あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスのメールアドレスの作り方やローカル部分設定のポイントについて解説
フリーランスのメールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスとして活動する際、連絡ツールとして欠かせないのがメールアドレスです。
そこで当記事では、独自ドメインの重要性やメールアドレスの考え方など、メールに関するノウハウをまとめました。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスのメールアドレス
メールアドレスの作り方
ローカル部分設定のポイント

フリーランスのメールアドレス

フリーランスとしてクライアントと直接やりとりするなら、必然的に自分のメールアドレスが相手の目に入ることになります。

そこで、フリーランスが気をつけておきたいメールアドレスの重要性について今一度確認しておきましょう。

フリーメールは避けた方がいい?

YahooメールやGmailなど、近年は大手起業によって便利なフリーメールが数多く展開されています。しかし、フリーメールをビジネスに使うことはふさわしくないとする意見も一定数存在します。

フリーメールは無料で取得できるためコストがかからないというメリットがありますが、誰でもすぐに作れるため、フリーランスのアピールポイントにするにはいまいち弱いものです。独自のドメインを取得してメールのやりとりをしているフリーランスと比べれば、クライアントからの信頼度には大きな差が生じます。

また、フリーメールは無料ゆえにセキュリティが脆弱になると考える人も。フリーメールの使用者は、情報漏洩を恐れる取引先から安心して作業を委託できる相手とみなされない可能性がある点に要注意です。安定的に案件を受注するためには、独自ドメインを取得するのが無難な選択といえます。

独自ドメインを作るメリット

信頼性の向上以外に、独自ドメインにはどのような利点があるのでしょうか。以下に例を挙げます。

イメージが良くなる

フリーメール使用者と比べ、独自ドメインを保有している人は「フリーランスとしてしっかりとビジネスを行っている」というイメージを持たれやすい傾向にあります。メールアドレスのような細かい部分にも手を抜かない姿勢が、「依頼した作業を確実に遂行してくれそう」な印象につながるのです。

活動の動機づけになる

フリーランス自身のモチベーションを上げるのにも、独自ドメインは役立ちます。固有のメールアドレスを使用する時に、フリーランスとして成功する決意を再確認できるからです。悩んだ末に決めたメールアドレスであれば、覚悟の度合いもより強くなるでしょう。

メールアドレスは自分の看板である

フリーランスが事業を成り立たせるためには、多くの人に自分の名前を売り込むことが大切。その際の連絡口となるメールアドレスは、取引先にとってはあなたの名前のようなものです。配慮を怠ると、思わぬ場面で信用を下げてしまうことにつながります。

フリーメールが必ずしもNGという訳ではありませんが、最低限の使い分けとして、自分のプライベートなメールアドレスとは別に事業用のアドレスを用意しましょう。取引先や事業が増えてくると、プライベートと仕事のメールが混ざってしまい、管理が行き届かなくなってしまいます。

関連記事:Gmailのビジネス利用|フリーランスの場合

自分に合う案件を提案してもらう

メールアドレスの作り方

独自ドメインでメールアドレスを持つことは、メールという連絡ツールにしっかりお金をかけているということです。独自ドメインのメールアドレスを名刺に記載するだけで、クライアントからの信頼度はアップすることでしょう。

独自ドメイン取得から発行まで

独自ドメインの発行方法についてですが、ドメイン取得業者を検索してみると複数の業者がヒットします。好きなサービスを選び、早速ドメインを取得しましょう。

メールアドレスのドメインは、「@」以降に続くメールの住所のようなものです。英字・数字・ハイフン含め63字以内で構成されており、世界中で絶対に重複が存在しないように設定されています。

ドメインにはさまざまな種類があり、どれを使っても自由だというイメージがあります。しかし「co.jp」や「or.jp」は株式会社・有限会社といった登記済みの法人のみが使えるドメインとなっています。一方「.com」「.net」は、個人でも法人でも使えるドメインなので、まずはこういったドメインを取得してみましょう。

ドメインを取得した後は、任意のレンタルサーバーを使ってメールアドレスを発行します。「@」の前の部分に位置するローカル部を設定して、自分だけのメールアドレスを作りましょう。

関連記事 : Gmailの便利機能6選!仕事の効率化に役立てよう

ローカル部分設定のポイント

メールアドレスは「ローカル@ドメイン」で構成されており、ローカル部分とは、「@」の前につける文字列を示します。

細かい制約があるドメインとは対象的に、ローカル部分は基本的に自分の好きな文字列を入れることができます。代表的なものだと個人名、屋号、「info」などがあります。パッと見て自分のメールアドレスであることがすぐにわかるものが望ましいでしょう。

また、見た人にインパクトを与えるためにローマ字で文章を作るケースもあるようです。一例ですが、「onigiri_tabetai@~」などユニークな文字列を作ることで、相手の印象に残るメールアドレスを作ることができます。メールアドレスをきっかけに打ち解け、話が広がることもあるかもしれません。ただし、わかりやすさにも配慮しましょう。長すぎない・間違えにくい文字列にすることで、相手に覚えてもらいやすいメールアドレスになります。

ローカル部分を設定したら、自分専用のメールアドレスの完成です。名刺やSNSに掲載し、多くの人に知ってもらいましょう。

フリーランスにとって、メールアドレスはセルフブランディングの一環です。独自ドメインにしなくてもフリーメールで十分仕事はできますが、より高いステージへ上りたい方、クライアントから高い信用を得たい方は、独自ドメインは欠かせない条件と言えます。

関連記事 : 個人事業主としてスタートを切る方へ!屋号を決めるときの参考になる記事特集

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.