フリーランス(個人事業主)がキャリアを伸ばすポイント

フリーランスが限られた時間の中でスキルを伸ばしてキャリアを築いていくコツは、まず自分が得意とする技術を活かす案件と、自分のスキルを伸ばす案件の2種類を意識して参画していくことです。

加えて、スキルアップのために自己投資をしたり、人脈を作ったりすることもキャリアアップに必要なことでしょう。会社の研修などで勉強できないフリーランスは、自らキャリア形成を考えて案件に参画することが大切です。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスがキャリアアップすることで得られるメリット

キャリアアップとは、特定の分野において、今以上に専門性の高いスキルや知識を身に付けていくことを指します。
フリーランスがキャリアアップすることによって、以下のようなメリットがあると考えられるでしょう。

  • 市場価値の高い人材として生き残りやすくなる
  • 年収アップにつながる

ここでは上記について、それぞれ解説します。

市場価値の高い人材として生き残りやすくなる

IT業界では、新しい技術が次々と生み出されていくため、就職したあとも技術を学び続ける必要があります。常に情報をキャッチアップしていかないと、ITエンジニアとして生き残っていくのは難しいでしょう。

したがって、市場価値の高い人材として生き残っていくためには、スキルアップが欠かせません。
ITエンジニアに求められるスキルや経験を仕事のなかで身に着けていくとともに、新たな技術や業界で利用されているプログラミング言語などを積極的に習得していくことをおすすめします。

年収アップにつながる

キャリアアップをするにあたって、需要の高いスキルやプログラミング言語を身に付けていくことは、年収アップにもつながります。
エンジニアが不足によりエンジニアの需要がある案件においては、単価は高くなるといえるでしょう。その結果、需要のある知識やスキルを持っているエンジニアの年収がアップしやすいと考えられます。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスがキャリアアップのためにできること

フリーランスは仕事をした分だけ収入となるため、つい目先の案件に集中してしまいがちですが、キャリアアップを実現することが将来的な収入アップに繋がります。

「現状維持や、案件に追われてキャリアアップできない…」という方は、以下のようなことを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 稼ぐ案件と学ぶ案件を意識する
  • 自己投資をする
  • 人脈を作る
  • 副業OKな会社に入り、会社員と個人事業を両立する

ここではそれぞれについて、具体的な方法を解説します。

稼ぐ案件と学ぶ案件を意識する

フリーランスとして案件に参画する場合、こなせる業務量には限界があります。そこで適切に案件を選び、効率良く行うことが大切です。

まずは「稼ぐ」案件を意識する必要があります。着目するポイントは、報酬支払期限の遵守や予算の多さ。支払遅延が起これば収入に影響し、予算が少なければプロジェクトの存続に関わるからです。

また「学ぶ」案件を選択することも重要です。参画する中でスキルアップできれば、将来的に案件の選択肢を増やすことが可能になり安定的に収入を得られるようになります。

このように「稼ぐ」と「学ぶ」を意識して案件を選ぶことで、キャリアアップが見込め、フリーランスとしての可能性を広げることができます。

自己投資をする

エンジニアとして成長するためには、常にスキルアップに努めることが大切です。会社員であれば、企業負担で研修会や教育支援を受けることができます。しかし、フリーランスには頼れるものがありません。そこで、いかに自己投資するかが重要になります。

IT業界は市場の変化が激しいため、日常的に最新技術や知識の習得が欠かせません。そのためには、セミナー参加や資格取得・技術書の購入など、自己投資を行いましょう。

このようにして磨いたスキルは、将来大きなリターンとして戻ってきます。継続的な勉強と努力は、フリーランスとして成功するために大切な要素です。

人脈を作る

フリーランスとして活動する上で、「人脈」はとても大切です。案件や情報は「人」を通して来ることも多く、人とのつながりを作ることで多くのチャンスに恵まれます。そのためには自ら積極的に行動することが必要です。

セミナーや勉強会などに参加することで同じ分野の人と数多く出会えます。また、上司や先輩からの紹介であれば、キャリアを積んだ人と知り合うことも可能です。
さらにSNSの活用で違う分野の人との出会いが実現します。人脈は重要な資源となり、活躍の場を広げてくれるのです。

フリーランスとして次のステージへと進むには

企業に属することのないフリーランスは、なかなか変化をし続けるのは難しいと考えてしまいがち。しかし、以下のようなことをすることで、次のステージへと進むことが可能です。

  • フリーランス仲間とチームで仕事をする
  • フリーランスのまま事業規模を拡大する
  • フリーランスから法人成りする

それぞれについて、詳しく解説していきますので、次のステージを目指したいという方はぜひ参考にしてみてください。

フリーランス仲間とチームで仕事をする

仲間とチームを組んで仕事をすることで、個人では受注しづらい中〜大規模案件に参画しやすくなります。個人事業主は1人で仕事を行うのが一般的ですが、個人で仕事を引き受けていると、どうしても案件の規模が限られがちです。

フリーランスや個人事業主がキャリアアップするためには、幅広い案件で経験を積む必要があります。個人での事業運営にこだわらず、必要に応じてチームを組むのも良いでしょう。

フリーランスのまま事業規模を拡大する

事業規模を広げることで、マネジメントや経営の経験も積むことができるでしょう。マネジメント案件は高単価であることが多いため、意識的に経験を積んでキャリアアップすると良さそうです。

事業規模を拡大する方法には、従業員を雇う方法や、法人成りする方法が考えられるでしょう。事業が大きくなれば、収益も増えます。設備投資や従業員の拡充を行うことで、さらに高度な案件への参画を目指すことも可能でしょう。

フリーランスから法人成りする

法人成りとは、個人事業主が法人を設立することを指します。
法人成りするにはさまざまな手続きや費用が必要となりますが、条件次第では節税効果があったり決算期を選べたりといった金銭面・業務面にけるメリットも多くあります。

さらに、法人化することで社会的信頼度が上がるため人を雇って事業を拡大しやすくなりますし、案件の確保もしやすくなると考えられるでしょう。

フリーランス(個人事業主)法人化のメリット・デメリットと、7つの必須手続きまとめ」では、フリーランスが法人化する際の手続きの方法や、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。法人化を視野に入れているという方は、自分にとってメリットになるのかどうか、こちらの記事を参考に検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスのキャリアアップに関するよくある質問

フリーランスのキャリアアップに関するよくある質問と回答をまとめました。

案件を受注するために実務経験はどの程度必要ですか?

必要とされる実務経験年数は、案件の難易度により異なります。経験年数や保有スキルが多いほど高単価の案件を受注しやすくなるため、実務経験年数は長いに越したことはないでしょう。
クラウドソーシングの案件であれば、会社員エンジニアとして1年程度の経験があれば可としている案件も多いようです。また、昨今はエンジニア不足により、経験不問の案件も増えているため、実務経験がなくても受注可能な案件もあります。

スキルアップのための時間はどのように確保すれば良いですか?

スキルアップのための勉強時間も仕事時間の1つと考えて、あらかじめスケジュールに組み込んでおくと良いでしょう。先回りして時間を確保しておくことで、仕事を入れ過ぎて勉強時間がとれないといった状況を回避できます。
また、資格試験を申し込んだり、セミナーや勉強会に登録したりするのも有効です。勉強に集中できる環境を自ら作りましょう。

技術系のスキル以外にはどのようなスキルが有効ですか?

技術系のスキル以外には、コミュニケーション能力や英語力、営業スキル、ビジネススキルなどがあると良いでしょう。特に、コミュニケーション能力や営業スキルについては、安定して案件を受注していく上で必要不可欠です。
また、マネジメントスキルも、フリーランスのキャリア形成において武器になります。フリーランスになってからは身につけづらいスキルなので、現在会社員として仕事をしている人は、積極的に身につけるようにしましょう。

フリーランス700人に聞いた!IT業界の収入やキャリアに関する5つの質問」でもフリーランスに関する質問と回答を掲載していますので、あわせてご覧ください。

※本記事は2022年6月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。