あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

Webプログラマーに必要なスキルや需要と業界の傾向も要チェック
Webプログラマーの仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

Webプログラマーは、WebアプリケーションやWebサービスを開発する職種です。ここではWebプログラマーとして活躍したい方へ向けて、具体的な仕事内容や身につけておきたいスキルをご紹介します。

Webプログラマー案件を提案してもらう

本記事の監修
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

Webプログラマーの仕事内容
Webプログラマーに必要なスキル
Webプログラマーの需要と業界の傾向
フリーランスのWebプログラマーとして働くには

Webプログラマーの仕事内容

Webサービスにはクライアントサイドとサーバーサイドがあり、Webプログラマーはその両方を担当します。クライアントサイドとはWebブラウザなどユーザーが使う部分で、サーバーサイドとはユーザーから受け取った情報を元に処理をしたり、適切なWebページをクライアントに返したりする処理を行います。

Webプログラマーは基本的にシステムエンジニアが作成した仕様書に書かれてある機能をコーディングします。

仕様書で求められている機能をコーディングして実装するスキルはもちろん、仕様書に細かく記載されていない部分をシステムエンジニアに確認するコミュニケーションスキルも求められます。

またプログラムを書き上げた後、仕様書通りに動作しないなどの不備が発生する場合があり、バグと呼びます。このバグをチェック・修正する作業をデバッグと呼び、プログラマーの重要な仕事です。デバッグは何度もテストを繰り返しながら行うため、根気強く打ち込むことが大切です。

企業や部署によっては、テストやリリース、更にシステムエンジニアが行うような仕様書作成を担当することもあります。プログラマーとしてスキルを上げれば上げるほど業務範囲は広がっていき、プログラマー兼システムエンジニアとして活躍できます。

関連記事 : Webエンジニアの仕事とは?Webプログラマーとの違いも解説

Webプログラマー案件を提案してもらう

Webプログラマーに必要なスキル

Webプログラマーに求められるクライアントサイドのプログラミング言語には、HTML、CSS、JavaScriptなどがあります。HTMLやCSSは、Webブラウザ上に表示される文字やデザイン、レイアウトを構成するプログラミング言語です。JavaScriptは、ブラウザ上で文字や画像を変化させるなど、ページに動きを持たせるために使用します。

サーバーサイド側のプログラミング言語として、いくつかのプログラミング言語をマスターするのも有効です。C言語プログラミング能力認定試験」「Ruby技術者認定試験制度」「Oracle Certified Java Programmer」などを取得しておくと、企業に自分のスキルや得意分野をわかりやすくアピールするのに役立つでしょう。企業によっては資格取得支援制度を採用しており、働きながら資格の取得をサポートしている場合もあるため、狙っている資格があるなら有効活用したいところです。

さらにデータベースを扱うためにSQLを習得することをオススメします。ショッピングサイトなどは商品情報や顧客情報がデータベースに格納されていることが多いため、データベースを管理・操作できれば業務範囲も大幅に広がります。

身につけておきたい資格としては、「基本情報処理技術者」や「応用情報処理技術者試験」など、汎用性の高いものが良いでしょう。

基本的なスキルはもちろんですが、日進月歩のIT業界では言語やフレームワークのトレンドが次々に入れ替わります。さらに扱う製品やサービスによって求められるスキルも違うため、時代や企業が何を求めているのかを敏感にキャッチしていく必要があります。

Webプログラマーの適性としては、目の前の作業を黙々とこなせる人、ものづくりやクリエイティブなことに関心が高い人、論理的な思考ができる方などが挙げられます。

関連記事 : Webエンジニアに必要なスキル

Webプログラマーの需要と業界の傾向

Webプログラマーになるために、特別な資格は必要ありません。未経験者でも歓迎している企業は多いです。

IT業界の規模拡大にともない、世の中には数々のWebサービスが生まれています。現在はIT人材不足の状況のため、Webプログラマーの需要は非常に高くなっており、一人でも多くの技術者が欲しいと考える企業はいくつも存在します。また他職種からプログラマーに転身する人も増えている状況です。

プログラマー人口が増えている理由はさまざまありますが、技術の進歩によりプログラミングに触れやすくなったことも挙げられます。

一昔前までは、プログラマーはコンピューターの構造を深く理解していないと務まらない、極めて専門性の高い職業でした。しかしプログラミングの環境やツールはMacやWindows など個人用パソコンにも搭載できるため、プログラミングの勉強は個人でも始められます。比較的安価なPCやオンライン教材を使いWeb上でスキルを磨けるのは未経験の方にとっても大きなメリットと言えます。

またかつて発展途上国であったインドや中国といった人件費の安い海外の人材に発注するオフショア開発を行う企業が増えています。

そのため国内でプログラマーとして常に前線で活躍し続けるためには、基礎的なスキルを磨くことはもちろん、常に最新の技術をキャッチアップすることが大切です。そしてシステムエンジニアや他エンジニアと協働し、品質の高いプログラミングを続けてください。

関連記事 : プログラマの需要について

フリーランスのWebプログラマーとして働くには

Webプログラマーとしてのキャリアを積む上で、フリーランスとして働くという選択肢もあります。フリーランスのWebプログラマーとして働くメリットは、案件によって在宅で仕事が出来る他、Webプログラマーやその先にあるキャリアパスを選択しやすいことが挙げられます。

フリーランスは即戦力が求められるため、プログラミングをはじめとしたITエンジニアとしての実務経験を積んでからフリーランスになるのが基本です。まったくの未経験でいきなりフリーランスのWebプログラマーとして働くのは現実的ではありません。最低限、使用する言語はある程度使いこなせるようにマスターしておきましょう。

プログラミング言語の勉強にはさまざまな方法がありますが、現在はスクールに通ったり、自宅でオンライン教材を使って勉強したりする方法が主流です。スクールは講師がしっかり教えてくれるメリットがありますが、終業後や休日にスクールに通うため、かなり負担の大きな勉強法です。

これに対してオンライン教材は動画で授業を受けられるため、自分の好きな時間に自分のペースで勉強を進められます。オンライン教材は自学自習のスタイルになるため、自己管理がしっかりできる方にはおすすめできる勉強法です。

勉強を進めたら、GitHubなどで自作のWebアプリケーションやWebサービスのソースコードを公開したり、すでに公開されているソースコードを使ったりして、実績を作ってください。このようなホンモノの実績があって初めて、Webプログラマーとしての実力をアピールできて、フリーランスのWebプログラマーとして活躍できるようになります。

多くの場合、Webプログラマーは企業のオフィスに常駐して働くことになります。セキュリティ上の理由でリモートワークをしづらいという企業側の事情がありますし、設計書を作成したシステムエンジニアとのコミュニケーションが頻繁に発生するため、慣れないうちは常駐型の案件のほうが進めやすいでしょう。

業務に慣れてきた段階で、リモートワークが認められる案件もあります。またセキュリティをしっかり確保している企業や在宅ワークがメインの企業であれば、フルリモートでWebプログラマーとして働くことも不可能ではありません。ただしリモートワークでは、自己管理をしっかりしなければいけません。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webプログラマー案件を提案してもらう

■求人・案件をお探しの方へ
プログラマー(PG)の求人・案件
東京エリアでのプログラマー(PG)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとサーバーサイド開発の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.