あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

情報処理技術者、Linux技術者認定、オラクルマスター…SEの資格と取得方法を見てみよう
システムエンジニアに必要な資格・スキル|難易度や取得方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

システムエンジニアとして必ず持っておかなければならない資格はありませんが、取得しておくと有利な資格があります。国家資格の「情報処理技術者」や、ベンダー資格の「Linux技術者認定」「オラクルマスター (ORACLE MASTER) 」「シスコ技術者認定」など、システムエンジニアとしてのスキルを測る資格は多くあります。

SE (システムエンジニア)案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

システムエンジニアに役立つ資格
システムエンジニアに役立つ資格の取得方法
資格を取得することのメリット
資格取得への勉強方法
システムエンジニアに必要なスキル
システムエンジニアにとっての資格の有用性
システムエンジニアの年収

システムエンジニアに役立つ資格

システムエンジニア(SE)に不可欠な資格というものはありません。しかし、取得しておけばSEとして転職する際や仕事をする上で有利になる資格がいくつかあります。

まず1つ目が「情報処理技術者」です。この資格はIT業界では知名度が高いため、システムエンジニアとしての自分の知識を証明できます。

また外資系企業の場合、国からお墨付きの国家資格よりも即戦力になれるベンダー資格のほうが効果的です。ベンダー資格には、「Linux技術者認定」「オラクルマスター (ORACLE MASTER) 」「シスコ技術者認定」などがあります。

肝心なのは、会社の要望に応じたシステムエンジニアの資格を所持していることです。年齢や会社内での立場によって、自分自身のスキルアップを図ると良いでしょう。

【国家資格】

まずは国家資格を紹介します。

情報処理技術者

IT企業からの評価が高い資格です。技術の急激な移り変わりや多様化に応じ、広範囲から試験問題を出題しています。システムエンジニアとして幅広い知識を習得しているというアピールの材料にも効果的です。レベルは1~4まであり、レベル4が最高位です。

レベル1:情報技術において、基礎的な知識の有無を判断する試験です。システムエンジニアに限らず、IT関連の職場に身を置くすべてのスタッフが、共通して所持しておくべきレベルです。レベル1の該当資格は「ITパスポート(IP)」です。

レベル2:情報技術のベースである知識と技術を有し、実践的な応用スキルを習得していることを判断する試験です。情報技術だけでなく、最低1つのプログラミング言語に関する実用レベルの知識も必要です。レベル2の該当資格は「基本情報技術者試験」です。システムエンジニアなら必須のレベルといえるでしょう。

レベル3:情報技術者として、実践的な知識や技能を有しており、プロジェクトにおいて戦略を立てられるかどうかを判断する試験です。さらに、生産性と信頼度がともに高いシステムを自ら組み立てられるスキルを備えていることも、認定される上では必要な条件です。レベル3の試験では、より実践的なスキルが要求されますので、取得しておけばシステムエンジニアとして即戦力になれるというアピールができるでしょう。高度なITの働き手としてのキャリアを構築したい方におすすめです。レベル3の該当資格は「応用情報技術者試験」です。

レベル4:経済産業省が認定する情報処理技術者試験の11資格から、よりハイレベルな8つの試験が該当します(「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)」は2016年に廃止され、2017年度から「情報処理安全確保支援士」が新設)。レベル1の試験の合格率が40%~60%に対してレベル4では10%台と激減しており、大変な狭き門だと言えます。8つの試験は以下の通りです。

ITストラテジスト試験(ST)
システムアーキテクト試験(SA)
プロジェクトマネージャ試験(PM)
ネットワークススペシャリスト試験(NW)
データベーススペシャリスト試験(DB)
エンベデットシステムスペシャリスト試験(ES)
ITサービスマネージャ試験(SM)
システム監査技術者試験(AU)

高度なITの働き手として、確かな専門的スキルを有することの証明が可能です。(専門スキルは所持している該当資格によります。)レベル4の試験を総称し、「高度情報処理技術者試験」と呼ばれることもあります。

レベル4が一番難しいとされていますが、レベル3以上の資格を所持していれば、あなたにとって心強いアピールポイントとなることは間違いありません。

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士はセキュリティー分野における唯一の国家資格です。有資格者は情報処理安全確保支援士の名称を使用して、政府機関や企業の情報セキュリティー確保支援業務に携わることができます。

登録制が必要な国家資格であるため、情報処理技術者試験とは独立しています。試験の難易度は情報処理技術者試験制度のスキルレベル4と同程度です。

参照 : IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:情報処理安全確保支援士試験

試験合格後に登録手続きをすると、国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)」の資格保持者となれます。登録日は年に2回、4月1日と10月1日です。

資格の維持には、定期的な講習の受講が義務付けられています。登録日を起点として1年の間に1回6時間のオンライン学習(費用20,000円)と、3年に1回6時間の集合講習(費用80,000円)の受講が必要です。企業によっては、資格取得・更新補助・資格手当などの支援制度があります。

【ベンダー資格】

ベンダー資格とは、企業が自社製品に関する技能を認証するために設けた資格です。ここでは3つのベンダー資格を取り上げました。

オラクルマスター

情報処理のベンダー資格の中では比較的知名度が高い、データベースの認定試験です。オラクルマスターの難易度は4段階あり、ブロンズ⇒シルバー⇒ゴールド⇒プラチナの順で取得する積み上げ方式です。システムエンジニアとしてのスキルが認められるため、大手の企業などでは資格手当てが付き、大幅な収入アップも見込めます。

Linux技術者認定

Linux技術者認定はOSの中で圧倒的なシェアを占める資格で、受験者数は世界最大規模の多さを誇ります。大変人気の高い世界水準のIT資格です。取得すればSEとしてのあなたのキャリアが広げられることは間違いないでしょう。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、ネットワークエンジニアを対象にさまざまなネットワーク関連技術を証明する資格です。IT業界全体から高い評価と信頼を得ています。認定資格には有効期間があり、継続的に更新することが必要です。更新せずに有効期限が切れると資格は無効になります。

関連記事:ITエンジニア向けの資格

SE (システムエンジニア)案件を提案してもらう

システムエンジニアに役立つ資格の取得方法

それでは、上記で紹介した資格の取得方法を見てみましょう。

情報処理技術者資格

情報処理技術者資格には難易度が4段階あり、レベル別に取得可能な資格が異なります。

level1の「ITパスポート」では、総合評価点で60%以上の正答率と分野別評価点が30%以上で合格です。平成23年度は、合格率80%以上と比較的高めなので取得しやすいでしょう。level2の「基本情報技術者試験」では、試験が午前と午後と分かれており、それぞれの正答率が60%以上で合格です。平成23年度の合格率は20%以上とやや厳しめです。level3の「応用情報技術者試験」は、level2と同じ基準です。合格率も20%以上と、やや厳しめです。level4に該当する資格は全部で9つあります。それぞれで合格基準は異なりますので、会社の要望・自分の希望に沿う資格を見つけてみてください。

オラクルマスター

試験は、公認センターにてほぼ毎日実施されています。合格率は非公開になっていますので、詳しい数字をご紹介することは難しいですが、シルバーまでは独学でも合格することは可能と言われています。

オラクルマスターの難易度は4段階あります。ブロンズ⇒シルバー⇒ゴールド⇒プラチナの順番で難しくなります。積み上げ方式の資格なので、いきなり上級の資格を取得することはできません。オラクルの資格を初めて取得する人は、どんなに知識や技術に長けている人でもブロンズからのスタートです。ブロンズの場合、「Bronze SQL基礎I」と「Bronze DBA10g」の2教科に合格する必要があります。受験料は2教科合わせて36,540円かかるので、なかなか高額な試験と言えます。

Linux技術者認定

Linux技術者認定の難易度は3段階に分かれています。level1⇒level2⇒level3の順番で難しくなります。積み上げ方式なので、いきなり上級の試験を受けることはできません。認定試験はほぼ毎日実施されており、日本各地にあるテスト会場で受験が可能です。受験料は、level1・2が15.750円、level3が21,000円から31,500円です。

受験にはLPI-IDというものが必要です。LPI-IDはWEB上で取得できます。LPI-IDを取得後、WEBまたは電話にて受験予約を行います。公式サイトには役立つ情報が満載です。効果的な勉強法や仕事と勉強を上手に両立するコツなど、あなたをサポートしてくれるコンテンツがたくさんあります。ぜひ利用しましょう。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定はエントリー⇒アソシエイト⇒プロフェッショナル⇒エキスパート⇒アーキテクトの5段階のレベルがあります。月~金曜の毎日実施されており、全国のピアソンVUEの公認試験会場で受験することができます。受験料はレベルにより異なりますが、1万円~3万円かかります。

関連記事:エンジニアの資格

資格を取得することのメリット

システムエンジニアに役立つ資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。資格取得のメリットとしては以下が挙げられます。

<資格を取得するメリット>

  • 就活で役立つ
  • スキルアップや転職時に役立つ
  • 資格手当
  • スキルの証明としての安心材料

一つひとつのメリットについて詳しく説明していきましょう。

就活で役立つ

学生のうちに情報処理技術者関連の資格を保有しておくと就活に役立ちます。企業の採用担当者は、システムエンジニアとしての適性を見ています。資格を保有しておくと業務で必要になる知識を有しているとみなされ、選考でも役立つでしょう。

内定先の企業によっては、ITパスポート試験、基本情報技術者試験などの資格を取得しなければならないケースもあります。

転職時に役立つ

資格を保有していると、システムエンジニアとしての転職にも役立つことがあります。難度の高い試験の資格保有者は、高単価の契約に結びつき、会社の売り上げに貢献する可能性が高いためです。

ただし、即戦力が求められるシステムエンジニアの中途採用の場合は、資格よりも実務経験が問われることも多く、資格をアピールすることが採用に直結しないケースもあるのです。

未経験者がシステムエンジニアに転職するときは、基本的に「資格さえ持っていれば転職できる」とは考えず、あくまで「資格取得のために得た知識や、向上心を持って自発的に学ぶ姿勢をアピールできる材料のひとつ」と考えたほうがいいでしょう。

資格手当

企業では資格保有者に資格手当を出す場合があります。たとえば、情報処理推進機構が実施するデータベーススペシャリスト試験、ネットワークスペシャリスト試験などの高度情報処理技術者試験合格者であれば月々数万円の資格手当を出す会社もあり、そうしたケースでは資格を保有するだけで年収アップも可能です。

企業によっては、月収に資格手当を付与する形ではなく、資格取得時に奨励金を支給することもあります。資格の受験料を数回まで補助するケースもあるようです。これから転職する方は、応募する企業ではどのような資格手当制度があるか調べておくといいでしょう。

スキルの証明としての安心材料

資格を保有しているとスキルの証明になります。クライアントがシステム開発を発注したり、就職・転職先の企業が採用したりするとき、応募者の資格保有は安心材料の一つと言えるでしょう。

クライアントや社内からも、資格保有者として責任のある仕事を任される機会が増えるかもしれません。資格手当も大事ですが、スキルアップにつながる仕事を任されると、転職をするときにもアピールできるのがメリットです。

このように資格は自身の強みの証明となり、強みを生かしていくためにも大事です。高度情報技術者試験の資格を取得しておくと、企業内・転職先でも頼られる存在になりやすいでしょう。

関連記事:エンジニアの資格

資格取得への勉強方法

では、資格取得の勉強はどのように進めればよいのでしょうか。勉強方法には、大きく分けて2つあります。

<勉強方法>

  • スクール・通信講座
  • 独学

ここでは、それぞれの勉強方法について詳しく説明していきます。

スクール・通信講座

資格取得の勉強方法としては、スクールや通信講座を利用する方法があります。過去の試験問題の傾向と対策を学ぶことができるので、効率的に勉強することが可能です。

時間の調整ができる場合は、スクールを利用すると計画的に勉強を進められます。システムエンジニアになるための知識やスキルを体系的に習得でき、わからないことはすぐに講師に質問できる点がメリットです。

ただし、企業で働いていると、就業時間後にスクールへ通うのはハードでなかなか続かないこともあります。その場合は、少ない時間を有効に使える通信講座がおすすめです。

どちらの方法も基本的には受講料が必要ですが、うまく活用すると効率的に勉強できます。

独学

スクールに通ったり通信講座を受けたりするまとまった時間がない場合、独学を選択するのも一つの方法です。

独学の場合は、自分の技術レベルに合った教材選びが重要です。たとえば、基本情報技術者試験の合格レベルに達していないのに高度情報技術者試験の本を読んでも内容が理解できず、途中で挫折してしまいます。着実に段階を踏んで勉強することが大事です。

Webサイトや動画サイトなどでもシステムエンジニアの資格取得関連の勉強は可能です。また、スマホアプリの中には、情報技術者試験の過去問アプリなどもあります。心がけ次第で、独学でも資格取得は可能といえるでしょう。

関連記事:ITエンジニア向けの資格

システムエンジニアに必要なスキル

「コミュニケーション能力」「問題対処能力」「自己管理能力」

テクニカルスキルやプログラミングスキル以外にも、システムエンジニアには必要なスキルが3つあります。

まず1つ目に「コミュニケーション能力」です。システムエンジニアはチームで働くことが多いため、チームメンバーとの情報伝達や意思疎通が重要です。顧客が何を望むのかしっかり把握し、顧客と自分との間に齟齬がないようにしなくてはいけません。

2つ目は「問題対処能力」です。システムエンジニアの役目は、顧客の問題をITの力で解決することです。何が問題なのかを適切に捉え、どうすれば解決できるか結論を出すことが重要です。

3つ目に重要なのが、「自己管理能力」です。プロジェクトに対する目的意識をしっかり持ち、モチベーションを保つことが必要です。期限内に効率よくプロジェクトを終わらせるためにも、時間管理も重要なポイントです。また、どんな職種にも共通して言えることですが、仕事の資本は「体」です。体調管理も怠らないようにしましょう。

関連記事:システムエンジニアのスキルについて

システムエンジニアにとっての資格の有用性

ここまでにご紹介した資格を取ることで「実際にどのぐらい役立つのか」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?しかし実際はケースバイケースで、資格だけでなくご自身のスキルや経験などと併せた総合力が求められます。

レバテックフリーランスでは「自分のスキルで案件があるのかな?」といったご相談や「システムエンジニア(SE)の単価相場っていくらぐらいなの?」といった声にもお答えします。ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事:資格を持つことで、参画に有利になるか?

システムエンジニアの年収

システムエンジニアの年収はどのくらいなのでしょうか。

2019年におこなわれた厚生労働省の統計データでは、システムエンジニアの控除前の月給(きまって支給する現金給与額)は、平均は38万円でした。年換算すると456万円となり、賞与平均60万円を含めた場合の年収516万円です。

なお、システムエンジニアも年齢や経験年数が上がるにつれて昇給していく傾向にありますが、意外にも40~44歳で経験年数が0年でも控除前の月給が40万円となっています。システムエンジニアが不足していた企業であるため実務経験が1年未満でもこのような月給で採用された、プログラマーからシステムエンジニアへキャリアアップした、などの理由が考えられるでしょう。

参照 : 令和元年賃金構造基本統計調査

SE (システムエンジニア)の求人・案件一覧
SE (システムエンジニア)の正社員求人一覧

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

SE (システムエンジニア)案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっとSE (システムエンジニア)の案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.