個人事業主向けのローンについて

Y.N 37歳 男性

Y.N 37歳 男性

個人事業主向けのローンはありますか?

個人事業主への融資を実施している機関はいくつかあります。ローンの審査についてもあわせて確認していきましょう。

詳しい解説はこちら

1.ローンの代表的な借入先について解説

まずは、事業ローンの借入れについて確認しましょう。

■信用保証協会

銀行などの金融機関から事業資金を調達したい場合は、まずは全国各地の信用保証協会に保証人になってもらいます。信用保証協会が保証をしている融資を「保証付融資」と呼びます。

■日本政策金融公庫

政府が出資する政策金融機関です。資金用途に応じて提示されている条件を満たせば、限度額が高く、返済期間も比較的長い融資を受けられる可能性があります。

2.個人事業主を対象とした融資システム

■日本政策金融公庫

新企業育成貸付を行なっており、新規開業資金や女性・若者・シニア起業家支援資金といった制度もあります。開業する職種で働いた経験年数や事業の目的、社会への貢献度などを加味した審査が行われています。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/index.html

■中小企業制度融資

各都道府県の産業労働局によっては実施されている、個人事業主を支援する制度です。中小企業を対象とした創業融資や経営支援融資などにより、地域産業の活性化を目的としています。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/yuushi/list/

3.信用の蓄積が、スムーズな借り入れのカギ(非事業ローン)

事業の運営だけでなく、住宅や自動車、教育、その他生活費など、人生の様々な場面でまとまったお金が必要になることがあります。個人事業主は、収入が不安定であるというイメージにより、銀行の審査を通過することが難しいと聞いたことがあるかもしれません。

ローンを希望する際、融資担当者に資金用途をきちんとプレゼンできることが重要です。また、相応の返済能力があるということの説明も必要です。その職種の経験年数や功績、将来性などを提示しながら伝えると良いでしょう。

また、初めてローンを借り入れる時は、いくつかの機関から少額ずつ借りるのもひとつの手法です。金額が低いと審査も通りやすくなる傾向にあり、また、それをスムーズに返済できれば各機関からの信頼度も上がるので、次回以降に必要な金額が上がったとしても借り入れができる可能性が上がります。

ちなみに、金融機関が融資の可否を判断する場合、「CIC」という信用情報機関を利用することが多いです。事業に関わらず、クレジットの支払いの滞納履歴などがあると審査に影響することもあるので、注意しながら信用を積み重ねておきましょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.