スキル不足でフリーランスエンジニアになったら?失敗例や必要なスキル

本記事では、「スキル不足でフリーランスになったらどうなる?」と気になっているエンジニアの方に向け、失敗例や必要なスキル、事前に知っておきたい準備などを解説しています。フリーランスとしての活動を円滑に進めたい方は、ぜひ本記事の内容をチェックしておきましょう。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

スキル不足でフリーランスエンジニアになったときの失敗例

スキル不足のままフリーランスになると、活動がスムーズに進まず、後悔する恐れがあるので注意です。前提として、多くのクライアントは即戦力のフリーランスエンジニアを求めています。そのため、仮にスキル不足により業務を遂行できないとなると、クライアントからの信頼を失ってしまい、その後の案件獲得が困難になる可能性があるでしょう。

ほかにも、スキル不足でフリーランスエンジニアになったら、以下のような失敗をしてしまう恐れがあります。

  • 参画できる案件が少ない
  • 低単価の案件が多い
  • スキルアップしづらい

それぞれの失敗例について詳しく見ていきましょう。

参画できる案件が少ない

スキル不足の失敗例としてまず挙げられるのは、参画できる案件が限られることでしょう。

フリーランスの仕事では、自分1人で対応する業務範囲が広くなります。そのため、求められるスキルの幅も広いのが特徴です。スキル不足のままフリーランスエンジニアになると、自分で考えていたよりも参画できる案件が少なく、想像していた働き方とのギャップに戸惑う可能性があります

低単価の案件が多くなり収入が下がる

スキルが問われない案件は、単価も低くなりがちです。まれに低スキルで参画できる高単価案件もありますが、高単価案件は高スキル保有者との争奪戦となるため、スキル不足だと獲得するのが難しいでしょう

低単価案件だけしか受注できないとなると、収入も低くなると予想されます。会社員時代よりも収入が下がったり、生活が苦しくなったりすることもあるでしょう。

スキルアップしづらい

スキル不足のままフリーランスになると、その後もスキルアップしづらくなってしまうという恐れがあります。

先述のとおり、スキル不足でフリーランスになった場合、低単価案件を多く扱うことになります。生活するために数多くの案件をこなす必要が出てしまい、スキルアップの時間をなかなかとれない可能性があるでしょう。

また、仕事をとおしてスキルアップする方法もありますが、スキル不足だとレベルの高い案件には参画しづらく、やはり成長しづらいといえます。

フリーランスになった際の失敗例や成功のポイントについては、「フリーランスで失敗を避けるために気をつけるべきこと」の記事もあわせてご確認ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアとして活動する場合、以下のスキルが必要です。

  • プログラミングの知識・スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 自己管理能力

それぞれのスキルについて、どのような場面で必要になるか説明していきます。

プログラミング言語の知識・スキル

フリーランスエンジニアが案件を受注する際は、スキル・実績を自分からクライアントにアピールする必要があります。クライアントのニーズに沿った知識・スキルを伝え、即戦力となることを示しましょう

求められるプログラミングの知識・スキルは企業や開発内容によって異なりますが、フロントエンドエンジニアならJavaScript、サーバーサイドエンジニアはPHPやC言語などが身につけるべきスキルの例として挙げられます。

スキル不足の段階では、地道な作業を行う案件しか受注できない可能性もあるため、コツコツ努力しながら貪欲に学ぶ姿勢も求められるといえるでしょう。

コミュニケーションスキル

フリーランスエンジニアとして活動する際は、業務内容や納期について、クライアントに自分から質問したり、要望を踏まえて提案したりすることがあります。コミュニケーションを円滑に進めるには、以下の心掛けが大切になるでしょう。

  • 結論から話す
  • 要点をまとめて簡潔に伝える
  • 傾聴する

クライアントとコミュニケーションをとる際は、傾聴を心掛けることで、ニーズに沿った提案をしやすくなります。

自己管理能力

在宅で作業を進めるフリーランス(在宅型フリーランス)の場合、プライベートと業務の区別に注意して作業を進める必要があります。作業場所・時間に融通が利く分、規則正しい生活を心がけて体調管理に努める必要があるでしょう

そのほか、フリーランスは確定申告をはじめとする本業以外の作業も行います。納期を厳守するために案件や事務作業の優先順位を明確にし、スケジュール管理に注意して業務を進めることも大切です。

フリーランスエンジニアに必要なスキルについては、「フリーランスエンジニアに必要な技術力とは?スキルアップ方法も解説」の記事もあわせてご確認ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスを目指すエンジニアがスキル不足を解消する方法

スキル不足でフリーランスエンジニアになると、案件を受注できず収入が減ったり、高レベルの案件に参画できずスキルアップを図りづらくなったりする可能性があります。スキル不足を実感している場合は、以下の方法で対策をとりましょう。

  • 書籍や学習サイトで独学する
  • セミナーや勉強会に参加する
  • スクールを活用する

それぞれの方法について、実践するうえでのポイントをご紹介します。

書籍や学習サイトで独学する

自分のペースでスキルアップを図りたい、なるべく費用を抑えたいという方は、書籍や学習サイトを活用する方法があります。効率的に独学を進めてスキル不足を解消するには、自身で目標や達成期限を設定し、計画的に勉強を進めることが大切です

セミナーや勉強会に参加する

エンジニア向けのセミナー・勉強会では、知識・スキルの習得を図れるほか、案件の受注方法やモチベーション管理などについて参加者同士で情報交換できると考えられます。セミナー・勉強会の情報はインターネットで探せるので、学習内容や対象者、参加費、講師の経歴などを事前に確認して自分に合うものに参加しましょう。

スクールを活用する

独学に不安がある方は、スクールでスキルアップを図るのも1つの方法です。スクールによっては、通学型のほかオンライン型の講義を受講できるところもあります。

スクールは独学に比べると費用がかかる一方で、疑問点を講師に質問できる、通学型なら勉強仲間ができるといったことからモチベーションを維持しやすいのがメリットです。受講するかどうかは、利用前にスクールの料金や授業形態、所在地などを確認し、目的を実現できるか考えたうえで決定すると良いでしょう。

フリーランスを目指すエンジニアがスキル不足を解消する方法については、「フリーランスに必要なスキル|エンジニアのスキルアップ方法やおすすめの資格」の記事もぜひ参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

エンジニアがフリーランスになるメリット

これまでスキル不足でフリーランスエンジニアになった際の失敗例やその解消法についてお伝えしてきましたが、そもそもフリーランスの働き方にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、エンジニアがフリーランスになるメリットを会社員の働き方と比較して紹介します。メリットの例としては、以下のとおりです。

  • 案件を選べる
  • 働き方の自由度が高い
  • スキルや実績次第で収入アップを図れる

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

案件を選べる

会社員のエンジニアの場合、必ずしも希望の仕事に携われるとは限りませんが、フリーランスエンジニアであれば、スキルや目的に応じて案件を選べます。目的に沿って業務を選べればやりがいを感じやすく、効率的にキャリアプランの実現を図れるでしょう

働き方の自由度が高い

会社員のエンジニアの場合、基本的に勤務時間・場所が決まっていますが、在宅型フリーランスエンジニアの場合、作業時間・場所に融通が利くと考えられます。満員電車や長時間の通勤にストレスを感じていた方にとって、会社に行く必要がなくなることは大きなメリットとなるでしょう。

スキル・実績次第で収入アップを図れる

会社員のエンジニアの場合、短期間で大幅に給料が上がることは少ないと考えられるでしょう。一方、フリーランスエンジニアは受注した案件数や単価によって収入が増減するため、スキル・実績があり効率的に作業を進められる方は、会社員時代に比べて年収アップを図れる可能性があります

フリーランスのメリットについては、「フリーランスエンジニアとはどんな働き方?会社員との違いやメリット・デメリットを解説」の記事も参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

エンジニアがフリーランスになるデメリット

フリーランスエンジニアの働き方にはメリットがある一方、以下のようなデメリットもあります。

  • 孤独を感じやすい
  • 主体的にスキルアップを図る必要がある
  • 自分で営業しなければならない

フリーランスになったあとに「やっぱり会社員の方が向いていた…」と後悔しないよう、事前にデメリットも把握しておくことが大切です。

孤独を感じやすい

在宅型フリーランスエンジニアとして自分1人で作業を進める場合、業務について相談できる人がいないと、不安な気持ちになったりやる気をなくしたりする可能性があるでしょう

なお、企業に常駐して作業を行うフリーランス(常駐型フリーランス)であれば、チームメンバーと情報共有や意見交換をしながらプロジェクトに参画でき、業務へのモチベーションを維持しやすいと考えられます。

主体的にスキルアップを図る必要がある

「会社員時代は研修制度を活用していた」という人も、フリーランスエンジニアになると基本的には自分でスキルアップの機会を設ける必要があります。より高単価の案件に参画するためには、実務に携わる中でスキルを磨くとともに、最新の知識・技術を身につける時間を確保すると良いでしょう。

自分で営業しなければならない

会社員のエンジニアの場合、会社から仕事が与えられますが、フリーランスエンジニアが案件を受注するには、会社員時代の同僚に声をかけたり、クラウドソーシングを活用したりして、自分で営業活動を行う必要があります。

そのほか、SNSを活用して営業活動をするのも一つの手です。自身のスキル・実績や活動状況を定期的に投稿することで、クライアントから案件を依頼される場合があります。

なお、SNSは不特定多数の人が閲覧することを念頭に置いてください。言葉遣いに気をつけて投稿し、仕事の愚痴を書かないよう注意しましょう。

フリーランスについては、「フリーランスについてわかりやすく解説!フリーランス1年目のやることリストも公開」の記事も参考にしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスエンジニアになる前に必要な準備

フリーランスエンジニアとしての活動をスムーズに進めるためには、スキルを身につけるだけでは不十分といえます。具体的には、以下のような準備が必要です。

  • 実務経験を積んでおく
  • スキルシートを用意する
  • 案件の受注方法を決める

それぞれの準備について、どのような行動をとるべきか詳しく見ていきましょう。

実務経験を積む

エンジニア未経験の方や実務経験が浅い方の場合、フリーランスとして活動するのは難しいでしょう。フリーランスは基本的に即戦力となることを求められ、案件を受注する際にスキル・実績をアピールする必要があるからです。

会社員として働いている方は、エンジニアとしての実績を増やすために、副業するのも一つの方法です。副業をとおしてスキルアップできるほか、人脈を広げられるというメリットもあります。副業を始める際、まずは本業の会社の就業規則で副業が可能かをチェックしましょう。

スキルシートを用意する

スキルシートは、自身のスキルや携わったプロジェクトなどを記載する書類です。フリーランスエンジニアとして活動する際、事前にスキルシートを用意しておくと、受注したい案件があった際にすぐにクライアントに提示できます。

スキルシートに決まったフォーマットはありませんが、以下の項目をA4サイズの用紙1~2枚にまとめるのが一般的です。

  • 職務経歴の要約
  • クライアントの案件で活かせるスキルや経験
  • 使用可能なプログラミング言語
  • 携わったプロジェクトの概要(内容や期間、役割など)
  • 自己PR

スキルシートの作成方法については、「スキルシートの書き方」の記事で詳しく解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

案件の受注方法を決める

フリーランスエンジニアとして活動する際は、自身で案件を受注する必要があります。独立してから「仕事がない…」と困ることがないよう、事前に受注方法を決めておきましょう。

案件の受注方法として、主に以下の3つが挙げられます。

  • 人脈経由
  • クラウドソーシング
  • エージェント

それぞれについて解説していきます。

人脈経由

友人や会社員時代の同僚などから案件を受注する方法があります。人脈を活用する場合、一から信頼関係を築く必要がないほか、業務に関する相談を気軽にできるのがメリットです

クライアントと親しい関係であっても、仕事内容や報酬などの確認は口頭で済ませず、書面でやりとりして受注後のトラブルを防ぎましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネット上で案件の受発注を行えるサービスです。フリーランスは案件の業務内容や報酬、必要なスキルなどをWebサイト上で確認し、申し込みをしたうえで参画します。

クラウドソーシングで案件を受注する場合、基本的には場所にとらわれず作業できるのがメリットです。一方で、クライアントとのやりとりをインターネット上で行うことから、仕事内容について認識の齟齬が生じる可能性もあります。

「思っていた仕事と違う」と後悔しないよう、案件について分からないことがあるときは、受注前にしっかりと確認しておきましょう。

エージェント

「安定的に案件を受注できるか心配」「自分のスキル・経験をうまくアピールできるか不安」という方は、フリーランス向けエージェントを活用するのも1つの方法です。エージェントのサポートを得ることで、フリーランスの活動をスムーズに進められる可能性があります。

ITエンジニア案件に特化しているレバテックフリーランスの場合、以下のサポートを無料で受けることが可能です。

  • キャリアカウンセリング
  • スキルや経験に合う案件の提案
  • 営業活動や単価交渉、契約更新業務の代行
  • 参画中のフォロー

案件ごとの具体的な業務内容や現場の状況を参画前に把握でき、ミスマッチを防げるのもフリーランス向けエージェントを活用するメリットの一つです。

※本記事は2022年8月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。