• 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

基本条件

契約形態

言語・スキル

職種

場所

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

職種を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 条件をクリア

場所を選択

該当案件数{{ projectCount }}

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 条件をクリア

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください(複数可)

正社員の求人を探す

サーバーエンジニアの案件をご覧の方へ

サーバー機器の設定や構築を行うエンジニアを、「サーバーエンジニア」と呼びます。サーバーエンジニアの主な業務は、サーバシステムの設計や運用、負荷分散、障害発生時の対応、トラブル予防、セキュリティ対策などです。企業によっては、サーバーエンジニアがネットワークエンジニアを兼務する場合もあります。
サーバーには、WWWサーバーやデータベースサーバー、メールサーバーといった種類があります。どのサーバーを使うかは利用するサーバーにより異なりますが、OS、ネットワーク、セキュリティの知識はいずれにおいても必要とされるでしょう。

・サーバーエンジニアとネットワークエンジニアとの違い
サーバーエンジニアと似た職種にネットワークエンジニアがあり、求人・案件では両者の作業内容を区別して募集するケースが多いようです。サーバーエンジニアがサーバーを動かすアプリケーションに関わるのに対し、ネットワークエンジニアはネットワークの設計・構築・管理を行うのが特徴です。サーバーエンジニアの求人・案件ではネットワークの知識も要求されることから、サーバーエンジニアとしてキャリアを積んだ後ネットワークエンジニアにキャリアチェンジすることも可能です。

・サーバーエンジニアとインフラエンジニアとの違い
インフラエンジニアは、サーバーやネットワークを含めたインフラ全体を担当する人を指します。サーバーエンジニアやネットワークエンジニアは、インフラエンジニアの作業領域を細分化することで生まれた職種といえるでしょう。インフラエンジニアから派生した職種であることから、サーバーエンジニアの求人・案件参画の条件にはインフラ系の経験・スキルが含まれる場合があります。

【サーバーエンジニア求人・案件の市場動向・ニーズについて】
サーバーエンジニアの求人・案件には、SNSサイトやWebサービス、ゲーム開発などがあります。インターネット上のサービスの増加やクラウド化の進展により、現在サーバーエンジニアの求人・案件の需要は今後も増加が見込まれます。トレンドもWebサーバにおける負荷分散やサーバーの仮想化など移り変わりが激しく、サーバーエンジニアが果たすべき役割はますます多様化していくと考えられるでしょう。
また、処理能力が高く、ビッグデータを扱うのに支障がないサーバー構築を求められるという新しいサーバーエンジニア求人・案件の傾向が見られています。どの企業でも、サーバー強化が重視されている証と考えられます。これらの理由により、サーバーエンジニアは、引き続きニーズの高い職種であり続けることが予想されます。

【サーバーエンジニアの在宅案件について】
サーバーエンジニアの在宅案件は少ない傾向にあります。理由としては、実機を操作する作業を行ったり、ハードウェアに関する高度な知識が必要になる事が挙げられます。在宅にこだわらず、フリーエンジニアとして参画できる求人・案件に広く目を向けてみるのも一つの手です。もし自宅で働くことが可能なサーバーエンジニアの求人・案件があるとすれば、サーバーシステムや負荷分散構成の設定や構築、運用といった作業の中で在宅可能な作業を行うことになると考えられます。
サーバーエンジニアの在宅案件のメリットは、自分の得意な作業に特化できること・人間関係にわずらわされないことです。他のフリーエンジニア向け求人・案件に参画する傍ら、副業として取り組みやすいのもサーバーエンジニアの在宅案件の利点といえます。一方、デメリットは、継続的な受注がなければ収入が途絶えてしまうことです。サーバーエンジニアの在宅案件のメリット・デメリットを理解し、自分に向いているかどうかをよく考えてから応じるようにすると良いかもしれません。

【サーバーエンジニア求人・案件の必要なスキルについて】
サーバーを扱うフリーエンジニアの求人・案件に参画するには、どのようなスキルが必要になるのでしょうか。ここでは、サーバーエンジニアのスキル例をいくつか見ていきます。

・OSの知識
Windows/Mac/Linux/UNIXなど、代表的なOSは押さえておきましょう。複数のOSに対応可能な知見があれば、参画できるサーバーエンジニア求人・案件の幅が広がります。また、各OSのサーバーソフトを扱う知識も同様に大切です。

・ネットワークの知識
サーバーはネットワーク環境下にあるものなので、サーバーエンジニアの求人・案件でもネットワークの知識は欠かせないものになりそうです。特に、Linuxに関わるサーバーのスキルはネットワーク機器にも応用できるので、覚えておくと良いでしょう。

・セキュリティの知識
サーバーエンジニアはサーバーの管理全般に携わるため、セキュリティの知識も求められます。ウィルスやハッキングのような脅威から安全を確保する方法はもちろん、トラブル発生後の被害を最小限にし、早期に復旧させるスキルもサーバーエンジニアの求人・案件では重要になるでしょう。

・言語の知識
サーバーエンジニアの求人・案件には、言語を扱う能力が求められるケースも。メジャーなデータベース言語であるSQLが、サーバーエンジニアにとって重視すべきスキルとなります。

・忍耐強さ
専門的な技術とともに求められるのは、忍耐強さです。サーバーエンジニアの求人・案件は、ひとり黙々と作業に当たるものが多いです。集中力を発揮しつつ、正確かつスムーズに作業を進めることが求められます。ミスがないかを繰り返し確認し、高い完成度を追求できる方がサーバーエンジニアに向いていると考えられます。

【サーバーエンジニア求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
サーバーエンジニアの求人・案件参画に必要な知識を身につける方法として以下が挙げられます。

・書籍/学習サイトを利用する
本を読んで独学をするというやり方があります。サーバーのことはもちろん、ネットワークやインフラ全般についても積極的に学んでいくことで、サーバーエンジニアに必要な総合的な知識が身につくでしょう。
書籍とともに、Web上に公開されている学習サービスを利用するのも良い方法といえます。サーバーやネットワークの技術を学べるサイトを探し、参考にしてみると良いかもしれません。

・サーバーを構築する
テキストを読んだりWebサイトを参照したりすることに留まらず、獲得した知識を実作業に活かすこともサーバーエンジニアには大切です。KVM/VMware Playerといった仮想環境構築用のソフトを用いることで、効果的な実践学習が可能になります。実際に手を動かしてサーバーを構築することは、現時点でのサーバーエンジニアとしてのスキルレベルを確認することにもつながるでしょう。

・OSをインストールする
サーバーエンジニアがサーバーを動かすためのOSについて知識をつけることの重要性は、すでに述べた通りです。こちらもサーバー構築と同じく、実際にインストールして使用することで生きた知識が身につきます。OSごとに特徴が異なるので、インストール後は各OSの機能を比較することで、よりたくさんの知見を得ることができそうです。

・スクールに通う
独学が苦手な方は、スクールに通うという方法もあります。サーバーを含め、高価なネットワーク機器は個人で複数台用意するのが難しいケースもあるかもしれません。その点、必要なツールが整備され、実機に触れて学習できるスクールのメリットは大きいといえます。カリキュラムに則って体系的に勉強できること・他の学習者と情報交換ができるのも利点と考えられます。
なお、書籍や学習サイトで独学する時は、自分に合った習得手順や効率的な勉強方法を見出すと良いでしょう。サーバーエンジニアとして活躍し続けるために大事なのは、一度知識や技術を身につけて終わりにするのではなく、常に最新の技術を学び続ける意欲を持つことです。

【サーバーエンジニア求人・案件の資格について】
サーバーエンジニア関連の資格には、下記のようなものがあります。資格のメリットは、取得に向けた勉強により豊富な知識が身につくことと言えます。そして、サーバーエンジニアの求人・案件参画時に客観的なスキル証明ができることも一つ挙げられます。

・LPIC(Linux技術者認定資格)
サーバーエンジニアにとって重要なスキルの一つであるLinux関連の資格です。世界共通基準で認定されており、Linux技術者として技術力をアピールできるIT資格となります。LPICのレベルは3段階あります。システムの構築・運用スキルを測るレベル1、サーバーやネットワークのシステムの知識を問うレベル2、各分野で最高の技術力を有するエンジニアが受験するレベル3の3種類です。また、LPICと並行してLinuCという新しいLinux認定技術者試験が2018年3月から開始されました。LinuCは、日本国内のエンジニアに向けた試験であり、多くの求人・案件で認知度を高めている本認定を取得することで、単価アップにつながる可能性があります。

・CCNA
CCNA(Cisco Certified Network Associate)は、シスコシステムズ社が提供するネットワーク技能測定のためのテストです。世界共通基準であり、ネットワークエンジニアはもちろん、サーバーエンジニアにもメリットのある資格と言えます。CCNAの試験分野は9つに別れており、業務や業界に適した資格が用意されています。中でもRouting & Switching(ルーティング&スイッチング)は最も人気のある試験とされています。なお、CCNAは2020年2月24日から新CCNAに変更され、1つに統合される予定だと公式サイトで発表されています。(2019年12月現在)試験の内容等に変更はあまりないとされていますが、試験を受ける際は一度確認しておくと良いでしょう。

【サーバーエンジニア求人・案件の未経験での参画について】
サーバーエンジニアの求人・案件には、未経験での参画が可能なものも多少見受けられます。IT環境の拡大、および人材不足が理由として考えられます。
ただし、未経験でサーバーエンジニアの求人・案件に参画するには、一定スキルの保有が条件となります。加えて、サーバーのプロフェッショナルとなるべく、自ら勉強していく姿勢も求められる可能性があります。自宅でサーバー環境を構築した上で、実際に設定を行ったり、コマンド練習することで、サーバーエンジニアの求人・案件参画に際してアピールになると考えられます。

【サーバーエンジニア求人・案件の将来性について】
世の中でクラウド化や仮想化、自動化が進むにつれ、サーバーエンジニアの業務は多様になってきました。サーバーエンジニアはこの先も求人・案件に恵まれる、将来性の高い職種ということができそうです。とはいえ、特定の作業・技術に固執していては、サーバーエンジニアの求人・案件の継続的獲得は難しい可能性があります。サービス内容もスキルも変化のスピードが速いからこそ、常にそれらに追いつくことが良質なサーバーエンジニアの求人・案件に出会うためには必要だと考えられます。

サーバーエンジニアのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているサーバーエンジニアのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年12月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
サーバーエンジニアの仕事内容 サーバーエンジニアの年収 

関連する求人・案件
Java サーバーエンジニアの求人・案件 PHP サーバーエンジニアの求人・案件 インフラエンジニアの求人・案件 ネットワークエンジニアの求人・案件 

おすすめのキーワードから探す
サーバー構築の求人・案件 サーバ運用の求人・案件 サーバ構築 Linuxの求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.

はじめまして、フリーランスに
興味が少しでもあれば、
無料相談してみませんか?