オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

UXエンジニアの仕事内容|UI/UXの違いや求人応募に必要なスキルは?

UXとは、「ユーザーが製品/サービスを使ったときに得られる体験/価値」のことを指すUser Experienceの略です。UXエンジニアは、UX向上のためにプログラミングやWebデザインの知識・技術を駆使し、ユーザーに「より良い体験」を提供します。UXエンジニアへの転職や、フリーランスを目指す方は、参考にしてください。

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

目次

UIとUXの違い
UXエンジニアの仕事内容
UXエンジニアに必要なスキル

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

UIとUXの違い

求人や案件の募集において、「UI/UXデザイナー・エンジニア」と一括りにされる場合が多いこともあり、「UX改善」というとデザイナーの仕事をイメージする人も多いのではないでしょうか。実際には、UX改善にはエンジニアの技術も重要となるため、関わるのはデザイナーだけではありません。 この記事では、UXエンジニアという職種を紐解いていきます。まずは、UI・UXの違いと、サービスにおけるUXの役割をご説明します。

UI(ユーザーインターフェース)とは

UI(User Interface)は、Interfaceの「接点・接触面」という意味のとおり、サービスの中で「ユーザーの目に触れ、操作に使用される部分」のことを指します。たとえば、Webページやアプリケーションのメニューボタンやアイコン、ボタンなどがUIの一例です。

UIのクオリティが上がると、ユーザーはより簡単に求めている結果を導けるようになります。UI改善は「直接的なデザインを改善すること」といえるでしょう。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは

UX(User Experience)は、ユーザーの体験・経験(Experience)を示します。つまり、UXとは「ユーザーがサービスを使用することで得られる経験・感想」と定義できます。

Webページやアプリケーションを例に挙げると、「操作が分かりやすい『と感じた』」「オシャレなデザイン『で気に入った』」といったユーザーの体験や感想が、これにあたるものです。

優れたUXは、ユーザーにとって「より快適に『感じてもらえる』」ものです。そのためには、デザインや使い勝手の改善はもちろん、サービス全体で改善すべき点を洗い出し、クオリティを改善していくことが必要になるでしょう。

このように、「UX改善」と「UI改善」はイコールではなく、UXを向上させるためのひとつの手段です。 つまり、UXエンジニアは、ユーザーの立場からサービス全体を俯瞰する視点を持っているべきだといえます。

UXエンジニアは、デザインだけでなく、エンジニアリングやWebに関するマルチな技術を備えていることも求められます。

関連記事 : フロントエンドエンジニアとは|年収・必要スキル・やりがい・今後の需要を解説

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

UXエンジニアの仕事内容

前述のとおり、UXに関する求人や募集案件の内容は企業によって異なります。UXエンジニアに求められる仕事内容も、一様ではありません。どの企業の求人・案件でも共通しているといえるのは「サービスを使い続けてもらうため、UXの向上を通してユーザーの満足度を上げる」という目的があることです。

Webサイトを例に、UXエンジニアの仕事内容を説明します。まずは、サイト内でのユーザーの行動を分析します。サービスの使用率やコンバージョン率の上昇のために改善すべき点を抽出するためです。それらの問題点を解消するために、関係者と打ち合わせて改善策を見出します。その結果を、フローチャートやワイヤーフレームに落とし込み、サイトの改修を実施します。その際、PhotoshopやIllustratorでのデザインや、HTML/CSS、JavaScriptを用いた開発を行うこともあるでしょう。

このように、UXエンジニアには多くの知識が要求されます。デザイン・プログラミングなどの実作業のスキルに加え、サービスの上流からCTRやCVRといった数字を理解するマーケティング知識も求められるでしょう。

また、UXエンジニアの仕事は本番環境での実装がゴールではありません。ユーザーの反応をチェックするために、数値やヒアリングなどを通した分析は継続していきます。PDCAサイクルを回しながら、サービスや時代の流れにあったUXデザインを追求していきます。ときには、改修後のUXデザインの評判が悪いことや、想定より数字が伸びないこともあるでしょう。

それは、ユーザーがサービスから満足体験を得られていない証拠といえます。その場合、サービスのUXの問題点を探し出し、仮説を立て、検証していくサイクルを繰り返していきましょう。

関連記事 : CSSの仕事とは?HTML・CSSコーディング求人・案件のレベルや探し方を解説

UXエンジニアに必要なスキル

UXエンジニアに求められるスキルは幅広くあります。たとえば、UI改善では、フロントエンドのプログラミング知識やWebデザインの知識が不可欠です。ユーザーの反応を分析するためには、Google Analyticsのような各種分析ツールを使うことも必要になります。ここでは、UXエンジニアに求められる3つのスキルをご紹介します。これらのスキルを身につけることで、幅広い案件で活動できるUXエンジニアとなり、キャリア形成に役立つでしょう。

プログラミング・Webデザインのスキル

Webサービスを制作するにあたってのプログラミング・Webデザインの知識やスキルは必須といえます。プログラミングについてはHTMLやCSS、JavaScriptを用いたフロントエンドの設計・開発のほか、バックエンドのスキルがあるとサービスのレスポンス速度やデータの活用などの根幹部分の改善に役立ちます。

デザインの面では、PhotoshopやIllustratorといった代表的なソフトウェアを用いたWebデザインのスキルに加え、ワイヤーフレームやモック、プロトタイピングのためのツール使用経験も求められるでしょう。

Webマーケティングのスキル

満足する体験を提供するためには、適切なデータ分析が不可欠となります。Google AnalyticsやGoogleウェブマスターツール、ヒートマップ、A/Bテストの各種ツールなどを用いたデータの収集・分析など、Webマーケティングにまつわるスキルも求められるでしょう。

場合によっては、ユーザーへのヒアリングや、サービスの満足度測定のためのアンケート調査を実施することもあるでしょう。

コミュニケーションスキル

Web制作を例にとると、関わる職種はプログラマー、デザイナー、ディレクター、マーケターなどさまざまです。UXエンジニアは、それらの職域を横断する役割を求められるので、それぞれの立場の人と連携できるコミュニケーション力は不可欠となります。

また、UXエンジニアはWeb制作領域のみで働くわけではありません。ときには、営業や経営者などに掛け合い、サービスそのものの仕組みにアプローチすることもあるでしょう。

関連記事 : Webエンジニアに必要なスキル|仕事内容や資格、キャリアなども解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フロントエンドエンジニア案件を
提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.