オンラインカウンセリング実施中

エンジニアの勉強会とは|初心者にもおすすめである理由や探し方も紹介

ITエンジニア初心者に限らず、転職などをきっかけに新しい知識を身に付けるには、さまざまな勉強方法があります。中でもエンジニアの勉強会は、新しい知識をいち早く身に付けることができる方法です。しかし、勉強会というものを耳にしたことはあっても実際に参加した人は少ないかもしれません。今回は、ITエンジニアの勉強会とはどのようなものなのか、勉強会に参加するメリットについて解説していきます。

自分に合う案件を提案してもらう

目次

ITエンジニアの勉強会とは
ITエンジニアの勉強会の種類
ITエンジニアの勉強会が初心者にもおすすめの理由
ITエンジニアの勉強会の探し方
ITエンジニアの勉強会選びのポイント
ITエンジニアの勉強会に参加するときの注意点
まとめ

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

ITエンジニアの勉強会とは

ITエンジニアの勉強会とは、IT関連など特定の技術分野について、テーマに沿って希望者が情報交換や学習を行う集まりのことです。テーマには、さまざまなプログラミング言語やフレームワーク、Web関連の技術などが挙げられます。

レベルもさまざまで、これからプログラミングについて学ぶための入門者向けのプログラミングの基礎を学べるものから、第一線で活躍するエンジニア向けの専門的なものもあります。最近はスマホアプリの作成方法や、AI技術に関する勉強会が多いようです。

会場は、企業などの会議室を使用して行う小規模なものから、大きなイベントホールなどで行うケースもあります。また、オンラインの勉強会が増加しているのが最近の特徴です。

勉強会の形式は、講師が説明しながら参加者が実践するハンズオン形式や、参加者が個別に学びたいこと勉強する独学形式、事前に配布されたテーマについて発表する形式などさまざまです。

費用においては数百円程度から数千円と幅があります。中には会費無料のオンライン勉強会もあります。

ITエンジニアの勉強会の目的

ITエンジニアの勉強会が行われる目的は、日進月歩の勢いで変化するIT分野の最新トレンドや最先端の技術情報について知見を得ることにあります。共通の技術課題を持つ参加者同士が集まり交流を深めることや、参加者の学習意欲を向上させることを目的とした勉強会なども実施されています。

共通の技術課題を持つ参加者とはいえ、もちろん初心者も参加できます。むしろエンジニアになったばかりの人にとっては、現場での活用方法や注意点などをいち早く知ることができます。さらに、エンジニア仲間や人脈も作れるといった点もメリットの1つです。

勉強会の雰囲気は研修やセミナー、会議などに比べると堅苦しくないため、初心者でも気軽に参加しやすいでしょう。

自分に合う案件を提案してもらう

ITエンジニアの勉強会の種類

ITエンジニアの参加する勉強会には、さまざまな形式の種類があります。

  • セミナー形式
  • 読書会方式
  • ハンズオン(講義方式)
  • ハッカソン形式
  • 独学形式
  • 交流会形式

以下でそれぞれ解説していきます。

セミナー形式

セミナー形式は、学校の授業のような形式で、説明をする人と話を聞く人が分かれています。話を聞く側であれば初心者でも参加しやすい形式でしょう。また、継続して行う勉強会では「輪講」のように説明する人が毎回変わるような形式もあります。中には、著名なエンジニアによる講演会も開催されています。

読書会方式

読書会形式は、本をテーマにした勉強会で、プログラミングやIT関連の技術書などの本をテーマに参加者全員で読み込むものです。読書の必要性は理解していても、一人で読み続けるのは苦痛だと感じることもあるでしょう。読書会に参加することで、楽しく読書を進めるだけではなく参加者の知見を得ることができます。

ハンズオン(講義方式)

ハンズオンは、ワークショップとも呼ばれ、実際に手を動かしながら行う実践的な勉強会です。プログラミング言語の勉強会などでは実際にプログラミングを行いながら進めます。実際に行われる内容も入門的なものが多く、講師的な立場の人がいるため、不明点や疑問点などはその場で解決できる点がメリットです。

ハッカソン形式

ハッカソンはハック(Hack)+マラソン(Marathon)の造語です。チームや個人で参加し、特定のテーマに対して、その成果を競い合うイベントです。比較的新しい学習スタイルで、参加の敷居は多少高くなります。

独学形式

近年増えているのが独学形式の勉強会です。テーマに沿って集まる点ではハッカソンと同様ですが、各自が作業を黙々と行うことがメインで、ハッカソンより緩いイベントといったイメージです。最近はオンラインによる独学勉強会が多数実施されています。

交流会形式

交流会形式は、勉強をする場というよりは人脈を形成することが目的となります。ITエンジニアは多様な分野に進出していますので、交流会に参加することで新たな知見を得られることもあります。また交流が目的となるため、参加するハードルは低いといえるでしょう。
 

ITエンジニアの勉強会が初心者にもおすすめの理由

ITエンジニアの勉強会への参加は初心者にもおすすめです。おすすめする理由には、下記のようなものがあります。

  • 新しい情報や知識を得られる
  • 同じように勉強している仲間ができる
  • 自分のレベルを知ることが可能

ITエンジニアの勉強会を初心者にもおすすめする理由は、新しい情報や知識を得られることです。独学で学習する際、インターネットや書籍から情報を得ることはできますが、情報が古い可能性があります。勉強会は、今現場で注目されている、あるいは導入されつつある新しい情報や技術の話を先輩エンジニアから聞ける良いチャンスなのです。

また独学では、一人では解決できない不明点が出てきたり、書籍での学習では途中で飽きてしまったりすることもあります。このようなとき、勉強会に参加することで共通の目的意識を持つメンバーと学習することは、非常に心強い助けになるでしょう。

さらに独学では、周囲とのレベル差に気が付くことができません。勉強会で同じような勉強をしている参加者同士で情報交換をすれば、自分のレベルを知ることが可能になります。次へステップアップするには何が必要なのか、明確になるでしょう。

新しい情報や知識を得られる

ITエンジニアの勉強会を初心者にもおすすめする一番の理由は、新しい情報や知識を得られることです。ITエンジニアとして新しい情報を得る場合、インターネットや書籍から情報を得ることが多いと思いますが玉石混交であるため、なかなか一人では正しい情報や知識であるかを判断できません。

勉強会では、現在のトレンドや最先端技術、今後どのような技術が求められているのかなどを現場の声として、参加している先輩エンジニアから聞けるのは大きなメリットです。

著名なエンジニアを招いて行われる勉強会では、まだ日本でほとんど知られていない新しい知識や技術を解説する場合があります。講演の全てを理解することが難しくても一見の価値があるといえるでしょう。勉強会に参加するだけで全てが解決するとは限りませんが、答えにたどり着く一つの道しるべになるはずです。

同じように勉強している仲間ができる

ITエンジニアの勉強会では、新しい情報や知識を得られるだけではなく、同じように勉強している仲間ができるという点もメリットとして挙げられます。

独学でのプログラミングの学習では、どうしても一人では解決できない不明点が出ることがあります。また、独学で書籍を読み進めるだけでは飽きてしまうこともあるでしょう。

参加者には、同じ内容を勉強している人や、その分野ですでに活躍している有名エンジニアが参加している可能性もあります。分からないことは先輩エンジニアに聞くことができますし、自分と同じような勉強をしている仲間がいるというのは非常に心強い助けとなるでしょう。

勉強会には同じ興味を持つエンジニアとの交流だけではなく、他業種の人との交流を持つことを目的とした勉強会もあります。幅広く情報や知識を得るだけではなく、人脈を広げる機会を得られるでしょう。

自分のレベルを知ることが可能

同じように勉強をしている仲間がいるITエンジニアの勉強会では、自分のレベルを知ることができるという点もメリットの一つとして挙げられます。

独学によるプログラミング等の学習では、なかなか周囲とのレベル差について気が付くことができません。書籍などで体系的に学習を進めていてもIT関連の幅広い知識を身に付けることは難しいのが実情です。

勉強会に参加すると、同じように勉強をしている仲間との情報を共有することができます。参加者同士による情報交換を進めていくと、自分自身の理解不足に気付けるでしょう。また、その分野ですでに活躍しているエンジニアと接することで自分のレベルを知ることができるだけではなく、目標を見つけることで次へのステップがしやすくなります。

関連記事 : 学ぶ姿に注目!エンジニア勉強会のレポート記事をピックアップ

ITエンジニアの勉強会の探し方

ITエンジニアの勉強会のもっとも効率的な探し方は、やはりインターネット検索です。

インターネットには、ITエンジニアの勉強会やセミナー、交流会などのイベント情報をまとめて掲載しているサイトやSNS(FacebookやTwitterなど)などがあります。これらを利用すると、自分に合った勉強会をすばやく探せるでしょう。

これらのサイトやSNSでは、テーマや参加費無料、オンラインといった条件で勉強会を探すことが可能です。会員登録が不要なサイトなら、より簡単に利用することができます。

関連記事 : 社内勉強会のメリット

ITエンジニアの勉強会選びのポイント

ITエンジニアの勉強会を選ぶとき、どれでもよいというわけではありません。選ぶポイントには下記のようなものがあります。

  • 勉強会への参加目的を明確にする
  • 勉強会やセミナーの開催目的や信用性を確認

ITエンジニアの勉強会にはさまざまな形式があるため、参加する目的に合わせて自分に合った勉強会を選ぶことが重要です。新しい技術を学びたいのか、現在のスキルを伸ばしていきたいのかによって適した勉強会の形式が異なります。開催目的が自分に合った内容か確認するためにもアジェンダは事前に確認しましょう。

勉強会への参加目的を明確にする

ITエンジニアの勉強会では、さまざまな目的が考えられます。勉強会によって、新しい知識や技術の取得、参会者同士の交流、参加者同士の意見交換など、その目的は異なります。目的によって適した勉強会形式が異なるので、自分の参加目的をまず明確にしましょう。

新しい技術をしっかり習得したいときにはハンズオンがよいでしょう。学校の授業のような形式で実施しますので、話を聞く側であれば初心者でも参加しやすい形式です。講師的な立場の人に質問しながら実際に手を動かして学べるので、より実践的に学習できます。

自分で作りたいものがあるけど、周りからアドバイスがもらえたらうれしいと考えるなら、独学形式の勉強会に参加してみるのがよいでしょう。

いろいろなエンジニアとの出会いを求めるなら、交流や意見交換ができる勉強会が最適です。この勉強会をきっかけに仕事を一緒にするようなことがあるかもしれません。

勉強会やセミナーの開催目的や信用性を確認

ITエンジニアの勉強会を選ぶときのポイントとして、勉強会やセミナーの開催目的や信用性を確認することは事前準備として重要です。

勉強会ではさまざまなテーマを扱いますが、自分の思っていた内容ではないことがあります。事前にアジェンダが確認できるようであれば確認しておくことが望ましいでしょう。

また企業主体の勉強会などでは、開催者が資格取得や商品、サービスなどの営業や認知を最終的な目的などにしているケースがあります。エンジニアが勉強目的で参加するのに適していない場合もあるので確認しましょう。

関連記事 : フリーランスのセミナーとは

ITエンジニアの勉強会に参加するときの注意点

ITエンジニアの勉強会に参加するときには、あらかじめ知っておくとよい注意点があります。注意点には下記のようなものがあります。

  • 高額な参加費や受講料
  • 勧誘や営業活動

一般的には、企業主体で実施している場合は無料で行われるケースが多く、有志で行う勉強会では千円程度の参加費が多くなっています。ただし、勉強会によっては高額な参加費や受講料を請求されることがあるので注意が必要です。

企業主体で行う勉強会では、製品の紹介が目的であるケースもあり、そのような場合は製品の売り込みが行われることもあります。ただし、悪質な場合は勉強会後にしつこい営業を受けたりすることもあるので注意が必要です。有志で行う勉強会に参加した後、参加メンバーから別のコミュニティの勧誘や営業を受けることもあるようです。

高額な参加費や受講料

勉強会に参加するときの注意点として、参加費や受講料などの参加費用が高額すぎないかを確認しましょう。

企業主体で開催している場合は、企業のマーケティングの意味合いもあるので無料で行われていることがあります。

一方有志で行う勉強会の場合は、会場費や運営を行うことを目的として数百円から千円程度のカンパを募るケースがあります。その程度であれば、有料であっても営利目的ではなく必要最小限の費用といえるでしょう。

なお、勉強会によっては複数回実施する前提であったり、学習内容が非常に高度であったりすると、想定した費用より高額な参加費や受講料を請求されることがあります。学習内容と併せて、総額でどのくらいの費用がかかるのか確認しておくことが重要です。

勧誘や営業活動

ITビジネスの勉強会に参加するときのもう一つの注意点として、勧誘や営業活動が目的の場合があることに注意した方がよいでしょう。

先ほど説明したように、企業のマーケティングの意味合いを持って無料で行われている勉強会では、製品の紹介が目的であることもあります。しかし中には自社製品の売り込みを必要以上に行う悪質なケースもあるようです。勉強会後にしつこい営業を受ける、あるいは高額な商材をすすめられるなどの迷惑行為が行われることもありますので、注意しましょう。

また、有志で行う勉強会でも、勉強会に参加したメンバーから別のコミュニティの勧誘や、IT関連とは全く関係のない営業を受けたりすることもまれにあるようです。これらの悪質の勧誘については、毅然と断ることが大事です。

もちろん、参加者が他の参加者へ勧誘や営業活動を行うことも避けるべきです。どうしても紹介したい場合は、主催者に許可を取った上であくまでも紹介程度にとどめましょう。

関連記事 : フリーランスがスキル不足を解消する方法

まとめ

転職でITエンジニアを目指す、あるいはスキルアップのための学習方法はさまざまですが、勉強会に参加するのも一つの方法です。IT分野の最新トレンドや最先端の技術情報について知見を得ることができるためです。共通の技術課題を持つ参加者同士が集まることで、自身のレベルを再確認することもできるでしょう。勉強会は初心者でも参加できるので、まずは無料の勉強会から気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

関連記事 : ITエンジニアのスキルアップ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

かんたん60秒!無料で登録する

フリーランスのご経験はありますか?

プライバシーマーク

© 2014-2021 Levtech Co., Ltd.