あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

役立つ資格やキャリアパスもご紹介
IoTエンジニアとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

IoTエンジニアとは、デバイスをインターネットでつないで連携させる、IoTシステムを開発する職種です。IoTエンジニアに求められるスキルはとても幅広く、最先端技術の知識も求められます。今回はIoTエンジニアの仕事内容や必要とされるスキル、案件獲得のためにできることなどを解説します。

IoT案件を提案してもらう

本記事の執筆
システムエンジニア 恵良 信(えら まこと)

大学院卒業後、大手SI企業・ソフトウェアハウスにてシステムエンジニアとして従事。ネットワークエンジニアやデータベースエンジニアとともに、基幹システムをはじめとして多数のシステム設計・開発・運用を担当した。特に交通系システム、商業施設系システムに精通している。現在はIT領域をメインとした記事執筆、法人向けシステム導入支援などを行うフリーランスとして活動中。

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

IoTエンジニアの仕事内容
IoTエンジニアに必要なスキル
IoTエンジニアに役立つ資格
IoTエンジニアのキャリアパス
フリーランスのIoTエンジニアとして働くには

IoTエンジニアの仕事内容

IoTエンジニアの仕事内容はとても多岐にわたります。なぜなら、IoT技術そのものがまだ発展途上であり、既存の技術を応用しながらも、新しい技術を開発する必要もあるためです。IoTエンジニアの仕事内容を解説するために、まずIoTとは何かを解説します。

そもそもIoTとは

IoTとは「Internet of Things」の略で、あらゆる「モノ(装置、デバイスなど)」をインターネットで接続して、遠隔操作やモノ同士で連携させる技術です。IoTエンジニアには、頭で思い描いているIoTの姿があるものの、技術的に実現が難しいことも多く、IoTは「ひとつのIT活用の理想型」と言えます。

IoT技術を使ったシステムはすでに実現されており、例えばスマートフォンで自宅のエアコンを操作することや、AIと連携するスマートスピーカー技術などもIoTに含まれます。いずれもデバイス(エアコンやスマートスピーカーなどの装置)をインターネットに接続して、特定の動作をさせる点では同じです。

IoT技術を使った製品やシステムを作るには、必要な技術領域を細分化して、多くのエンジニアが開発に関わることになります。そのため、IoTエンジニアへの道は、多くのエンジニアに開けていると言っても過言ではありません。

IoTデバイスの開発

IoTエンジニアの仕事には、IoTデバイスの開発が含まれます。デバイスの開発には組み込みシステムやデータベース、ネットワークなど、さまざまな技術が必要となるため、1人のエンジニアがすべてを担当することはありません。開発に必要な技術領域を細分化し、その領域ごとに精通したエンジニアが参画します。

バックエンド側のネットワークの構築

IoT技術はネットワークをフルに活用した技術のため、ネットワーク構築の仕事を避けることはできません。インターネットに接続したIoTデバイスと通信するサーバーは膨大な数に上ると考えられますので、ネットワークに関するスキルはかなり高度なものが求められるでしょう。

セキュリティ対策

IoT技術はインターネットの利用が大前提です。そのため、セキュリティ上の欠陥は製品にとって致命的だと言えます。セキュリティ上の欠陥を解決できないことはIoT技術の発展を遅らせると言っても過言ではありません。
IoT製品のセキュリティ対策はもちろん、サーバーエンド側のセキュリティ対策も万全にすることが求められます。

セキュリティを脅かす悪意のある者は、常にセキュリティ上の穴を探して、攻撃を仕掛けようとします。対策に終わりはありません。

データ分析

膨大な数のデバイスから収集される情報は、IoTシステムの改善やビジネス、技術発展に使われます。収集されるデータ量は膨大なため、データ分析、特にビッグデータの収集と分析もIoTエンジニアの仕事に含まれます。

関連記事 : データサイエンティストとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

IoT案件を提案してもらう

IoTエンジニアに必要なスキル

IoT技術にはさまざまなデバイス、ハードウェアが使われます。さらに、IoTデバイスは膨大な数に上ることもあるため、処理をするサーバーには高いスケーラビリティや堅牢性が求められます。

組み込みシステムなどハードウェアの知識・スキル

IoT技術を使ったハードウェア開発には、組み込みシステムの知識が欠かせません。IoTエンジニアには高いスキルが求められます。組み込みシステムの開発に直接携わらないIoTエンジニアもいますが、開発の上で、組み込みシステムを担当するエンジニアとのコミュニケーションは避けられません。よって、組み込みシステムの内容を理解し、ハードウェアに配慮した設計・開発ができる程度のスキルがあることが理想です。

クラウドコンピューティングのスキル

AWSなどのような、クラウドコンピューティングのスキルもほぼ必須だと考えられます。クラウドコンピューティングのメリットは、スケーラビリティの確保がオンプレミスのサーバーより容易であることや、データ保護の観点からデータベースの堅牢性が高い点です。セキュリティ面でも、信頼できるサービスが存在します。

IoTデバイスの種類にもよりますが、例えば家電製品の場合、製品が出回るにつれてサーバーの処理負荷が大きくなります。そのため、サーバーを増やして処理を分散しなければいけませんが、オンプレミスのサーバーでスケーラビリティを確保することは現実的ではありません。このような状況にはクラウドコンピューティングが有利です。

セキュリティの知識・スキル

すでに述べた通り、IoTデバイスにセキュリティ上の欠陥があると、システムに致命的なダメージを与えます。数百、数千以上のデバイスが接続されているネットワークにセキュリティの穴があることや、攻撃を受けることは絶対に避けなければいけません。よってIoTエンジニアにはセキュリティに関する知識が求められます。

セキュリティ対策はIoTデバイスだけでなく、サーバー、ネットワーク、データベース、組み込みシステムなど多岐にわたります。

データ分析スキル

IoTデバイスから集められるデータを分析、加工してビジネスや技術発展に生かすためには、データ分析スキルを持った人間が必要となります。

ビッグデータの領域ではデータサイエンティストが活躍しますが、データベースやネットワークの設計・構築においてもビッグデータを扱うことが前提となるケースが多々あるため、データ分析スキルを持っておくことはとても有用です。

データ分析の求人・案件一覧

関連記事 : 組み込み系ソフトウェアとは

IoTエンジニアに役立つ資格

IoTという技術はまだ新しく、IoTエンジニアがカバーする技術領域はとても広いです。そのため資格を取ることで、IoTについて理解が深いエンジニアとして認められる可能性があります。試験に合格すれば、案件を取りやすくなるでしょう。ここではIoTエンジニアに関連する資格を解説します。

IoT検定 

本試験はIoT検定制度委員会という、複数の業界団体や企業、有識者で構成される委員会が主催している試験で、試験を通じてIoTに関するスキルを証明することを目的としています。

試験はIoTリテラシーを測る「パワー・ユーザー」試験と、レベル1〜3からなる4段階に分かれています。エンジニア向けはレベル2の「プロフェッショナル・エンジニア」試験で、2019年12月現在は準備中とされていますが、今後のIoT業界や技術をけん引する試験になり得るため、情報をチェックしておくと良いでしょう。

参照 : iotcert | IoT検定制度委員会

エンベデッドシステムスペシャリスト試験 

本試験はIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が主催する、組み込みシステムに関する試験です。高度な知識・技能を問う試験とされており、合格率は16%(2019年)という難関試験です。本試験に合格することにより、組み込みシステムについて深い知見があると認められます。

組み込みシステムはIoT技術の中でも重要な技術であり、IoTデバイスには欠かせないものですので、IoTエンジニアを目指している方におすすめできる試験です。

参照 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:エンベデッドシステムスペシャリスト試験

IoTシステム技術検定試験

本試験はMCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)が主催する、IoT技術の基礎知識から専門技術までのスキルを証明できる試験です。試験は「基礎」「中級」「上級」の3レベルに分けられており、基礎レベルでもビッグデータやAIの知識が問われるため、IoTエンジニアを目指す方には有用な試験です。

中級以上のレベルでは、顧客の要件をヒアリングしたうえでのシステム構成の提案や、IoTシステムのプロジェクトリーダーを務めることができるレベルのスキルが問われます。

参照 : IoTシステム技術検定

情報処理安全確保支援士試験 

本試験はIPAが主催する、セキュリティに関する試験です。特にサイバーセキュリティ領域での専門的な知識・スキルがあることを証明できる試験のため、セキュリティが重要視されるIoT分野では役に立つでしょう。

参照 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:情報処理安全確保支援士試験
関連記事 : ITエンジニア向けの資格

IoTエンジニアのキャリアパス

IoTエンジニアになる、あるいはその後の姿として描くことができるキャリアを解説します。

データサイエンティスト

IoTエンジニアとしてデータ分析に関わることで、データサイエンティストの道が開かれます。データサイエンティストはビッグデータのようなIoTデバイスから収集した情報を分析して、ビジネスに貢献する職種です。

エンジニアとしての技術的スキルに加えて、データサイエンティストのスキルがあれば、エンジニアとのコミュニケーションも取りやすく、企業・顧客に歓迎されるでしょう。

データサイエンティストの求人・案件一覧

セキュリティコンサルタント

IoTエンジニアとしてセキュリティ領域の知見を深めていくことで、セキュリティコンサルタントの道も開かれます。セキュリティはIoTに限らず、WebサービスやSNS、ECサイトなど、あらゆるところで必要とされる技術のため、IoTの領域を飛び出して、セキュリティに特化したコンサルタントとしてキャリアを歩むことができます。

セキュリティコンサルの求人・案件一覧

IoT技術推進部署への就職

IoTはまだまだ発展途上の分野であり、技術的な領域も多岐にわたります。そのためIoTエンジニアを歓迎する企業は多く、フリーランスからキャリアアップして、より高いレベルの仕事ができる企業への転職も考えられます。大企業はIoTエンジニアを必要としており、高い年収も望めるでしょう。

関連記事 : ITエンジニアのキャリアパス・キャリアプラン

フリーランスのIoTエンジニアとして働くには

フリーランスのIoTエンジニアとして働くのは決して簡単なことではありません。IoT技術は発展途上の分野であり、一般のシステム開発案件に比べても高度な技術・スキルが求められます。しかしながらIoT技術にはさまざまなエンジニアの職務領域が含まれるため、ひとつの分野を極めてからIoTの分野に進出する、あるいは一定のスキルを身に付けて、IoTエンジニアの案件でスキルをさらに磨いていくことが考えられます。

未経験の場合はスクールなどを活用する

未経験の方がいきなりIoTエンジニアになるのはかなり困難です。まずは一般のシステム開発案件を獲得できるように、スクールの活用をおすすめします。

スクールで学んだ知識を生かして、エンジニア案件でスキルを磨いたり、IoT案件未経験者でも応募できる案件にチャレンジしたりすることで、IoTエンジニアへの道が開かれます。

組み込みシステム(ハードウェア・プログラミングなど)知識を身に付ける

IoT技術には、組み込みシステムのようなハードウェア関連のプログラミング技術が含まれます。組み込みシステムのエンジニアでなくとも、その基礎を理解し、エンジニアとコミュニケーションが取れる程度の知識は最低限持っておきたいところです。

IoTエンジニアにはサーバー周りのエンジニアとして、ハードウェアに関わらない業務もありますが、今後IoTエンジニアとしてキャリアを積むのであれば、組み込みシステム周りのスキルを身に付けておいて損はありません。

ネットワーク・データベースの知識を身に付ける

IoTで使われるデバイスは膨大な数に上ることもあり、大規模なネットワークとデータベースが使われることもあります。そのため一般のシステム開発では使わないような規模のネットワーク・データベースを扱えるスキルが必要とされると考えておいたほうが良いでしょう。

特に、クラウドコンピューティングにおけるネットワーク技術(負荷分散や論理設計などのスキル)やデータベース(ビッグデータやNoSQLなど)の知識があると、案件獲得に有利に働くと考えられます。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

IoT案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとIoTの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.