Swiftエンジニアの仕事について

J.H 40歳 男性

J.H 40歳 男性

Swiftエンジニアの仕事について教えてください。

Swiftは2014年に登場した比較的新しい言語です。高速・安全でに使えるため、スピード感が大切なアプリ開発において重宝されています。

詳しい解説はこちら

1.モダンかつ軽快な動作が魅力のSwift。アプリケーション開発にピッタリの言語です。

Swiftとは、2014にリリースされたApple社によるプログラミング言語です。Macパソコン、またiOSやiPadなどの端末向けアプリケーションを開発することができます。
Swiftの特徴は、「モダン、安全、高速、インタラクティブ」とされています。

Swiftはクロージャ、タプル、ジェネリックプログラミング型などを採用しており、次世代ならではの目新しいスペックが魅力です。また、コーディングのスリム化も注目したいポイントです。それまでAppleはネイティブアプリの開発においてObjective-Cを使用していました。しかし新たに登場したSwiftには型の指定がなく、プログラム文の終わりにセミコロンを使う必要もないため、コンパイルエラーを極力防ぎながらスムーズなプログラミングが可能になります。
またコンパイラにはObjective-Cの2倍以上の速さを誇るLLVMが採用されており、ライブコーディングをはじめ軽快な動作が可能です。さらに開発ではObjective-Cのコードを流用することもできます。
その新しさとスピードの速さ、そして既存の言語の資産を活用できる点が、Swiftの持つ主な利点です。

2.アプリ開発に特化したSwift。どのようなアプリ作成ができるかチェックしてみましょう。

Swiftではさまざまな媒体でアプリケーションを作成することができます。主な媒体と作成されているアプリの内容をご紹介します。

■iOSアプリ

iPhone、iPad、iPodtouch向けのアプリを作成します。実際の求人・案件ではiOSのアプリ作成が多い傾向があります。様々なジャンルのアプリを作れますが、近年は特にSNSやゲーム、ビジネスツールのアプリが主流です。

■Macアプリ

業務効率化ツールをはじめ、システム関係やビジネスに役立つアプリを作ることができます。PCのハードウェア、および周辺機器に関連したアプリを作ることで、プログラミング全般のスキル向上も期待できます。

■watchOSアプリ

ウェアラブルデバイスであるwatchOSでは、フィットネスやヘルスケアのアプリの需要が高めです。またiOSと連動させることもできます。

3.注目度は高いものの技術者が少なく、活躍するチャンスが見込める言語です。

Swiftは2014年リリースと言語の中では比較的新しく、将来性は未知数と言えます。Swiftを使っているエンジニア人口はまだ少ないものの、その分競争率は低いため、Swiftによるアプリ開発の前線で活躍できるチャンスが秘められています。

求人・案件においては、市場規模ではJava等が圧倒的な多さを誇りますが、新しい分野に挑戦するスタンスの企業は積極的にSwift技術者を歓迎しているケースが多く見られます。Google社やFacebook社でもSwiftエンジニアを募集し始めており、Swiftは次世代を担う言語として注目されつつある言語であることが伺えます。

またSwiftは他言語に比べ、学習難易度が比較的容易なことが特徴です。もSwiftの開発ツールであるXcodeが使いこなせるようになれば、Apple製品に対応するアプリを開発できます。iPhoneやMac用のアプリを作りたい方、また業界初心者の方で、効率的に勉強・習得して仕事へ結びつけたい方にとってには、Swiftは可能性をもった言語であるといえるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.