オンラインカウンセリング実施中

プログラマーの平均年収・給料|未経験からの転職でどれくらい稼げる?

厚生労働省が発表した2019年の「賃金構造基本統計調査」をもとに計算すると、プログラマーの平均年収は425万8000円です。システムエンジニアの平均年収は568万9000円なので、両者の平均年収には約143万円の差があります。

プログラマーはIT系職種の中でも、比較的未経験から目指しやすい職種のひとつとされていますが、未経験からプログラマーへ転職した場合、どれくらいの年収を稼げるのでしょうか。本記事では、プログラマーの平均年収・給料について、さまざまな観点から紹介します。

プログラマー案件を提案してもらう

目次

プログラマーの平均年収は低い?
年収1000万円のプログラマーの割合
年収1000万円のプログラマーを目指す方法
ゲームプログラマーの年収は高い?
プログラマーの言語別平均年収
海外のプログラマーの平均年収
SEとプログラマーの年収比較
未経験からプログラマーになる方法
プログラマーの将来性
プログラマーのキャリアパス
転職後の年収は要チェック

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

プログラマーの平均年収は低い?

プログラマーの年収は、スキルや実務経験、あるいは会社員なのかフリーランスなのかといった働き方によっても個人差が生じます。ここでは厚生労働省が発表した2019年の「賃金構造基本統計調査」から平均年収を見てみましょう。

プログラマーの「きまって支給する現金給与総額」の平均は月30万4400円であり、この12ヶ月分である365万2800万円と「年間賞与その他特別給与額」の60万5200円を合計すると、プログラマーの平均年収は425万8000円と計算できます。

参照 : 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

国税庁が発表した2018年分の「民間給与実態統計調査」によると、同年の給与所得者の平均年収は約441万円なので、プログラマーの平均年収は低いと考える方もいるかもしれませんが、民間給与実態統計調査における給与所得者の平均年齢は46.4歳、平均勤続年数は12.2年となっているのに対し、賃金構造基本統計調査におけるプログラマーの平均年齢は33.8歳で、平均勤続年数は7.1年となっています。

参照 : 国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査」

プログラマーは経験を積むとシステムエンジニアやマネージャー職などにキャリアアップしていくことも多いので、年齢・勤続年数も含めて年収の金額を考えると、単純に「プログラマーの平均年収は低い」とは言えません。

また、2019年の賃金構造基本統計調査でプログラマーと近い職種のデータを見てみると、システムエンジニアのきまって支給する現金給与総額は月38万円で、12か月分にすると456万円です。年間賞与その他特別給与額の112万9000円と合計すると、システムエンジニアの平均年収は568万9000円と算出できます。

20代のプログラマーの平均年収

2019年の「賃金構造基本統計調査」から20代の男性プログラマーの年収を見てみると、20~24歳のきまって支給する現金給与額の平均は月24万2500円、12ヶ月分にすると291万円です。年間賞与その他特別給与額の平均は28万3500円なので、これを足すと20~24歳の平均年収は319万3500円になります。

また、25歳~29歳のきまって支給する現金給与額は平均して月27万3400円で、12ヶ月分にすると328万800円です。年間賞与その他特別給与額の平均59万9500円を足すと、25~29歳の平均年収は388万300円になります。

20代の女性プログラマーの年収を見てみると、20~24歳のきまって支給する現金給与額は平均して月23万1000円、12ヶ月分は277万2000円です。年間賞与その他特別給与額の平均20万4900円を足せば、20~24歳の平均年収は297万6900円という計算になります。

25歳~29歳のきまって支給する現金給与額は平均月27万100円で、12ヶ月分は324万1200円です。年間賞与その他特別給与額は平均61万8300円で、これを足して算出すると25歳~29歳の平均年収は385万9500円となります。

20代はプログラマーにとってスキルアップの期間、経験を積む期間と考えることもできますが、年功よりも個々のスキルを重視して評価を行う企業であれば、20代のうちから高収入を狙うことも可能でしょう。

20代のプログラマーの年収・月収・賞与一覧
    平均月収 平均賞与 平均月年収
20歳~24歳(男) 24万2500円 28万3500円 319万3500円
20歳~24歳(女) 23万1000円 20万4900円 297万6900円
25歳~29歳(男) 27万3400円 59万9500円 388万300円
25歳~29歳(女) 27万100円 61万8300円 385万9500円

※賃金構造基本統計調査(2019年)における「企業規模計(10人以上)」の「きまって支給する現金給与額」を平均月収、「年間賞与その他特別給与額」を平均賞与、きまって支給する現金給与額の12ヶ月分と年間賞与その他特別給与額の合計を平均年収として掲載しています。

30代のプログラマーの平均年収

「20代のプログラマーの平均年収」と同様の方法で、2019年の「賃金構造基本統計調査」をもとに30代のプログラマーの平均年収を算出すると、30歳~34歳の男性プログラマーの平均年収は456万8800円、35~39歳の男性プログラマーの平均年収は498万8000円、30歳~34歳の女性プログラマーの平均年収は428万4000円、35~39歳の女性プログラマーの平均年収は427万900円となります。

30代になると、同じプログラマーでもスキルやポジションによってさらに年収の差が開いてくる可能性があります。1社に勤続し続けていれば、年功が評価されて年収がアップしていくかもしれません。管理職としての役割を担うようになれば、役職手当などが月収に加算されて年収が上がるケースもあるでしょう。

30代のプログラマーの年収・月収・賞与一覧
    平均月収 平均賞与 平均月年収
30歳~34歳(男) 31万6300円 77万3200円 456万8800円
30歳~34歳(女) 29万6300円 72万8400円 428万4000円
35歳~39歳(男) 35万3400円 74万7200円 498万8000円
35歳~39歳(女) 30万2900円 63万6100円 427万900円

※「20代のプログラマーの年収・月収・賞与一覧」と同様の方法で算出した金額を掲載しています。

40代のプログラマーの平均年収

20代・30代と同様の方法で、2019年の「賃金構造基本統計調査」から40代の男性プログラマーの年収を計算すると、40歳~44歳の男性プログラマーの平均年収が513万6900円、45~49歳の男性プログラマーの平均年収が567万7100円、40歳~44歳の女性プログラマーの平均年収が373万5600円、45~49歳の女性プログラマーの平均年収が400万700円です。

40代のプログラマーとなると、社内での立場が上がる人も多くなってくるかもしれません。現場での技術的な貢献だけでなく、マネジメント能力などの評価も年収に影響してくる可能性があるでしょう。

40代のプログラマーの年収・月収・賞与一覧
    平均月収 平均賞与 平均月年収
40歳~44歳(男) 36万8000円 72万900円 513万6900円
40歳~44歳(女) 28万5500円 30万9600円 373万5600円
45歳~49歳(男) 39万8000円 90万1100円 567万7100円
45歳~49歳(女) 28万8000円 54万4700円 400万700円

※「20代のプログラマーの年収・月収・賞与一覧」と同様の方法で算出した金額を掲載しています。

未経験から転職したプログラマーの平均年収

2019年の「賃金構造基本統計調査」によると、経験年数0年の男性プログラマーの所定内給与額は平均して月22万4200円なので、ボーナスや時間外勤務手当などを除いた年収は269万400円になります。経験年数0年に該当する人の多くは20代となっているので、新卒のプログラマーも多く含まれていると考えられますが、未経験から転職したプログラマーの平均年収を計算するうえで、ひとつの目安となる金額と言えるでしょう。

また、プログラマーに限ったデータではありませんが、2017年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、IT企業で働くIT人材のうち「新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル」にあたる人の平均年収は437万8000円となっています。

参照 : 経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

プログラマーは、実務経験や扱える言語、スキルなどによって年収が変わりやすい職種と言えます。未経験からプログラマーとして転職した場合、最初から高い年収を稼ぐのは難しいかもしれませんが、着実に実績を積んでいけば、年収アップも期待できるでしょう。

関連記事 : プログラマーの平均年収

プログラマー案件を提案してもらう

年収1000万円のプログラマーの割合

プログラマーに限定した統計ではありませんが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発行した「IT人材白書2017」によると、IT企業で働くIT技術者のうち、年収1000万円を超える人の割合は5.5%です。

参照 : 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「IT人材白書2017」

フリーランスプログラマーの中にも、年収1000万円以上を稼いでいる人は少なからずいます。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が発行する「フリーランス白書2019」によると、プログラマーを含む「IT・エンジニア系」のフリーランスのうち、年収1000万円を超える人の割合は10.6%です。

参照 : 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2019」

ただし、フリーランスは会社員と違い、案件を継続的に受注できないと、安定した収入を得ることは難しくなります。平均年収だけに目を向けず、広い視野を持って自分のキャリアパスを考えていくことも大切です。

関連記事 : フリーランスの種類別・職種別平均年収|年収1000万円を目指す方法も解説

年収1000万円のプログラマーを目指す方法

年収1000万円のプログラマーに目指すには、以下のような方法が考えられます。

  • スキルを磨き実績を積む
  • 給料が高い会社に転職する
  • フリーランスとして独立する

スキルを磨き実績を積む

プログラマーの年収をアップする要素として、より希少価値の高いスキルや実績を身につけることが挙げられます。プログラマーは、基本的にスキルと経験があるほど転職時にも好条件が提示されやすく、年収アップにつながりやすいと言えます。

給料が高い会社に転職する

現職の給与水準が低い場合は、プログラマーとして給料が高い会社に転職する方法もあります。プログラマーは同じスキルを持った人でも、企業によって提示される年収が異なることがあります。ただし、給料の面では待遇がよくなっても、仕事内容が自分の希望と違ったり、残業が多くなったりするとストレスが大きくなってしまう恐れもあるので、給料だけを見て転職をするのは避けたほうがよいでしょう。

フリーランスとして独立する

フリーランスとして独立することも、プログラマーの年収アップにつながる方法のひとつです。プログラマーとしてスキルがあれば、独立してフリーランスとして案件を受けることも可能です。会社員と異なり月給制ではなくなるので、安定した収入を得られるとは限りませんが、単価の高い案件を継続的にこなせれば、年収1000万円以上を狙える可能性もあるでしょう。

関連記事 : 賢く稼いで収入アップ!フリーランスの年収にまつわる記事特集

ゲームプログラマーの年収は高い?

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、ゲームプログラマーを含むゲームクリエイターの平均年収は、754万6000万円です。

同サイトにおけるプログラマーの平均年収は666万9000円とされています。単純比較はできませんが、同サイトのデータ上では、一般的なプログラマーと比較してゲームプログラマーの年収水準は高いという見方も可能です。

参照 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「ゲームクリエーター」
参照 : 厚生労働省職業情報提供サイト(日本版O-NET)「プログラマー」

ゲームプログラマーは、プロデューサーやゲームプランナーのアイディアをもとに、キャラクターの動きやシナリオなどのプログラムを組んでいきます。コンシューマーゲーム、ソーシャルゲームなど、ゲームの種類によっても使用頻度の高い言語は異なるので、未経験からゲームプログラマーを目指す場合は、はじめにどのようなジャンルに携わりたいのかを明確にしておくとよいでしょう。

関連記事 : ゲームプログラマーの年収

プログラマーの言語別平均年収

プログラマーは扱う言語によっても平均年収が異なります。需要が高くても扱えるエンジニアが少ない言語を習得していると、平均年収が高くなる傾向にあります。

近年のトレンドであるAIや機械学習の分野で使われる言語や、スマホアプリ開発に用いられる言語などを扱えると、高単価の案件が見つかりやすいかもしれません。なお、公的機関などが発表している言語ごとの年収データはないため、2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されている案件の平均月額単価から、税金や保険料を差し引く前の年収を計算します。また、各言語ごとの案件の中にはプログラマー以外のエンジニアを対象とした案件も含まれている場合があります。

Javaの平均年収

2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されているJava案件の平均月額単価は70万円です。単純に12ヶ月換算した場合の年収は840万円となります。

Javaの求人・案件募集

Javaを扱えるプログラマーは安定した需要があります。2018年度のレバテックフリーランスにおけるプログラミング言語別案件ランキングでは、Javaがシェア29.2%で1位を獲得しています。

関連記事 : プログラミング言語別 案件ランキング | レバテックフリーランス版

C言語の平均年収

2020年10月時点においてレバテックフリーランスに掲載されているC言語案件の平均月額単価は69万円で、単純に12ヶ月換算した場合の年収は828万円です。

C言語の求人・案件募集

C言語は1972年に開発された言語で、大規模なシステム開発でも使用されます。プログラミング言語の人気度を調査しているTIOBE Indexの2020年10月時点のランキングで、C言語は1位を獲得しており、今後も多くの開発現場で使用されることが見込まれるでしょう。

参照 : TIOBE Index

Rubyの平均年収

2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されているRubyを使用する案件の平均月額単価は80万円です。単純に12ヶ月分に換算した年収は960万円となります。

Rubyの求人・案件募集

Rubyは主にWebアプリケーションの開発などに使われている言語です。日本で開発された言語であり、構文がシンプルで読みやすいのが特徴とされます。そのため、プログラミング初心者でも比較的習得しやすい言語と言われています。

Swiftの平均年収

2020年10月時点で、レバテックフリーランスに掲載されているSwift案件の平均月額単価は81万円です。単純に12ヶ月分に換算した年収は972万円となります。

Swiftの求人・案件募集

Swiftは主にApple製品向けのアプリケーション開発で使用される言語です。2014年に開発された比較的新しい言語であり、PythonやRubyなどの要素が含まれ、コードがシンプルで書きやすいのが特徴とされます。そのため、プログラミング初心者や、RubyやPythonを扱ったことがある人にとって習得しやすい言語のひとつと言えるでしょう。Apple製品は世界的に安定した需要があるため、高単価のスマホアプリ開発案件などを受注できれば年収アップも見込めます。

COBOLの平均年収

2020年10月時点においてレバテックフリーランスに掲載されているCOBOLを使用する案件の平均月額単価は61万円です。単純に12ヶ月換算した場合の年収は732万円となります。

COBOLの求人・案件

COBOLは事務処理を行うために1959年に開発された、長い歴史を持つ言語です。主に汎用系システムの開発に用いられています。Javaなどで開発されたオープン系システムへの移行が進んでいるため、COBOLを扱えるエンジニアは減少していると言われていますが、COBOLを使ったシステムが利用されている以上は、既存システムの修正などでCOBOLを使えるエンジニアの需要があります。

Goの平均年収

2020年10月時点でレバテックフリーランスに掲載されているGoを使用する案件の平均月額単価は81万円になります。単純に12ヶ月換算した年収は972万円です。

Goの求人・案件募集

Goは2009年にGoogleが開発したプログラミング言語で、シンプルな言語であることが特徴です。「Go言語」「Golang」と表記されることもあります。近年登場した将来性が高い言語のひとつとされており、エンジニアとしての希少価値を高められれば、高単価の案件獲得も狙える可能性があるでしょう。

関連記事 : Javaプログラマーの年収

海外のプログラマーの平均年収

日本と海外では、プログラマーの年収に違いがあります。以下の3ヶ国のプログラマーの平均年収について紹介します。

  • アメリカ
  • 中国
  • 韓国

アメリカのプログラマーの平均年収

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発行した「IT人材白書2017」によると、アメリカのコンピュータプログラマ(Computer Programmers)の平均年収は8万4360ドルとなっています。2020年10月時点のレートをもとに、1ドル105円で日本円に換算すると、約886万円です。

一方、厚生労働省が発表した2019年の「賃金構造基本統計調査」によると、日本のプログラマーの平均年収は約426万円となっており、上記のデータ上ではおよそ460万円の差があります。

中国のプログラマーの平均年収

中国のプログラマーに限ったデータではありませんが、経済産業省が2016年に発表した「IT人材に関する各国比較調査結果報告書」から中国のIT人材の年収を見てみると、平均年収は400万円弱となっています。

ただし、同報告書によると、中国のIT人材の平均年収は、国内全産業の平均年収の7倍近くになっており、「この仕事は給与が高い」と思っている人(「よくあてはまる」もしくは「どちらかと言えばあてはまる」と答えた人)の割合は、日本のIT人材が34.8%であったのに対し、中国のIT人材は65.0%に上っています。

参照 : 経済産業省「IT人材に関する各国比較調査結果報告書」

韓国のプログラマーの平均年収

韓国のプログラマーの年収について目安を知るために、経済産業省「IT人材に関する各国比較調査結果報告書」で韓国のIT人材の年収を見てみると、平均年収は500万円前後でした。

同報告書によれば、韓国は日本と同様、IT人材の平均年収と国内全産業の平均年収の差があまりなく、給与・報酬に対する満足度も高くないという結果が出ているほか、「韓国と日本では、(中略)ITに関する仕事の人気は他国ほど高くはない状況にある」と分析されています。

関連記事 : 国境にとらわれない!海外で活躍するフリーランスのブログまとめ

SEとプログラマーの年収比較

厚生労働省が発表した2019年の「賃金構造基本統計調査」をもとに、システムエンジニアとプログラマーの年収を算出すると、システムエンジニアの平均年収は568万9000円、プログラマーの平均年収は425万8000円なので、両者の間には143万円以上の差があることになります。

システムエンジニアは、一般的に要件定義や設計など、プログラマーよりも開発の上流工程にあたる業務を担当するため、プログラマーのキャリアパスのひとつとして挙げられることも多い職種です。そのため、同調査における平均年齢でもプログラマーが33.8歳、システムエンジニアが38.8歳と5歳の開きがあります。平均勤続年数もプログラマーが7.1年、システムエンジニアは12.0年と約5年の差があり、年収のデータに差が生まれている要因と言えるでしょう。

関連記事 : SE(システムエンジニア)の平均年収|男女・年齢別の年収相場

未経験からプログラマーになる方法

未経験からプログラマーになる方法としては、主に以下の2つが挙げられます。

  • 独学で勉強してスキルを上げてから入社
  • 未経験OKの会社に入社

独学でスキルを上げてから入社

未経験からプログラマーになるには、独学でプログラミングスキルを上げてから企業の求人に応募する方法があります。

独学でスキルを上げる手段のひとつは、プログラミングスクールに通うことです。最近ではオンラインスクールも充実しており、対面の授業よりも安価で学習できる場合があります。また、オンラインスクールであれば受講する場所や時間も自由に選びやすいので、仕事と勉強の両立も捗るでしょう。

スクールで一定のプログラミングスキルが身についたら、就職・転職活動を進めていきます。独学で勉強を進めた向上心やプログラマーになりたいという意欲をしっかりアピールできれば、実務経験がなくても採用される可能性がありますが、取得した資格やポートフォリオなど、具体的なスキルを証明するものを提示できるとよいでしょう。クラウドソーシングなどで簡単な案件を受注し、求人に応募する前に少しでも経験を積んでおくという方法もあります。

独学でスキルを上げてから入社する方法のメリットは、先にプログラミングの基本をしっかり学べる点です。プログラミングスクールでは、一からプログラミングの基本を学ぶこともできるので、未経験者でもカリキュラムに沿って一通りのスキルを身につけることができます。

一方デメリットは、費用と時間がかかる点です。全くの未経験からプログラミングを学ぶとなると、それ相応の時間はかかります。本業と両立しながら勉強する場合は、なおさら勉強期間が長くなってしまうでしょう。途中で挫折しないためには、長期的な目標を立ててモチベーションを保つことが大切です。

未経験OKの会社に入社

未経験からプログラマーになるには、未経験者OKの求人を出している会社を探して入社する方法もあります。

未経験者OKの求人で採用された場合は、入社後に会社の研修を受けてプログラミングを学び、その後現場に配属されることになるでしょう。

メリットとしては給料をもらいながら学習できる点があります。独学で勉強する場合は本業と両立しながら学ぶ必要がありますが、この方法ではすでに入社しているので給料をもらいながら勉強をすることができる点がメリットです。

一方、デメリットは研修内容が企業によって異なる点です。未経験で採用したのち研修を手厚く行ってくれる企業もありますが、中には研修期間が短く、すぐに現場に配置される企業もあるようです。研修期間が短い場合は、空いた時間を利用して自分でも勉強をすることが大切です。

関連記事 : 未経験からプログラマーに転職する方法|年収や勉強しておきたいおすすめの言語も紹介

プログラマーの将来性

厚生労働省が発表した2020年8月分の「一般職業紹介状況」によると、開発技術者(パートを含む常用労働者)の有効求人倍率は1.51倍、新規求人倍率は2.57倍です。同月における全職種合計の有効求人倍率は0.95倍、新規求人倍率は1.80倍なので、プログラマーを含む開発技術者は需要が高い職種のひとつと言えるでしょう。

参照 : 厚生労働省「一般職業紹介状況(令和2年8月分)について」

IT技術はさまざまなシーンで活用されており、プログラマーの需要の高さは今後も継続すると考えられます。経済産業省が2019年に発表した「IT人材需給に関する調査」によると、2030年までに国内のIT人材は最大で約79万人が不足すると試算されています。

参照 : 経済産業省「IT人材需給に関する調査」

プログラマーは一定の将来性が見込める職種と言えますが、IT業界は技術の潮流が変わりやすいのも特徴です。ニーズのあるプログラマーでいるためには、スキルの研鑽を怠らない姿勢が重要になるでしょう。

関連記事 : プログラマーの将来性

プログラマーのキャリアパス

プログラマーのキャリアパスにはさまざまな選択肢があります。主なキャリアパスには以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • システムエンジニア
  • ITスペシャリスト
  • フリーランスとして独立

システムエンジニア

プログラマーのキャリアパスとして代表的な職種のひとつがシステムエンジニアです。プログラマーとして経験を積むと、システムエンジニアの仕事領域に近い上流工程の業務を任されるようになる場合もあり、比較的選びやすいキャリアパスと言えるでしょう。

ITスペシャリスト

プログラマーからITスペシャリストになるキャリアパスもあります。経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の定義では、ITスペシャリストは「プラットフォーム」「ネットワーク」「データベース」「アプリケーション共通基盤」「システム管理」「セキュリティ」のいずれかの分野で、ITスキル標準(ITSS)レベル3以上のスキルを有する技術者です。

参照 : 経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「職種の概要と達成度指標(6)IT スペシャリスト」

ITスペシャリストは興味のある分野・追求していきたい分野があれば、プログラマーから目指すことができるキャリアパスです。ITエンジニアは高度なスキルを持っているほど年収も上がりやすい傾向にあるので、年収アップも狙えるでしょう。

フリーランスとして独立

会社員として十分な実績を積んだら、フリーランスとして独立するというキャリアを選ぶことも可能です。プログラマーとしての経験が長く、プログラミングスキルが十分にあれば、フリーランスのプログラマー案件を受注することができるでしょう。フリーランスであれば、働き方がある程度自由になり、スキルがあれば高単価案件を受注できるようになるので、年収アップも見込めます。

関連記事 : プログラマのキャリアパス・キャリアプラン

転職後の年収は要チェック

プログラマーの年収は、入社した会社の方針や扱える言語の種類、スキルレベルなどによって異なります。プログラマーが年収アップを狙って転職を検討している場合は、求人の募集要項などをよく確認して、見込める年収を計算してみることも大切です。プログラマーは未経験から転職できる可能性もありますが、将来を見据えて学習に取り組む姿勢が重要になるでしょう。

関連記事 : プログラマーの仕事はきつい?向いている人と向いていない人の特徴

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

プログラマー案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.