オンラインカウンセリング実施中

新規登録者向けAmazonギフトキャンペーン

フリーランスAWSエンジニア案件の単価相場

2021年4月時点でのAWS案件の平均月単価は76万円です(レバテックフリーランスでの公開案件を基にしたもの)。これを年収換算すると912万円になります。AWSエンジニアとして年収を上げるためには、扱えるソリューション数を増やすこと、ミドルウェアやCIツールなどに関する知識を持つことなどが大切になります。

AWS案件を提案してもらう

目次

フリーランスAWSエンジニアの単価相場
AWSエンジニアの仕事内容
AWSエンジニアの単価増に役立つスキル例
AWSエンジニアの将来性
AWSエンジニアの求人・案件例

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスAWSエンジニアの単価相場

ここではAWSエンジニアの単価相場の参考として、2021年4月時点でのレバテックフリーランスでの公開案件を基にした月単価・年収例をご紹介します。

フリーランスAWSエンジニアの年収相場

参照元 : AWSエンジニアの求人・案件一覧

平均年収(フリーランス) 912万円(月単価76万円)
最高年収 1980万円(月単価165万円)
最低年収 180万円(月単価15万円)

なお、会社員とフリーランスとでは、社会保険料や税金の計算が異なる、会社員は月給の他に賞与もある、など収入の計算の仕方に違いがあるため、両者の金額を単純比較できないという点はご注意ください。

関連記事 : インフラエンジニアの平均年収|転職して狙える収入は?年収1000万円は可能?

AWS案件を提案してもらう

AWSエンジニアの仕事内容

ここでは、AWSの概要やAWSエンジニアの役割を整理します。

AWSとは

AWSとは「Amazon Web Services」の略称で、Amazon.com社によって開発者向けに提供されているクラウドサービスのことを指します。

参照 : AWS (アマゾン ウェブ サービス) とは?【AWS公式】

AWSを利用するメリットとしては、低コストであること、作業負荷や需要に応じて迅速に拡張および縮小ができること、特定のオペレーティングシステムや言語に依存することのないプラットフォームであることなどが挙げられます。現在あらゆる国々で、業界を問わず上記のメリットが享受されていることがうかがえます。

AWSエンジニアについて

AWSエンジニアはその名称からもわかるように、Amazon.com社提供のサービス「AWS」を扱う作業を担うエンジニア職です。携わる作業には、規模の大きいサーバー群を利用した開発や、Webサイトの構築などがあります。AWSを利用する求人・案件では、ミドルウェアのスキルが問われる傾向にあるようです。

関連記事 : AWSエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

AWSエンジニアの単価増に役立つスキル例

AWSエンジニアとして活躍している人が単価アップを目指す場合、どんなスキルを身につけると良いのでしょうか。ここでは以下のスキルを例としてご紹介します。

  • 扱えるソリューション数を増やす
  • サーバー、ミドルウェアなどに関する知識を身につける
  • CIツールの知識を身につける

扱えるソリューション数を増やす

AWS関連の案件は今後も増えていくことが予想されます。そのため、AWSの中で使えるソリューション数が多ければ多いほど、その分参画できる案件の選択肢をたくさん持てる可能性があります。

サーバー、ミドルウェアなどに関する知識を身につける

AWSエンジニアの担当する作業は、サーバー基盤の領域にとどまらないこともあります。負荷分散作業の経験や、Webサーバー・データベース管理システムといったミドルウェア自動化などの知識を有していれば、案件参画時にそれらを役立てることができるでしょう。

CIツールの知識を身につける

近年Web系の企業を中心に広がりを見せているソフトウェア開発方法として、「DevOps」があります。これは、機能追加や改修などを行う際に、開発部門・運用部門の双方が協力体制をとりながら開発を進めるというやり方です。DevOpsにはAWSを用いる利点があるので、AWSエンジニアもこれに関わる機会があるかもしれません。

DevOpsソフトウェア開発においては、継続的インテグレーション(CI)という手法を採用する場合があります。そのためCIツールに関する知見もまた、AWSエンジニアが年収アップを目標とする上で必要なものになると考えられます。

関連記事 : インフラエンジニアに必要なスキル|転職や年収アップに役立つ資格はある?

AWSエンジニアの将来性

AWSは小規模から中規模のシステム、とりわけBtoCの案件においてよく用いられるようです。AWSを利用する企業は今後も増加が見込まれるため、それに比例してAWSの案件数も徐々に増えていくものと考えられます。加えて、案件数に対するAWSエンジニアの数は少なく、AWSを扱えるエンジニアは重宝される傾向にあります。

以上のことから、AWSエンジニアは需要と将来性のある職種ということができるでしょう。これからもAWSエンジニアとして長く活躍していくためには、設計や構築の経験をたくさん積むと共に、できるだけ多くのAWS機能を扱えるよう努力を重ねることが大切であるといえます。単価アップを目指すにあたっても、その点に留意しましょう。

関連記事 : インフラエンジニアの将来性|クラウド化で今後の需要や転職に必要なスキルは変わる?

AWSエンジニアの求人・案件例

ここでは、実際にあったレバテックフリーランスでのAWS案件から一部をピックアップしました。AWSエンジニアの仕事内容や案件に必要なスキルなどを見ていきましょう。

【AWS】順番待ち予約システムプラットフォーム構築保守運用の求人・案件
単価 〜750,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
職種・ポジション SE(システムエンジニア)
職務内容
  • 順番待ち予約システム総合サイトに携わっていただきます。
  • インフラの構築/運用、ドキュメント作成などをお任せいたします。
  • 開発環境は以下の通りです。
    -環境:AWS
    -OS:Amazon Linux2
    -Webサーバ:nginx
    -DB:Aurola MySQL
    -言語:PHP(Laravel)/Vue.js/Python/Node.js/JavaScript等
    -その他:ElasticSearch/Glue/Lambda等
求めるスキル
  • AWS上でのインフラ構築・運用 経験1年以上
  • AWSでのLAMP(LNMP)環境でのインフラ設計及び構築経験
  • セキュリティ対策の知識
  • 監視環境構築・運用経験
歓迎スキル
  • 大規模ポータルサイト(ユーザー数1000万人規模)の開発運用経験
  • AWSへのプラットフォーム移行経験
  • 障害対応の経験
  • CMSの構築・運用経験
  • MySQL/RDSの構築・運用経験
  • 監視用の環境構築と運用経験(CloudWatch,KIBANA,Zabbix等)
  • CI・CD環境構築経験(jenkins等)
  • Autoscale環境の構築と運用経験
  • git利用経験
  • Terraform等インフラプロビジョニングツール利用経験
最寄り駅 池袋(東京都)
詳細 【AWS】順番待ち予約システムプラットフォーム構築保守運用の求人・案件
【 AWS/Azure】保険会社向けクラウド移行の求人・案件
単価 〜720,000円/月※消費税を含めた参画者にお渡しする金額です。
職種・ポジション
  • インフラエンジニア
  • サーバーエンジニア
職務内容 某大手保険会社向けのシステム全般を請け負っている企業内での案件です。
主にオンプレ→クラウドへの移行を行っていただきます。
長期での案件となります。
求めるスキル
  • AWSもしくはAzure(要件定義~移行)経験のある方
  • 既存のオンプレ環境からクラウド環境への移行がある方
  • ベンダーコントロール経験のある方
最寄り駅 コスモスクエア(大阪府)
詳細 【 AWS/Azure】保険会社向けクラウド移行の求人・案件


上記の内容はAWS案件の一例であり、必須スキル・歓迎スキルや単価などは、案件とご自身のスキル・経験によって大きく変わってきます。

AWS案件をもっとみる

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

AWS案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっとAWSの案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.