オンラインカウンセリング実施中

仕事の探し方・不安の解消法についても解説
自営業者の「仕事がない」状況への不安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

自営業者の悩みの一つに、仕事がない状況に陥るかもしれないという不安があります。それ以外に、収入が不安定になりやすい、社会的信用の低下といった悩みを持つ人もいます。

本記事では自営業者の悩みの種となる事柄を紹介するほか、仕事の探し方や不安の解消の仕方についても言及します。「自営業やフリーランスになりたい(興味がある)けれど、生活していけるかどうかわからない」と不安に感じている方は、ぜひご覧ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

自営業やフリーランスが抱えがちな不安
自営業の仕事の探し方
不安を解消する方法

自営業やフリーランスが抱えがちな不安

自営業やフリーランスが抱えるつらさ・不安には、次のような事柄があります。

仕事がない

自営業者にとって、仕事がなくなることは収入途絶につながります。人によっては収入が途切れることで生活が成り立たなくなる場合もあるので、可能な限り仕事がある状態を維持し続けたいものです。

仕事がなくなる理由としては、営業活動およびスキルの不足が挙げられます。また、仕事の取り組み方への真摯さに欠ける、納期が守れないなど、マナー面でクライアントに不快な思いをさせてしまったことが原因になる場合もあるでしょう。

自営業やフリーランスは、提供する商品やサービスの魅力、技術力の高さで勝負する働き方です。安定して仕事をし続けるべく、基本的なビジネスマナーを守った上で、顧客へのアピールやスキルの向上に力を入れることが大切と考えられます。

収入が不安定になりやすい

先に述べたことからもわかるように、自営業者はいつも安定した収入が得られるとは限りません。毎月決まった額の給与が支払われる会社員に対する、自営業者の不利な面といえるでしょう。仕事が少なくなったり、一時的に仕事がなくなったりすることを想定し、貯金をはじめとした資金の備えを行うことが肝要です。

社会的信用が低下する傾向

自営業者やフリーランスなど、組織に属さず働く人たちは、会社員と比べて社会的信用が低くなる傾向にあります。会社員が信用されやすいのは、一定額の給与を得ることで収入が安定するとみなされるためです。

社会的信用の有無は、クレジットカードや住宅ローン、自動車ローンなどの審査に影響を及ぼすことがあります。いずれも社会的信用に基いて審査通過の可否が決定するので、自営業を開始する前に手続きを済ませるのがベターです。

税金の手続きがある

自営業者が不安を感じるものの一つに、税金の手続きも挙げられます。会社員であれば企業が年末調整をしてくれますが、自営業者は自ら確定申告を行う必要があるので、大変に感じる人もいるでしょう。しかし、手続き上のミスを防ぐためには、税金に関する知識を身につけ、手順にも注意を払わなければなりません。

保険や年金の手続きがある

税金とともに、保険・年金の手続きにかかる手間や保険料の負担額増加も自営業者の悩ましい点です。たとえば、会社員から自営業に転向する際は、国民健康保険・国民年金への切り替えが必要になります。加えて、会社員時代は企業との折半だった社会保険料が、全額自己負担になるデメリットもあります。

関連記事 : フリーランスはココが辛い…フリーランサー経験談まとめ

フリーランスになれるか相談する

自営業の仕事の探し方

自営業者が感じる不安の例は、上記の通りです。本項ではその中でも特に「仕事がない」に着目し、案件の探し方を解説します。

営業活動に力を入れる

もし仕事がなくなってしまったら、営業活動に注力してみましょう。

営業方法としてまず考えられるのは、これまでに築き上げた人脈を頼ることです。知人や何度か取引したことがある相手であれば、互いの仕事のやり方やスキルレベル、人柄を把握できている安心感があります。

今まで仕事を受けていたクライアントはもちろん、新規顧客の開拓に挑戦するのも手です。もし新規開拓先から仕事を受注することができれば、今後も関係が続いていく可能性があります。仕事がなくなるリスクを軽減できること・収入源が増えることもメリットです。

クラウドソーシング

Web上で作業の受発注が行えるクラウドソーシングも、仕事を探す上で便利なサービスです。単価が低い案件が多いというデメリットはありますが、中長期の仕事の合間に行うのに適しています。また、仕事がない時期の埋め合わせになるだけでなく、付き合いが長く続くクライアントに出会えるかもしれないのも利点です。

エージェントを利用する

仕事を探す際は、クラウドソーシングとともに、エージェントにも登録するのが望ましいといえます。仕事を得る手段が複数ある方が、より収入を安定させやすいからです。

エージェントとは、ITエンジニアやクリエイター向けに案件を提案するサービスのこと。営業や事務手続き、クライアントとの交渉、契約締結など、あらゆる業務を本人に代わって行ってくれるのが特長です。

エージェントを利用することで、仕事の選択肢が増えるほか、高単価案件に参画しやすい、受注が安定するといったメリットを享受できます。エージェントのサービス対象となる職種の人は、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事 : 案件探し・選び方のポイント

不安を解消する方法

仕事が少ない時期は、生計を立てられるかどうか不安になるでしょう。しかし、まとまった時間があるからこそ打ち込めることもあります。最後に、不安を解消し、空いた時間を有効に活用するためのアイディアを紹介します。

これまでの経歴と実績を整理する

自分に向いている仕事・取り組みたい業務に従事するために、これまでの経歴と実績を整理してみましょう。具体的には、ポートフォリオやプロフィールを作成したり、それらを掲載するWebサイトを開設したりすることです。経歴や実績が一目でわかるようになっていれば、あなたに合った仕事を依頼してもらえる可能性が高まります。

クラウドソーシングに登録している場合は、そちらのプロフィール欄を充実させても良いでしょう。いずれにしても、経歴・実績を見直す作業は、ある程度時間がなければできないことです。仕事が少ない時期=キャリアの棚卸をする時と考えれば、少しでも不安を解消することにつながるでしょう。

※制作物の公開にはクライアントの許可が要るケースもあります

税金や保険に関する知識を身につける

自営業者は基本的にお金に関わる手続きを自ら行うことになるため、普段から税金・保険の知識を身につけておくのが得策です。手続き期限の間際になって慌てて着手すると、計算や記入内容を間違えたり、仕事に関わることが疎かになったりする恐れがあります。仕事がない、または仕事が少ない時期は、税金や保険の詳細を学ぶ機会と捉えましょう。

確定申告を正しく行うためには、領収書をはじめとした書類を保管し、経費にできるもの・できないものの区別を明確にすることが大切です。また、源泉徴収、扶養控除といった確定申告に関連する用語の意味を理解しておくことで、書類への記入がスムーズになります。

病気やケガで働けなくなるリスクを考慮すると、保険についての知見を得ることも有意義です。自営業者には国民健康保険のような公的保険以外に、民間の医療保険や所得補償保険を利用する選択肢もあります。

仕事で必要なスキルを磨く

仕事に追われていると、スキルアップの機会に恵まれないことがあります。その点、仕事がない時期であれば、最新の情報や技術に接したり、スキルを習得したりする時間が作りやすくなるでしょう。自営業は自身の知識やスキルが重要になる働き方なので、それらをブラッシュアップするためにも、仕事がない期間を効果的に使いたいものです。

関連記事 : 不安解消!フリーランスが仕事で抱える将来的な不安と対策法

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.