コミュニティに参加するべき?
フリーランスがコミュニティに所属するメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

ここでは、「コミュニティに入るか迷っている」というフリーランスの方に向けて、所属するメリットを3つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

フリーランスの働き方について話を聞く

0. 目次

1. モチベーションを維持しやすくなる
2. 客観的な意見をもらえる
3. 人脈が広がる

1. モチベーションを維持しやすくなる

フリーランスとして1人で作業していると、「モチベーションを維持するのが難しい」と思うことがあるでしょう。

新しいアイデアが思い浮かばなかったり成果に現れなかったりすることで、「今後フリーランスとしてやっていけるのか」と不安に思う方もいるはずです。

ネガティブな感情が生まれたとき、1人だと自信をなくして落ち込んでしまいがちですが、コミュニティの仲間に相談できれば状況が改善することもあります。

ほかのフリーランスと交流することで、「大変なのは自分1人だけではない」「自分も皆と同じように頑張ろう」という気持ちになるでしょう。

また、同業者と関わりを持つことで気分転換でき、新たな気持ちで業務に取り組めると考えられます。コミュニティのメンバーから刺激を得ることで、モチベーションを維持できるでしょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 客観的な意見をもらえる

コミュニティに所属すると、業務に関するヒントを得られるのもメリットの1つです。

「業務が思うように進まない」「納得のいく成果を得られない」といった悩みがあるとき、客観的な視点でアドバイスをもらえれば、自分では気づかなかった良さや改善点がわかるでしょう。

自分の強みや得意な分野に関して発見があれば、視野が広がり新たな分野にチャレンジするきっかけとなることも。コミュニティでフリーランスならではの悩みを共有できるのは、精神的な支えとしても大きな役割を果たすでしょう。

3. 人脈が広がる

コミュニティは、人脈を広げる場としても有効です。

多くのメンバーと知識を共有したり作業のコツを聞いたりすることで、スキルアップを図れるでしょう。

また、交流の輪を広げることで、自分1人では見つけられない案件に出会えることもあるようです。新たな案件を受注できれば、違う分野のスキルを高められモチベーションアップにつながります。

さらに、コミュニティへの参加がきっかけとなり、チームで業務を行うこともあるでしょう。ライター、デザイナー、プログラマーといったさまざまなメンバーで協力できれば、業務の幅を広げられます。ただし、親しい関係であったとしても、報酬の支払いなど業務に関する契約を締結し、トラブルを防ぐことが大切です。
 

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.