円、年間の所得税・復興特別所得税は約11万2,776円、年間の住民税は22万7,956円と仮定

詳しい計算式については、「フリーランスエンジニアの手取り|税金の計算方法と年収・月収別のシミュレーション」をご覧ください。こちらの記事では、年収700万円、年収1000万円のフリーランスの手取りについても試算しています。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法

フリーランスエンジニアとして活動する場合、案件の獲得が必須となります。ここでは、案件の獲得方法についてご紹介します。

知人に紹介してもらう

会社員時代の知人や取引先の人などに紹介をお願いしてみる方法です。過去に評価される仕事をしていた実績があれば、信用度が高くなるので、それだけ案件に結びつきやすくなります。

また、これからフリーランスエンジニアになるという人は、会社に在籍しているうちに人脈を広げておくと、紹介を受けやすくなるでしょう。

営業活動をする

仕事を紹介してもらえる知人がいなければ、営業活動を行いましょう。

事前準備として、自己分析を行い現状のスキルおよび作業スピードを明確にし、希望報酬を決定します。次に、「何ができるのか」「過去の実績」などを分かりやすくまとめたポートフォリオを制作しましょう。これを用いて、メールや電話、SNSなどから営業していきます。

また、セミナーやコミュニティへ参加して人脈を広げることも、案件の獲得につながるでしょう。

エージェントから提案を受ける

知人から仕事を紹介してもらったり、自分で営業したりするのが難しい人は、エージェントから案件を提案してもらう手もあります。

エージェントを活用するメリットは、「本業に集中しやすくなる」「安定して案件を獲得できる」「フリーランスに関する有益な情報を提供してくれる」などさまざまです。ただし、エージェントが提案している案件は、常駐型のものが多い傾向にあります。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい企業と、案件を受注したい個人のマッチングサイトです。エージェントが提案しているような常駐型の案件に加え、双方が直接会うことなく、インターネット上ですべて完結できる在宅型の案件も見つけられます。

注意点としては、クライアントによって作業条件が曖昧だったり、対応が遅かったりする場合があります。このようなトラブルを避けるためには、クライアントの評価をしっかりとチェックしておく必要があります。

フリーランスエンジニアになるための準備

では、フリーランスエンジニアになるにはどのような準備をすれば良いのでしょうか。ここからは、独立を考えたときにやるべきことを紹介します。

ローンやクレジットカードの手続き

フリーランスは会社員に比べて収入が安定しないため、ローンの審査に通りにくい傾向があります。そのため、ローンやクレジットカードを利用したい場合は、会社員のうちに手続きを済ませておくと良いでしょう。

特に、フリーランスは事業用のクレジットカードを持っておくと、プライベートと事業の支出を分けられ便利です。

開業届の手続き

フリーランスとして独立する際は、開業届を提出しましょう。開業届を出さない場合もペナルティはありませんが、提出すると「屋号つきの銀行口座をつくれる」「開業届の控えを事務所契約などの際に証明書として使える」といったメリットがあります。

また、開業届と一緒に「青色申告承認申請書」を提出すると、確定申告を青色申告で行えます。青色申告では最大55万円の控除が受けられるため、節税したい方は開業届と合わせて申請書を提出しましょう。

国税庁では、開業届を提出するタイミングを「事業の開始等の事実があった日から1ヶ月以内(提出期限が土日祝にあたる場合はその翌日)」としています。

※参照 : 青色申告制度|国税庁
※参照 : [手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

フリーランスは開業届の提出は必須?書き方やタイミング、メリットデメリットを徹底解説」では、開業届の項目別の書き方や提出方法を解説しています。開業届を書く際は、こちらの記事も参考にしてください。

社会保険の手続き

会社を退職したら、市区町村の窓口で国民健康保険と国民年金への加入手続きを行いましょう。手続きの期限は、退職日(資格喪失日)から14日以内です。手続きに必要な書類は市区町村によって異なるので、自治体のWebサイトであらかじめ確認するようにしてください。

フリーランスエンジニアに必要なスキル

独立を考えている人は、フリーランスエンジニアに求められるスキルを知っておきましょう。フリーランスエンジニアとして継続的に案件を受注するには、技術的なスキルのほかに営業力などが必要です。

案件に必要な技術スキル

基本的に、「このスキルが無いとフリーランスエンジニアになれない」というものはありません。

しかし、フリーランスエンジニアにとってスキルは売り物であるため、スキルレベルが低い、あるいは幅が狭いと、依頼がこなかったり、案件を引き受けられなかったりする可能性があります。少なくとも自分が受注したい案件に必要なスキルは身につけておきましょう。

また、会社員であれば、会社側がスキルを伸ばす環境を整えてくれることが多いですが、フリーランスには会社が用意した教育制度を使えません。そのため、自主的に勉強していかないと、成長が止まってしまいます。

フリーランスになるのであれば、獲得できる案件を増やすために、専門性を深めたり、スキルの幅を広げたりしていく努力を怠らないようにしましょう。自分のスキルに自信がない場合は、「フリーランスがスキル不足を解消する方法」の記事を参考にレベルアップを目指してください。

営業力

フリーランスにとって、営業活動は重要な業務の1つといえます。なぜなら、どれだけ高度な技術スキルを持っていても、それを周囲に知ってもらえなければ案件は獲得できないからです。

また、報酬が自分の提示した額で決まれば良いですが、クライアントの予算の問題から、価格の交渉に進む場合もあります。この時、うまく交渉できず相手の言い値で引き受けてしまうと、納得できないまま業務を進めることになるため、営業活動の際には、ある程度の交渉力も必要です。

どうしても営業が苦手という人は、フリーランス向けのエージェント利用も視野に入れてみてください。エージェントでは、案件の紹介やクライアントとの単価交渉を行ってくれます。

コミュニケーション力

どのような働き方であっても、意思疎通を図ったり、信頼感を得たりするためのコミュニケーション能力は必要になります。

たとえば、常駐型の案件で効率的に業務を進めるには、周囲と上手くコミュニケーションを取って、すばやく開発チームに馴染むことが重要になります。

在宅型の場合は、顔の見えないやりとりが多いからこそ、細かい部分に気を配り、お互いの認識にずれが生じるのを防がなければなりません。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスのメリットとして、以下の7つが挙げられます。

  • 作業する時間を自由に決められる
  • お金の使い方も、契約も自分で決められる
  • いろいろな現場での作業が経験できる
  • 通勤のストレスがなくなる
  • 税金、法律、営業などの知識が身につく
  • 時間を確保しやすい
  • 人との出会いが増える

それぞれ解説していきます。

作業する時間を自由に決められる

フリーランスエンジニアは、基本的には成果を出すことが報酬を得る条件となります。特に在宅型で働く場合は、決まった作業時間に縛られることはほとんどありません。

もちろん、リリース前など多忙な時期は作業時間が長くなることもありますが、その場合もある程度は自分でスケジュールを調整できます。

そのため、会社員からフリーランスになった人からは、
「上司に付き合って残業するようなことがなく幸せ」
「始業・退勤時間のルールに縛られずに働けて嬉しい」
という声が聞かれました。

ただし、常駐型の案件に関しては、基本的に参画先企業のセキュリティ上の制約などがあるため、個人が自由に作業時間を決めることは難しい場合もあります。一方では、常駐型の働き方には、仕事が途切れない、大手の案件に参加できる、などのメリットがあります。

在宅型と常駐型の違い、常駐型の具体的なメリットを知りたい方は、「常駐型フリーランスとは」を参考にしてください。

お金の使い方も、契約も自分で決められる

会社員の場合、経費の申請や書類作成などの事務処理ひとつとっても、都度上司の承認を得る必要があります。

しかしフリーランスの場合は「何をいくらで買うのか」「どんな資料を作成するのか」「どのビジネスパートナーと契約を結ぶのか」などについてすべて自分で決められます。

いろいろな現場での作業が経験できる

エンジニアは携わる案件の内容で身につくスキルが左右されるため、自らのキャリアプランに即した案件を選びたいと考えるのが自然です。

しかし、会社員エンジニアの場合、いつも希望通りの案件にアサインされるとは限りません。

一方フリーランスは別の案件に行きたいと思ったら現在の案件の契約を更新選択もでき、いろいろな現場で経験を積んでいけます。スキルにもよりますが、新しく習得したプログラミング言語を使える案件を受注するといった風に、自分の希望に合った働き方を叶えられるでしょう。
実際に、「フリーランスになった途端、大企業の大きなプロジェクトに入れてもらえた」といった声もあります。

通勤のストレスがなくなる

会社員の場合、「毎日同じ時間に起きて、会社に行くために満員電車に揺られる」ということにストレスを感じる人は多いのではないでしょうか?

フリーランスのエンジニアには現場常駐型の案件も多いですが、案件によっては作業時間の調整やリモートワークが可能な場合もあります。フリーランスの働き方は、

始業時間に間に合わせるために、通勤ラッシュに毎日もまれなくて済む」ことが魅力です。
その時間を自宅やコワーキングスペースでの作業に充てたり、趣味の時間に充てたりと、有効に使うことができます。

税金、法律、営業などの知識が身につく

会計業務や確定申告に加え、クライアントとの契約や交渉、報酬が支払われないなどのトラブル対応のすべてを自分で行うのがフリーランスの特徴です。

大変なようですが、先輩の話を聞いたり、本を読んだりして、何とか切り抜けている人が多いです。「責任感、自発性、スキル……上げればキリはないけど、フリーランスをやっていると、食べていくために必要な力が育つ」といった経験者からの意見もあります。会社任せでない分、経営者マインドも身につき、それが自分の強みになることもあるでしょう。

また、サラリーマンと比べ、フリーランスはいつ収入が途絶えてもおかしくない危機感から、金銭感覚が培われるようです。「コツコツ貯金して、キャッシュで分譲マンションを買った」「財テク、ブログのアフィリエイトなどの副収入と本業をうまく組み合わせて、手堅く収入を確保している」といった人も多いようです。

時間を確保しやすい

会社員だと平日の昼間は自由に動けないことが多く、銀行や役所での手続き、通院などはまとめて週末に行うことが多いでしょう。

一方、フリーランスなら「作業の合間に銀行や役所、病院にササッと行ける」「映画館や飲食店を平日の空いている時間に利用できる」といったメリットがあります。
細かいところですが、こうしたメリットもフリーランスならではといえるでしょう。

人との出会いが増える

企業というコミュニティに属していないフリーランスにとって人脈作りは重要です。SNSを通じて技術者同士で交流したり、勉強会や研修に参加したり、フリーランスになると人と出会う機会が増えることになります。

あるフリーランスのエンジニアからは、「いろいろな勉強会に参加するので、知り合いが増える。その知り合いの知り合いを紹介してもらうこともある」という声も聞かれました。

フリーランスエンジニアのデメリット

前項ではフリーランスのメリットについて解説しました。「フリーランスってメリットたくさんあって最高かも?」と思った方もいるかと思います。しかし、フリーランスには以下のようなデメリットもあります。

  • 仕事で困ったとき、相談相手が身近にいない
  • 会社員のような教育環境・機会がない
  • 会社員よりも収入が不安定
  • バックオフィス業務も自分で行う必要がある
  • 働き方・時間が不規則になることもある
  • 社会的な信用が得られにくいことも

メリットばかりに目を向けるのではなく、これらのようなデメリットについてもしっかり認識しておきましょう。

それぞれ解説していきます。

仕事で困ったとき、相談相手が身近にいない

たとえば、ITエンジニアの仕事内容と一言でいってもシステムの開発や運用保守から、サーバー構築、仕様書設計まで幅広い工程があります。さらに、ITエンジニアの技術は日進月歩で、常に技術スキルのキャッチアップを心がけなければなりません。
フリーランスエンジニアの場合、一人の独立したプロとしての働きを期待されている以上、「このぐらいできて当たり前」というラインが会社員よりも上がりがちです。また、在宅・リモート型の案件だと、ちょっとした質問や相談が難しくなることもあります。

それに比べて会社員は周りに同じような作業をしている仲間がいるので、気軽に相談できたり、新しい情報を仕入れやすかったりするのがメリットです。

現在、会社員として活躍するエンジニアからは、

「知識や経験、スキルが不足している領域でも、同僚に相談しながら挑戦できる」
「ITエンジニア向けの技術サイトやSNSで質問することもできますが、正確に迅速に、必要な情報をもらえるのは、まず社内の先輩」
「プログラムのエラーで何時間も悩んでいる状態に先輩が気づいてくれて、一緒に解決方法を考えてくれた」

といった意見もありました。

さらに、元フリーランスエンジニアからは、

「病気や体調不良のときに、フリーランスだと交代できる人がいないこともある。会社員だと同僚がサポートしてくれるのはありがたい」
「フリーランス時代、PMとして業務を委託されたが、プロジェクトメンバーが自分以外同じ協力会社のエンジニアという現場では孤独を感じました…」

といったように、仲間がいる安心感の重要性を指摘する声もありました。

会社員、フリーランスともに、成果物のクオリティを維持しつつ納期を守る責任があるのは同じでしょう。ただ、フリーランスは一人ですべてをこなす必要がある分、「求められる責任が大きい」と感じることがあるようです。

会社員のような教育環境・機会がない

ITエンジニアとしてスキルアップやキャリアアップを狙うには、プログラミング言語やフレームワークといった技術スキルをはじめ、ベンダー資格や国家資格取得のための勉強が必要になります。

会社員の場合、企業の戦略に沿うものであれば、スキルを磨ける研修や勉強会に参加させてもらえることが多いようです。会社によっては技術書を経費で購入できたり、海外の技術カンファレンスの参加費を出してくれたりすることもあります。

フリーランスでも契約先で研修を受けられるケースがありますが、基本的には自分で必要な費用を支払いスキルを磨かなくてはなりません。
費用に関しては、フリーランスは案件に必要なものであれば経費として計上できますが、これはあくまで節税になるということで、費用の負担がなくなるわけではありません。たと例えば、フリーランスが技術書の購入費を経費に計上して節税するよりも、会社員が技術書の購入費を全額会社に支払ってもらう方が、自分が負担する金額を抑えられることになるでしょう。

また、会社員は、教育のための機会や時間を割いてもらえたり、成長のために先輩のサポートを前提として背伸びした仕事を回してもらえたりしますが、フリーランスにはそうした環境がないのが当たり前。
主体的にスキルアップ、キャリアアップのプランを描き、そのための勉強ができるかどうかは、フリーランスエンジニアの向き・不向きを分けるポイントの一つです。

フリーランス向けの案件の中には、「若い人材の方が新しい技術を知っている」という理由から、年齢の上限を設けているものもあります。そういった年齢制限の壁を超えるためにも、常にスキルを磨いて自分の市場価値を高める努力が必要となるでしょう。

会社員よりも収入が不安定

フリーランスのデメリットの一つが、収入の不安定さです。会社にいる限り仕事がある会社員と違い、継続して契約できるかという不安がつきまとうのは、フリーランスならではといえます。

会社員のように、常に仕事があり、毎月の収入があるという状態は、フリーランスと比較するとかなり恵まれているという見方もできます。また、雇用保険への加入や、健康保険・厚生年金の手厚さなども、会社員のメリットでしょう。
フリーランスは常に仕事があるとは限らず、フリーランスが加入する国民年金は受給額が厚生年金よりも少ないため、老後のマネープランは会社員以上にしっかり考える必要があります。

収入の不安を減らすには、収入アップを目指すことも必要でしょう。フリーランスエンジニアとして収入を増やす方法については、「フリーランスSEになるには?年収800万以上稼ぐためのポイントと合わせて解説」をご覧ください。

バックオフィス業務も自分で行う必要がある

会社員として働く人のほとんどは、経費の処理や確定申告などお金まわりのバックオフィス業務を経理に任せているでしょう。

いざ自分でキャッシュフローの作成から確定申告までを行うとなると、「作業が忙しくてそんな時間はない!」と思う方も多いのではないでしょうか。

現在会社員として活躍するエンジニアの中には、
「フリーランスになったら確定申告などの税務処理が不安。本業にも支障をきたしそう」
「会社に税務調査が入ったが、経理の人たちが大変そうだった!仮にフリーランスで自分がやることを考えると絶対無理」
といった声もあります。

会社では、経理以外にも、案件を取ってきて顧客の管理を行う営業、企業戦略を考えるマーケティングなど、いろいろな役割を分担しています。

特に、技術に専念するためにフリーランスエンジニアになる場合、事務的な処理にある程度の時間をとられることは頭に入れておきましょう。

働き方・時間が不規則になることもある

フリーランスエンジニアとして請負型の案件をこなしたり、複数案件を並行して受注したりする場合、ときにスケジュールがタイトかつ不規則になることがあります。

業種にもよりますが、会社員であれば基本的には週休1~2日を取れるケースが多く、有給休暇も取得できます。

また会社員は出勤日と休日、オフィスと家の境界線がはっきり分かれているので、「生活のリズムが整いやすい」「オンオフの切り替えがしやすい」
などのメリットもあるでしょう。

社会的な信用が得られにくいことも

勤続年数や企業の規模によっても異なりますが、会社員は社会的な信用が高くローンを組んだり、クレジットカードを作ったりしやすいのも事実です。

これは、フリーランスになってから気づくケースが多いようですが、世の中には
「相手が会社員だというだけで安心する」
「名刺に企業名が入っていると安心して取引できる」
といった声もあります。

フリーランスというワークスタイルがメジャーになってきたとはいえ、会社員の方が社会的に信頼されやすいのは事実かもしれません。

フリーランスエンジニアに向いている人・向いていない人

フリーランスエンジニアになるか迷っている方は、自分に適性があるかを見極めましょう。フリーランスに向いている人・向いていない人の特徴をまとめたので、自分がどちらにあてはまるかチェックしてください。

フリーランスエンジニアに向いている人

フリーランスエンジニアに向いている人には、以下のような特徴があります。

環境の変化に対応できる

フリーランスエンジニアは案件ごとに業務内容や働き方が異なります。やり取りするクライアントや一緒に作業を行うメンバーの顔ぶれも、案件ごとに違うでしょう。そのため、環境の変化に柔軟に対応できる人、いろいろな経験をしたい人はフリーランスエンジニアに向いている可能性が高いです。

自己管理ができる

フリーランスエンジニアは、作業の進め方を自分で管理する必要があります。特に在宅型の案件では、始業・退勤時間が決まっていない場合が多く、1日の過ごし方をすべて自分で決めることになります。そのような働き方は自由度が高い一方で、つい怠けてしまったり、遅くまで作業を行い体調を崩してしまったりするリスクがあります。フリーランスとして長く活動するには、仕事面・生活面ともに自己管理を行えることが条件になるでしょう。

フリーランスエンジニアに向いていない人

以下の特徴がある人は、フリーランスエンジニアに向いていない可能性があります。

安定を望んでいる

今までにも説明したとおり、フリーランスは会社員と比べると収入が安定しません。実力があれば会社員より高収入を得られますが、毎月一定の収入が入る保障がないのも事実です。案件を受注できない時期が続けば、貯金を切り崩して生活することになるかもしれません。

そのため、毎月決まった収入を得たい人や、福利厚生、退職金などを重視する人は、フリーランスよりも会社員が合っているでしょう。

仕事の指示が欲しい

会社員は社内で一定の教育や指示を受けて仕事を進めますが、フリーランスエンジニアは常に自分で案件を選択し、作業を進める必要があります。もちろん、クライアントとコミュニケーションをとることは大切ですが、クライアントはフリーランスに即戦力を求めているため、細かな指示まではしてくれません。

フリーランスにはあらゆる場面で主体的な姿勢が求められるため、指示待ちタイプの人は向いていない可能性が高いでしょう。

まとめ

フリーランスと会社員の違いを見てみると、それぞれ良いところも大変なところもあります。ご自身の働き方、ワークスタイルを決める際に、少しでも参考になれば幸いです。

また、かつては会社員から一旦フリーランスになると、履歴書の空白期間ができてしまうため、再び就職先を探す際に不利だという声もありました。しかし、最近ではフリーランス期間を経て再就職をするケースも珍しくはありません。

それは、フリーランス期間に養ったスキルや人脈、経営マインドを高く評価する企業が増えてきたからです。ワークスタイルに悩んだら、一度フリーランスという選択肢を検討してみてもいいかもしれません。

フリーランスエンジニアの働き方に関するよくある質問

フリーランスエンジニアの働き方に対する疑問に答えます。

未経験からフリーランスエンジニアとして働けますか?

基本的に、クライアントはフリーランスエンジニアに即戦力としての活躍を期待しています。そのため、エンジニア未経験者がいきなりフリーランスになるのは現実的ではありません。まずは、会社員として経験を積むか、クラウドソーシングなどで難易度の低い案件を受注し実績を積むのが賢明です。

フリーランスエンジニアが収入アップするにはどうすれば良いですか?

フリーランスエンジニアは実力が報酬に直結します。そのため、高収入を得るには常に自己研鑽を行いスキルアップしていきましょう。上流工程の案件は下流工程に比べて単価が高い傾向があるため、上流工程をこなせるスキルを身につけるのが効果的です。

フリーランスエンジニアは今後も需要がありますか?

近年はあらゆる企業がITを活用するようになり、エンジニアを含むIT人材のニーズが高まっています。そんな中、社内のエンジニアだけでは人手が足りず、フリーランスエンジニアを必要とする企業も増えていると考えられます。IT技術は移り変わりが激しいですが、時代に応じたスキルを磨き続けることで、将来的にも安定して案件を受注できるでしょう。 ※本記事は2022年3月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【監修】レバテック編集部レバレジーズ
レバテックフリーランスは、フリーランスエージェントとして業界認知度No.1、
登録者数No.1を誇るIT・Web系のフリーランスエンジニアを支援するエージェントサービスです。
ITフリーランスに関するお役立ち情報をレバテックフリーランスが提供します。

関連案件

もっと案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.