オンラインカウンセリング実施中

プログラマーとシステムエンジニア(SE)の違い|仕事内容や年収、将来性を比較

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の仕事内容は企業や案件によって幅があるため、明確な違いを示すことは難しいといえますが、一般的にシステムエンジニアは開発工程における要件定義や設計を担当し、プログラマーはSEが作成した設計書にもとづいてプログラミングを行う職種といえます。本記事ではプログラマーとシステムエンジニアの仕事内容や年収などの違いについて解説しています。これらの仕事に就くことを検討されている方は、2つの職種の特徴をよく理解しておきましょう。

プログラマー案件を提案してもらう

目次

プログラマーとシステムエンジニアの違い
プログラマーとは
システムエンジニアとは
プログラマーからシステムエンジニアになるには
プログラマーとシステムエンジニアに関するよくある質問
将来を見据えた転職を

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プログラマーとシステムエンジニアの違い

厚生労働省の「職業情報提供サイト(日本版O-NET)」では、プログラマー(PG)の仕事内容を「システム開発において、システムエンジニア(SE)が作成した詳細設計に基づきプログラムを作成する」こととしています。

参照 : プログラマー|厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)

同サイトにおいて、システムエンジニアは開発分野ごとに区別されていますが、たとえばWebサイト開発のシステムエンジニアは「開発するWebサイトについて顧客と検討し、求められる機能を理解し、どのようなWebサイトにするか決めていく」要件定義や、「要件定義をもとに、データベースの設計や外部システムとの連携などを固めていく」基本設計、「基本設計に従い、Webサイトで扱うデータ形式やファイル形式、詳細な内部処理の方法などを決め、処理の流れを細分化した設計書を作成する」詳細設計などが、具体的な仕事内容の例として挙げられています。

参照 : システムエンジニア(Webサイト開発)|厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)

システムエンジニアは、これから構築するシステムの要件定義や設計書を作る役割を担うことが多いため、プロジェクトの立ち上げ段階から参画することになるでしょう。一方、プログラマーは基本的に設計書が完成し、プログラミングによる開発が開始できるタイミングで参画します。また、システムエンジニアはプログラマーよりも上流工程を担当する職種であるため、プログラマーに指示を出すこともあります。

このように、仕事内容だけを見てもプログラマーとシステムエンジニアには大まかな違いがあるといえますが、実際の仕事内容は企業や案件によって異なるため、一概に上記のような区分ができるとは限りません。また、2つの職種には平均年収や必要なスキルなどにおいても違いが見られますが、IT業界は人材不足の傾向があることから、どちらも将来性が期待できる仕事という点は共通しているといえるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアとは?種類や仕事内容、必要なスキル・資格を紹介

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマーとは

プログラマー(PG)とは、一般的にシステム開発においてプログラミング作業を専門的に担当する職種です。具体的には、システムエンジニアが作成した詳細設計の資料に従って画面や機能などを作っていく作業や、それが正常に作動するかどうかを確認するテスト作業などがあります。

仕事内容

プログラマーの主な仕事内容としては、コーディング、テストなどが挙げられます。

コーディング

システムの開発工程において、コーディング(プログラミング言語による記述作業)は、プログラマーが担う仕事のなかでも最も基本的なものとなります。設計書で指定されている機能を持つ画面やボタン、ユーザーが操作したときの画面遷移やデータ処理などをコーディングし、個々の機能を作っていきます。こうして出来上がった機能を連携させて、システムを作り上げていくことになります。

テスト

プログラマーが作成した個々の機能が正常に作動するかどうかも確認しなければなりません。小さなバグやエラーが発生した場合、放置してしまうと後になって重大なバグを誘発することがあるためです。これを防ぐためには、個々の機能を作成した段階でテストを行う必要があり、この作業もまたプログラマーの仕事となる場合があります。

以上のように、プログラマーの仕事はシステム開発のなかでも基礎を担う部分にあたり、多くのプロジェクトにおいて欠かすことのできない存在であるといえます。

年収

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーの平均月収は30万4,400円、年間賞与とその他の特別給与の平均は60万5,200円となっています。平均月収の12ヶ月分が約365万円となり、賞与等を加算すると平均年収は約426万円となります。

参照 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

プログラマーの年収は、勤務する企業の業種やスキルなどによって変動します。また、プログラマーの仕事に限らずIT関連職では、実力や成果が年収に影響しやすい傾向があるため、より多くの収入を得るためには常にスキルアップを図ることも重要であるといえるでしょう。

プログラマー経験の有無によっても転職時の給与は異なりますが、実務経験があれば基本的なスキルの水準はあると見なされる可能性が高くなります。プログラマーは、需要の高い言語が扱える、プログラミングスキルが高い、などの要素があると年収アップにつながりやすくなるでしょう。

求められる適性

プログラマーが担当するコーディング作業は、自分の力だけで進めていくものではなく、基本的には設計書に書かれている機能を実現することが重要であるため、どのような機能をどのように作ればいいのかを素早く考えなくてはなりません。そのためには、物事を筋道立てて考えられる「論理的思考力」が必要となるでしょう。

また、規模の大きなプロジェクトでは、多くのプログラマーが参画して共同で作業を行うことがあります。他のプログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトリーダーなどと、コーディングの課題や問題点などについて議論や提案をすることも少なくありません。そのため、コミュニケーション能力や交渉力が備わっている人もまたプログラマーに向いているといえます。

将来性

インフラや金融だけでなく、製造や小売、物流などさまざまな分野でデジタル・トランスフォーメーション(DX)が進んでいることなどから、多くの開発現場でプログラマーが活躍しています。今後は機械学習の手法などを活用したITシステムも増えると考えられており、近い将来で「仕事がなくなる」という恐れは少ないでしょう。この点からプログラマーの需要は安定していると考えられます。

それに加え、昨今では日本国内においてIT関連職の人手不足が慢性化しているという現状もあります。将来的にプログラマーの奪い合いのような状態が発生した場合、平均年収も上がることが予想されるため、収入面においてもプログラマーは将来性の高い仕事のひとつといえるでしょう。

プログラマーとして活躍し続けるためには、需要の高い技術や新たな技術の習得に努めることが重要です。そのような変化に対応できるプログラマーであれば、市場価値が上がってより条件の良い仕事に就いたり、案件を受注したりすることが可能になるでしょう。

必要な資格

プログラマーとして働くうえで必ず取得しなければならない資格は存在せず、基本的には誰でもこの仕事に就くことができます。しかしながら、実際には一定のスキルが身についていないとプログラマーになることは難しいため、以下のような関連資格を取得しておくと就職・転職活動においても有利になる可能性があります。

オラクルマスター

オラクルマスター(Oracle Master)は、とくにデータベース系の仕事に就く際に有利になり得る資格です。「ブロンズ(Bronze)」「シルバー(Silver)」「ゴールド(Gold)」などのランクが設定されており、自身のスキルレベルに見合ったものを取得するとよいでしょう。

参照 : ORACLE MASTER Portal - be an ORACLE MASTER - | オラクル認定資格制度 | Oracle University

マイクロソフト認定資格プログラム

マイクロソフト認定資格は、マイクロソフト社が運営する全世界共通の資格です。主にサーバー系の仕事に就く際に有利な資格としても知られており、こちらにも「MTA」や「MCSA」といったランクが設定されています。

参照 : Microsoft Certifications | Microsoft Docs

Android技術者認定試験

Androidアプリなどの開発にかかわる仕事に就く際に有利となる資格です。スマートフォンが広く普及した昨今では、こちらも取得しておくと就職・転職時に武器になる可能性がある資格といえます。

参照 : Android™技術者認定試験制度 | Authorized Certification of Engineer for Android

Webシステムやスマホアプリなど、どのようなシステムの開発に携わるかによって役立つ資格は異なるので、自分が開発したいシステムや会社で受注することが多いシステム、今後目指すキャリアプランなどによって取得する資格を選ぶことが大切です。

必要なスキル

プログラマーとして働くうえでプログラミングスキルは必須といえますが、それ以外にも以下のようなスキルを身につけておくことが大切です。

集中力

プログラマーの仕事は長時間コーディング作業を行うといったシンプルなものも多く、それらを続けるためには十分な集中力が必要です。また、短時間でほかのプログラマーが書いたソースコードを読み取って把握しなければならない場合もあり、このような作業においても集中力が求められます。

論理的思考力

プログラマーは自身が作成したプログラムにバグがないかを確認しなければなりません。バグを発見し、それを解消するためには、どこに問題があるのかを突き止める論理的な思考力が必要となります。また、自分が書いたソースコードをほかの人が見て変更を行うこともよくあるため、機能を簡潔な記述で正しく実装するためにも論理的思考力が役立ちます。

理解力

プログラマーの主な仕事は設計書の機能を作ることですが、設計書は必ずしも完璧に作られているわけではありません。記載漏れや機能同士で矛盾なども起こることがあります。そのため、設計書で求めている機能を読み取って本質を理解するスキルが必要です。

プログラマーに未経験でなれる?

プログラマーとして働くうえでは、少なくとも1つのプログラミング言語を扱える知識・スキルが身についていなければならないでしょう。最低限の知識・スキルが身についていない人がいきなりプログラマーとして働くのは難しいといえます。

しかしながら、上述したように昨今ではIT関連職の人手不足が慢性化しており、それに対応するために自社での人材の育成に力を入れている企業も存在します。そのような企業では未経験者を採用したのち、最初のうちは社内研修などで基本的なプログラミング技術の教育を行います。発展的なスキルに関しては仕事を通して徐々に身につけてもらうという方針を採っていることも珍しくありません。

まったくの未経験者がプログラマーとして働く場合、このような企業を探し、働きながら仕事上必要な知識・スキルを少しずつ身につけるというステップを踏んでいくのも有効です。

関連記事 : プログラマーとは|仕事内容・種類・年収・資格など基本情報を紹介

システムエンジニアとは

システムエンジニア(SE)とは、システム開発で幅広い業務を担うエンジニアです。システムの要件をまとめて設計書を作る「上流工程」が主な業務ですが、開発以降の「下流工程」にも携わります。全体のプログラムが正常に作動することを確認するためのテストの作成を行い、必要であればプログラミングも担当します。システムの修正や機能追加、障害対応などもシステムエンジニアの業務範囲になることがあります。

仕事内容

システムエンジニアの主な仕事としては、「要件定義」「設計」などが挙げられます。

要件定義

要件定義は、クライアント企業の要望などからシステムに求められる要件をまとめて、おおまかな機能や課題などを整理することです。

基本設計

要件定義ができたら、「基本設計」を行い、システム化する業務、必要な画面やデータベースなどを決めていきます。

詳細設計

基本設計ができたら、「詳細設計」に進みます。機能の実行内容や動作条件、データの参照元など細かい設定を決めます。こうして作られた詳細設計をもとに、基本的にはプログラマーが開発を進めていくことになります。

実装・テストなど

これら以外のシステムエンジニアの仕事には、プログラマーが作成した機能をチェックするためのテスト作成や、各プログラマーへの作業内容の落とし込みなどもあり、プロジェクト開始から開発完了まで多くの業務にあたります。

ほかにも、「運用保守」という業務を担当することもあります。運用保守では、稼働しているシステムの修正やソフトウェアの更新、エラーや障害の対応などを行います。

システムエンジニアがどのようなシステムを作成する必要があるのかを把握するためには、クライアントが求めているものを理解することが重要です。そのためには入念なヒアリングをする必要があり、この作業もまたシステムエンジニアの重要な仕事のひとつです。また、設計書はプログラマーのコーディング作業などにおける指標となるため、正確性が求められます。

年収

厚生労働省発表の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、システムエンジニアの平均月収は38万円、年間賞与とその他の特別給与額は112万9,000円となっています。平均月収の12ヶ月分は約456万円、そこに賞与等を加算すると平均年収は約569万円と推測することができます。

一方、経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、高度SE・ITエンジニア(基盤設計担当・ITアーキテクト)の平均年収は778万2,000円となっており、専門性の高いシステムエンジニアになれば、さらなる高収入も望めるといえそうです。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

システムエンジニアに関しても、その収入は実績やスキルによって異なります。また、スキルや経験の豊富なシステムエンジニアは、現場をまとめる「プロジェクトリーダー」のような役職を兼任することがあります。現場の管理職ともいえる立場となるため、プロジェクトリーダーなどを任された場合は年収アップにつながる可能性があります。

求められる適性

システムエンジニアはプログラムの設計書を作成しますが、その際にはプログラマーの立場から考える必要もあります。したがって、プログラマーとして働いた経験があり、その仕事内容をひととおり理解している人ほどシステムエンジニアへの適性は高くなるといえるでしょう。

ほかにも、クライアント企業との折衝やチームメンバーへの説明といったコミュニケーションを行う必要があるため、言語化やコミュニケーションが得意な人も向いています。新たな知識・技術の習得に積極的である人もまたシステムエンジニアへの適性は高いといえます。

将来性

上述したとおり、IT業界は慢性的な人手不足の状態にあることから、システムエンジニアの仕事は一定の需要が見込めると考えられます。それに加えて、システムエンジニアはプログラマーよりもプロジェクトの管理側や専門的なエンジニアになるというキャリアプランも描きやすいため、ITエンジニアとしての将来性も高いといえるでしょう。

また、実務経験やスキルなどを積むことで、フリーランスとして独立するという選択肢も選べるようになります。一定年数の実務経験があって上流工程からひととおりを担当できたり、AWS(Amazon Web Services)やGCP(Google Cloud Platform)などのクラウドサービスを用いた開発ができたりと、需要の高いスキルを持つ人であれば、安定した収入を得ることも可能となるでしょう。

必要な資格

プログラマーと同様にシステムエンジニアとして働くために取得しなければならない資格は存在しません。しかし、実際には就職・転職時にその業務で必要なスキルを有していることを証明する必要があり、具体的には以下のような資格を取得しておくと採用されやすくなる可能性があるでしょう。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、ITスキルのなかでもシステム開発に関する知識全般を問われる資格です。ネットワークやデータベース、セキュリティやプログラミングといったシステム開発の基本はもちろん、経営戦略や情報戦略、プロジェクトマネジメント、システム監査などの知識を問われます。下位資格である「基本情報技術者試験」に合格してから取得を目指すと良いでしょう。

参照 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : 応用情報技術者試験

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、主にデータベースに関する知識が問われる資格です。データベースの要件定義、設計、構築、運用保守などに必要な知識が幅広く出題されるため、さまざまな業界でビックデータの活用が進んでいる昨今、必要なスキルを証明できる資格といえます。

参照 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 : データベーススペシャリスト試験

必要なスキル

システムエンジニアとして働くためには、以下のようなスキルや知識・能力を身につけておくことも大切です。なお、あまりプログラミングスキルがなくてもシステムエンジニアになることは不可能ではありませんが、効率的な設計を行うためにはあったほうがよいスキルです。

IT知識

システムエンジニアが設計書を作成する際は、システムで必要とされる要素についてのIT知識が必要です。たとえば、ハードウェア、アプリケーション、ネットワーク、ミドルウェア、データベース、セキュリティ、サーバー、プラットフォームなどが挙げられるでしょう。これの知識を網羅的に身につけるためには、実務で経験しただけでは不十分かもしれません。資格取得などの方法で、体系的に習得する方法もあります。

コミュニケーション能力

先述したとおり、システムエンジニアの仕事では、クライアント企業やプロジェクトマネージャー、プログラマーなどと話をする必要があります。自分が話したことや相手から聞いたことに齟齬がないか、相手が気になっていることを引き出せるか、誰にとっても分かりやすい表現であるか、などに注意したコミュニケーションを取れると良いでしょう。

統率力

プロジェクトの規模によっては、チームで働くプログラマーの人数が10人以上となる場合もあります。システムエンジニアにはそれら多くのプログラマーをまとめ、それぞれに必要な指示を出す場合もあるため、プログラマーをリードできる統率力を身につけていると望ましいでしょう。

システムエンジニアに未経験でなれる?

まったくの未経験者がいきなりシステムエンジニアとして働くことは、必ずしも無理というわけではありませんが、一般的には難しいといえます。未経験の場合は、プログラマーの業務からスタートする可能性が高いためです。知識やプロジェクト参画経験がない未経験者に、最初から要件定義や設計といった上流工程を任せることは考えにくいでしょう。

プログラミングスキルがない場合は、まずはテスト業務から始めるのが一般的です。テストを通じてシステムやソースコード、仕様書などに慣れ、システムに対する理解を深めていけるという理由があります。

プログラマーの場合と同様に、企業によっては社内研修などでIT系人材の育成に努めていることもあります。このような企業では、将来的に自社のシステムエンジニアとして働いてもらうことを念頭に置いて採用をしていることもあり、未経験のシステムエンジニア志望者も採用してもらえる可能性があります。

関連記事 : システムエンジニア(SE)とは|仕事内容やスキル、年収、プログラマーとの違いも解説

プログラマーからシステムエンジニアになるには

プログラマー(PG)からシステムエンジニア(SE)を目指すというキャリアパスは、エンジニアのなかでもメジャーなもので、プログラマーとして着実に経験を積んでいけば、そのまま自社のシステムエンジニアになるケースはよく見られます。ただし、淡々と自分に割り振られたプログラミング作業を行うのではなく、ほかのプログラマーが担当している仕事などにも目を向け、広い視野でプロジェクト全体を見渡すことが大切になるでしょう。

また、自分がプログラマーとして設計書を見るときに、設計書全体を細部にいたるまで確認する習慣を身につけておきましょう。問題点や工夫できそうな点、漏れがあった項目などに気づけると、システムエンジニアになって設計書を作るときに参考になります。

関連記事 : システムエンジニアに向いている人の特徴|SEに求められる適性とは

プログラマーとシステムエンジニアに関するよくある質問

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)に関するよくある質問と回答を紹介します。

プログラマーとシステムエンジニアの仕事内容の違いは何ですか?

プログラマーとシステムエンジニアの仕事内容は企業や案件の規模によって幅があり、明確な定義づけはされていませんが、プログラマーはコーディングやテストといった開発の「下流工程」にあたる部分を担当するのに対し、システムエンジニアは要件定義や設計といった「上流工程」を担う、といった分け方をする場合があります。基本的にプログラマーはシステムエンジニアが作成した仕様書(設計書)に従いプログラムを構築していくことになります。

プログラマーとシステムエンジニアの平均年収に違いはありますか?

厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」における12ヶ月分の「きまって支給する現金給与総額」と「年間賞与その他特別給与額」の合計を年収と考えると、プログラマーの平均年収は425万8000円、システムエンジニアの平均年収は568万9000円で、約143万円の違いがあります。エンジニアの場合、経験やスキルによって年収が変わる傾向にあることが、両者の年収に違いが出ている要因のひとつと考えられます。

プログラマーからシステムエンジニアになることはできますか?

プログラマーを経てシステムエンジニアになるのは、エンジニアのキャリアパスの中でも比較的メジャーなルートです。プログラマーからシステムエンジニアになるためには、開発の経験を積んでいくことが重要になるでしょう。プログラマーとしての実務経験が長くなると、システムエンジニアに近い上流工程の業務を任されるようになるケースもあります。

関連記事 : システムエンジニア(SE)の仕事はきつい?向いている人の特徴と転職前の確認ポイント

将来を見据えた転職を

プログラマーとシステムエンジニアは異なる職種として扱われることもありますが、業務上でのつながりは多く、両方の職種を経験しているケースも少なくありません。経験を積んでいけば、プログラマーからシステムエンジニアになるというキャリアパスを選ぶこともでき、システムエンジニアの先のキャリアについては、プロジェクトマネージャーなども視野に入れることが可能です。転職によるキャリアアップを希望する場合は、将来を見据えて就職・転職活動をするとよいでしょう。

関連記事 : プログラマーの仕事はきつい?向いている人と向いていない人の特徴

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.