ポイントは3つ!
フリーランスWebデザイナー案件の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスのWebデザイナーとして案件を探す際は、納期・スキル・報酬の3つに着目するとよいでしょう。クライアントと良好な関係を築くために、価格設定やコミュニケーションのとり方にも注意してください。

フリーランスの働き方について話を聞く

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

0. 目次

1. フリーランスのWebデザイナーが案件を探す際には
2. 案件探しの具体的なポイント3つ
3. 案件を請ける際の注意点について

1. フリーランスのWebデザイナーが案件を探す際には

フリーランスとして経験の浅いWebデザイナーの方にとっての悩みのひとつは、案件の獲得ではないでしょうか。

フリーランスになる前にある程度実績があり、案件のツテもあれば独立後に依頼が来ることもあるかもしれませんが、実績があまりない状態でWebデザイナーとして案件を探す際にはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

Webデザイナーとして大きなプロジェクトに携わりたいという目標や、有名な企業からの依頼が良いという希望もあるかもしれませんが、最初のうちはバナーやロゴの作成といった比較的規模の小さい依頼が来ることも多いようです。

デザイナーの実力を計るために、クライアント側がわざと小さな案件を提示している場合もあります。経験値や信頼度を上げるために前向きに参画しましょう。

フリーランスの働き方について話を聞く

2. 案件探しの具体的なポイント3つ

フリーランスのWebデザイナーとして案件を探す際は、下記の3つに気をつけましょう。

納期が必ず守れるもの

クライアントから案件を請ける上で注意したいのは、締め切りに間に合わせること。
案件を請ける際に提示された納期には必ず間に合う速度で作業をできるスキルが必要になります。思いがけないトラブルが起きる可能性も考え、納期には余裕があるようにすると良いでしょう。
フリーランスとして駆け出しの時は小さな仕事も多いかもしれませんが、その段階でも1件1件の仕事を丁寧で誠実に行っていくことで、信頼関係が生まれ、次の仕事につながる可能性が出てきます。

自分のスキルを冷静に判断する

「デザインには自信があるけど、コーディングは苦手」といった方がコーディングのある案件に参画することは難しく、クライアント側にも迷惑がかかってしまいます。「やってみたい」という意欲も大切ですが、冷静に自分のスキルを分析し、適切な条件を選択することがスムーズな案件獲得につながります。

まずは、今あるスキルだけで確実に仕上げられる仕事を探し、経験を積みながら新しいジャンルに関する学習や練習を始めてみるほうが良いでしょう。

報酬

フリーランスの報酬制度には、「成果報酬」「固定報酬」「時間報酬」などがあります。案件探しの際に報酬の確認を怠ると、思っていたよりも金額が少ないといった事態に陥る場合も。どういったスタイルで報酬が支払われるかも確認しておきましょう。

3. 案件を請ける際の注意点について

フリーランスのWebデザイナーが実際に案件を請ける時の請け方や、その注意点について確認してみましょう。

価格設定

フリーランスを始めたばかりの頃は基準となる価格がわからずに、無理のある依頼を請けてしまうこともあるかもしれません。

そういった事態を防ぐためには、事前に価格表のようなものを作成しておき、依頼内容に応じて適切な見積もりを出せるようにしておきましょう。自分のスキルを安売りしすぎないことでプロとしての意識を保つこともできます。

目安としては時給に換算してみる方法があります。例えば、アイデア出しや作成で最短8時間程度かかる場合、8時間×時給1000円=8000円といった価格を導き出すことができます。

希望の年収から計算して、最低限の収入を得られるように設定する方も多いようです。設定した価格はあくまでも基準として提示し、クライアントからの依頼内容や関係性に応じて柔軟に対応する姿勢もフリーランスにとっては必要です。

クライアントとの関係性

クライアントを理解することももちろん重要なポイント。これは会社員、フリーランスに関わらず必要なことですが、仕事の責任者として依頼を請けるフリーランスにとっては特に大切な部分です。

クライアントの頭の中のイメージを具体的に実現するために、専門用語を避けたヒアリングをしたり、例となるWebサイトをいくつか見せてみたりすることで、解を導き出せることがあります。良好な関係を築きながら案件を請けることを意識しましょう。


案件探しや請け方ついてお困りの時は、レバテックフリーランスのカウンセラーにご相談ください。業界や現場の状況を理解した上でのカウンセリングや適切なマッチングを行なっているので、安心してフリーランスとして活動できます。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの働き方について話を聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?