オンラインカウンセリング実施中

必要な知識・スキルとキャリアアップ方法も解説
プログラマの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

プログラマは、Web開発、ソフトウェア開発、ゲーム開発など案件によって作業内容が大きく変わります。使用するプログラム言語も多種多様。進化し続けるプログラミング技術を、常に勉強し続ける必要があります。

プログラマー案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

プログラマの主な職種
プログラマに必要とされる知識とスキル
プログラマのキャリアアップ

 

プログラマの主な職種

プログラマとは、プログラム言語を用いてシステムを設計・開発し、運用管理を行う案件です。プログラマには、以下のような職種が主に挙げられます。

Web開発者

Web系、オープン系のプログラミングを行います。

Web系とはオンライン上で使用するクライアントサーバーアプリケーションや、Webアプリケーションを開発する案件です。一方オープン系はUNIXやWindowsなどのOSを用いシステムを構築する案件です。

ソフトウェア開発者

パッケージアプリケーション系のプログラミングを行います。パッケージアプリケーション系は、表計算ソフトやウィルススキャンソフト等のPCにインストールして使用するソフトを開発する案件です。

組み込みファームウェア開発者

組み込み・制御系、通信系のプログラミングを行います。

組み込み・制御系は、携帯電話や家電製品・デジカメなど、機械の中に組み込むプログラムを開発する案件です。担当する機械によってカスタマイズして組み込みます。一方、通信系はルーターなどのネットワーク機器や、デレビ電話、IP電話など通信に関するプログラムを開発する案件です。

その他ゲーム系や設備制御系、汎用系など、多岐にわたる案件があります。需要の面では、急速に普及が進んでいるスマートフォン向けブラウザアプリやネイティブアプリの開発、組み込み系・制御系の開発案件が目立ちます。またWeb系開発も、安定した需要がある案件です。

関連記事 : 組み込みプログラマーの仕事内容

プログラマー案件を提案してもらう

プログラマに必要とされる知識とスキル

プログラマとして参画するにあたり、必要な資格というものは基本的にありません。

しかし、プログラマに必要とされる知識は、プログラミング言語をはじめ多岐に渡ります。案件によって使用する言語も多種多様。では、主にどのようなスキルや知識を身に着けておくと良いのでしょうか。

知識

・HTML
・CSS
・JavaScript
・PHP・Java・Perlなどのプログラミング言語
・データベース言語SQL

また、アルゴリズムやデータ構造などの知識があると、より質の高い作業を行うことが可能です。アルゴリズムやデータ構造を学ぶことで、より効率的な方法や高速処理が可能になる方法を発見できるようになります。

スキル

プログラマとして参画する上で必要となるのは、問題解決力、独学力、そしてコミュニケーション能力です。

プログラミング等の知識はコーディングの一部であり、作業していく上で大切なのは問題解決をすること。バグが生じるたびにデバッグをしていきます。

その際にいかに素早く問題を発見し、解決できるかが重要です。問題解決力を身につけるには実戦経験あるのみ。小さな案件からコツコツと経験を積みましょう。

またIT業界は、クライアントのニーズもプログラミング技術も急速に変化しています。常に新しい技術を学ぶ姿勢。習得する集中力が必要です。

そして最後にコミュニケーション能力。プログラマに必要なのは、相手の要望を把握し自分に求められている事柄を理解すること。またチーム内でのコミュニケーションも大切です。
 

関連記事 : プログラマに必要なスキル

プログラマのキャリアアップ

自身のプログラミングスキルを最大限まで磨く「プロフェッショナル」を目指す。

プログラマは個人技術の差が激しいのが特徴。技術を磨くということは、それだけクライアントからの信頼を得ることができ、多岐に渡る案件をこなすことができるようになります。

得意分野に特化することで、高度な技術を用いる案件に参画でき、更にやりがいを感じることができるでしょう。しかし一生プログラマでいる技術者は少数派。動きの早い業界のため、技術の進歩についていけなくなることも多いようです。

フレームワークやプログラミング技術など進化し続ける技術に対し、常に勉強し続ける姿勢が必要です。

SEやコンサルタント、プロジェクトマネージャー等の上流工程の技術者を目指す。

システム設計、進捗管理、などのマネジメントを行う上流工程を担当する技術者です。

今まで培ってきたプログラミングの知識やノウハウを活かし、プログラマをマネジメントする作業。具体的には、クライアントの要望を明確にし、仕様を決定。人員や工程を管理する案件です。

SEやコンサルタント、プロジェクトマネージャーに必要なスキルは、プログラミングの専門知識に加えマネジメント能力・コミュニケーション能力が大切となります。

常に対人相手の案件のため、相手の気持ちを汲み取る力が必要。そして業界動向に常にアンテナを張っておくことも重要です。

人脈もビジネスツールのひとつ。人脈を広げるために、交流会や勉強会などに参加してみるのもいいでしょう。

関連記事 : プログラマのスキルアップについて

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

 

■求人・案件をお探しの方へ
プログラマー(PG)の求人・案件
東京エリアでのプログラマー(PG)の求人・案件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっとプログラマー(PG)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.