あなたのスキルはダイレクトに収入につながる

ITフリーエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

無料登録はこちら

フリーランスエンジニアに必要なスキルセットについても解説
フリーランスがスキル不足を解消する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスエンジニアとして活動する際は、プログラミングの知識・スキルのほかコミュニケーションスキルや自己管理能力が必要です。スキル不足を感じている場合、対処法として以下の3つが挙げられます。
 

  • 書籍や学習サイトで独学する
  • セミナーや勉強会に参加する
  • スクールを活用する

当記事では、上記の3つの方法についてメリットや注意点をご紹介するので、スキル不足を解消したい方はぜひ参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスになるメリット・デメリット
フリーランスエンジニアに必要なスキルセット
フリーランスエンジニアがスキル不足を解消する方法

フリーランスになるメリット・デメリット

会社員と比べたフリーランスのメリット・デメリットをそれぞれ3つご紹介します。

フリーランスになるメリット1:案件を選べる

会社員は必ずしも希望の仕事に携われるとは限りませんが、フリーランスはスキルや目的に応じて案件を選べます。目的に沿って業務を選べればやりがいを感じやすく、効率的に目的達成を図れるでしょう。

フリーランスになるメリット2:働き方の自由度が高い

会社員は基本的に勤務時間・場所が決まっていますが、在宅で作業を進めるフリーランス(在宅型フリーランス)の場合、作業時間・場所に融通が利くと考えられます。これまで満員電車や長時間の通勤にストレスを感じていた方にとって、会社に行く必要がなくなることは大きなメリットとなるでしょう。

フリーランスになるメリット3:スキル・実績次第で収入アップを図れる

会社員の場合、短期間で大幅に給料が上がることは少ないと考えられるでしょう。一方、フリーランスは受注した案件数や単価によって収入が増減するため、スキル・実績があり効率的に作業を進められる方は、会社員時代に比べて年収アップを図れる可能性があります。

フリーランスになるデメリット1:孤独を感じやすい

在宅型フリーランスとして一人で作業を進める場合、業務について相談できる人がいないと、不安な気持ちになったりやる気をなくしたりする可能性があるでしょう。

なお、企業に常駐して作業を行うフリーランス(常駐型フリーランス)であれば、チームメンバーと情報共有や意見交換をしながらプロジェクトに参画でき、業務へのモチベーションを維持しやすいと考えられます。

フリーランスになるデメリット2:自身で営業しなければならない

フリーランスが案件を受注するには、会社員時代の同僚に声をかける、クラウドソーシングを活用するなどして営業活動を行う必要があります。

「安定的に案件を受注できるか心配」「自分のスキル・経験をうまくアピールできるか不安」という方は、フリーランス向けエージェントを活用するのも1つの方法。エージェントに登録すると、案件の提案や営業・契約更新業務の代行、キャリア相談といったサポートを無料で受けられます。

フリーランスになるデメリット3:主体的にスキルアップを図る必要がある

「会社員時代は研修制度を活用していた」という人も、フリーランスになると基本的には自分でスキルアップの機会を設ける必要があります。より条件に合う案件に参画するために、実務に携わる中でスキルを磨くとともに、最新の知識・技術を身につける時間を確保しましょう。

関連記事:フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアに必要なスキルセット

フリーランスエンジニアとして活動する場合、プログラミングの知識・スキルやコミュニケーションスキル、自己管理能力が必要です。

プログラミング言語の知識・スキル

フリーランスが案件を受注する際は、クライアントにスキル・実績をアピールする必要があります。クライアントのニーズに沿った知識・スキルを伝え、即戦力となることを示しましょう。

求められるプログラミングの知識・スキルは企業や開発内容によって異なりますが、フロントエンドエンジニアならJavaScript、サーバーエンジニアはPHPやC言語などが例として挙げられます。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアとして活動する際は、業務内容や納期についてクライアントに質問したり、要望を踏まえて提案したりすることがあります。コミュニケーションを円滑に進めるには、結論から話す、要点をまとめて簡潔に伝える、傾聴するといった姿勢が大切になるでしょう。

自己管理能力

在宅型フリーランスの場合、プライベートと業務の区別に注意して作業を進める必要があります。作業場所・時間に融通が利く分、規則正しい生活を心がけて体調管理に努める必要があるでしょう。

そのほか、納期を厳守するために案件の優先順位を明確にし、スケジュール管理に注意して業務を進めることも大切です。

関連記事:フリーランス(個人事業主)必要なスキル

フリーランスエンジニアがスキル不足を解消する方法

フリーランスエンジニアのスキル不足を解消する方法の例として、書籍・学習サイトによる独学やセミナー・勉強会への参加、スクールの活用が挙げられます。

書籍や学習サイトで独学する

自分のペースでスキル向上を図りたい、なるべく費用を抑えたいという方は、書籍や学習サイトを活用する方法があります。効率的に独学を進めるには、自身で目標や達成期限を設定し、計画的に勉強を進めることが大切です。

セミナーや勉強会に参加する

フリーランスエンジニア向けのセミナー・勉強会では、知識・スキルの習得を図れるほか、案件の受注方法やモチベーション管理などについて参加者同士で情報交換できると考えられます。セミナー・勉強会の情報はインターネットで探せるので、学習内容や対象者、参加費、講師の経歴などを事前に確認して自分に合うものに参加しましょう。

スクールを活用する

独学に不安がある方は、スクールでスキル向上を図るのも1つの方法です。スクールによっては、通学型のほかオンライン型の講義を用意するところがあります。

スクールは独学に比べると費用がかかりますが、疑問点を講師に質問できる、通学型なら勉強仲間ができるといったことからモチベーションを維持しやすいのがメリットです。利用前にスクールの料金や授業形態、所在地などを確認し、目的を実現できるか考えたうえで受講を決めましょう。

関連記事:ITエンジニアのスキルアップ

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.