あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

仕事がない時の対応方法について解説
フリーランスで仕事がない時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして活動していると、時として「仕事がない…」という状況に陥ることがあります。仕事がないときに案件を獲得する方法としては、知人に相談する、Webサイトやブログでアピールするなどが挙げられます。

また、仕事がない期間を利用してスキルアップを目指すという手も。フリーランスには会社員にはない不安要素もありますが、解決策を知っておけば必要以上に恐れることはありません。会社を辞めてしまってから後悔することのないように、この記事で「自分がフリーランスになったらどうなるのか?」をリアルに考えてみましょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスの「仕事がない」問題
仕事がない状態になる原因
仕事がないときはどうしたら良い?
仕事の取りやすさと単価の関係
フリーランスのメリットとデメリット
フリーランスは仕事がないとどうなるのか
フリーランスにありがちな不安と解決法
フリーランスになって後悔しないためにやっておくべきこと

フリーランスの「仕事がない」問題

ノートパソコンを広げて考えているラフな服装の男性の画像

フリーランスは「仕事がない」「安定して仕事を受注できない」といった悩みを持つ人が少なくありません。フリーランスは企業と雇用契約を結ぶ働き方ではなく、また案件ごとの受注となるため、継続して案件を受注できるとは限りません。そのため、常に仕事がある状態を保つのは難しいのです。

関連記事:フリーランスが難しい理由

自分に合う案件を提案してもらう

仕事がない状態になる原因

フリーランスで働く際に、仕事がない状態に陥る原因としては、以下の2つが挙げられます。

  • 次の依頼に繋がらない
  • 特定の取引先に依存している

次の依頼に繋がらない

一度仕事を獲得できても、同じクライアントから次の案件の依頼に繋がらないとその案件が終了したら仕事がない状態になってしまうこともあり得ます。案件を継続して受注できなければ、常に新しいクライアントを開拓し続けなければ、一定の仕事量を確保していくのは難しいと言えるでしょう。

次の依頼に繋がらず、単発の仕事で終わってしまう理由としては、クライアントからの信用を得られなかったことが挙げられます。例えば、スキル不足でクライアントが期待していたレベルの仕事ができなかったケースや、納品した成果物が受注内容と異なっているなどのミスが発生するケースなどです。

また、納期に遅れる、期日を守れないこともクライアントからの信用を失う大きな要因と言えるでしょう。また、受注した内容を忠実に守っていたとしても、特に工夫した点や意欲をアピールをしなければ「この人に続けてお願いしたい」と思ってもらえず、次の依頼に至らないことも考えられます。

 特定の取引先に依存している

売上の大半を特定の取引先に依存しているケースは、複数の取引先を確保している場合と比べ、仕事がない状態に陥るリスクが高いです。その取引先の業績が落ち込んだり、事業方針の転換が行われたりした場合には、これまでの仕事ぶりに問題がなくても、受注がストップすることもあり得ます。

また、取引先の担当者が変わった場合には発注先が変わるというケースもあります。その際には新たな取引先を開拓しなければなりませんが、これまでと同じくらいの仕事量をすぐに確保するのは難しいため、場合によっては生活ができない事態になってしまうことがあるのです。

関連記事:フリーランスはコネなしでもなれる?

仕事がないときはどうしたら良い?

下記は、フリーランスの方が仕事がないときの対応例です。

知人に声をかける

1つ目は、以前クライアントとなった人や知り合いの同業者などに、案件があるかどうか訊いてみるという方法です。連絡を取ってみると、あなた自分に合った案件がないか探してくれる人が現れる可能性があります。運が良ければ、新規案件への参画につながることもあるでしょう。

 Web上でアピールする

Webサイト、ブログ、SNSなど、ネット上で実績を公開して、自身をアピールするのも有効であると考えられます。行動を起こさずに待っているだけでは、案件を獲得するのは難しいです。知人に声をかけて仕事を得ることができなかったとしても、ネット経由で新規案件への参画機会がもたらされることもあり得ます。

クラウドソーシングや案件紹介サイトを利用する

気軽に案件を見つけたいという場合は、クラウドソーシングで探してみるという手があります。単価は低めですが、件数は多いため勉強と考えて受注してみると良いでしょう。「もう少しじっくり探したい」というときは、フリーランス向けの案件を紹介するサイトを使うのも一法。登録すれば、自分のスキルに合った案件を紹介してもらえます。自分で営業するのが苦手という人にも向いている選択肢です。

スキルアップを目指す

必要な知識や技術を学び、さらなるスキルアップを図るのも良い方法です。もともと身につけていた技術の精度を高める、関連する知識を新たにインプットするなど、スキルアップにもいくつかの方向性があります。いずれにしても、空いた時間を有意義に活用することに繋がるでしょう。

関連記事:苦手を克服!フリーランス向け営業テクニックまとめ

仕事の取りやすさと単価の関係

仕事の取りやすさと単価の関係をみていくと、低い単価を提示した場合の方が案件を獲得しやすいとは一概にはいえません。もちろん、スキルが求めらない、大量募集されている案件の場合は、単価を下げた方が案件を獲得しやすいといえるでしょう。

ただし、一定以上のスキルを必要とする案件では、第一にクオリティが重視されます。適正価格よりも低い単価を提示すると、かえってスキルが低いとみなされることもあるかもしれません。

クライアントと単価交渉を行う際には、業務にかかる工数や時間数を提示するなど、報酬の内訳をできるだけ詳細に出すのがポイントです。内訳を出すことによってクライアント側は、予算と合わない場合に一部の業務をカットして依頼するなど調整を行いやすくなります。

また、一度単価を下げるとそう簡単には戻せないこともあるため、根拠づけなく安易に単価を下げないことも大切です。

ただし、単発の仕事で次につながらない可能性が高い案件であれば、取り急ぎの収入を得るために手が空いているよりは稼いだ方がよいケースもあり得るので、単価を下げて仕事を取ることも考えてみましょう。

関連記事:フリーランスの単価の決め方は?

フリーランスのメリットとデメリット

ノートパソコンを開いて笑顔でgoodのジェスチャーをしている男性の画像

「仕事がなくなる可能性がある」と考えると、フリーランスはリスクのある働き方だと言うこともできるでしょう。

しかし、フリーランスには会社員にはないメリットも。リスクを恐れるばかりではなく、メリットとデメリットを把握し、自分がフリーランスに向いているかどうか判断することが必要です。

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットの一つとして、まず作業時間および作業場所の制約が少なくなるということが挙げられるでしょう。夜の方が集中しやすいという人が遅い時間帯に作業をしたり、雑音がある環境の方が落ち着くという人がカフェで作業をしたり、といったことが可能になる場合があります。

また、自分の得意分野や好みに応じて、参画する案件を自由に選びやすいのもフリーランスの魅力です。会社員であれば自分の得手不得手とは関係なく、企業から与えられた作業を遂行するケースが多いでしょう。それに対してフリーランスは、より自らのこだわりやキャリアプランを優先しやすい働き方であると言えます。

案件を自由に選べるのであれば、自分の収入をコントロールすることもできるようになる可能性もあります。たくさん受注した分高い収入を得られるので、満足感もいっそう高くなるでしょう。

 フリーランスのデメリット

自分の専門分野だけでなく、営業や帳簿記入、進捗管理など、あらゆる作業を1人でこなさなければならないのがフリーランスという働き方の難しい点です。特にフリーランスの場合は、確定申告を行う必要もあります。確定申告の方法についての理解~実際の申告に至るまで、慣れていない方は大きく時間を取られることが想像されるでしょう。

それ以外のデメリットとしては、時期によって依頼される仕事が増えすぎたり、反対にまったくなかったりすることで、収入が安定しないことがあるということが挙げられます。先に述べた通り、フリーランスには収入をコントロールしやすいという側面もありますが、仕事がない・病気やケガをしたといった場合にはその分の報酬がなくなってしまうのです。

関連記事:フリーランス(個人事業主)のメリット

フリーランスは仕事がないとどうなるのか

男性が寝起きのような姿でぼーっと鏡を見ている画像

病気やケガをしなくても、フリーランスには仕事がない時期が発生することがあります。たとえば、案件と案件の間の期間に仕事がなくなってしまうというケースです。

フリーランスは、会社のようにほかの社員と仕事を分け合うことができません。案件の量をを制御していれば、空白期間ができてしまうのもある程度仕方ないと考えられます。そんなときは、休暇ができたと思って少し休みをとってみるのも良いでしょう。

しかしフリーランスにとって仕事がないということは、収入がないということ。収入がない期間が長く続けば、貯金を取り崩して生活することになります。本業と関係ないアルバイトをしたり、親戚からお金を借りたりすることにもなるでしょう。最悪の場合、フリーランスとして廃業することも考えなくてはいけません。

廃業までいかなくとも、生活を支える仕事がないとフリーランスは辛い気持ちになってしまうもの。「このままフリーランスを続けていけるのかな…」という不安にかられると、単価を大幅に下げてしまったり自分に合っていない案件を受けてしまったりする恐れがあります。

そうならないためには、「仕事がない」という状況に陥る前に、冒頭で挙げたような対策を地道に行っておくことが肝要です。

関連記事:フリーランスと無職はどう違う?

フリーランスにありがちな不安と解決法

スマイルマークを指さすスーツ姿の男性の画像

仕事がないこと以外には、どのようなことがフリーランスにとって不安要素となるのでしょうか。以下に、懸念される事柄とその解決法をいくつか挙げていきます。

社会保障が充実していない

会社員が各種保険により手厚く保護されているのに比べ、フリーランスは社会的な保障が乏しい傾向にあります。

雇用・労災保険に加入する代わりに貯金をする、フリーランス向けの退職金制度とも言える小規模企業共済を利用するなどの手段を取り、社会保障の少なさを補うようにしましょう。

生活が不規則になりやすい

案件を引き受けすぎたり、深夜に作業を行ったりするなどして、生活が不規則になりがちになるフリーランスもいます。自宅にこもって作業をしている人の場合は、運動不足になる可能性もあるでしょう。

毎日少しずつでも食事内容に気を配ったり、簡単な運動を行う時間を設けたりすることで、体力および健康の増進に繋げることができそうです。

継続的な案件参画

今は参画できる案件に恵まれていても、この先も同様に依頼が来るかどうかは未知数です。作業量過多を避けるために依頼を断れば、次の機会がなくなってしまうのではないかという不安もよぎります。

ただしITエンジニアの場合、需要に対して相当数のITエンジニアが不足しているのが現状であるため、比較的需要は安定しているとも言われているようです。

なおレバテックフリーランスでは、ITエンジニア向けの案件を多数保有しています。案件探しや営業のための時間を減らすことができるのが、ご利用のメリットです。自分に合った案件に効率良く参画していきたいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事:不安解消!フリーランスが仕事で抱える将来的な不安と対策法

フリーランスになって後悔しないためにやっておくべきこと

フリーランスになって仕事がない、という状態に陥らないためには、フリーランスになる前に十分な準備をしておくことが必要です。フリーランスになる前にやっておくべきこととして、以下のような点が挙げられます。

  • フリーランスになる覚悟をする
  • スキルを十分積んでおく
  • 人にアピールできる実績を残しておく
  • 人脈を作り信頼関係を構築しておく

フリーランスになる覚悟をする

フリーランスになると必ずしもすぐに多額の収入を得られるわけではありません。中小企業庁による「小規模企業白書 2016」にはフリーランスの手取り年収の調査結果が掲載されています。

フリーランスを主業としている人の年収分布を見ると、100万円未満が16.4%、100万円以上~300万円未満が34.7%と約半数程度が手取り年収300万円未満となっています。

フリーランスとして得ている現在の手取り年収(主業、副業別)
年収 主業 副業
100万円未満 16.4% 50.8%
100万円以上~300万円未満 34.7% 37.8%
300万円以上~500万円未満 27.6% 9.8%
500万円以上~800万円未満 15.3% 1.0%
800万円以上~1000万円未満 3.1% 0.5%
1000万円以上~5000万円未満 2.4% 0.0%
5000万円以上 0.5% 0.0%

参照 : 中小企業庁「小規模企業白書 2016」

フリーランスに憧れて軽い気持ちでなったものの思うように稼げず、会社員に戻ったり、派遣やアルバイトを兼任したりしているケースも少なくありません。フリーランスになると、基本的には個人の実力と信用で仕事を獲得していかなければならないという厳しさがあります。

また、会社員と異なり、給料が常に保証されているわけではないため、仕事がない状態だと収入が途絶えてしまいます。フリーランスになるには、仕事がないリスクがあることを踏まえて、相応の覚悟を決めることが必要です。

スキルを十分積んでおく

フリーランスはスキルに応じて取り組んだ業務の対価として報酬を得るため、人に頼らずにひとりで業務を完結できるスキルを持っていることが大切です。フリーランスになってからも、時代に即したスキルアップが必要ですが、仕事がない状態になってからスキルアップを図るのでは、継続的に案件を獲得していくのは難しいと言えるでしょう。

フリーランスとして独立する前に、スクールに通ってスキルを高めるなどの努力をしておきましょう。

フリーランスエンジニアの場合、案件単価の相場は使用する言語などのスキルや経験工程、経験年数によって決まるのが基本です。経験が少なければ、請け負える案件が限られ、結果的に得られる報酬も少なくなりがちです。一般的にフリーランスエンジニアとして独立するには、一定の実務経験を積んでおくことをおすすめします。

人にアピールできる実績を残しておく

フリーランスとして仕事を獲得するには、契約時にアピールできる実績を残しておくことが大切です。クライアントが仕事の依頼先を決める際に業務の遂行に必要なスキルを見極めるためにも、実績は重要な判断材料のひとつとなります。

実績は口頭で伝えるだけではなく、どのような案件に携わってきたかを示す資料があるとクライアントに伝えやすいです。企業によっては契約を結ぶにあたって、職務経歴書の提出を求められることもあります。職務経歴書やポートフォリオを用意するなど、これまで手掛けた仕事の経歴や携わったプロジェクトについて、わかりやすく伝えられるように備えておきましょう。

人脈を作り信頼関係を構築しておく

フリーランスの場合、スキルや経験、実績を持っていても売り込む相手がいなければ、仕事には結びつきにくいので、人脈やコミュニケーション能力が重要です。フリーランスとして活躍している人の中には、もともとは知り合いから仕事を紹介されるところから始まったというケースが少なくありません。

独立直後は安定して仕事を得ることは簡単ではありません。仕事につながる可能性のある人脈を作っておくことが大切です。

たとえば、人材交流会に参加する、学校や同業の先輩、会社員時代の取引先などにコンタクトをとる、といった方法が考えられます。人脈をもとに獲得した案件を誠実にこなして信頼を得ていくと、さらに人脈が広がって仕事が増えていく可能性もあります。

また、クライアントとの日頃のコミュニケーションを大切にすることも重要なポイントと言えるでしょう。クライアント側からすると、例えば依頼を受けられるかといった回答をすぐに貰えたほうが助かるため、レスポンスが早い人は重宝されやすいです。できるだけメールやチャットはすぐに返す、電話にもすぐに出るようにすることをおすすめします。

半年生活できる程度の資金を貯めておく

フリーランスとして働き始めた当初は、安定した収入が得られにくいことが考えられます。フリーランスとして仕事をしていくには、備品などの購入費用も必要ですし、仕事が入っても報酬の入金先になることもあるため、生活資金を確保しておくことが大切になってきます。

事業が軌道に乗って継続して受注できていても、何らかの事情で受注が大幅に減ることもあり得ます。そのため、独立して半年程度は生活できるくらいの資金を貯めておくと良いでしょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.