キャリアプランを考える
女性プログラマーの働き方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

男性社会と呼ばれるプログラマの業界ですが、女性人口は年々増加傾向にあります。女性プログラマの理想的な働き方や、将来的なキャリアプランをチェックしてみましょう。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

0. 目次

1. 女性人口は1割ほどですが、近年は増加傾向にあります
2. 女性ならではの働き方、そして気になる将来のキャリア
3. 男女平等の評価制度がプログラマ業界の特徴です

1. 女性人口は1割ほどですが、近年は増加傾向にあります

経済産業省のデータによると、女性プログラマの数は全体で見るとおよそ1割。比率としては少ないものの、近年は増加傾向にあります。

女性プログラマの数が増えている理由として、女性の社会進出、「手に職を」の意識が高まっている事、またスマートフォンの普及でアプリが身近なものとなり、開発に興味を持つ女性が増えた事などが挙げられます。若い女性向けのプログラミングスクールや情報交換会なども頻繁に開催されており、女性にとっては以前よりプログラマ業界への敷居が低くなっているのも理由のひとつです。
 

フリーランス専門エージェントに無料相談する

2. 女性ならではの働き方、そして気になる将来のキャリア

■女性プログラマの働き方
女性プログラマには、特有のライフイベントとして、結婚・出産が挙げられます。

育休・産休制度は福利厚生に組み込まれているものの、実際活用しているケースは少なく、「産休イコール退職」ととらえる企業も多いようです。

また妊娠中に周囲の男性社員による気遣いが十分ではなく、不便な思いをした女性プログラマもいるようです。

更に出産して職場復帰した後も、子育てと仕事の両立は大きな課題です。出産後のフォロー体制に関しては、なかなか整っていないのが現状。子どものお迎えがあるので残業ができない、家族との時間をゆっくりとれない、といった悩みを抱えているようです。

業界全体の対策としては、女性が働きやすい環境や制度を整える事が、人材確保や技術向上のポイントと言えるでしょう。

 

■女性プログラマのキャリアプラン
「私は生涯プログラマでやっていく!」という方はおそらく少数でしょう。多くの人はプログラマとしてキャリアを積み、更なるステップアップを図っている事と思います。では、女性プログラマのキャリア展開について代表的な3つの方法をご紹介します。

①プログラマの専門家
今のスキルを突き詰めていく事で、エンジニア職をはじめ、更に専門的な開発や上流工程の開発を手がけるスペシャリストを目指す事ができます。

②マネジメント職
プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといった管理職へクラスチェンジするのも一つの方法です。特に女性はコミュニケーション能力や細やかな視点・気配りを得意とする人が多いので、適性が高い方は活躍できるかもしれません。

③スキルや経験を活かせる業界への転職
これまでのスキルを活かして、他業界への転職に挑戦してみましょう。個人事務所を設立するなどして、経営者として活躍するのも大きな目標となります。

3. 男女平等の評価制度がプログラマ業界の特徴です

プログラマの業界で特徴的なのは、性別に関わらず対等な仕事や評価が与えられる事です。高いスキルがあれば男女関係なく活躍できる業界なので、結果重視の方にとっては魅力的な環境と言えるでしょう。

裏を返せば男性プログラマと同じような成果を求められるシビアな業界でもありますが、それだけやりがいの大きな職種です。またプログラマは他職種に比べて女性が少ないため、人間関係がシンプルである事も大きな特徴です。女性社会にありがちな派閥やしがらみから解放され、やるべき事に打ち込めるのが女性プログラマのモチベーションアップに繋がると言えます。

フリーランス専門エージェントに無料相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2019 Levtech Co., Ltd.