フリーランスエンジニアは儲かる?平均年収や稼ぐ方法、働き方の現実を解説

会社員からフリーランスへの転向を考えている方の中には、「フリーランスエンジニアは本当に儲かる?」と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。結論から言うと、スキルや取り組み方次第で年収1000万円を超えるほど儲かる人もいます。

この記事では、フリーランスエンジニアが儲かるためにやるべきことを紹介します。会社員との平均年収の比較や、フリーランスエンジニアのメリットとデメリットも解説しますので、フリーランスエンジニアへの転向を考えている方はぜひ参考にしてください。

レバテックフリーランスはITエンジニア専門の
フリーランスエージェントです案件を探してみる

目次

ご登録者様限定機能詳しく見る

詳しく見る

【儲かる?】フリーランスの平均年収や会社員との比較

フリーランスの平均年収や手取りを、会社員と比較しながら解説します。会社員より儲かるのか気になる、フリーランスになるかどうか迷っている、という方は平均年収の実情を知るのにお役立てください。

専業フリーランスエンジニアの平均年収は約576万円

Relanceが行った調査によると、専業フリーランスエンジニアの平均年商(≒平均年収)は約576万円とされています。以下は、同調査をもとに専業フリーランスエンジニアの年商をグラフにしたものです。

500万円〜800万円の割合が29.1%と最も高く、次いで300万円〜500万円の割合が28.0%と高くなっています。

また、年商の幅は200万円から1,200万円以上となっています。フリーランスエンジニアの場合、経験や職種、扱える言語などによって年収に差が出やすい傾向にあるのです。

フリーランスエンジニアの平均年収について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスエンジニアの平均年収はいくら?言語・職種・経験年数別に紹介

フリーランスエンジニアと会社員の年収比較

同調査によると、フリーランスエンジニアになって、会社員時代と比べて収入が増えた人は54.5%、変わらない人は36.6%、減った人は8.9%でした。以下は、調査結果をもとにフリーランスエンジニアの会社員時代との収入の比較をグラフにしたものです。

90%以上の方が会社員時代と比較して、同額以上の収入を得ていることがわかります。さらに、半数以上の方がフリーランスエンジニアに転向してから、収入が増えていることも明らかです。

フリーランスエンジニアの収入は、スキルだけでなく、案件の件数や稼働時間によっても変わります。そのため、収入が減ったと回答している方の中には、稼働時間を減らしてプライベートに充てる時間を増やした方もいらっしゃる可能性があります。

【補足】年収だけでなく手取りも意識するのが大切

一般的に、フリーランスの手取りは収入の60~70%で、会社員は75~85%といわれます。そのため、年収が同じであれば、フリーランスより会社員のほうが手取りが多くなります。

以下に会社員とフリーランスの手取りの違いをまとめました。

フリーランスエンジニアの場合、経費を見直すことで所得税や住民税などの税金を減らせる可能性があります。たとえば、在宅の場合は、家賃や電気代の一部を経費として計上することが可能です。
手取りを増やすための節税対策や、手取りの計算方法などについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスの節税対策!損をしないための経費と控除の知識
フリーランスエンジニアの手取り|年収・月収の目安や税金の計算

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

収入を最大化!儲かるフリーランスエンジニアになる方法

「フリーランスは収入が不安定」というイメージもありますが、いくつかの対策を行うことで収入を安定させることも可能です。

ここでは、フリーランスとして稼いでいく方法を紹介します。

高単価案件を獲得できる職種・言語を選ぶ

フリーランスエンジニアとして儲かるためには、高単価案件を獲得できるような職種や言語を選ぶように心がけましょう。フリーランスエンジニアは職種や言語によって単価に差が出ることが多く、上流工程になればなるほど年収が高くなる傾向があります。

仕事は適正な単価で受けるのが鉄則です。単価は取引先の予算にも左右されますが、自分のスキルに見合わない単価で契約を結ばないよう気をつけましょう。

自発的なスキルアップを継続する

フリーランスエンジニアとして儲かるためには、自発的にスキルを磨き続けることが重要です。フリーランスエンジニアは自分で仕事を選べるため、未経験の技術に触れる機会が少なくなりやすい傾向があります。常に業界の最新技術やトレンドにアンテナを張り、自発的にスキルを磨き続け、顧客の期待以上の成果を出すことで収入アップにつなげていきましょう。
特に、ニーズが高い言語は単価が高い傾向があり、収入アップが期待できます。PythonやRuby、Javaなどは特に需要が高いといわれているため、学ぶのにおすすめといえるでしょう。

また、資格に挑戦するのもスキルアップの手段の1つとなるでしょう。資格を取得することで、スキルや知識はもちろん、向上心があることの証明にもなり、案件獲得時の営業にも役立ちます。

スキルアップにつながる資格としては、以下があります。

  • HTML5プロフェッショナル認定試験
  • ORACLE MASTER
  • 情報処理技術者試験

ITエンジニアにおすすめの資格について、詳しく知りたい方は下記の記事も参考にしてみてください。
ITエンジニアも資格を取得しよう!おすすめの資格30選を紹介

自分に合った契約を結ぶ

フリーランスエンジニアとして儲かるためには、自分に合った契約を結ぶようにしましょう。フリーランスエンジニアが結ぶ契約の種類には、「準委任契約」と「請負契約」の2種類があります。一概にどちらの契約が良いとはいえませんが、安定的に収入を得たい場合は準委任契約がおすすめです。

なぜなら、準委任契約は作業に対して報酬が発生するので、確実に稼働時間に見合う報酬を得られるためです。請負契約は成果物に対して報酬が発生するため、相手が要求する基準に満たないと報酬を得られない可能性があります。

参照:「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準」 (37号告示)に関する疑義応答集(第3集)|厚生労働省

顧客との信頼関係を築く

顧客との信頼関係を築けると、取引を継続できる可能性が高まり、収入の安定化につながります。
また、取引を継続して実績を積めば、交渉により単価アップを実現できるかもしれません。

顧客からの信頼を獲得するには、以下の点を意識しましょう。

  • 納期を守る
  • 報告・連絡・相談をこまめにする
  • 顧客が期待する以上の成果物を納品する
  • 積極的に提案を行う

フリーランスエンジニアは、基本的に仕様書に従って仕事を進めます。種類によっては顧客側が作成すべきものもあるため、顧客がITに詳しくない場合は、より良い仕様を積極的に提案することで喜ばれるケースがあります。

人脈を広げる

人脈を広げることで、案件獲得の機会が増え、フリーランスとして儲かることに繋がります。新しい人脈を広げたい場合は、フリーランス向けのセミナーや交流会に参加したり、勉強会の運営サポートをしたりするのがおすすめです。会社員時代の人脈を活かせそうな人は、前の職場の同僚や取引先に連絡をするのも一つの手です。

自己管理を徹底する

フリーランスとして稼ぐためには、体調管理や仕事の進捗管理などの自己管理を徹底するようにしましょう。
自己管理を怠って体調を崩してしまっても、会社員と違って有給はありません。また、仕事の進捗が芳しくなく納期に間に合わない状況でも、同僚や上司といった力を貸してくれるメンバーがいないことがほとんどです。そのため、常日ごろから睡眠や食事などの健康に気を使ったり、自分ができる範囲の案件数にセーブしたりするのが重要です。

フリーランスが休業時に収入が途絶えるのを防ぐ方法として、フリーランス向けの福利厚生に加入するのも一つの手です。賠償責任保険や所得補償保険が含まれていることが多いため、顧客とのトラブルがあった場合や働けなくなった場合でも安心できます。また、宿泊施設やレジャー施設の優待制度もあるため、プライベートを充実させるのにも役立つでしょう。

レバテックフリーランスでも、フリーランスのための福利厚生パッケージ「レバテックケア」を提供しています。レバテックフリーランスの案件に参画すると、以下のようなサービスを受けられます。

  • 人間ドッグやスポーツジム利用をお得にできる福利厚生パッケージ
  • 横のつながりを広げられるイベント
  • 営業や単価・稼働条件交渉などの代行

気になる方は、まずは無料登録をご検討ください。

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

【成功例】フリーランスになって成功した人の体験談

会社員からフリーランスになって成功した人は、時間的拘束が減ったと感じている人が多いようです。形式的な社内行事への参加が不要になったり、契約で決められた参画先の業務だけに専念できたりするのも成功したと感じるポイントでしょう。

また、スキル次第では単価の交渉ができるため、納得した収入を得られやすいという声もあります。

ただし、時間やお金の自由度が高い一方で、初めはスケジュール管理や体調管理に苦労したという方も多いようです。確定申告の手続きも慣れるまでは大変に感じるでしょう。

フリーランスになって成功した人の体験談をさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
「もっと早くフリーランスになれば良かった」エージェントを使うことで安定して案件を獲得できるように
会社員だけが「普通の働き方」ではない。フリーランスという生き方を選んだ理由

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

フリーランスエンジニアの働き方や個人事業主との違い

フリーランスの働き方は、会社員とは全く異なります。そのため、会社員を辞めてフリーランスになるには、儲かるかどうか以前に、自分に合った働き方かどうかを考える必要があります。

ここでは、フリーランスエンジニアの働き方や個人事業主との違いについて解説するので、フリーランスに転向するヒントにしてください。
フリーランスエンジニアについて詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。
フリーランスエンジニアとは?会社員との働き方・収入の違いを解説

フリーランスエンジニアの契約形態と働き方

フリーランスエンジニアが結ぶ契約は主に「準委任契約」と「請負契約」の2つです。

請負契約は、「仕事の完了」を約束する契約で、成果物の納品と引き換えに報酬が発生します。業務の開始時間や終了時間、時間配分は自由ですが、納品日に間に合うよう徹底的なスケジュール管理が必要です。一方で、準委任契約は「仕事の遂行」を約束する契約で、稼働時間や工数に対して報酬が発生するので、基本的に成果物の有無は問われません。

フリーランスエンジニアの働き方には主に常駐型と在宅型があり、常駐型はクライアントのオフィスに常駐して作業を行います。対して、在宅型は自宅やカフェなど自分の好きな場所で作業を行います。

駐在型で準委任契約の場合は、会社員のときと1日のスケジュールが似る傾向があります。会社員のときとあまり1日の働き方を変えたくないと考えている方は、駐在型で準委任契約の案件を選ぶのがよいでしょう。

以下は常駐型・準委任契約の1日のタイムスケジュールの例です。

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスと個人事業主の違いは、開業届を提出したかどうかです。フリーランスになるのに手続きは不要ですが、個人事業主になるには税務署に開業届を提出する必要があります。なぜなら、フリーランスは、あくまで特定の法人に属さずに業務を行う働き方を指すのに対し、個人事業主は税法上の区分を指すためです。

個人事業主とフリーランスの違いについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
フリーランス・自営業・個人事業主の違いは?メリットや定義を解説

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

フリーランスエンジニアのメリットとデメリット

フリーランスエンジニアは実力次第で儲かる働き方ですが、メリットとデメリットの両方があります。たとえ儲けることができても、想像していた働き方とギャップがあると後悔する可能性もあるでしょう。

フリーランスが自分に合った働き方なのかを見極めるには、あらかじめメリットとデメリットを知ることが大切です。本記事では代表的なものにしぼって解説しますので、すべて知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスエンジニアのメリット・デメリットは?リアルな実態を解説

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアの主なメリットは下記です。

  • 働く場所や時間を自由に選べる
  • スキルによっては年収アップが見込める
  • 業務に関係する出費を経費にできる
  • やりたい仕事を選べる
  • 需要が高く将来性に期待できる

フリーランスエンジニアは働き方の自由度が高く、働く場所や時間はもちろん、受注する仕事量も自分自身で決めることができます。収入に関しては、実力や稼働時間によって高収入を得られる可能性があり、会社員と違って月々の収入に上限がありません

また、フリーランスエンジニアは、求人が多く、需要があるため将来性が期待できます。特に、AIやクラウドなどの新技術に精通したエンジニアは需要が高く、多くの企業からニーズが見込めます。

フリーランスエンジニアになるデメリット

フリーランスエンジニアにはさまざまなメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • 福利厚生や社会保障が手薄である
  • 確定申告などの税務手続きに労力がかかる
  • 自分で案件獲得する営業力が必要になる
  • 人との交流が減る
  • ライバルが増加傾向にある

フリーランスは厚生年金や雇用保険に加入できないため、会社員に比べると社会保障が手薄です。それに加え、会社員は会社が年末調整をしてくれますが、フリーランスは自分で確定申告をしなくてはなりません。

フリーランスエンジニアになりたいと考えている方は自分の営業力に不安を抱えている方もいらっしゃるかと思いますが、エージェントなどのサービスを利用すると解消できる可能性が高いです。

また、フリーランスエンジニアはライバルが増加傾向にあり、技術を磨かないと需要がなくなるおそれがあります。新しいスキルを習得したり、専門性を深めたりする努力が必要です。

フリーランスが増加傾向にあることについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
フリーランスは増えすぎ?増加の背景や実態・今後の動向を解説

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

フリーランスエンジニアになる前の準備と注意点

フリーランスエンジニアに転向するには、事前の準備が大切です。あらかじめ活動の方向性を決めておくと、独立後も戸惑うことなく行動できます。

ここでは、独立前に準備しておきたいことや、実際に活動するうえでの注意点をまとめました。独立後につまずかないためにも、ぜひ確認してください。

フリーランスエンジニアになるための事前準備

フリーランスエンジニアになるために事前に準備しておくべきことは、主に以下の4点です。

  • 副業を始める
  • ホームページを開設する
  • 案件の獲得手段を複数用意する
  • 今後のビジネスプランを立てる

独立後に確実に収入を得たい場合、会社員の間に副業としてフリーランスを始めるのがおすすめです。副業であれば、経済的に余裕がある状態で実績を積めるため、独立後に安定した収入を得やすくなります。

また、独立するにあたって自分のホームページを作成しておきましょう。ポートフォリオとして活用できるため、営業時にスキルをアピールするのに役立ちます。

さらに、継続的に案件を獲得するには、クラウドソーシングやエージェントなど複数のサービスを利用するのがおすすめです。

フリーランスエンジニアとして活動する際の注意点

フリーランスとして活動する際は、以下に注意しましょう。

  • 契約形態を確認する
  • 経費の負担について確認する
  • 納期遅延の対応について確認する
  • クライアントの連絡先を確認する

契約を結ぶ際は、成果物の定義や報酬の条件、支払いのタイミングなどの契約形態をクライアントとすり合わせましょう。クライアント先に出向くことがある場合は、交通費が請求できるのかも確認するのが大切です。

納期遅延は、契約解除や損害賠償などのトラブルに発展します。心配がある場合は、損害賠償責任の範囲を限定する「責任制限条項」を契約に加えるなどの対策をとりましょう。

また、支払い前にクライアントと連絡がとれなくなるトラブルを避けるために、契約時点で相手の連絡先を確認しておくのも大切です。

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランスエンジニアが案件を獲得する主な方法は、以下の6つです。

  • エージェントを使う
  • クラウドソーシングを使う
  • ビジネス向けのマッチングアプリを使う
  • 勉強会や交流会で人脈を形成する
  • SNSやブログで情報発信する
  • 企業に直接営業する

最近では、フリーランスに向けた案件紹介サービスを活用する人が増えています。案件数が多くて選べる、案件の獲得までが早い、といったメリットがあり、エージェントを活用することで開発業務に集中しやすくもなる可能性もあります。
レバテックフリーランスは登録者が約45万以上のサービスであり、高単価案件を豊富に取り揃えています。利用は無料のため、まずはお気軽にご相談ください。

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

未経験やスキルなしでも稼げるようになる?

経験やスキルが不足している状態でフリーランスエンジニアになっても、稼ぐのは難しいでしょう。

フリーランスの場合、基本的に即戦力が求められるため、経験やスキルがないと高単価案件を獲得するのは難しいです。未経験やスキルなしでも参画できる案件となると、安価なものがほとんどとなります。フリーランスエンジニアとして稼ぎたい方は、焦らずにスキルと経験を身につけてから、フリーランスとして独立するのがおすすめです。

未経験からフリーランスエンジニアになる方法について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。
未経験からフリーランスエンジニアになる方法!案件例や必要スキルを解説します

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

儲かるフリーランスエンジニアに関するよくある質問

ここでは、儲かるフリーランスエンジニアに関するよくある質問に答えていきます。

Q. フリーランスエンジニアの年収や手取りはいくら?

Relanceが2023年に行った調査によるとフリーランスエンジニアの平均年収は約576万円です。フリーランスの手取りは年収の6~7割とされているため、平均年収576万円の手取りは350〜400万円程度だと考えられます。

Q. 年収が高いフリーランスエンジニアはどの職種?

レバテックフリーランスの実際の案件データをもとに、平均年収の高い職種上位5位を紹介します。

  • 1位:SAPコンサルタント 1,068万円
  • 2位:ITアーキテクト 1,044万円
  • 3位:ITコンサルタント 1,044万円
  • 4位:ブリッジSE 984万円
  • 5位:プロジェクトマネージャー 960万円

マネジメントやコンサルタント、英語力といった高いスキルが求められる職種は、IT業界のなかでも特に人材不足の傾向があります。そのため、案件の単価が高く、平均年収が高くなりやすいです。

Q. フリーランスの方が会社員より儲かりますか?

身につけているスキルや経験、扱える言語によって案件の単価は異なるため、どちらが儲かるかは一概には言えません。クラウドソーシングサービスやフリーランス向けのエージェントで、自分のスキル・経験でできる案件を実際にチェックしてみると良いでしょう。

Q. 稼げるフリーランスエンジニアになる方法は?

稼げるフリーランスエンジニアになるには、プログラミングスキルだけでなく、マネジメント能力や市場知識も必要です。独学や実務を通じてこれらのスキルを経て、上流工程に携われるエンジニアへとキャリアアップしていくことが重要です。

※本記事は2024年4月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスエンジニア向けの
案件を提案してもらう

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

関連案件

フリーランスの案件探しを エージェントがサポート!

簡単60秒

無料サポート登録

  1. STEP1
  2. STEP2
  3. STEP3
  4. STEP4
  5. STEP5
ご希望のサポートをお選びください

ログインはこちら