未経験からでもフリーランスエンジニアを目指せる!必要なスキル、案件の獲得方法を解説

この記事でわかること
  • 未経験でフリーランスエンジニアになれるかどうか
  • 未経験から目指しやすいエンジニアの職種
  • 未経験からフリーランスエンジニアになるための具体的なステップ

未経験でフリーランスエンジニアになるのは、不可能ではありません。ただし、フリーランスエンジニアは基本的に即戦力として求められるので、事前に実務経験を積んで知識・スキルを身につけることが大切です。

本記事では、未経験でフリーランスエンジニアになりたい方向けに、目指しやすい職種や必要な準備、案件の獲得方法などについて解説します。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

未経験からでもフリーランスエンジニアを目指せる理由

未経験であっても、フリーランスエンジニアになれる場合があります。実務未経験でフリーランスエンジニアになれる理由は、以下のとおりです。

エンジニア不足で需要がある

未経験でもフリーランスエンジニアになれるのは、IT人材不足で需要が高いためです。

経済産業省が2019年3月に発表した「IT人材需給に関する調査」では、エンジニアの人材は2030年では少なくとも約16万人、多ければ78万人が不足すると試算しています(生産上昇率0.7%/年の場合)。

エンジニアが不足する理由は、IT市場の急成長や少子高齢化など。新しい技術が登場すればそれを扱えるエンジニアが必要になるとともに、新技術への移行まで古い技術を扱うエンジニアも一定数必要になります。

需要が高い技術を習得している場合は、フリーランスエンジニアとして案件を受注しやすくなるでしょう。エンジニア未経験であっても、ニーズの高い知識・スキルを習得すれば、フリーランスとして継続的に案件が獲得できる可能性があります。

企業にとっても、フリーランスは教育する手間やコストが省けるのでメリットが大きいと考えられるでしょう。

参照:IT人材需給に関する調査|経済産業省

働き方が変化している

政府が進める働き方改革では、フリーランスのような「時間・場所・契約にとらわれない柔軟な働き方」が鍵になるとうたわれています。フリーランスの働き方は今後も推奨されるでしょう。

近年は、兼業や副業などを検討する人も多くなってきました。以前よりも働き方の自由度が高くなっている傾向があり、フリーランスや在宅でのリモートワークも珍しくなくなっています

世界的にフリーランスの働き方が許容される社会になりつつあり、フリーランスエンジニアにとって働きやすい環境作りが進んでいるともいえます。

参照:雇用関係によらない働き方|経済産業省

フリーランスエンジニア人口が増加している

前述したとおりエンジニア不足ではあるものの、フリーランスエンジニア人口は増加中です。そのため、世の中にはフリーランスエンジニアとして働くにあたって必要となるノウハウが蓄積されつつあります。

加えて、近年はSNSや動画投稿サイトなどでそのノウハウを簡単に入手できるようになりました。昔と比べ、未経験でもフリーランスエンジニアを目指しやすくなったといえるでしょう。

フリーランスの増加により、クラウドソーシングやエージェントサービスも普及しました。案件が獲得しやすい環境も整ってきたと考えられます。

未経験からフリーランスになれるかどうか詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
未経験からでもフリーランスになれる?スキルなしから独立する方法とは

フリーランスになれるか相談する

未経験からフリーランスエンジニアになるのが簡単ではない理由

未経験からフリーランスエンジニアになることは可能ではありますが、簡単になれるわけではありません。フリーランスエンジニアを目指すうえでは、不足している部分をどのようにカバーするかを事前に検討することが大切です。

まずは、未経験でフリーランスエンジニアになるのが難しい理由を理解する必要があります。主な理由は、下記のとおりです。

知識だけではなく経験も必要

未経験のフリーランスエンジニアであっても、プログラミングスキルや知識などを習得し、案件の条件をクリアすれば受注は可能です。しかし、フリーランスには即戦力となることを求められるのが一般的。案件参画にあたり、一定の実務経験年数を要するケースが多くあります

フリーランスエンジニアとして実際に業務にあたると、知識だけで乗り切るのが難しい場面もあります。参考書などに載っていない問題に直面することも少なくありません。

多様な案件で業務をこなしていくことにより、「この問題にはこのように対処する」というノウハウが蓄積され、未経験者にはないスキルを獲得できます。未経験からフリーランスエンジニアを目指す場合は、知識だけでなく実際に開発する経験を積むのが得策です。

困ったときに教えてもらえる立場ではない

正社員の場合は上司や同僚など、同じ企業の社員に困っていることや悩みを相談できますが、フリーランスエンジニアは基本的にはそうはいきません。

チームメンバーに相談することもできますが、周りに頼ることが多いと、クライアントから「問題解決力が低い」と思われる恐れも。ネガティブな印象を与えてしまうと、案件の継続受注が厳しくなる可能性があるでしょう。

エンジニア未経験だと信頼を得るのが難しい

フリーランスエンジニアは企業の看板などがないため、クライアントからすると「どういった開発・技術に強いのか」を判断する材料が少なくなります。スキルや知識を裏づける実績がない未経験者はより信頼を獲得するのが難しくなるでしょう

未経験のフリーランスエンジニアは案件を受注して実績を積み、少しずつクライアントの信頼を獲得していく必要があります。一つひとつの案件で高評価を得られれば、クライアントから次の案件を依頼してもらえることも増えるでしょう。

プログラミングスキルの高さを認められた場合は、クライアント側の社員へのプログラミング教育を任されるケースもあるようです。

未経験者向けの案件は単価が低い

未経験のフリーランスエンジニアが任される業務は、テストや監視などが多い傾向にあります。まずは難易度の低い仕事から任され、徐々に信頼を獲得してステップアップしていくのが一般的な流れです。未経験でもできる業務の場合、単価が低めに設定されるため、高年収を得るのは難しいでしょう。

しかし、フリーランスエンジニアとしての経験と実績を増やしていけば、クライアントとの単価交渉もできるようになります。経験を積むことで、他のクライアントの案件を受注できる可能性も高まるでしょう。

未経験からフリーランスエンジニアを目指す際の知識について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
フリーランスエンジニアを目指す前に|年収や働き方など会社員と徹底比較

フリーランスになれるか相談する

未経験からでもフリーランスエンジニアになるメリット

続いて、未経験からでもフリーランスエンジニアになるメリットを解説します。

高単価案件を獲得すれば会社員時代より収入アップできる

フリーランスエンジニアは高単価案件を獲得できれば、会社員時代より年収がアップする可能性があります。案件を複数掛け持ちすることもできるため、上限なく収入を上げられるのもメリットです。

会社員は基本的に、毎月の給与額が決まっています。成果を出しても、すぐ自分に還元されるとは限りません。自分の頑張りとスキルが収入に直結するのは、フリーランスの大きな魅力だといえます。

好き、または得意な業務に絞って受注できる

会社員と比べ、業務内容を選びやすいのもフリーランスエンジニアのメリットです。会社では自分の好きな仕事ができるとは限りませんが、フリーランスは基本的に自由に案件を選べます。好き、または得意な業務の案件に絞って受注することも可能でしょう。

特定の業務を集中的に受注すれば、より多くの案件で重宝されるようになると考えられます。尖ったスキルと専門性が身につき、エンジニアとしての市場価値が上がるためです。

場所や時間などの調整がしやすい

働く場所や時間などを調整しやすいのも、フリーランスエンジニアのメリットの一つ。契約内容にもよりますが、自宅以外にカフェやコワーキングスペースで作業できる案件もあるようです。また、在宅型案件であれば作業時間を問わないケースも多いと考えられます。

ただし、クライアントのオフィスに赴いて作業をする常駐型案件はこの限りではありません。場所や時間に縛られずに働きたい人は、在宅型案件を選ぶ必要があります。

人間関係の悩みが少なくなる

フリーランスエンジニアになると、人間関係の悩みも少なくなるでしょう。オフィスで働く常駐型案件であっても、フリーランスエンジニアは企業と雇用関係を結んでいるわけではありません。社内の人と深く付き合う必要はないため、気が楽になると考えられます。

会社が実施するイベントや飲み会への参加も強制されないので、純粋に業務に集中できるのもメリットです。

フリーランスになれるか相談する

未経験からフリーランスエンジニアになるデメリット

次は、フリーランスエンジニアになるデメリットも見ていきます。

案件が途切れると収入がゼロになる

フリーランスエンジニアには、案件が途切れると収入がゼロになるリスクがあります。会社員のように毎月安定した収入が得られるわけではないため、注意が必要です。体調不良や事故、災害などで思うように作業が進まず、収入が減ることもあるでしょう。

普段から健康に気をつけるのはもちろん、「継続的に案件を提案してくれるクライアントを複数確保する」などの対策も大切になります。

社会的信用が低くなる

会社員よりも社会的信用度が下がるのも、フリーランスエンジニアのデメリット。フリーランスには会社のような後ろ盾がなく、収入が安定しにくいためです。フリーランス転向後は、クレジットカードやローンの審査で不利になる可能性があります。

心配な人は、フリーランスになる前に審査を済ませてください。フリーランス向けのクレジットカードなどを探すのも手です。

保障や福利厚生がない

フリーランスエンジニアには保障や福利厚生がないのも懸念されます。フリーランスエンジニアは雇用契約を結ばないため、労働基準法の保護の対象外です。契約が途切れて職を失っても、失業保険は出ません。

フリーランスエンジニアには会社員のような有給休暇もありません。好きな日に休暇を取りやすいのはフリーランスのメリットですが、休めばその分収入が減ります。

営業活動を自分で行わなければならない

営業活動を行わなければならないのも、フリーランスエンジニアの大変な面だといえるでしょう。会社員は与えられた仕事をこなせば良いですが、組織に属さないフリーランスは案件の獲得も自己責任となります。

営業活動には、「自分で企業にアプローチする」「知人に提案してもらう」といった方法があります。いずれにしても、タイミング良く受注できるか分からないのが難しい点です。

ただし、後述のエージェントサービスを利用すれば、営業活動を代行してもらえます。

フリーランスのメリットや注意点について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
個人事業主のメリット・デメリット|法人化や会社員との比較

フリーランスになれるか相談する

未経験から目指しやすいとされるフリーランスエンジニアの職種

フリーランスエンジニアを目指すうえで大切なのは、どの職種になるかを決めることです。IT分野は幅が広く、それぞれに特化したエンジニアがいるためです。未経験から目指しやすいとされる職種について、仕事内容や目指しやすい理由を解説します。

Webエンジニア

Webエンジニアの仕事内容は、Webサイトやアプリケーションの設計・開発・運用・保守です。企業や担当する作業内容によっては、以下の職種名で呼ばれることもあります。

  • フロントエンドエンジニア:ユーザーが目にする部分の開発を担当
  • バックエンドエンジニア:サーバーやデータベースなどユーザーが目にしない部分の開発を担当

Webエンジニアは、PHPやPython、Rubyなどのプログラミングスキルのほか、セキュリティやデータベースの知識などが必要です。幅広い知識・スキルが必要になりますが、教材が多く学習コストを抑えやすいことから、未経験から目指しやすいとされます。

プログラマー

プログラマーの主な仕事内容は、システムエンジニアが作成した仕様書にもとづいてプログラミングをすることです。プログラマーが使用するプログラミング言語の例として、JavaやJavaScript、Pythonなどが挙げられます。

プログラマーはITエンジニアの登竜門とされる職種なので、実務未経験でも比較的目指しやすいといわれています。

ゲームエンジニア

ゲームエンジニアの仕事内容は、スマホゲームや家庭用ゲーム、ソーシャルゲームなどの開発です。具体的には、以下の業務を担当します。

  • ゲームの企画、立案
  • プログラミング
  • デバッグ

ゲームエンジニアには、JavaやC言語、JavaScriptなどの知識・スキルが必要です。JavaやC言語、JavaScriptは独学でも習得しやすく、Unityなどのツールを使えば言語の知識が不要になるケースも。そのため、未経験でも挑戦しやすいとされています。

以上、未経験からでも目指しやすいエンジニア職をご紹介しましたが、職種によっては実務経験が重視されることがあります。

たとえば、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなどには実務経験が求められるでしょう。まずはどの職種から出発し、最終的にどのようなフリーランスエンジニアになりたいのかを考えることが重要です。

職種について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
エンジニアの種類

フリーランスになれるか相談する

未経験からフリーランスエンジニアを目指す際のステップ

実務未経験でフリーランスエンジニアになり、希望の案件を受注するのは難しいため、事前に対策を講じることが大切です。未経験からフリーランスエンジニアを目指す際の各ステップにおいて、どのような行動をとるべきか解説します。

フリーランスエンジニアになるための計画を立てる

まずは、フリーランスエンジニアとして携わりたい業務内容や、目標年収などを考えます。キャリアプランを明確にすれば、実現のために必要な行動が明確になるでしょう。

フリーランスエンジニアへの転向後、モチベーションを維持したり、受注する案件の基準にしたりできるのも目標設定のメリットです。

そのほか、フリーランスエンジニアになるまでに必要な準備期間も考えます。人脈づくりやスキルアップ、貯蓄などにかける日数、1ヶ月の目標収入などを事前に決めれば、時間を有効活用して準備を進められるでしょう。

フリーランスエンジニアに必要な知識・スキルを確認する

実務未経験でフリーランスエンジニアになるには、一定の知識・スキルが必要です。受注したい案件に必要なプログラミング言語など、業務遂行に直結する知識・スキルを習得するのが望ましいでしょう。

必要な知識・スキルを確認する際は、フリーランスエンジニアとして実際に成功している人から情報を集めるのも手です。成功するまでどのような苦労があったのか、フリーランスとして活躍するために何をしておいたら良いかなどといった体験談は、知識・スキルを確認するうえで参考になります。

フリーランスエンジニアを目指す際に必要となる知識・スキルの例は、以下のとおりです。

それぞれについて、必要となる理由や場面を確認しましょう。

プログラミングスキル

プログラミングスキルを習得するうえで大切なのは、自身が目指す職種に必要な言語を事前に確認することです。たとえば、Webエンジニアを目指す場合は、PHPやRubyなど多くの企業・開発現場で使われているプログラミング言語を学習すると良いでしょう。

案件数が多いプログラミング言語について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
プログラミング言語別 案件ランキング | レバテックフリーランス版

インフラの知識

インフラとは、ネットワークやサーバー、ストレージなどを指します。インフラの知識は、フリーランスエンジニアとして業務を行ううえで基本的には必要となるでしょう。

とりわけ、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニア、データベースエンジニアなどには高度なインフラの知識が求められます。特定のインフラだけでなく、複数の製品や技術の知見を広く持つことが大切です。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアとして働く際は、1人で業務を進めるだけでなく、プロジェクトメンバーやクライアントとコミュニケーションをとる場面もあります。やりとりを円滑にするには、要点をピックアップして伝えたり傾聴したりするコミュニケーション力が大切になるでしょう。単価や納期などを交渉する際も、コミュニケーション力が必要です。

マネジメントスキル

フリーランスエンジニアには、マネジメントスキルも必要です。会社員と比べて自由な働き方ができる分、体調や業務量は自分で管理しなければなりません。多くの案件を無理して引き受けると、体調を崩したり、プライベートの時間がなくなったりする恐れがあります。

複数のクライアントの案件を引き受けるときは、納期までのスケジュールをしっかりと管理することが大切です。期日に余裕を持って成果物を納品できれば、クライアントからの信頼度がアップするでしょう。

フリーランスエンジニアに必要な知識・スキルを習得する

フリーランスエンジニアとして活動するうえで必要な知識・スキルを確認したら、習得方法を検討してください。勉強方法によって習得に要する時間が異なるため、準備期間にも影響が出ます。主なスキル習得方法は、以下のとおりです。

学習サイトや書籍を活用して独学する

インターネットの無料の学習サイトや書籍を活用する場合、自分のペースで勉強を進められるのがメリットとなります

しかし、問題にぶつかった際は、自分だけで解決しなければなりません。問題解決能力は鍛えられますが、解決方法が分からないと、挫折する恐れがあるでしょう。自力で解決できるか不安な人、1人だとモチベーションを保ちにくい人は、スクールが向いています。

プログラミングスクールで学習する

独学に不安がある方は、プログラミングスクールで学習するのも一つの方法です。講師が現役エンジニアであれば、実際のシステム開発の現場で活用できる知識を教えてもらえる可能性があります。

プログラミングスクールに通う場合は、サポート内容や費用、学習期間などを確認したうえで選択することが大切です。独学と比べて費用がかかるため、仕事や家庭と無理なく両立できるスクールを吟味してください。

身につけたスキルでポートフォリオを作成する

独学やスクールなどでスキルを身につけたら、その技術を活かして実際にシステムやアプリなどを開発してみます。作成した開発物は、「ポートフォリオ」(作品を掲載する資料。Webサイト形式も可)にまとめてください。

エンジニアの選考では、しばしばポートフォリオが求められます。いずれ必要になるものなので、早めに作っておくのが得策です。

エンジニアの経験を積む

未経験からフリーランスエンジニアを目指す場合、まずは実務経験を積む必要があります。実務未経験でもある程度の知識は習得できますが、実務向けの知識は現場での実践でしか学べないこともあるためです。

実践しないと習得できない知識の例としては、システム開発の各工程や障害対応などが挙げられるでしょう。また、システムが大規模であるほど、経験に基づく知識が求められる傾向にあります。

エンジニア経験を積む方法は、以下のとおりです。

エンジニアの正社員の求人に応募し、転職する

未経験OKの正社員求人に応募し、エンジニアとして働く方法があります。エンジニアの求人を見る際は、必要な知識・スキルだけでなく、仕事内容や年収なども確認してください。やりがいを感じながら働けるかを考えたうえで応募しましょう。

求人選びや自己PRなどに不安があるときは、転職エージェントを活用するのも手。転職エージェントは、求人紹介や応募書類の添削、模擬面接などのサポートを無料で行うサービスです。

副業でエンジニアの仕事に携わる

「正社員の転職はハードルが高い…」という方は、まずは副業でエンジニア経験を積むのも手です。実際にエンジニアの仕事を経験することで、スキルを磨けるだけでなく、向き不向きも考えられます。

万が一「自分には向いていない」と考えてフリーランスエンジニアになるのを断念したとしても、現在の仕事を続けていれば収入が途絶える心配がありません。

なお、会社員が副業でエンジニアの仕事をするときは、必ず就業規則を確認してください。企業によっては、副業を禁止している場合があるためです。

フリーランスエンジニアとして独立する

最初に計画した準備期間を経て、目標していた収入に達したら、独立に踏み切って良いでしょう。初めは「本当に独立してやっていけるかな…」と不安が伴うこともあるかと思いますが、「自分の力で目標を達成した」という事実は糧となるはずです。

とはいえ、「フリーランスエンジニアとしてデビューできたら安心」とは限りません。フリーランスエンジニアとして活躍できるか、収入に満足できるかは自身の頑張り次第です。フリーランスエンジニアに限った話ではありませんが、理想とするキャリアを実現するためには、努力をし続ける必要があることを忘れないでください。

未経験からフリーランスになる手順について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。
未経験からフリーランスになるための4ステップ!在宅でできる仕事や案件獲得方法も解説

フリーランスになれるか相談する

未経験のフリーランスエンジニアが案件を獲得する方法

未経験からフリーランスエンジニアになって安定した収入を得るには、案件を継続的に受注できるかどうかがポイントとなります。

正社員であれば企業が仕事を割り振りますが、フリーランスエンジニアは自分で案件を探し、受注する必要があります。フリーランスエンジニアが案件を受注する方法は、以下のとおりです。

知り合いから業務を依頼してもらう

未経験のフリーランスエンジニアが案件を受注するにあたって、「知り合いから業務を依頼してもらう」方法があります

自身の人柄をよく知っている友人や会社員時代の同僚の場合、信頼関係を一から築く手間を省けるのがメリットです。ただし、より多くのクライアントと関わって刺激を受けたい人は、物足りなさを感じる場合があります。

クラウドソーシングサービスを活用する

クラウドソーシングは、インターネット上で案件の検索や受注、納品ができるWebサービスです。クラウドソーシングは案件数が比較的多く、興味のある分野の案件や自分のレベルに合う案件を見つけやすいと考えられます

クラウドソーシングサイトによって掲載される案件の種類や単価は異なるので、選択するサービス次第で年収は変動します。また、高単価に見える案件でも、時給換算すると業務量に見合わないケースも。受注前に、具体的な業務内容や作業にかかる時間を確認することが大切です。

フリーランスエンジニア向けのエージェントを活用する

「人脈がない」「案件選びに不安がある」という方は、フリーランスエンジニア向けのエージェントに登録するのも良い方法です。フリーランスエンジニアの案件に特化したレバテックフリーランスの場合、以下のサポートを無料で行っています。

キャリアプランに沿った案件の提案
クライアントへの営業や商談の日程調整、単価交渉、契約更新の代行
参画中のキャリア相談

フリーランスエンジニア向けのエージェントを活用することで、営業に苦手意識のある方も希望の案件を受注しやすくなったり、自分一人の人脈ではつながれなかったクライアントの案件に参画したりできる可能性があります。

また、エージェントが契約更新の手続きを代行するほか、契約を終了する際は新たな案件を提案するので、フリーランスエンジニアとして収入面の不安を減らして活動できるでしょう。

※本記事は2022年12月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2017-2023 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。