女性エンジニアについて

N.Y 30歳 女性

N.Y 30歳 女性

女性エンジニアのキャリアについて教えてください

知識やスキルを持っていれば、男女関係なく評価を受けることができます。女性エンジニアは今後増加が見込まれ、案件を選択することで自身が望む形でキャリアを積み上げていくこともできるでしょう。

フリーランスになることで解決できる悩みもあります

詳しい解説はこちら

1.今後増加していく可能性もある女性エンジニア

ITエンジニアは作業時間が長く、妊娠や出産を経験する女性エンジニアにとって不利なケースが多いのではないかというイメージを持つ方もいるかもしれません。
確かに女性エンジニアの人数は、男性と比較すると少ない傾向にあるようです。女性比率についても、ソフトウェア作成や設計者、システムコンサルタント、通信技術者といった職種では未だ全体の1割程度にとどまっています。フリーランスでIT・Web業界の案件をこなしている女性エンジニア比率も、やはり同程度であるとされています。
とはいえ、ITエンジニアとして案件に参画できる能力があるということは、自立して生計を立てていかれるスキルを有しているということでもあります。高いスキルを持っていればその分キャリアの幅が広がるともいえ、女性エンジニアは今後増加していく可能性も考えられます。

2.女性エンジニアのキャリアプランについて

女性エンジニア向けのキャリアプランとしては、マネジメント職への転向や、特定の分野に関する高度な知識を持つ専門家になることなどが挙げられます。
マネジメントではチームやプロジェクト全体を管理し、まとめていく能力を要します。ただし、新たに何らかの技術を習得する必要性は薄く、ブランクがある人にも適しているといえます。女性にとっては選択しやすい道筋ということができるでしょう。
また、1つの分野を極めていくことにより、専門家としてのキャリアを歩むケースもあります。自分ならではの知識やスキルを持っていることで周囲から求められる人物となり、末永くエンジニアとして案件に参画し続ける道が拓けるかもしれません。実力で評価される世界であるからこそ、高い技術力は大きな武器になる可能性があります。
女性エンジニアが長期に渡って活躍していくにあたり、女性ならではのキャリアの方向性を模索する努力は必要なのかもしれません。その際、単価や作業時間など求める条件に見合う案件を選択していくことができれば、女性エンジニアでも自身が望む形でキャリアを積み上げていきやすくなるでしょう。

3.知識とスキルがあれば性別は関係ありません

ITエンジニアの世界では、何より知識とスキルがものを言う傾向があります。そのため、優秀なエンジニアであれば、性別に関係なく高い評価を受けられる可能性が高いです。また、高度なスキルを身につけてさえいれば、妊娠・出産後であっても関係なく案件に参画しやすいという点も女性ならではのメリットといえるのではないでしょうか。在宅で参画できる案件もあるので、子育てをしながらでも工夫次第で十分にエンジニアとしてキャリアを積んでいくことができるでしょう。
もちろん、女性エンジニアがどのようなキャリアを歩むとしても、ITエンジニアとして案件に参画していく上で大切な資質は変わりません。技術は日々急速に発展していくため、常にアンテナを張り、最新の知見を得ておく必要があります。チームでプロジェクトを進行していく上では、コミュニケーション能力も欠かせません。さらに、好きなことに携わる情熱と意欲を持ち続けられるかどうかも、重要な資質の1つといえそうです。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.