組み込み系エンジニアの仕事内容

K.I 26歳 男性

K.I 26歳 男性

組み込み系エンジニアの仕事内容について教えて下さい。

組み込み系エンジニアとは、電子機器における動作制御ソフトウェアを開発している職種です。業務系エンジニアとはどのように違うのか、その仕事内容や求められる技術をご説明します。

詳しい解説はこちら

1.電子機器を作動させるために欠かせない制御ソフトウェアを開発する職種。近年ますます需要が高まっている分野です。

機械製品の中には、特定の機能を作動させるためのコンピュータシステムが存在します。
このような組み込みシステムを作るのが「組み込み系エンジニア」です。
組み込みシステムはITをはじめ家電や車など、現代の機械製品になくてはならない重要なシステムです。スマートフォンや家電、車など、身の回りにあるコンピュータ製品の多くには、組み込みシステムを使った制御ソフトウェアが内蔵されています。
特に自動車業界の電子化は目覚ましいものがあり、カーナビや自動運転といった機能には、このような制御ソフトウェアが必要不可欠となっています。

現在多くの企業で行われているプログラミング業務は、ほぼ組み込み系に分類されます。組み込み系エンジニアは、まさに縁の下の力持ち的な存在です。目には見えにくいですが、機械製品が正しい動作を行なうためには欠かせないものなのです。
あらゆる分野でコンピュータ化が進む中、組み込み系エンジニアの需要は年々増加しています。その一方で、人材が追いつかず、慢性的な技術者不足という問題も抱えています。企業では経験問わず技術者を募集している企業も少なくありません。そのため、組み込み系エンジニアとして活躍したい方にとっては今がチャンスと言えます。

2.スマホや車、産業ロボット…日常のあらゆる機器に活かされる制御ソフトウェアを開発しています。

組み込み系エンジニアは基本設計、詳細設計、プログラム開発、テスト、デバッグを経て製品を作っていきます。
日常生活において、組み込み系のシステムはどのような製品に活かされているのでしょうか。
主な三種類をあげてみましょう。

  1. 小型機器型組み込み系

    スマートフォンや温度計、家電などの小型電子機器に使われています。例えばスマートフォンの場合、「明るい場所で画面が明るくなったり、逆に暗い場所で画面が暗くなる」といった調節機能も組み込み系の範疇となります。

  2. 通信型組み込み系

    オフィスや個人宅で使用するインターネットに必要なシステムです。高速処理を必要とし、正確性も重視されます。通信スピートはどの社の製品も年々高速化しており、他社に遅れを取らないような優れたシステムを追求し続ける必要があります。

  3. プラント型組み込み系

    工場や発電所の産業ロボットの制御機器をはじめとした分野を担当します。さまざまな製品への汎用性が高いこと、堅牢なシステムを作ることが求められます。

3.制御ソフトウェアの開発には、常に正確、なおかつスピーディな技術力が求められます。

組み込み系エンジニアに求められる技術

  • 製品の質、安全性への意識

    求められるのは、何と言っても開発する製品の質や安全性です。
    組み込み系エンジニアは、開発するシステムの質や完成度に対する要求が高い業種です。常に企業や顧客からのプレッシャーと闘いながら、期待にかなう開発力が求められます。
    また組み込みシステムは、機械や設備そのものを動かすシステムです。そのため、不具合が発生した場合は機械や設備を止めて修正を行なう事もあります。
    アプリのように修正版を再インストールすればOK、という訳にはいかないのが難しいところです。

  • ソフトウェアはもちろん、ハードウェア全般に関する知識

    組み込み系エンジニアはソフトウェアを扱う業種ですが、同時にハードウェアの知識も求められます。
    ハードウェアはマニアックな知識が多いですが、スキルを取得することで仕事の領域は大きく広がります。
    また、一般的には、35歳を超えると現場よりからプロジェクトマネジメント系の管理部門へ動くことも多いです。今よりも上流工程に進みたい方、SIerからメーカーへ移りたい方など、これまでとは違う領域で活躍したい方にとっては大きなチャンスです。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.