PMO の求人・案件一覧

PMOとは、Project Management Officeの略で、プロジェクトの円滑な遂行のためにPMの支援を行う専門部署です。
多数の部署が連携し関わる複雑なプロジェクトが増加したことから、開発のクォリティ向上とプロジェクトの遅延問題回避のために、PMOの設置が推奨されつつあります。
必要とされるのは、リスクに対するマネジメントスキルや品質マネジメントスキルです。常にプロジェクトをいかにスムーズに進めるかの視点で物事を捉え、進捗状況から最善のリードをとっていく能力が重要視されます。
今後さらに大手企業をメインとして、PMOの求人・案件は増加していくと予想されます。

検討中リストに追加しました。

検討中リストに追加しました。

【PMO】の求人・案件をお探しの方へ
レバテックフリーランスに相談してみませんか?

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

PMOについて

PMOは日本語でプロジェクトマネジメントオフィスと呼ばれています。PMとの違いを一言でいうと「PMOはプロジェクトにおける意志決定者ではなく、支援者であること」です。PMとPMOの職種に上下関係は存在せず、ビジネス環境やプロジェクトの規模に応じ幅広い役割を担うのがPMOとなります。
求人・案件で「PMOマネージャー」「PMOエキスパート」「PMOアドミニストレータ」と募集されることがありますが、役割ごとに専任担当を置くか、一人が複数の役割を兼務するかは企業によってさまざまです。

【PMOマネージャー】
PMO担当者の勤怠管理や教育、プロジェクト運営費の管理など業務全般を担います。

【PMOアドミニストレータ】
情報収集・共有・書類作成・会議の準備・プロジェクトメンバーの稼動管理など、社内プロセスのサポート業務を担います。

【PMOエキスパート】
プロジェクトにおけるルールの標準化を担います。社内プロセスの文書化やメンバー教育も行います。

近年、大規模かつ難易度の高いプロジェクトの増加に伴い、大手企業を中心としてPMOを求める求人・案件が増加しています。
【プロジェクトにPMOを導入するメリット】
・プロジェクトのクォリティ向上
・開発スケジュールの的確な管理およびリソース確保
・プロジェクトのチームメンバーとコミュニケーション強化
・開発リスクの対応と管理

他の求人・案件から探す
GWTの案件
SAPコンサルタントの求人・案件
Notesの求人・案件

おすすめのキーワードから探す
ゲームプログラマの求人・案件募集 PHP 英語の求人・案件募集 汎用機の求人・案件募集

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

おすすめコンテンツ

お悩みコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.