在宅フリーランスの仕事17選!未経験向けや稼ぐコツも解説

この記事でわかること
  • フリーランスと在宅勤務はどう違うか
  • ・リーランスが在宅勤務をするメリットとデメリット
  • 在宅案件を獲得して稼ぐコツ

「フリーランスとして在宅で働きたい」「在宅ワークとフリーランスは違う?自分に合う仕事とは…?」などと考えていませんか?

国内最大規模のフリーランス登録者を誇るレバテクが、具体的な在宅仕事やフリーランスと在宅勤務の違いなどを解説します。案件を獲得する方法も紹介するので、ぜひ在宅ワークを始めるきっかけにしてください。

なお、副業でフリーランスを始めたいと考えている方には以下の関連記事もおすすめです。
副業フリーランスの始め方|おすすめ案件一覧や注意点、職種を解説

地方に移り住んで仕事をすることに興味がある方は以下の記事をぜひ参考にしてください。
【地域別】フリーランスの単価相場を比較!地方で働くメリットやおすすめの職種も紹介

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントですまずは相談してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

フリーランス(個人事業主)の働き方

フリーランスや在宅ワークという言葉に勘違いがあると自分に合う仕事を選べないリスクがあるため、以下について解説していきいます。

  • フリーランスと個人事業主の違い
  • フリーランスと在宅勤務(在宅ワーク)の違い

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスとは、企業と個人が直接契約を結ぶ働き方です。一般的に単発の案件ごとに参画し、自らの知識とスキルを提供して報酬を得ることとされます。つまり、フリーランスとは契約方法や働き方を意味する言葉で、フリーランス=在宅ワーカーではありません。

フリーランスが多いとされる職種は、ITエンジニアやWebデザイナー、ライターなどです。クリエイティブかつ外注しやすい分野の職種が挙げられます。

一方、個人事業主とは、法人成りすることなく独立して事業を営む個人を指す言葉です。個人事業主はフリーランスという括りの中の一形態であり、フリーランスの中でも法人成りしていない人を指します

フリーランスと個人事業主の違いについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスと個人事業主って何が違うの?独立するメリット・デメリットとあわせて解説

フリーランスと在宅勤務(在宅ワーク)の違い

フリーランスは雇用契約を結ばず独立して働く人を指すのに対し、在宅勤務(在宅ワーク)は自宅で業務を行う働き方全般を指します

フリーランスだからといって、必ずしも自宅で働くとは限りません。フリーランスエンジニアに多い「常駐型」と呼ばれる案件では、企業のオフィスに赴いて作業をします。また、会社員であっても、必ずオフィスに出社するわけではありません。企業が認めれば在宅勤務が可能です。

これ以降本記事では、在宅で働くフリーランスを前提として話を進めていきます。

在宅フリーランス事情

自宅で仕事をしたいと考える人は増えており、感染防止対策として在宅ワークを推奨する企業も増加傾向です。インストラクターや講師など、対面で働いていたフリーランスもオンラインでのサービスに変更している人が増加しています。

つまり、フリーランスとして在宅でできる仕事は増えており、ライバルも増加傾向といえる状況です。在宅ワークは自分に適したものを選ぶ必要があります。そこで、在宅フリーランスにおすすめの仕事を紹介していきます

参照:テレワークを巡る現状について - 厚生労働省

リモート案件について相談する

在宅フリーランスにおすすめの職種一覧

フリーランスで在宅ワークに適している職種を紹介していきます。それぞれの仕事内容や必要な資格などを解説するので、自分への向き不向きを判断してください。

なお、職種は業務委託として請け負う仕事と自分で事業を行うインターネットビジネスにわけて紹介していきます

業務委託系職種14選

在宅かつ業務委託のフリーランスの仕事を紹介していきます。

ITエンジニア

IT関連の技術者のことで、主な職種は、以下のとおりです

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー
  • サーバーエンジニアネットワークエンジニア

ITエンジニアはコンピューターの知識だけでなくコミュニケーション能力、文章力が求められるので、理系だけでなく文系の人にも向いている職業です。予測不可能な状況にも臨機応変に対応する必要があるので、決まった業務をしたい人には向かないでしょう。

スキルさえあれば未経験でもITエンジニアになることは可能ですが、経験がないと顧客の獲得は難しいので、フリーランスで働く前に会社などに所属し実績を積んでおいたほうがよいでしょう。

Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトをデザインし、制作する仕事です。フリーランスの場合は営業活動をして顧客を獲得し、企画から制作まですべて行っている人も少なくありません。

特別な資格は不要ですが、WebデザインスクールなどでWebデザインに関する知識を身に付け、HTML/CSSの知識や案件の経験が必要になるでしょう。

イラストレーター

イラストを作成する仕事ですが、顧客の依頼に沿ったイラストを作成することが中心です。イラストを描くのが得意であることはもちろんですが、タイトなスケジュールで納品をしなくてはいけないこともあるので、メンタルが強い人のほうが向いています。

特別なスキルは不要ですが、顧客獲得には美術系の大学や専門学校で美術に関する基礎知識は学んでおいたほうが有利です。

動画編集

撮影した映像を加工し、音楽やテロップを挿入する仕事です。プロモーションビデオや広告動画の編集が多くなっています。

ものづくりの仕事なので、好奇心が強く幅広い分野に知識がある人に向いています。細かい作業が求められることも多いので根気強い人のほうが仕事を楽しめるでしょう。

クオリティの高い動画に仕上げるためには、動画編集の知識だけでなく、グラフィックデザインやシナリオライティング、音楽などの知識も身に付けておいたほうが良いでしょう。

ライター

ライターは文章の執筆が主な仕事で書籍や雑誌、Webメディアに関する仕事を行います。取材やリサーチ、校正、画像挿入などの仕事も含まれます。

編集

編集もライター同様書籍、雑誌、Webメディアに関する仕事が中心です。コンテンツの企画、スケジュールや品質などの管理業務を行います。

文章を書くのが得意な人に向いています。締め切り厳守なので、スケジュール管理能力も必要です。特別な資格は必要ないですが、フリーランスのライターや編集者として働くのであれば、実績の積み重ねが重要です。

データ入力・文字起こし

データ入力は文章や数値などをパソコンやスマホで入力しデータ化する仕事で、文字起こしは会議や講演などの録音した音声を聞いて文章入力をする仕事です。

どちらも入力ミスが許されないので、几帳面で集中力のある人に向いています。一人での作業になるので、人とコミュニケーションを取りながら働きたい人には不向きです。

翻訳

翻訳には出版翻訳と映像翻訳があり、外国語を日本語に訳す仕事と日本語を外国語に訳す仕事があります。

語学に堪能で文章を書くのが得意な人に向いています。

資格は不要ですが、日本語を含む語学力が必要なので語学検定の資格を取っておくと有利です。英語翻訳の場合の目安としてはTOEICで900点以上、英検1級です。

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、電話やメールなどでクライアントからの問い合わせに対応する仕事です。オフィスで働くイメージの強い職種ではありますが、在宅でメールやチャットでのみの対応の案件を出している企業もあります。

フォトグラファー

フォトグラファーの仕事、商品の撮影や撮影した写真の加工などは在宅で行えます。ただし、それだけの仕事は限られているため、フリーランスとして仕事をするには自宅外での撮影が必要になる案件も請け負う必要性があるでしょう。

マーケター

マーケターはクライアントの商品やサービスの売上を上げるためのマーケティングを行う仕事です。市場調査や販売戦略を行い、データを分析したり商品開発をしたりします。

プレゼンテーション能力やマネジメントスキル、論理的思考力が必要な仕事です。

コンサルタント

コンサルタントとは、クライアント企業の経営課題を見つけるとともに、その課題解決のための戦略を立てることで起業の業務改善を推進していく職業です。

クライアント先の業界・分野への専門知識、リサーチスキルや分析力、論理的思考力が必要です。また、戦略の提言を行っていくためコミュニケーションスキルも欠かせません。

プロデューサー

プロデューサーは、プロジェクトの企画・立案からメンバーの選定・マネジメントまで行うプロジェクト全体の統括を行う責任者で、人事や予算の権限が与えられます。

在宅で行う場合、現場で指示するよりもさらに明確でわかりやすさが求められ、リモートでも状況を把握するスキルやコミュニケーションスキルが必要です。

ほかにも、企画・提案スキルやマネジメントスキル、クライアントの業界への専門知識も欠かせません。

ディレクター

ディレクターは、プロデューサーのもとでプロジェクトの指揮運営を行います。 プロデューサーがプロジェクト全体の責任者であるのに対し、ディレクターは制作物のクオリティに対する責任者です。

ディレクターもプロデューサー同様、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルが必要です。

インターネットビジネス3選

ここでは在宅でできるインターネットビジネスを紹介します。

ハンドメイド制作

ハンドメイド制作では、フリマアプリやハンドメイドマーケットプレイスサイトを利用して、ハンドメイド作品を販売して収入を得ています。制作するのはアクセサリーや衣類、雑貨などさまざまです。

ものづくりが得意で趣味も兼ねて販売している人が多い傾向があります。
いくら作品を作っても、売れなければ収入にならないため、自分の作品の需要をふまえて仕事にするのが良いでしょう。

アフィリエイトサイト運用

サイトやブログを運営して、訪問者が広告を見たり、広告経由で商品やサービスを購入したりした場合に広告収入やアフィリエイト収入を得られます。

インターネット環境とパソコンやスマートフォンがあれば始められるため、初期費用がかからないというメリットがあります。

ただし、サイトやブログを訪問してもらうためには、需要のある記事を作らなくてはなりません。したがってライティング能力やSEOの知識が必要です。

YouTuber

どのような動画を撮影するかにもよりますが、作風次第ではYouTuberも在宅で作業できます。パソコンや撮影機材、編集ソフトを用意する必要があります。

YouTuberの主な収入源は、動画再生数に応じて支払われる広告収入です。知名度が高まればほかにも、イベント企画やグッズ販売などでの収入も見込めるでしょう。

在宅できる職種・できない職種について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
リモートワークが可能な職種・できない職種|必要なスキルや注意点も解説

リモート案件について相談する

フリーランスが在宅案件を獲得する方法

ここでは、フリーランスが在宅案件を獲得する方法を紹介します。

知人に提案してもらう

知人に在宅案件を提案してもらう方法があります。面識がある人からの提案なので、作業内容や条件面で自分に合った案件をもらいやすいのがメリットです。

クラウドソーシングを利用する

オンラインで作業を受発注する「クラウドソーシング」でも、在宅案件が獲得できる場合があります。単価は低めですが、期間が短い案件が多い傾向にあるため、気軽に始められるのが利点です。

SNSで営業する

SNS経由でクライアント候補となる人にアプローチする方法もあります。運が良ければ、自発的に営業しなくても、SNSを見た人の方から作業を依頼してくれることもあるでしょう。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントの活用も、在宅案件を獲得する方法の一つ。フリーランスエージェントは、自分のスキルや希望条件に合った案件を提案してくれるサービスです。営業活動や単価交渉なども代行してくれるため、業務やスキルアップの勉強に集中しやすくなるでしょう。

レバテックフリーランスでもITエンジニアやデザイナーの方向けに案件を提案しています。中間業者を挟まず企業と直接取引しているため、高単価でなのがポイントです。自らのスキルを活かしてフリーランス転向を目指したいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

在宅フリーランスの案件の探し方について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
在宅フリーランスの案件を探すには|職種例や注意点も紹介

リモート案件について相談する

フリーランスが在宅勤務で稼ぐコツ

フリーランスが在宅勤務で稼ぐコツを解説していきます。

在宅勤務しやすい働き方を進んで選ぶ

大前提として、在宅勤務しやすい働き方を進んで選ぶことが大切です。「完全在宅」の案件だけを選んで受注したり、個人で事業(アフィリエイトやECサイトの運営、ハンドメイド雑貨販売など)を運営したりすれば、在宅型フリーランスとして活動しやすくなるでしょう。

適切にコミュニケーションをとる

在宅勤務で稼ぐうえで、クライアントからの継続的な案件提案は欠かせません。継続して案件を提案してもらえる信頼関係を築くには、クライアントとのコミュニケーションを適切にとることが重要です。進捗報告や疑問点の相談などをこまめにすれば、信頼関係が築きやすくなります。

自己管理力を高める

在宅勤務では進捗をチェックする人が近くにいない分、自己管理力が問われます。日々の体調管理はもちろん、余裕を持って成果物を納品できるようスケジュール管理も欠かせません。自分が1時間(1日、1週間)でこなせる作業量を把握すれば、スケジュールを調整しやすくなります。

専門性を高める

フリーランスは自身のスキルを提供して報酬をもらうので、得意とする分野の専門性を高め続ける必要があります。専門分野の最新情報に常にアンテナを張り、スキルアップし続ければ、クライアントから求められる人材になれるでしょう。

セミナーや勉強会に参加する

報酬アップにつながる技術・ツールを知るには、セミナーや勉強会に参加するのが良い方法です。スキルアップの手がかりが得られるだけでなく、案件を提案してくれる人と出会える可能性もあります。

作業効率が上がるツールを活用する

作業効率が上がるツールがあれば、積極的な活用を。ツールで作業を自動化して工数を削減すれば、その分参画できる案件数が増え、結果として収入アップにつながる可能性があります

リモート案件について相談する

フリーランスとして在宅ワークするときの注意点

フリーランスは自由に働ける半面、いくつか注意点もあるので解説していきます。

確定申告を行う

会社員は必要がなければ確定申告は行いませんが、フリーランスで働く場合は確定申告が必要になります。確定申告を忘れると「脱税」となりペナルティの対象となるので、毎年確定申告受付期限までに忘れずに行いましょう。

体調と予定管理が必要

自由に働ける分、仕事を入れ過ぎてしまう可能性もあります。フリーランスは有給休暇がなく仕事を休めば無収入になりますから、いつまでも健康で働けるよう体調とスケジュール管理はしっかりと行ってください。

リモート案件について相談する

フリーランスが在宅勤務するメリット・デメリット

フリーランスが在宅勤務をするメリットとデメリットを解説していきます。

フリーランスが在宅勤務するメリット

フリーランスが在宅勤務をするメリットは、以下の4つです。

自分のペースで仕事を進められる

在宅勤務のメリットの一つに、自分のペースで作業を行える点が挙げられるでしょう。作業量が同じであっても、日によって集中して手早く済ませたり、反対にゆっくり進めたりすることもできます。作業場所への移動もないため、時間を有効活用できるのもポイントです。

人間関係のしがらみが少なくて済む

組織で働いていると、人間関係の悩みが避けられないこともあります。その点、在宅勤務は個人プレーの性質が強いため、人と接することによる悩みは少なくなるでしょう

作業を頼まれて残業したり、飲み会に参加したりなど、会社では人間関係に配慮して気の進まない事柄を仕方なく引き受けてしまうこともあります。在宅勤務であればそうしたしがらみは減り、本来の業務や自分のやりたいことに集中しやすくなりそうです。

通勤時間がないぶん私生活を充実させたり勉強に時間をあてたりしやすい

フリーランスが在宅で仕事をする場合に考えられるメリットとしてよく挙げられるのは、通勤が不要である点です。

通勤時間が削減できることによって、私生活を充実させられたり、しっかり休めたりといったメリットがあります。また、その時間をスキルアップや資格取得の勉強時間にあてることで、より需要のあるフリーランスとして腕を磨くこともできるでしょう。

働いた分だけ報酬に繋がる

自分のペースで集中して働けるということは、働いた分だけ収入が多くなることも意味します。その面では報酬額が決まっている会社員やアルバイトよりも、在宅勤務の方が達成感を得られやすいでしょう。

フリーランスが在宅勤務するデメリット

在宅勤務には次のようなデメリットもあるので、注意が必要です。

単価が低いこともある

在宅ワークの中でもプログラミングなど専門的な知識・技術を要する作業であれば、得られる報酬は高くなる傾向にあります。しかし、比較的誰にでも取り組みやすい単純作業の場合、単価が低く設定されるケースも多いようです。作業量の割に得られる額が低いとなると、安定した収入を望めなくなる恐れもあります。

全作業を1人で行わなければならないことも

在宅ワークでは基本的に、案件確保から実際の作業、納品まで一貫して自分1人で行うこととなります。自宅では励まし合える同僚もいないため、どのようにして作業のモチベーションを維持していくかも課題といえそうです。

オンとオフの切り替えがしにくい

在宅で仕事をするフリーランスの場合、仕事を行うのも生活をするのも同じ自宅であるため、オンとオフの切り替えがしにくいと感じる人もいるようです。

メリットとしてもお伝えしましたが、自分の好きな時間帯に働け、家事や育児の間に仕事を進めていると、仕事と私生活の区別がつかなくなってしまう恐れがあります。

「自宅にいても仕事のことを考えてしまって心が休まらない…」ということのないよう、自分で生活リズムをしっかり整えるようにしましょう。

仕事をする部屋を分けたり、コワーキングスペースやカフェを使って仕事と私生活をわけるのもおすすめです。

自己管理の必要性

働いた分だけ報酬額を上げられるのが在宅ワークの魅力ではありますが、多数の案件を受注することで体調不良に繋がる恐れも。納品物のクオリティ低下も憂慮されます

在宅型フリーランスの注意点について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
在宅フリーランスにおすすめの仕事・職種|案件を探す方法とあわせて解説

リモート案件について相談する

未経験でも在宅フリーランスとして働ける?

未経験であっても、在宅フリーランスとして働くことは可能です。特に下記の仕事は未経験でも在宅フリーランスの仕事を始めやすいと考えられます。

  • ITエンジニア
  • デザイナー
  • 翻訳
  • ライター・編集者

上記の仕事は資格は必須ではありませんが、一切スキルや知識がない状況で案件を獲得するのは難しいと考えられます。もし獲得できたとしても、単価が安いものがほとんどです。

オンラインスクールや学習サイトなどで知識をつけたり、会社員のうちに副業をしたりと事前の準備をしておくことをおすすめします。

これ以外に、自分の就きたいと思っている仕事でどれくらい未経験可の案件があるのか気になるという方は、まずはクラウドソーシングで探してみると良いでしょう。

在宅勤務のフリーランスに関するよくある質問

ここでは、在宅勤務のフリーランスに関するよくある質問に答えていきます。

Q. フリーランスや個人事業主として独立して働く場合、労災保険に加入できますか?

労災保険とは労働者として会社に雇用されている方を対象としていましたが、労災保険の特別加入制度を利用することでフリーランスや個人事業主も加入できます。労災保険の特別加入制度を利用できる職種はITコンサルタント、システムエンジニアやWebデザイナー、芸能関係の作業従事者などがあります。

Q. 在宅フリーランスにはどんなインターネットビジネスが適していますか?

在宅フリーランスにはECサイト運営、SNS運用やインターネット広告などのインターネットビジネスが適しています。

Q. フリーランスwebマーケターとして活動する際にどんな資格を取得すると良いですか?

フリーランスwebマーケターとして活動する際にマーケティング・ビジネス実務検定、ネットマーケティング検定、IMA検定やGoogle広告測定認定資格等の資格を取得すると良いです。

Q. フリーランスエンジニアがポートフォリオを作成することでどのようなメリットがありますか?

フリーランスエンジニアがポートフォリオを作成することで、自分の経験やスキルをクライアントに具体的に提示できます。また、面接や打ち合わせをスムーズに進められたり、集客につなげられる等のメリットがあります。

Q. 在宅フリーランスがWebデザイン関連の案件を獲得するためにはどのようなスキルが必要ですか?

Webデザイン関連の案件を獲得するにはデザインスキル、SEO・マーケティングの知識やトレンドに対応する柔軟性等のスキルが必要です。

本記事は2022年12月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

レバテックフリーランスなら

安定した高単価を実現

フリーランスエージェント

  • 登録者数No1日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年12月期_指定領域における検証調査
  • 業界認知度No1調査対象:首都圏在住、IT/システム系エンジニアかつ、フリーランス支援サービスの認知者 調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年8月 有効回答数:278名

リモート案件

75%以上2022年8月実績

簡単30秒 無料サポート登録

フリーランスの経験はございますか?

ログインはこちら