あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

コーダーとの違いやフリーランス事情も解説
マークアップエンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

マークアップエンジニアは、HTML、CSSを用いたコーティングやバグ修正などが業務に含まれます。ここでは具体的な仕事内容のほか、マークアップエンジニアとして活躍するためのスキル、将来のキャリアパスなどを見ていきましょう。

マークアップエンジニア案件を提案してもらう

 

本記事の監修
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

マークアップエンジニアとは
マークアップエンジニアの仕事内容
マークアップエンジニアのキャリアパス
フリーランスのマークアップエンジニアとして働くには

マークアップエンジニアとは

マークアップエンジニアとはWebデザイナーが設計したサイトのデザインをもとに、HTMLやCSSによるコーディングや画像の配置・レイアウト設計・タグ付けなどを行う職種です。

大規模なWebサイトや複雑なWebサイトが増えてきている中で、サイトに訪れたユーザーが快適に、そしてスムーズに目的を達成できるよう、マークアップエンジニアはWebサイトを構築します。

そのため、HTMLやCSS、JavaScriptによるWebサイトの構築作業だけにとどまらず、Webデザイナーが意図したWebサイトの構造や導線を理解し、内部SEO対策を施すなど、必要とされるスキルや業務の範囲は幅広いです。

コーダーとの違い

マークアップエンジニアと似たような仕事に「HTMLコーダー」があります。マークアップエンジニアがHTMLコーダーを兼任することもありますが、ここでは両者の違いを解説します。

Webデザイナーによるデザイン設計を忠実にコーディングして、目に見えるWebサイトを作るのがコーダーであるのに対し、マークアップエンジニアの業務はサイトの目的を理解し内部SEOやレイアウトや画面遷移などの導線なども考慮した質の高いWebサイトを実装することです。

つまりユーザーに対し最適な訴求効果をもたらすことや、サイトの目的・デザインに合わせCMSのテンプレート(テーマ)を改修することもマークアップエンジニアの仕事の範囲となります。

関連記事 : Webデザイナーとの会話が捗る!エンジニアが知っておきたい13個のデザイン用語

マークアップエンジニア案件を提案してもらう

マークアップエンジニアの仕事内容

マークアップエンジニアの業務において重要なことはユーザーの目線に立ち、使いやすさや機能性を追求することです。そのため、サイトや案件の目的に応じて適切な提案をする姿勢が求められます。

以下に、マークアップエンジニアの仕事内容をご紹介します。

仕事内容

HTML・CSSを正しく用いたコーディング

内部SEO対策に不可欠なW3Cの規格やHTML・CSSの正確な知識を習得しておく必要があります。また、改修しやすい構造的なコーディングを心がけなければいけません。その理由は、自己流や誤った知識によるコーディングでWebサイトを作成してしまうと、大幅なサイトリニューアルや不具合による修正が発生した場合、思わぬ工数がかかることがあるためです。

クライアントからの要望、サイトの目的やターゲットユーザーを理解した柔軟なコーディング

Webデザイナーからあがってきた仕様書に基づき、WebサイトをHTMLやCSS、JavaScriptを用いて構築します。本文の内容だけでなく見出しやリンク、そのほか引用などユーザーが使いやすい構造的なコーディングをすることが大切です。

バグ修正

現状、WebサイトはChromeで閲覧されることが多いため、Webサイトが正しく動作することを確認したりバグを修正したりするには、Chromeのディベロッパーツールを用いることが多いです。正確なコーディングを用いたサイトであっても、ブラウザが対応していないことは少なくありません。そのためHTMLやCSS、JavaScriptの正確な知識が問われます。

テキストおよび画像の差し替え・修正作業

JavaScriptを使わずにCSSのみで簡単にロールオーバーさせることや、見た目を重視するために画像を置換することがあります。

CMSテンプレートの設計・構築

HTML・CSS・JavaScriptによるコーディングに加えて、CMSにより構築されたテンプレートの設計と組み込み作業を行う場合もあります。

関連記事 : フロントエンドエンジニアに必要なスキル

マークアップエンジニアのキャリアパス

近年、クオリティの高いWebデザインへのニーズが高まる中でマークアップエンジニアの需要が伸びてきています。

HTMLやCSSを使えることは必須条件ですが、そのうえでサイトの目的に応じて最適なデザインを提案できることや、CMS構築やその他のプログラミングのスキルがあると、より多彩な案件に携わることができるでしょう。

マークアップエンジニアとして活躍するには、ユーザビリティの高いWebサイト構築のための好奇心や探究心、向上心が求められます。そのほか、予期せぬトラブルが起こった際に迅速かつ柔軟に対応できる判断力や分析力も必要ですし、トラブルシューティングのために最新の情報をキャッチアップすることも大切です。

加えて、ディレクターやプランナーと連携して積極的にアイディアを提案できる人や、Webデザイナーやクライアントの意向を正確にサイトに反映させるために自らコミュニケーションを図れる人であれば、よりクオリティの高いWebサイトを構築できます。

将来のキャリアパス

マークアップエンジニアの経験を積んだ後にWebデザイナーとして専門性を高める人もいれば、サーバーサイド側でPHPやPython、Rubyなどを習得しプログラマーに転身する人もいます。

複雑なデザインであっても、チームで共有しやすい構造的なソースコードを書ける人は企業からも歓迎されやすい傾向があるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス・キャリアプラン

フリーランスのマークアップエンジニアとして働くには

最後に、フリーランスのマークアップエンジニアとして案件を獲得するために必要なことを解説します。

HTML・CSSをマスターする

まずHTML・CSSを完璧に習得することが大切です。多くのWebサイトはDreamweaverなどのオーサリングツールで生成されたHTMLやCSSを用いて作られますが、実際の現場では、そのコードをそのまま用いることはほとんどありません。Webサイトの目的や内部SEO対策のために、マークアップエンジニアの手でよりよいコードに書き換えなければいけません。

JavaScriptやjQueryなどを使いこなせるようになる

ユーザビリティが高いWebサイトや、Webデザイナーやプランナーの要求を満たすWebサイトを構築するには、JavaScriptのスキルも不可欠です。どのような要求でもJavaScriptで対応することが求められます。またJavaScriptだけでなく、jQueryも必要となるでしょう。ちなみにjQueryとは、JavaScriptのライブラリで、構造的かつ再利用できるコードを作成するために使われます。

CMSをマスターする

WordPressなどよく用いられるCMSはマスターしておきましょう。CMSは内部SEOの観点から有利に働くように作られています。有名なCMSにはMovable Type(MT)やXOOPSなどがありますが、これらも一通り、どのような内容なのか違いや特徴を押さえておくと獲得できる案件の幅が広がります。

Webデザイナーの意図をくみ取ったコーディングができるようになる

Webデザイナーは単にキレイなWebサイトを作るだけでなく、ユーザーが心理的に安心して閲覧できる色使いや、見やすく回遊しやすい導線を確保したデザインを作成しています。
そしてマークアップエンジニアはWebデザイナーが仕上げたデザインをHTMLやCSSを用いて、ブラウザで正しく表現できるようにコーディングします。

よってWebデザイナーの意図をくみ取れる知識、Webデザイナーとコミュニケーションを取れる程度のスキルが必須です。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

マークアップエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとマークアップの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.