あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

必要な知識・スキルもご紹介
バックエンドエンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

バックエンドエンジニア(サーバサイドエンジニア)は、コードのプログラムからWebサーバのインフラ整備までのWebサービス(Webアプリケーション)のサーバ側を幅広く担う職種です。ここではバックエンドエンジニアの具体的な仕事内容と求められるスキルを確認しましょう。

バックエンドエンジニア案件を
提案してもらう

本記事の監修
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

バックエンドエンジニアの役割
バックエンドエンジニアの仕事内容
バックエンドエンジニアに求められるスキル
バックエンドエンジニアになるには

バックエンドエンジニアの役割

バックエンドエンジニアはWebサービスやECサイトなどの構築におけるサーバ側処理のコーディングやデータベースのシステム構築などを行う職種です。

例えばECサイトなら、ユーザーの注文や買い物カゴの処理、商品データベースの設計、不正アクセスの防止や対応などがバックエンドエンジニアの担う業務となります。

Webサービスの動作は大きく分けて、ブラウザ側で動作するフロントエンドとWebサーバー側で動作するバックエンドの2つに分けられます。フロントエンドエンジニアがHTMLやCSS、JavaScript、画像ファイルなどを用いてWebページをコーディングするのに対し、バックエンドエンジニアはJavaやC・C++・PHP・Python・Perlなどのプログラミング言語 を用いてサーバ側処理のコーディングを行います。

またバックエンドエンジニアはWebサービスやECサイトなどのサーバ側処理の要件定義・設計・構築を担います。このためバックエンドエンジニアは「サーバサイドエンジニア」と呼ばれることもあります。

小規模の開発プロジェクトではフロントエンドとバックエンド両方の業務を兼任することもありますが、大規模なプロジェクトにおいては業務が明確に区分されているケースがほとんどです。

関連記事 : バックエンドの意味

バックエンドエンジニア案件を
提案してもらう

バックエンドエンジニアの仕事内容

バックエンドエンジニアはサーバ側におけるシステムの要件定義から設計、開発までの業務を担います。サーバ側にはネットワークやデータベースも含まれるため、サーバ側のインフラ関連の設計もバックエンドエンジニアの業務に含まれます。 

このように、バックエンドエンジニアの職務領域はとても幅広いのが実情です。仕事内容が多岐にわたるため、バックエンドエンジニアはWebサービス開発全般にわたって必要とされる不可欠な存在です。

また、フロントエンド(ブラウザ側)とバックエンド(サーバ側)ではそれぞれ異なるスキルを求められるため、Web関連の案件をメインとして活躍したい方はバックエンドだけでなくフロントエンドに用いられる技術も学んでおくとさまざまな仕事ができます。

関連記事 : システムにおけるバックエンド/フロントエンド

バックエンドエンジニアに求められるスキル

バックエンドエンジニアには一般的にアプリケーション設計と開発、データベース、ネットワーク、品質管理などのスキルセットが求められます。さらにフレームワークの経験やバージョン管理ソフトウェアの経験、Linux/Windowsなど各種サーバでの開発経験も必要です。

バックエンドエンジニアはコードをプログラムする必要があるため、サーバサイド言語は必須スキルです。サーバサイドに用いられる言語には、JavaやC・C++・PHP・Python・Perlなどが挙げられるため、ひとつでも多くの言語を扱えると、獲得できる案件の幅が広がります。

データベースに保存されているデータを操作するため、SQL(MySQL、PostgreSQLなど)とRDBMS(SQL ServerやOracleなど)などを使います。ゲームなど非常に早い応答速度を求められるWebアプリケーションでは、NoSQLが使われることもあります。
さらに、バックエンドエンジニアはWebサービスのインフラ構築を担当するケースも多く、ネットワークやハードウェアに関する知識も求められる、フルスタックエンジニアとしての役割を期待されることもあります。

開発フレームワークに関する知識も重要です。サーバサイド開発のフレームワークとしては、CakePHP/Ruby on Railsなどが有名です。自身が携わりたい業務や習得するサーバサイド言語に合わせて、用いるフレームワークを決めると良いでしょう。ただしフレームワークや言語には流行があります。新しい言語の需要が高まり、古い言語の需要が無くなることもあるため、常に自己研さんを続けなければいけません。

また、Webサービスにはセキュリティ対策が欠かせません。セキュリティ上の脅威に関する知識と対策、万が一の障害への対応スキルも求められます。

関連記事 : Webエンジニアのスキルセットとは

バックエンドエンジニアになるには

バックエンドエンジニアには、Webサービスのサーバ側の処理設計やプログラミング、インフラ構築などさまざまな知識・スキルが求められます。よってバックエンドエンジニアとして働くためには、Webサービス開発におけるさまざまな業務を経験しておくことが望ましいです。

現役エンジニアの方であれば、ご自身に足りないスキルを身に付けることから始めると良いでしょう。例えばアプリケーション開発ができる方であれば、コーディングやデータベース操作のスキルは身についていると考えられます。よってバックエンドエンジニアになるには、ネットワーク・インフラ構築・データベース設計などの知識・スキルを身に付けることでバックエンドエンジニアの案件を獲得しやすくなります。

また小規模の開発プロジェクトでは、バックエンドエンジニアの業務規模も小さいため、自学自習を重ねて、小規模案件からコツコツ経験を積むこともバックエンドエンジニアとして働くための手段となります。

ただし、バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアを兼任するケースもあることから、バックエンドエンジニアに必要なスキルだけを身に付けるのではなく、Webサービスを自分で構築するなどして、Webサービス開発に求められるトータルなスキルを身に付けておきたいところです。

バックエンドエンジニアはフロントエンドエンジニアとのコミュニケーションが頻繁に発生することから、フロントエンド側のスキルを身に付けておくことは決して損にはなりません。

未経験からバックエンドエンジニアになるには

未経験の方はスクールを活用したり、すでにあるWebサービスをコピーして(まねて)構築したりして、Webサービス構築の基本を学んでください。ただし学ぶべきことは多いため、すべての知識・スキルをスクールや独学で身に付けるのではなく、ある程度スキルが身についた段階で、システム開発案件にチャレンジすることをおすすめします。そして業務を通じてご自身のスキル・キャリアを広げていくことが、バックエンドエンジニアになるための近道です。

フリーランスのバックエンドエンジニアになるには

バックエンドエンジニアは要件定義や基本設計のために、多くの部署とコミュニケーションを取らないといけません。そのため常駐案件が多くなりがちです。しかしながら、開発フェーズが進んだあとや一定期間勤務したあとはリモートワークを認められている案件もあるため、リモートワークを希望される方はエージェントに相談すると良いでしょう。

関連記事 : Webエンジニアに興味を持ったら何を勉強すればよいか

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

バックエンドエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとバックエンドの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.