あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

UIとの違いや求められるスキルも解説
UXエンジニアの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

UXとは、「ユーザーがサービスを使用することで得られる経験・感想」のこと。UXエンジニアは、プログラミングやWebデザインの知識・技術を駆使してUXを向上させ、ユーザーに「より良い体験」を提供するエンジニアです。

フロントエンドエンジニア案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

UIとUXの違い
UXエンジニアの仕事内容
UXエンジニアに必要なスキル

UIとUXの違い

「UX改善」というとデザイナーの仕事だと思われがちであり、また求人・案件においても「UI/UXデザイナー・エンジニア」と一括りにされることが多いですが、UXに関わるのはデザイナーだけではありません。

ここではまずUXエンジニアという職種を紐解くために、UI・UXの違いと、サービスにおけるUXの役割をご説明します。

UI(ユーザーインターフェース)とは

UIとはUser Interfaceの略で、Interfaceは「接点・接触面」という意味です。つまり、サービスの中で「ユーザーの目に触れたり、操作に使用する部分」がUIです。たとえばWebページやアプリケーションであれば、メニューボタンやアイコン、ボタンなどがUIに挙げられます。

UIのクオリティを上げることはすなわち、ユーザーがより容易に求めている結果を導けるように「直接的なデザインを改善すること」といえるでしょう。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

User Experienceの略で、Experienceは「体験・経験」という意味です。つまり、「ユーザーがサービスを使用することで得られる経験・感想」がUXです。

Webページやアプリケーションであれば、「操作がわかりやすい『と感じた』」「オシャレなデザイン『で気に入った』」といったユーザーの体験のことを指します。

UXのクオリティを上げるには、ユーザーにとって「より快適に『感じてもらえる』」ように、デザインや使い勝手をよくするだけでなく、サービスの全体を見渡し、改善すべき点を洗い出すことや質を改善する必要があります。

このように「UX改善」は「UI改善」とイコールではなく、UXを向上させるための1つの手段であるといえます。

UXエンジニアはサービスの利用者の立場からサービス全体を俯瞰する視点と、デザインとエンジニアリングの技術など、Webに関するマルチな技術をを備えたエンジニアであるといえます。

フロントエンドエンジニア案件を提案してもらう

UXエンジニアの仕事内容

前述の通りUXに関する求人・案件の内容は企業によって異なり、UXエンジニアに求められる仕事内容もひとまとめに示すのは難しいです。しかし、共通していえるのは「UXの向上を通してユーザーの満足度を上げ、サービスを使い続けてもらう」ことです。

たとえばWebサイトであれば、まずサイト内でのユーザーの行動を分析し、使用率やコンバージョン上昇のために改善すべき点を見つけ出します。そしてその問題点を解消するために、何を行うべきかを関係者と話し合い、フローチャートやワイヤーフレームに落とし込んだあと、サイトの改修を行います。その際に具体的に行うことはPhotoshopやIllustratorでのデザインや、HTML/CSS、JavaScriptを用いた開発等です。

このように、デザイン・プログラミングなどの実作業のスキルを持ちつつ、よりサービスの上流からCTRやCVRのような数字を理解するマーケティングの技術も、UXエンジニアに求められる仕事内容であるといえるでしょう。

また、UXを本番環境で改修したあとは、数値やヒアリングなどを通して引き続きユーザーの反応を確かめ、PDCAサイクルを回して、より良いサービスや時代の流れにあったデザイン等を追求していきます。ときには、使いやすいようにと改修したデザインが不評だったり、思うように数字が伸びないときもあります。

それはユーザーがサービスから満足体験を得られていないということですので、その際は「このサービスのUXの何が問題なのか」を探し出し、仮説を立て、検証を繰り返していきます。

UXエンジニアに必要なスキル

UXエンジニアに求められるスキルは幅広くあります。UIを改善する場合はフロントエンドのプログラミング知識やWebデザインの知識が不可欠ですし、ユーザーの反応を分析するにはGoogle Analyticsを始めとした各種分析ツールを使うことが必要でしょう。ここではUXエンジニアに必要なスキルを大きく3つに分けてご紹介します。

プログラミング、デザイン

Webサービスをプログラミング、デザインの両面から制作した実務経験は必須であるといえるでしょう。プログラミングであればHTML/CSSを用いたフロントエンドの開発を始め、バックエンドのスキルがあればサービスのレスポンス速度やデータの活用などの根幹部分を改善することもできます。

デザイン面ではPhotoshop、Illustratorなどの代表的なソフトを用いたWebデザインのスキルはもちろん、ワイヤーフレームやモックを作るためのツールの使用経験が求められるでしょう。

マーケティング(ディレクション)

ユーザーの満足体験を促すサービス作りには、適切なデータ分析が不可欠です。Google AnalyticsやGoogleウェブマスターツールの使用経験や、ヒートマップ、A/Bテストの各種ツールなどを用いたデータの収集・分析などのマーケティングスキルも求められるでしょう。

ときには、ユーザーに直接ヒアリングをしたり、アンケートをとってサービスの満足度を測定したりすることもあります。

コミュニケーション

Web制作の環境だけでもプログラマー、デザイナー、ディレクター、マーケター等、様々な役割を持った人がいます。UXエンジニアはそれらの役割を横断する役割を求められるため、それぞれの立場の人と連携をとるためのコミュニケーション力は不可欠でしょう。

また、UXに関わるのはWeb制作の場面だけではありません。ときには営業や、経営者などに掛け合い、サービスそのものの仕組みにアプローチすることも考えられます。

関連記事 : フリーランスだからこそ必要!仕事を依頼したいと思わせるコミュニケーション術に関する記事まとめ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フロントエンドエンジニア案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.