画像処理エンジニアの仕事内容とは

H.O 28歳 男性

H.O 28歳 男性

画像処理エンジニアの仕事内容について教えてください。

画像処理エンジニアとは、デジタル画像技術に関するアプリケーションなどの分析・開発・運用を行う技術者を指します。さまざまな業界で活躍が期待されており、今後も更なる需要が見込まれる職種といえます。

詳しい解説はこちら

1.画像処理エンジニアとは、デジタル画像に関するアプリケーションなどの開発・運用を行う職種です。

画像処理エンジニアとは、デジタル画像技術に関する既存の技術を分析し、システムやアプリケーションのほか、ソフトウェア・ハードウェアなどの開発をするエンジニアを指します。画像処理エンジニアという呼び名から、画像の加工や編集を行うエンジニアと思われがちですが、「表現系」の作業はWebデザイナーやCGクリエイターの領域です。

それに対し画像処理エンジニアは「技術系」の作業を行います。現在、日常生活に「人の顔を認識して分類・撮影する機能」「映像を自動で立体化できる機能」「QRコード読み取り機能」などの技術が普及しています。これらのシステムの開発・運用をしているのが、画像処理エンジニアなのです。既存のデジタル画像技術を分析し新たなシステムを開発する画像処理エンジニアの案件は、画像処理に関する専門的な知識やプログラミング技術、そして応用力などが求められます。

仕事の流れは主に、企画担当からの要望を受けアルゴリズムを開発。その後、実装・商品開発を行うという流れです。具体的には、画像処理プログラムの移植や最適化、画像処理ミドルウェア等の開発、そして新規画像処理アルゴリズムの開発などを行います。

2.画像処理エンジニアの求人・案件は、さまざまな業界から出されています。

画像処理エンジニアは、今後更なる需要が見込まれる職種のひとつです。知名度は日本国内で年々上がってきており、財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)が認定している民間資格も登場しました。

自動車メーカーやカメラメーカー、医療機器メーカーなど、あらゆる業界の求人・案件があります。最近ではデジタルカメラやインターネット接続機能付き携帯電話など、日常生活において映像機器が溢れていることから、活躍の場はますます拡大していくことが予想されます。

3.高度な技術力を求められる傾向にある画像処理エンジニア。資格はスキル証明のためのツールです。

画像処理エンジニアの案件では、既存のデジタル技術を分析し新たなシステムの開発・運営をおこなうため、深い専門知識やスキルを必要とします。具体的には、プログラミング言語や画像アルゴリズムをはじめ、リモートセンシング、ロボットビジョン、交通流計測などです。

画像処理エンジニアのスキルを証明する資格には、「画像処理エンジニア検定」などがあります。CG-ARTS協会が認定する資格である画像処理エンジニア検定は、産業や学術分野の多様な領域において、開発目標やシステム環境、予算、工数などの一定条件のもと、ソフトウェア、関連するハードウェア、システムの開発を行うことができる能力を試されます。転職・就職活動の際や、フリーランスエンジニアとしてクライアントと交渉する際に、自身のスキルをアピールする手段の1つとして受験してみてもよいでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.