フリーランスで仕事がないときどうする?そうなる原因と案件を獲得するための方法を解説

この記事でわかること
  • フリーランスで仕事がない状態になってしまう原因と解決方法
  • フリーランスで仕事がないときにやっておきたいこと
  • フリーランスとして活躍し続けるためのポイント

フリーランスとして活動していると、仕事がない状況に陥ることがあります。フリーランスにとって仕事がないことは収入に直結するため、なんとか避けたいところ。この記事では、仕事がない状態になってしまう原因と、その解決策である案件獲得のための営業方法について解説しています。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

「フリーランスで仕事がない」状態の原因

フリーランスで仕事がない状態を脱するためには、まず原因を知ることが大切です。例としては、以下のような原因が挙げられます。

  • スキル・経験不足で成果を出せなかった
  • 仕事を選びすぎている
  • 営業活動が少なく特定の取引先に依存している
  • 実績不足でアピールポイントが少ない
  • 人脈が薄い

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

スキル・経験不足で成果を出せなかった

仕事がない状況に陥る理由の1つとして、同じクライアントから次の依頼を受注できていないことが考えられます。一度取り引きをしても次の依頼に繋がらなければ、安定して案件を受注できません

単発の仕事で終わってしまうのは、クライアントからの信用を得られなかったと考えられます。「成果物が受注内容と異なる」「ミスが多い」「納期に間に合っていない」など、スキルや経験不足により、クライアントが期待する成果をあげられなかったのが要因です。

継続して案件を受注するには、クライアントの期待を超えるパフォーマンスを発揮する意識を徹底し、信頼関係をしっかりと築きましょう。

仕事を選びすぎている

スキル・経験不足の段階で仕事を選り好みしすぎていると、仕事がない状態に陥りやすいといえます。フリーランスとして案件を獲得するには実績を作るのが大切なので、最初のうちはやりたい仕事以外に手を付けることも視野に入れましょう。

とはいえ、やりたくない仕事ばかりをこなす日々が続くと、モチベーションの低下につながる可能性があります。そうならないためにも、「ここは妥協できる」「ここはこだわりたい」といった条件を自分のなかで設定しておくのがおすすめです。

営業活動が少なく特定の取引先に依存している

フリーランスが仕事がない状況に陥るのは、特定の取引先に依存していることも考えられます。売上の大半を、特定の取引先に依存している場合、複数の取引先を確保している場合と比べ、仕事がない状態に陥るリスクが高いです。特定の取引先の業績が落ち込んだり、事業方針の転換が行われたりすれば、過去の仕事の成果に問題がなくても、受注がストップしてしまう恐れがあります。また、取引先の担当者が変わったことで発注先が変わるリスクもあるでしょう。

主要クライアントを失った場合、営業活動をして新たな取引先を開拓しなければなりません。少額の案件は見つかっても、これまでと同様に稼げる仕事量を確保するのは、容易ではないでしょう。生活ができない事態に陥る状況も考えられます。

複数のクライアントと契約を結んでおけば、1つの契約がなくなっても仕事が0になることは避けられるでしょう。

実績不足でアピールポイントが少ない

「営業活動を必須に頑張っているのに、仕事に結びつかない…」という場合、実績不足が考えられます。小規模案件を数多くこなすよりも、大規模な案件に携わったり、マネジメント経験を積んだりすると、クライアントの目に魅力的に映りやすいようです。

人脈が薄い

フリーランスになると人脈が案件の受注に関わってきます。人脈が薄い場合は、営業活動の場をより広げる必要があり、比較的案件を受注するまでの時間がかかりやすいといえるでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスが案件獲得するための方法

フリーランスで仕事がない状況になってしまったときは、まずは案件獲得のために営業活動を行いましょう。主な営業方法としては、以下のとおりです。

  • 過去のクライアント、知人に声を掛ける
  • SNSやブログなどWeb上でアピールする
  • クラウドソーシングや案件紹介サイトを利用する
  • フリーランス向けエージェントを活用する

フそれぞれの営業方法について、順番に見ていきましょう。

過去のクライアント、知人に声をかける

フリーランスが案件獲得するには、過去にクライアントとなった人や知り合いなどに、声をかけるのが有効です。連絡を取ってみると、あなたに合った案件がないか、探してくれる人が現れる可能性があります。運が良ければ、新規案件への参画につながることもあるでしょう。

SNSやブログなどWeb上でアピールする

フリーランスの案件獲得には、Webサイトの活用も有効です。Webサイトやブログ、SNSなど、ネット上で過去の実績を公開して、自身をアピールしましょう。

クラウドソーシングや案件紹介サイトを利用する

クラウドソーシングの案件単価は低めですが、件数は多いため勉強も踏まえて受注してみるのも手です。

フリーランス向けエージェントを活用する

クラウドソーシングよりもじっくり探したいときは、フリーランス向けの案件を紹介するサイトやエージェントサービスを活用するのがおすすめです。

レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニア向けのエージェントサービスとして、スキルや希望に合った案件紹介のほか、参画中のフォローなども行なっています。本業に集中したい人や自分自身で営業活動するのが苦手な人にとって、フリーランス向けエージェントの活用は大きなメリットになるでしょう。

フリーランスがエージェントを利用するメリットについては、「フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリット」の記事でより詳しく紹介しているため、あわせてお役立てください。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスで仕事がない時にしてはいけないこと

フリーランスで仕事がないと案件単価を下げてしまう人もいますが、簡単にクライアントの言うままにしてしまうのは避けましょう。

単価を下げるのは簡単ですが、上げるのは難しいです。また、低い単価を提示したからといって、一概に案件が獲得しやすくなるとはいえません。適正価格よりも低い単価を提示すると、「スキルが不足していて実力のない人」とみなされ、受注につながらない可能性もあります

ただし、スキルや実力を必要としない内容や大量募集されている案件なら、単価を下げた方が獲得しやすい場合もあるので、よく確認しながら単価設定をすると良いでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

継続して仕事を獲得できるフリーランスになるには?

将来も継続して仕事を依頼してもらえるフリーランスになるには、以下のような行動をとることが大切です。

  • 将来を見据えて常にスキルアップに取り組む
  • 人にアピールできる実績を積んでいく
  • 得た人脈は大切にし信頼関係を構築していく

それぞれについて、順番に見ていきましょう。

将来も見据えて常にスキルアップに取り組む

フリーランスは、取り組んだ業務の対価として、報酬を得る働き方です。人に頼らず、一人で業務を完結できるスキルを持っていることが大切になります。

そのため、フリーランスになってからは、時代に即したスキルアップが必要です。フリーランスとしての独立前はもちろん、継続的な案件獲得に向けて、スクールや勉強会などを利用してスキルを高めておきましょう。特に最新技術やトレンドの言語などは、習得しておくとアピール材料になります。

人にアピールできる実績を積んでいく

フリーランスとして案件を獲得するには、契約時に実力をアピールできるような実績を残しておくことが大切です。過去の制作実績は、クライアントが仕事の依頼先を決める際に、業務の遂行に必要なスキルが不足していないか、見極めるための判断材料になります。

また、フリーランスエンジニアの案件単価相場は、使用する言語やスキル、過去に経験した工程、経験年数によって決まるのが一般的です。経験が少なければ請け負える案件が限られるため、結果的に得られる報酬も少なくなるでしょう。

ポートフォリオや職務経歴書は随時更新する

クライアントに分かりやすく実績を伝えるには、口頭だけではなく、過去に携わってきた案件を示す資料を用いると良いでしょう。企業によっては、契約を結ぶにあたって職務経歴書の提出を求められることもあります。営業活動をするにあたり、職務経歴書やポートフォリオを用意することも必要です。過去に手掛けた仕事の経歴や、携わったプロジェクトについて、分かりやすく伝えられるように備えておきましょう。

なお、エージェントを利用する場合でも、実績やポートフォリオから、実力に見合った適切な案件を探して交渉するため、過去の実績は必要です。どのような内容を書くべきか迷う方は「スキルシートの書き方は?職種別の記入例つきテンプレートも」もご活用ください。

得た人脈は大切にし信頼関係を構築していく

スキルや経験、実績を持っていても売り込む相手がいなければ、案件獲得には繋がりません。そういった意味で、人脈やコミュニケーション能力は重要なポイントです。知り合いから仕事を紹介されるところから継続的な案件受注につながったというフリーランスは少なくありません

特に独立直後に安定して仕事を得るのは難しいもの。フリーランス転身前から、案件獲得につながる可能性のある人脈を作っておくことが大切です。

案件受注に向けた人脈の活かし方

学校や同業の先輩、会社員時代の取引先など、過去に関係があった人にコンタクトをとるといった方法が考えられます。そのほか、フリーランスや同業の人材が交流するための場が開催されていることもあるので、積極的に参加して情報収集をしましょう。人脈をもとに獲得した案件を誠実にこなして信頼を得ていくと、さらに人脈が広がって、仕事が増えていく可能性もあります。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスで仕事がないときの時間の使い方

フリーランスで仕事がない時に、今すぐにでも案件を始めたい時には、先程解説した営業活動をおすすめします。しかし、時間がある時だからこそ、今までやってこなかったことに時間を充てるのも1つの手です。時間があるときにおすすめな時間の使い方としては、以下のとおりです。

  • スキルアップを図る
  • 勉強会や交流会に参加して人脈を構築する
  • 情報収集をする
  • ポートフォリオの作成・充実を図る
  • 税や資産、支援に関する知識を身に付ける

それぞれについて解説していきます。

スキルアップを図る

仕事がないことを逆手にとって、スキル不足改善の時間に充てるのも手です。もともと身につけていた技術の精度を高めるだけでなく、関連する知識を新たにインプットするなど、さらなるスキルアップを図りましょう。空いた時間を有効に使うことで、今後の案件に繋がるスキルアップが期待できます。

勉強会や交流会に参加して人脈を構築する

フリーランス同士の交流や、勉強のために開催されているイベントに参加することも大切です。知人が増えれば、それだけ案件を紹介してくれる人と出会える可能性が高まります。

情報収集をする

仕事がないのは、情報収集が足りていない可能性も。案件依頼は社会情勢やトレンドなどで内容が変化したり、量の増減が見受けられたりするからです。自身が検索している条件に当てる案件が少ない場合は、現在の情勢やトレンドをおさえたうえで探してみると良いでしょう。

ポートフォリオの作成・充実を図る

実績があっても、ポートフォリオが充実していないとクライアントが魅力を感じない恐れもあります。営業活動前にポートフォリオの作成または充実を図りましょう。

税や資産、支援に関する知識を身に付ける

仕事がない間に税や資産、フリーランスに対する支援などの知識を得ておくと、今後の活動に役立つでしょう。仕事がなく収入を得られなければ、フリーランスとして続けていくのは難しいからです。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスになる前に活動資金を貯めておこう

フリーランスとして働き始めた当初は、安定した収入を得るのは難しいでしょう。フリーランスとして仕事をしていくには、備品の購入費用や交通費なども必要です。さらに、案件が決まっても、報酬の入金は先になることもあるでしょう。当面の生活資金を確保しておくことが、フリーランスとして働くための準備として必要となります

事業が軌道に乗り、継続して受注できるようになっても、なんらかの事情で受注が激減しないとはいえません。独立して半年程度は生活できる程度の資金を貯めておくと安心です。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合

新型コロナウイルス感染症により仕事に影響を受けたフリーランスの方も多くいるでしょう。2022年9月時点では、そのような方々へ向けた給付金・補助金などの支援があります。

詳しくは、「フリーランス・個人事業主の新型コロナウイルスに関連する支援(給付金・補助金・助成金など)」の記事で紹介しているため、自分が受けられる給付金・補助金について知りたい方はぜひあわせてチェックしてみてください。

※本記事は2022年9月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。