オンラインカウンセリング実施中

組み込み開発とは|作業工程や必要スキルについても解説

業界によって作業領域は異なりますが、組み込み開発とは産業ロボットやスマートフォンといったさまざまな機器・製品などのソフトウェア部分の開発を指します。以下に詳しく見ていきましょう。

組み込み系案件を提案してもらう

目次

組み込み開発の概要
組み込み開発の作業工程
組み込み開発の必要スキル

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

組み込み開発の概要

組み込み開発とは、電子製品や機械製品を作動させるためのコンピュータシステムを開発することです。

作業内容は小型機器型や通信型、プラント型など、製品の目的に沿って分類されています。
ハードウェアに搭載されるソフトウェア部分を開発していく作業のため、ハードウェアに実装された状態を想定できる知識が必須です。

産業ロボットや乗用車、スマートフォンなど、日常生活の中で使われるさまざまな製品に役立てられているシステムである組み込み開発の技術。それは、デジタル製品が広く普及した現代社会で欠かせない存在だといえるでしょう。

技術の進歩に合わせて常に発展し続けている業界であり、需要の高まりが期待されています。

関連記事 : Web系、業務系、組み込み系の違いとは?

組み込み系案件を提案してもらう

組み込み開発の作業工程

組み込み開発の作業工程は製品によってさまざまですが、こちらでは代表的な流れとして、基本設計から詳細設計を行い、プログラム開発、デバッグ、テストの順で説明します。それぞれの工程の中で、実際にどのようなことが行われているのか確認してみましょう。

基本設計

クライアントが必要とするシステムを実現するために、どういったハードウェアやソフトウェアを用いるべきか洗い出しながら、大まかな構成を考えていきます。

詳細設計

基本設計を元に、実際にどのようなプログラムで開発するかのディテールを詰めていき仕様書に書き起こします。

プログラム開発

設計で作成された仕様書に合わせて実際にプログラミングしていきます。正確さとスピーディーさが要求される工程です。

デバッグ

開発したソフトウェアを基板に組み込んで、欠陥や誤りがないかどうかの確認・修正作業を行います。

テスト

最後に、実際に使われる環境において製品が正常に作動するかのテストを行います。ここまでで問題なく作動するようになれば製品のリリースです。

関連記事 : SE(システムエンジニア)の仕事内容

組み込み開発の必要スキル

組み込み開発の作業を行っていく中では、製品に対する安全性の意識と正確かつスピーディーな技術が必要とされます。機械製品に関しては、小さなバグが大きな事故を招く可能性もあるため、集中力の高さも求められることでしょう。

人の手で開発していく以上、ミスがある可能性はゼロとは言い切れません。大切なことは、各工程の中で起こりうるバグを推測しながら進められるスキルです。

システム利用者からの信頼を守るためにも、組み込み開発の質の高さは大きなポイントとなるでしょう。

ソフトウェアを扱う組み込み開発ですが、ハードウェア側の知識をつけておくことも重要です。開発したソフトウェアがハードウェアでどのように使用され、影響を与えるのかを把握できることで作業精度も上がるかもしれません。

組み込み開発で使用される言語としては、CやC++、Javaなどの言語が比較的多いようです。

しかし、これらはあくまでも代表的なものなので、製品や企業によって需要が異なります。扱える言語に合わせて、参画するプロジェクトを選ぶのもおすすめです。

レバテックフリーランスでは、組み込み開発に関する案件も揃えています。
言語や業界、作業現場の条件などさまざまなニーズに合わせた案件探しも可能。プロのコーディネーターによる個別相談も行なっているので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事 : 組み込みエンジニアとは

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

組み込み系案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと組込・制御エンジニアの案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.