オンラインカウンセリング実施中

  • 案件探し・フリーランス
    エンジニアになるための
    ご相談はこちら!

    無料サポート登録

  • フリーランス検討中の方へ

    プロのコーディネーターがあなたの
    疑問に個別で相談に乗ります!

    詳しくはこちら

フリーワード

注目条件

基本条件

契約形態

都道府県

言語・スキル

職種

単価

詳細条件

この条件の案件数{{ projectCount }}

この条件の案件数{{ projectCount }}

言語・スキルを選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

職種を選択

  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

都道府県を選択

  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 選択中
  • 該当案件数{{ projectCount }}
  • 条件をクリア

案件をお探し中の方へ

レバテックフリーランスなら

最短1週間で参画可能

業界最短クラスの15日支払い

無料登録して
案件を提案してもらう

レバテックなら、一人あたり案件提案数 平均17件!

ご登録いただければ、あなたにピッタリの案件をご提案します!

ご希望の契約形態を選択してください

正社員の求人を探す

テストエンジニアの案件をご覧の方へ

テストエンジニアは、システム・ソフトウェア開発においてテスト計画や分析、評価などを行う職種です。テストエンジニアと似ている職種に「テスター」がありますが、テスターは指示に従ってテストを実施するのに対し、テストエンジニアは計画から評価までを一貫して行うのが違いとして挙げられます。
テストエンジニアの具体的な業務内容は企業によって異なりますが、下記の例が挙げられます。

・テスト計画
・テスト設計
・テスト実施
・テスト結果の分析
・確認とレビュー用資料作成
・品質の改善提案

求人・案件やプロジェクトの規模によっては、システムエンジニアやプログラマーがテストを実施することもあります。

【テストエンジニア求人・案件の市場動向・ニーズについて】
パソコンやスマートフォンの普及によってシステム・アプリ開発が進んでいますが、テストは開発時に欠かせない工程のため、テストエンジニアの需要は今後も続くと考えられます。
企業によっては客観性のある検証やコスト削減を目的として「第三者検証」を実施する場合があり、ユーザー視点に立ったテストエンジニアへの期待が高まっている状況です。「第三者検証」は、開発に携わっていないエンジニアがテストを実施することを指します。
エンジニア不足やノウハウ不足で自社でテストを行うのが難しい、第三者検証で不具合を早期発見し、リリース後の工数・費用の負担を減らしたいといった理由から、テスト技法に詳しいテストエンジニアの需要が高まっているようです。このことからも、テストエンジニアの求人・案件が急に減る可能性は低いといえるでしょう。

【テストエンジニア求人・案件の必要なスキルについて】
テストエンジニア求人・案件で求められるスキルは企業によって異なりますが、下記の例が挙げられます。

・テスト工程や技法の知識
・テスト自動化のツールを扱うスキル
・プレゼンテーションスキル

テストエンジニア求人・案件では、基本的にシステムやアプリのテスト経験が求められ、テスト業務に関する知識・スキルがあることが前提となります。具体的には、「単体テスト」「統合テスト」「システムテスト」といったテスト工程や、「デシジョンテーブルテスト」「状態遷移テスト」などのテスト技法の知識を身につける必要があるでしょう。
工数削減や品質確保に有効とされているテスト自動化ツールは、「Selenium」や「Appium」が例として挙げられます。企業のテスト自動化への関心が高まっていることから、テスト工程・技法の知識と併せてツールのスキルを身につけておくと、テストエンジニア求人・案件の申し込み時にアピール材料になると考えられます。
さらに、テストエンジニアはWordやExcel、PowerPointなどを使ってテスト結果や改善案を伝える役割があります。テストエンジニアとしてスムーズにフィードバックを行うには、資料作成スキルの他、相手の立場に立って簡潔に伝えるスキルも必要になるでしょう。
          
【テストエンジニア求人・案件の習得難易度・勉強方法について】
求人・案件によって異なりますが、システムエンジニアやプログラマーといったほかの職種に比べると、テストエンジニアはプログラミング言語の知識が求められない傾向があります。テストエンジニアの主な業務はテスト計画や検証、評価で、基本的にはプログラミングを担当しないためです。プログラミング言語の知識が必要なテストエンジニア案件であっても、求められるのは基礎知識の傾向があるため、プログラミング未経験の方も比較的チャレンジしやすいと考えられます。
テストエンジニア案件で求められるプログラミング言語の例は、JavaやRuby、PHP、JavaScriptなどです。これらの知識を一度にすべて習得する必要はありませんが、興味がある求人・案件に合わせて身につけておくと、業務の幅を広げられてテストエンジニア求人・案件の選択肢を増やせると考えられます。
プログラミング初心者がJavaやRuby、PHP、JavaScriptなどのプログラミング言語を独学する場合、書籍や学習サイトを活用する方法があります。書籍は入門編を選び、基礎知識を身につけてから応用にチャレンジしましょう。学習サイトの場合、説明のスライドを読む、動画で学ぶ、実際にコードを書くなど勉強方法がサイトによって異なるので、複数のテストエンジニア向け学習サイトを比較して自分に合うものを使うと良いでしょう。
独学に不安がある方は、プログラミングスクールを活用するのも一つの方法です。スクールは通学とオンラインがあり、前者は勉強仲間を作れる、後者は場所にとらわれず学べるという点がメリットと言えます。スクールは独学に比べると費用がかかりますが、モチベーション維持が心配な方は活用を検討してみても良いかもしれません。
プログラミング経験者の場合、書籍や学習サイトで基礎を身につけたら、実際にコードを書いてみましょう。はじめはエラー表示されたとしても、入力ミスを推測して修正を繰り返すことで、知識を深められると考えられます。

【テストエンジニア求人・案件の資格について】
テストエンジニア求人・案件の資格の例として、「JSTQB認定テスト技術者資格」が挙げられます。
JSTQB認定テスト技術者資格はJSTQB主催の試験で、2019年11月時点で実施されているのは、「Foundation Level」「Advanced Level(テストアナリスト)」「Advanced Level(テストマネージャ)」の3種類です。
「Foundation Level」はソフトウェアテストに携わる人や関心のある人が対象で、テスト技法やテストマネジメントなどの基礎的な知識が問われます。合格率はその年によって異なりますが、大体35%?75%程度で、後述する「Advanced Level」に比べると高くなっています。
「Advanced Level」はソフトウェアテスト上級者向けの試験で、受験条件は「JSTQB認定テスト技術者資格のFoundation Levelに合格している」「申込み時点で実務経験が3年以上」の2つです。合格率は年によって変わりますが、「Advanced Level(テストアナリスト)」は大体6.03%?83.6%、「Advanced Level(テストテストマネージャ)」は大体6.32%~25.40%となっています。
JSTQB認定テスト技術者資格を勉強する際は、書籍で知識を身につけるか、JSTQB公認の研修を受ける方法があります。研修は独学に比べると費用がかかりますが、短期間で効率的に学びたい方やモチベーション維持に不安がある方は受講を検討するとよいでしょう。
テストエンジニアがJSTQB認定テスト技術者資格を取得するメリットとして、「テストエンジニアに必要な知識の理解度を測れる」「テストエンジニア求人・案件の申し込み時にアピール材料になる」の2つが挙げられます。
「Foundation Level」ではテストエンジニアに必要な基礎知識、「Advanced Level」では高度な知識・スキルが身についたかを確認できます。試験勉強を通してスキルアップを図れば、実務にも役立つと考えられます。
企業によってはJSTQB認定テスト技術者資格の保有者を歓迎する場合があるため、事前に取得しておけばテストエンジニア求人・案件の選択肢を増やせる可能性もあります。その他、向上心や意欲のアピール材料にもなるため、テストエンジニア求人・案件への申し込みを考えている方は、取得を検討してみても良いかもしれません。

【テストエンジニア求人・案件の未経験での参画について】
テストエンジニア未経験の場合、参画できる案件は少ない傾向にあります。フリーエンジニア向けテストエンジニア案件の場合、企業は基本的に実務経験を求めるからです。
テストエンジニア未経験の方がフリーエンジニア向け案件への参画を目指すなら、まずは派遣社員や正社員のテストエンジニアとして経験を積むのが良いと考えられます。派遣社員や正社員のテストエンジニア求人には未経験可のものがあり、企業によっては研修制度や資格取得支援制度でスキルアップを支援するところがあります。未経験可のテストエンジニア求人は、求人サイトや就職エージェントを利用すると良いでしょう。なお、未経験可のテストエンジニア求人であっても、ExcelやWordなどのスキルは求められるため、エントリー前に身につけておくことが大切です。
派遣社員・正社員のテストエンジニアからフリーエンジニアとして案件を探す際は、案件サイトやフリーランス向けエージェントを活用する方法があります。フリーランスのテストエンジニア案件にエントリーする際は、実績やスキル、得意分野などをアピールして受注につなげましょう。

【テストエンジニア求人・案件の将来性について】
従来は経験の浅いエンジニアがテストを実施することもありましたが、近年の求人・案件では、より専門的な知識・スキルを持つテストエンジニアを求める傾向があります。そのため、経験・実績が豊富なテストエンジニアは、今後も需要が高いと考えられます。企業が求人・案件でより高度な知識を持つテストエンジニアを求めるのは、セキュリティ確保や品質アップ、コスト削減などを図るためです。
その他、AIによるテスト自動化によってテストエンジニアの求人・案件が減るという声がありますが、テスト計画・分析やマネジメントはAIでは代替しづらいといわれています。そのため、テストエンジニアとして今後も活躍するには、テスト計画・分析やマネジメントスキルを磨くのがポイントとなるでしょう。テストエンジニアとしてテスト計画・分析スキルやマネジメントスキルを伸ばせば、キャリアパスとしてテストアナリストやテストマネージャーへのキャリアアップを見込めるほか、年収アップを図れる可能性があります。
テストエンジニアのフリーランス募集情報をお探しの方は、IT/Web業界のエンジニアに特化したレバテックフリーランスにご相談ください。Web上に公開しているテストエンジニアのフリーランス募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※レバテックフリーランスの掲載案件には、フリーランサー向けの案件のみならず、一部契約社員向けの派遣案件もございます。
※この記事は、2019年11月時点の内容です。

フリーエンジニアお役立ち情報
テストエンジニアのスキルについて テストエンジニアの仕事内容 テストエンジニアの将来性 

関連する求人・案件
QAエンジニアの求人・案件 

他の求人・案件から探す
【COBOL】金融系システムテスト案件 【テスト】人材関連サービステスト案件 

おすすめのキーワードから探す
ソフトウェアテストの求人・案件 テスト検証の求人・案件 開発 テストの求人・案件

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.